おひるねきんぎょたん

金魚たんと猫たまのこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2007年から9年生きた金魚

2016-05-05 06:50:57 | わたしのこと
今朝の2時ごろ、金魚が2匹とも死んでいた。
20センチ近く大きくて、赤くて、丸くて、長い、餌の催促を覚えた金魚。
可愛がっていたつもりだった。

昨日リセットして、水温を20度にセットしたのだが
サーモスタッドを確認していなかったので、水温が上がりすぎていた。
せめて1時間早くきづいていれば死なせずにすんだのに。
私の過失だ。
朝まで置いておこうかと思ったけれど
死骸が劣化するので深夜に埋めた。
こんな美しいものを死なせてしまって、どうしたらいいかわからない。
2007年に孵化した子で、先に死んでしまうだろうと思われた奇形の子2匹が
最後に残ったのが不思議で、奇形だったのに成長につれて補正していき
普通の個体と遜色ない形になっていた。

本当に残念なことをしてしまった。

深夜に起きたとき、起きたくなかったけれど起きなきゃいけないと思った。
呼ばれたような気がした。
そのときはもう遅かった。
そのことを含めて残念でならない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はるがきている

2016-04-06 22:46:07 | わたしのこと
父が同窓会で宮島に行ったので、買ってきて欲しいお土産リストを渡したけど、わからなかったって違うものを買って帰ってきた。
まあ、食べるけれども。
桜が綺麗だろうなあと思いながら、地元の公園の桜を見に連れて行ってもらった。
元気になったら私も旅行に行きたいけど、どうなのかな。
 



庭の林檎とチューリップ。




カメラを使うのが久しぶりすぎて、電池も切れていて、充電の方法も忘れていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

命日

2015-10-28 09:59:11 | わたしのこと
昨日はピチコの命日。
一日中、時計ばかり見ていた。
この時間は
まだ生きていた。
逝ってしまったって。
可愛いいい子だったな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怖い夢

2015-10-19 23:10:51 | わたしのこと
今朝、猫が料理された夢を見て
吐きそうになって目が覚めた。

一日吐き気がしてご飯が食べられなかった。

猫そのままの形でお皿に盛られていて、切ってサーブされる。
本当に怖かった。

なんでこんな夢を見るのだろう。
10月はピチコが死んでしまった月だから?

2年前の今頃は、まだ生きてたのよ。
確実に遠ざかっていっているけれど、一瞬でワープする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水の夢

2015-10-10 23:19:36 | わたしのこと
題名にあげるのは不謹慎で自重しましたが
津波の夢をみました。

水の夢は昔からよく見ていましたが
津波の夢は初めてで怖かったというか、わけが分かりませんでした。

ホテルの1階にいました。
中学の同級生と一緒でした。彼女は大人になっていた。テニスのペアだった人です。
その人が、逃げるのを躊躇っていてもう足首まで水がきている。
ロビーのガラスの扉には大きな波が写っている。
あと数秒で飲み込まれる。
その建物は海沿いに建っていて、ロビーは地下同然。
2m下は海岸という立地。
道路は5mくらい上を通っている。

エスカレーターがロビーに建っていて、一応動いていたけど
滝のように水が流れていた。
理屈としてはよく分からないのだけど、もう助からないって夢なんだろうなって思った。

目が覚めて夢で安心した。
なんと言っても音が怖かった。
地響きと。
身体にそれらの衝撃が残っているのが恐ろしい。
夢でよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015-10-04 16:53:58 | わたしのこと
怒るのもメンドクサイし、喧嘩をするのも苦手。
取り合いも嫌で引く。
弱いわけでも強いわけでもない。
たぶん我の強い人と争っても無駄だと思っていて、意味もなくそういう道を選んだだけ。

さっきの夢は、前の会社の人の夢。
謝りたいように見えるけど、言い出せないのかな。

今から仕事だからって言ったけど、少しだけだからって外に誘われた。外で話したいって。
白い階段、その上に首の長い白い百合が揺れる。
スカッシュのラケットみたいな柄の短いラケットを持った学生?が、通りすがりに
その百合の花首を手でポンと叩いたので、余計に揺れた。
後ろからもう一人学生が短い階段を追い越して、前の子を追いかける背中を見送った。
二人とも白いポロシャツに短パン。
医師かもしれない。

暑くもなく寒くもない、藍色がかった山の緑がキレイで、彼女は堪能している(ふりをしている)みたい。
白衣だから院外は出たくないなって思ううちに多分敷地から出ていたと思う。
住宅地が見えた。

仕事とちゅうだから戻らなきゃいけないのに
彼女は帰る気がないみたいに、への字の口でどんどん進む。
太陽の光は強いけど、暑くない感じ。

とうとう、もう帰らないとって言ったけど、もうちょっとって言われる。
逆の立場だったら、もうちょっとって言っても押し切られるんだけど。
でも仕事だしって困った。

「何とも思ってない、平気だ」って言えばいいのかな?って、頭の中で思った。
なかったことにして許すのは常だけど、やったもの勝ちなんだ。
こんなに傷ついていますって顔をされても、刺されたのは私だ。
どうでもいいことでいいじゃないの。
また私に何をして欲しいの?
もう帰っていいよね?って立ち止まったら目がさめた。


昨日の夜、久々に金縛りにあった。
「うごけうごけ!」って暴れたけど、しばらく動けなかった。疲れた。
いろいろ疲れているのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お掃除

2015-09-22 21:32:19 | わたしのこと
お天気がいいのでお掃除したけど、思ったより進まなかった。
猫用品がまだまだある。

心の中でまだ、また飼いたいという思いがあるので
いろいろ処分できないでいる。
それと、あのこが生きていた証みたいなものに思えて手放せない。

同時に、どうやって手放していいかわからないものもある。
デオトイレ新品とか、トイレシート数百枚とか。

来月、二回忌がくる。早いな。早すぎる。
2年も猫がいない生活だなんて、想像がつかなかった。


先日の豪雨災害で、自衛隊が犬は助けるのに猫は助けてくれなかったって
40歳くらいの女性公務員が騒いでるみたいですが
ちゃんとキャリーにいれていたのかしら?

豪雨予報は前から出ていたのだから、ちゃんと一緒に救出してもらえるよう
準備しておかなきゃ、普通に無理だと思う。
犬はリードがついているけれど、猫はそうもいかないので
普段からしつけは大事。

猫飼いは常識がないとか、猫を飼っている人は性格がおかしいとか馬鹿にする人が
いるのは、デリケートな猫を理解していない飼い主がいるせいなのかもしれない。

そいえば、新品のキャリーもうちにはあるな。
ハードとソフトがあるよ。
あれ抱えて避難するのを想像したら、かなり大変そうだけど。
ある程度のしつけは、本当に大事だなと思いました。

あと、安保のことだけど
学生時代ずっと日教組教員から反日教育を洗脳されていたので
20代半ばまで、日本なんて嫌い。慰安婦とか百人切りだとか人間とは思えないとか思っていた。
「君たちのおじいさんおばあさんは人殺し」という授業をする先生に
習っていた上に担任だった。
君が代日の丸全否定。昭和帝をヒロヒトと呼び捨ての授業をする先生。
教科書も使わず、全部プリントで授業だった。
いい先生って思っていたんだけど、今となっては先生になってはいけない先生だったとしか思えない。

あの頃のことを思うと、凄く嫌な気持ちになる。
公務員ってこわい。
中学にも高校にもいた。
君が代は絶対に歌わないって子がいたけど、洗脳とけたかしら?

気付いたとき恥ずかしくて死にそうになったけど、気付けてよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

警告とリセット

2015-09-06 09:37:29 | リセット
昨日、ヒラヒラ金魚水槽リセット。
もっと早くしてあげなきゃいけなかったけど、6月くらいにワキン水槽を
リセットして思ったのが、体力的に無理という思いだった。

でも相手は生き物なので、頑張ってやった。
結果、綺麗になった。
やっぱり敷石は6ヶ月ごとにかえないと、3ヶ月前に換えたワキン水槽の敷石が
思ったよりも汚れていることに気付いた。

金魚が大きくなっていて、移し変えるのも大変なのです。
ワキンほど暴れないけれど、それでも顔に水をぶっかけられて涙目になる。

よくもこんなに育ってくれたものだ。
見栄えはするけれど、可愛くない。でも立派だ。


一昨日、やけに目の端を猫がうろうろするって思っていた。
うちの猫ではない、三毛っぽい猫。
初めは本当にいるのかと思って、何度も探したけど
錯覚というのだったみたいで、いなかった。

でも、夕方、ちょっと痛い目にあって
ああ、これの警告だったんだなって素直に思った。

今度そういうのが見えたら、気をつけよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねこという猫

2015-08-22 09:14:46 | わたしのこと
昨日、親戚のおうちにお花と果物を持っていった。
その母の叔母さんのおうちには、ねこという名前の猫がいて
わがままホディーの可愛い子なのです。

行ったとたんに、ニャーニャー鳴いて
甘えてくれて、すごく嬉しかった。

病院帰りだったので、なにかにおいがついていたのかな。

おうちの人から、「この子がこんなに人に甘えるなんて、今までないこと」って
言われた。
嬉しかった。

うちの猫も他所の猫もみんな可愛い。
こんな可愛い猫という生き物がみんな幸せでありますように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暗殺

2015-08-18 10:11:01 | わたしのこと
一昨日の夜、いつの間にか寝てたみたいで
安倍さんが殺されたって夢だったのだけど、夢の中では現実だと思っていて
うわあ大変、どうなるんだろうってテレビを見ていたら
遠い親戚の煩いお婆さんが「うちは親戚だから、行かなきゃ」って帰って行ったので
「あ、これ夢だ」って夢の中で思った。
だって、そんなはずないもん。

で、目が覚めたら深夜の2時くらいで、でもリアルっぽい夢だったので
心配でテレビつけたけど、そんなニュースはなくて、ネットのニュースも確認して
安心してまた寝た。

猫が手首の辺りをふわふわしている夢もみた。
やっぱり帰ってきていたのかな。
そうだったらいいな。

猫のために
迎え火はしたけど、送り火しなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒りの広島祈りの長崎

2015-08-11 20:36:29 | わたしのこと
怒りの広島祈りの長崎という言葉があると、某猫ブログさまが書いておられて
恥ずかしながら初耳でした。

広島が怒りなのはなんで?怒りっぽいっていうの?ひどくない?
長崎が祈りなのは?教会とかがあるから?県民性が敬虔なとかってこと?って疑問でした。

どちらにしても結果は悲しいことです。
最後の戦争の前までは、力や武力が正義の時代で、戦いか従属かしかなかった世の中です。
従属というのは結局のところ植民地で、奴隷になれということ。
ご先祖様は負けるだろうけれど、何もしなくて負けたら子孫は二度と立ち上がれないだろうからと
蜂起したそうです。
なんか、泣くわ。

同じアジア人の源流をくむ、インディアンと同じだ。
アメリカ人は、言うことをきかない原住民インディアンを殲滅して
比較的従順だった黒人を奴隷にした。

戦うのがいいとかわるいとかではなく、名誉とか誇りを重んじたその国民性だと思う。
戦わなければ権利が剥奪される。
あの時代だと、言語も風習も尊厳も奪われる。
奴隷が当たり前だった白人世界って、つくづく罪だな。

アジアで戦わなかった周辺諸国は、同じく白人の植民地になって奴隷にされていたのだけど
彼らがもっと抵抗してくれていたら、日本だって鎖国のまま楽しくやっていただろうな。

基本的に自分の領土は自分で守れなくちゃ駄目だ。
拉致された国民は、取り返さなくちゃ駄目。っていうか拉致を許してはいけない。
それが出来ない国は、国家ではないのだと思う。

拉致被害者を諦めろって言ったデヴィさんは、自分の子供が拉致されたら、
戦争中でもないのに、あのこは死んだようなものだから仕方ないって思えるのかしら。
無神経極まりないわ。
拉致問題もハッカー問題も、もう戦争と同じ。
戦争は、そういう形になってずっと前から始まっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酷暑

2015-08-07 15:20:58 | わたしのこと
暑い日が続いています。
昨日から連続で朝起きたら足がつっていて痛いです。

昨日は70回目の広島原爆の日でした。
母がテレビの中継を見て一緒に黙祷したらしい。
わたしもすればよかった。
ニュースで様子が流れていた。

毎回思うけど、追悼の日なのにデモや怒号が飛んでどうなんだろうって思う。
ニュースでも見たけど。いつもそう。

沖縄のときも思ったけど、追悼の日にそんなことして欲しくない。
長崎もまたそうなるのかな。
毎年そんなだよね。
感情で喚くのではなく、冷静に祈って欲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦争の夢

2015-06-29 03:25:47 | わたしのこと
衝撃的でさっき目が覚めた、戦争の夢。
味方の中に敵がいて、わたしのチーム(15人くらい?)を全滅させたい意図があった。
場所は、家の前の田畑で黒い土が出ていた。
上官のような男の人(おじさん)が「うちの隊は女子供ばかりだし、危ない真似をさせられる者らじゃないのに」って
男なのに泣いていた。
長屋のようなところに、怪我をした近所のひとらしき知らない人たちが寝ていて
ここを守らなければ、全員死んでしまうって状況らしい。みんな泣いていた。
でも、仕組まれたことのようで、私達を切捨て要員にしたかった私怨があったみたい。

夜に奇襲を受けた
わたしたち出撃チームは、よく分からないけど攻めて来る人たちを食い止めないと(殺さないと)
ここの人たちが全員死ぬのが分かっているから、いやに冷静で
どんな人を狙えばいいのか、配置図を真面目にみていた。
怖くて手が震えていたけど、自分たちがしなくてはこの人たちが死ぬ。

戦国時代のようでもあり、近代の戦争でもあるようなのだけど、渡された銀色の銃らしきものが
連射できないもので、およそゲームっぽいのだけど
夢の中の私は、装備について何の違和感もない。

すぐに銃撃が始まって、動物的な動きで飛び跳ねるような身体能力で人を殺す敵の人たちに対し
うちの装備はことごとく弱い。
敵はすぐ目の前で、味方はなぎたおされて殺されていく。
逃げる人。
泣き叫ぶ人。
聞いたことがあるけど、殺人が楽しいって人種は、本当にいるんだなって敵を見て怖かった。

とにかく、そういう大量に躊躇なく殺す人を近づけないように、その人を狙った。
白基調で赤いラインの服を着た人、5メートルくらい先まで迫っていた。
そして、撃ったのだけど、BB弾みたいで\(^o^)/男の腹筋にあたって跳ね返ってきた。
吃驚して目が覚めた。
殺傷能力のないものとすり返られていたらしい。
/(^o^)\ みんな死んでいるのに、なんてコントなんだ。

とりあえずもういっかいねる。おやすみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

声もしない

2015-06-28 14:39:24 | わたしのこと
マイの子供の鳴き声もしない。
ここ3日、子猫の鳴き声も一切しなくなった気がする。
大人の猫の鳴き声もない。
雨だったせいだろうか。
家族が増えたから引越ししたってことか。

周囲を探してもいないし、山のほうでも見かけない。
今の時期は、餌があるのだろうか。
子供は5/2に生まれたので、もうすぐ3ヶ月になるはず。
黒っぽい子がいたくらいしか分からないけれど、どうなったのだろう。
子供よりも、わたしはマイが心配です。


今日みた夢は、パン屋さんの夢。
地元の駅にパン屋さんが出来ていて(実際にはない)
ちいさな子供が数人、パンを買っていた。

そこは選べないパン屋さんなのか、よく分からないシステムで
チョコのついたドーナッツが竹串に刺してあるみたいなのがあったけど
店内に入れない、店頭販売のパン屋さんんだった。
映画の切符売り場みたいなパン屋さんって感じなのかな。見たことない感じ。

「パンをください」って言ったら、おじいさんみたいな店主が勝手に袋に詰めてくれる。
種類が選べないってそこで気付いて「甘すぎないのをお願いします」ってお願いした。

「1800円です」って言われて、高いなあって思ったけど
仕方ないので2千円払った。
そしたら、奥から出てきたおばあさんが1100円おつりをくれたので
「おつりは200円のはずです」って言ったら
黒縁丸めがねの息子さんが出てきて、色々ブチブチ言い始めて困った。
後ろから母の「もう帰るよ」って疲れた声がしたので、もういらないから帰るって言いたいけど
言えなくて。

っていうとこで目が覚めた。

母と車で出かけていて、母が買い物をしている間に私はパン屋に行ってたみたい。
なんだか駅とパン屋がセットの夢が多い気がする。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いなくなった

2015-06-24 19:32:01 | わたしのこと
マイがいなくなった。
全く姿が見えない。
猫ってこんな急にいなくなるものなのかな。
事故にあっていたら?
死んでいたら?

やたらカラスや鳩が飛んでいたから、どこかへ避難したのかもしれないけれど
子供をつれて、本当にいなくなるものなのか。
誰かにつかまって保健所だったらどうしよう。

昨日近所を探してみたけど、人も猫もいない。
どうしたものか。
っていうか、マイはどうしたんだろう。避妊だけはしてあげたい。
でないと、女の子の野良には負担が大きすぎて大変すぎる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加