サクラブ's ブログ(仮)

旧クッキーorレーズン入りパウンドケーキ
日々のつぶやきや自転車のことを書いております

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

momentum iThink 2.0m-D:ドロップ化案がやっとまとまる

2014-04-26 23:36:24 | momentum iThink 2.0m-D(2012年モデル)
iThink2.0m-Dのドロップ化を数日再検討していたのですが、使用するパーツ等もある程度頭の中で固まり、形にできそうです。
元々IDIOM 1に付いていたSORAのパーツを使って9速化も考えていましたが、かかる費用を考えて結局7速でドロップ化する方向で行きます。

用意するパーツですが、ブレーキレバーは7速用STIのST-A070
通勤用なので、補助レバーは付ける方向でして、テクトロのRL720にする予定です。

フロントディレイラーはチェーンステーアングルの関係で後ろ側にオフセットしなければならないので、直付けモデルのないFD-A070Aはそのまま使うと支障が出ると判断。
FUJIのCOMET RがコンポをA070で揃えている中、フロントディレイラーだけFD-2400で組んでいたので、これを参考にさせていただきます。
これのほかにオフセットするアダプターが必要になりますが、これはIDIOM 1に付いていたものと同じものを注文しようと思っています。いくらかわかんないんですけどw
リアディレイラーはRD-A070
フロントダブル化するのでフレームのアウター受けの数が足らなくなりますが、デフォでリアディレイラー用のアウター受けをフロントディレイラー用に使い、リアディレイラー用はフルアウター化する予定です。
またBBハンガー下のケーブルガイドも買える必要がありそうですが、これもIDIOM 1に付いていたのと同じものを用意しようと思います。
ボスフリー仕様のスプロケは現状維持予定。出来ればホイール変えてカセット仕様にしたいですが・・・。

ブレーキはSTIレバーでも問題なく引けるという情報のあるBR-R353を。
これはSORAグレードで、元々はフラットバーロード用とのことですが、使えれば問題なし。あとは、取り付けてみてからですね。
ブレーキシューがカートリッジ式になっているTIAGRAグレードのBR-R463105グレードのBR-R573も選択肢にはあったのですが、ブレーキシューはテクトロのBRAKE PADS 720.12に変える予定なので一番安いBR-R353で。
Vブレーキを選択したので、これだとSTIとブレーキとでアジャスターがなくなってしまうことになりますが、間に挟む補助レバーのアジャスターで調整できるだろうか・・・。

クランクは最初FC-A070にするつもりだったのですが、トップが50Tだったので却下。
次にクラリスグレードのFC-2450を選ぼうと思ったのですが、こちらも50Tだったので却下。デザインはよかったのだけどなー。
そんなわけで、9速用ではあるのですがIDIOM 1にデフォで付いていたクランク(52-42T)を使うことにしました。
7速・8速と9速では規格がちょっと違いますが、このレポート見てコレをそのまま使うことに。
そのほか、フロントやリアの歯数が違うコンポ間での互換性については、このサイトが大変わかりやすくてお勉強になりました。

ここまでのパーツで一応ドロップ化できるかと思いますが、iThink2.0m-Dもそろそろ1年になるのでタイヤもついでに交換しよかと。
そんなわけでタイヤの選定をしていると、シュワルベのデュラノ20x1.10(スチールビード)が目にとまりました。
デフォで付いていたタイヤよりも空気圧が高圧に出来るのがいいですなぁ。
IDIOM 1同様パナレーサーのミニッツライトもいいと思ったのですが、価格的にはデュラノのほうが良さそうですね。
チューブもシュワルベのSV-6にする予定。

と、ここまでが頭の中での現在の案。
まだパーツ注文していないので、取りかかれるのはまだまだ先になりそうですが。
でも楽しみですなー(・∀・)
まずはパーツ注文からです(`・ω・´)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2014年4月25日のつぶやき | トップ | 2014年4月27日のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。