ほぼ 毎日配信します 『本日のフレーズ』

英語大好きなかた 英語をこれから大好きになるかたのお手伝いがしたいです

本日のフレーズ # 1043 ハワイよりリクエスト その2

2017-06-13 20:34:33 | 英語
本日のフレーズ

ハワイから帰った生徒ちゃん パパから の リクエスト シリーズ 第2弾! (*´ω`*)
さて リクエストを ご紹介しますと (長かったんで昨日は短い方を お答えしました)
ナンバリングまで…(  ̄▽ ̄) こんなふうに いろいろ聞いてもらえると 楽しいっすね! (((o(*゜∀゜*)o)))

『 1.パンケーキ屋さんの行列の最後尾の男性に話しかけるシーン。
Papa : Excuse me, Sir. Do you make a line to stay or to go?
Man: We eat inside.
①列に並ぶ理由を知りたくて話しかけました。伝わったからそんなに気にしていませんが、
表現としてあってますか? 』です
はい 基本的に合ってますので 大丈夫
昨日 sir のことは解説しましたので 本日は別の部分を…
ファーストフードでの 決まり文句は 『こちらでお召し上がりですかあ? テイクアウトですかあ~?』ですが
英語では Eat here (Here だけで言う人も ) or to go.
でも それは カウンターでの決まり文句なので こんなふうに eat here や eat inside 使えますね
もっと簡単に (アメリカ人っぽく?) 言うのなら
Is this line for ...(ちょっと 間をあける) "eat inside " ? だけで良いですね 簡単でしょ?
この 『本日のフレーズ』は 他の方にもお伝えしますので 初心者 (高校生になって こよライン デビューした子も 何人か… (*´ω`*) ) にもお伝えしますから ここからは レベル高い人には 「そんなのより知ってる~」かもですが
マクドナルド 英語の発音は マック・ダナルド 《ダナ》にアクセントがあります
この Mc Mac と言うのは スコットランド アイルランドの 言葉で son (息子) という意味です イギリスでも John の息子を Johnson と呼んだりしておりました 面白いでしょ?
日本人には 少し考えにくいことに 英語圏の人は けっこう 『息子に 自分としては同じ名前をつける』ことがありまして…(  ̄▽ ̄)
なので 息子の方は ジュニア junior と呼びます 特に 商売をしている人に 同じ名前つける人 多いです 同じ名前の方が 商売の引き継ぎがうまくいくから だそうです 日本人で 自分と同じ名前をつける人は…( ̄▽ ̄;) いないよね?
さらについでですが 日本橋の名前は 漢字を使っているため『ほとんどの場合 意味があります』が 英語には ないでしょうか?
実は 『あるものも あります』
今の John Maria Mathew Luke などは 《聖書に出てくる 名前》です まあ… 読み方は だいぶ違いますが …( ̄▽ ̄;)
それぞれ 日本で伝わってる読み方は ヨハネ マリア マタイ ルカ ですが 英語だと
ジョン マリア(これは同じ でも Marie Mary と綴りを変えたりもします) マシュー ルーク (ルーク・スカイウォーカー!)
よくある名前の Julie Julia などは ローマの ユリウス Julius 『光輝くもの』から来ていたり Grace などは 今でも 『上品』『優雅』などで実際に使う単語です
意味があるのは 漢字だけでもないんですね~ (*´ω`*) 面白くない?!
ではまた リクエスト お待ちしてます 何もなければ この 『ハワイからリクエスト』シリーズを続けます
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月12日(月)のつぶやき | トップ | 6月13日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL