サクラブ's ブログ(仮)

旧クッキーorレーズン入りパウンドケーキ
日々のつぶやきや自転車のことを書いております

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

momentum iThink 2.0m-D:ドロップ化に必要なパーツが届く

2014-05-04 22:32:07 | momentum iThink 2.0m-D(2012年モデル)
iThink2.0m-Dのドロップ化に必要なパーツが届きましたー(・∀・)



Shimano ST-A070 9,198円

7速用のSTI。7速だとこれでほぼ一択でしょうか。
リリースは親指でするので、下ハンドル持つと操作できませんが、通勤用なのでほぼブラケット部分を持つことになると思います。
なので問題なし(・∀・)



Shimano RD-A070 直付けタイプ 1,614円

ST-A070との組み合わせだと、リアディレイラーはこれになってしまうようなので選択肢なしw
TOURNEY A070シリーズはロゴの下に赤い3本ラインが入っているのですね。



Shimano FD-2400 直付けタイプ 1,591円

本来なら、A070シリーズにあわせてFD-A070を選ぶところなのですが、iThink2.0m-Dはミニベロなのでチェーンステーアングルの問題があり、バンドタイプはすんなり使えない可能性があります。
しかし、A070シリーズには直付けタイプがありません。
どこでどうしようかネットで調べていると、7速と8速はチェーンが共通であり、スプロケとクランクセットに付いているギアの厚さ・ギアとギアの間隔が一緒なので、8速のを流用出来そうというのがこのサイトのレポートで大変お勉強になりました。
そして、A070シリーズのコンポで組まれているFUJIのCOMET RがフロントディレイラーだけFD-2400を使用してる実例が存在しております。
そんなわけでFD-2400をチョイスしました。
これ単体では使えないので、後方へオフセットするアダプターを用意しなければなりませんが、GIANT IDIOMシリーズに使われているものを注文して使う予定です。



Shimano BR-R353 前後ブレーキ 1,427円 x2

公式では否定されているものの、トラベルエージェントなどを使用せずにそのままSTIで引けるという情報が上がっているので、前後でBR-R353に。
アームリーチは90mmのコンパクトVブレーキ。



TEKTRO BRAKE PADS 720.12 1,102円

アームへの取り付け方法はVブレーキと同じで、シューはロード用のが使えるというもの。
シューはShimano製のがそのまま使えるようです。
が、しばらくはBR-R573付属のブレーキーシューを使おうと思います。



TEKTRO RL721 2,508円

RL720かと思っていたのですが、RL721でした。クランプ径が31.8mmだからでしょうか。
何の迷いもなくブラックを選んでしまったのですが、よく考えるとハンドルもレバーもバーテープもブラックなので、ポリッシュかホワイトにすればよかったです(´・ω・`)



SCHWALBE DURANO 2,419円 x2

デフォで履いていたKENDAのタイヤKAMPAIGNは高圧で空気を入れられないのでちょっと悩みどころだったのですが、これは6.0-8.0bar 85-115psiと、今までよりかは高圧に出来そうなのでこれにしました。
20x1.20→20x1.10とタイヤも若干細くなります。



SCHWALBE 20インチ用チューブ(406)6SV 777円 x2

チューブも新調。
無難にタイヤとあわせて。

いくつかまだ足らないパーツがありますが、一部のパーツは交換可能状態に。
とりあえず、GW中にブレーキ交換くらいはしておきたいなー。
ついでに、メンテとお掃除も(・∀・)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2014年5月3日のつぶやき | トップ | 2014年5月5日のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。