さくらの一日

sakuraとともに

天道酬勤、地道酬善、人道酬誠、商道酬信、業道酬精

2017-05-17 09:41:34 | 人間関係
天道酬勤、地道酬善、人道酬誠、商道酬信、業道酬精


天道酬勤-上天厚愛勤奮的人們,一分耕耘一分收穫。
典故:
易經裡講到“ 勞謙 君子,有終吉。”至尚書就有“天道酬勤”的說法。
韓愈曾題詞“天道酬勤”勉勵後來者。
最早出現天道這個詞是在《尚書》中,很多的先秦書籍中出現天道這個詞。
主要指“自然的規律“辭海”也是這麼解釋。
“天道酬勤”沒找見最初的出處。
可能《尚書.大禹謨》中的“滿招損,謙受益,時乃天道。”
是最為接近的,原文如下:
三旬,苗民逆命。益贊於禹曰:“惟德動天,無遠弗屆。
滿招損,謙受益,時乃天道。
帝初於歷山,往於田,日號泣於旻天,於父母,負罪引慝。
祗載見瞽叟,夔夔齋栗,瞽亦允若。至誠感神,矧茲有苗。”
“天道酬勤”這個成語的意思是:上天偏愛於勤奮的人們,付出的努力一定會有所回報,
也說明了機遇和靈感往往只光顧有准備的頭腦,只垂青於孜孜以求的勤勉者。
指一分耕耘,一分收獲,是指古今中外所稱道的多勞多得。
出處:
出自於《論語》,“天”指“上天”,“天道”即“天意,“道”指“主張”,
“酬”可解釋為“實現志願”,即酬謝、厚報的意思,“勤”為“勤勞”、敬業的意思。
就是說“天意厚報那些勤勞、勤奮的人 ”。
所以總的意思是說:上天會實現勤勞的人的志願。
有耕耘就會有收獲,我們只要努力不懈,最大限度的完善充實自己,
千方百計的提高自己的競爭實力,就會有一個美好光明的明天。

地道酬善-心存善念,行事必獲保佑,凡事順利成功。
善待周圍一切,一定會獲得厚待。

人道酬誠-做人處事,以誠待人,天助人助,必獲友誼肯定。
與人交往,要以誠相待,一定會得到人心。

商道酬信-商場上要講信用,一定會得到商業回報。

業道酬精-要精通自己的專業,才能獲得事業上的回報。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弱者选择怨恨,强者选择原谅 | トップ | 映画ーワイルド スピード見た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。