さくらばばちゃんの旅日記

後期高齢者の仲間入りもしたし
残り少ない人生をどう生きようか。
ピンピンコロリと逝きたいもの
それを願うのみです。

北野天満宮

2017-02-28 14:54:41 | Weblog

 学問の神様 菅原道真公を主祭神とした全国天満宮の総本社。
 現在の建物は慶長12年(1607)に豊臣秀吉が造営したもので
   八棟造りの
豪華な桃山建築。
    

    
  
   この時期は受験生の合格祈願・又梅の古木が多いことでも有名です。
 広い梅苑には、樹齢何百年の古木もあり、桜のような派手さはないが
 ほころぶの言葉がぴったりの 梅の花と香りを楽しむことができます。
 人出の多いのが、欠点ですが・・・


  

  

     

  
      枝から枝へ ちょっともじっとしない可愛いメジロの歓迎に。ラッキー

    

  綺麗な女優さんにも出会うことができました。
    そんなに有名ではないが、癒し系の落ち着いた方ですね。
  本上まなみさんです。

       

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ深夜便

2017-02-26 07:18:01 | Weblog

就寝時は1晩中ラジオをつけっぱなしです。
殆ど眠ってるが時々目が覚め、NHKのラジオ深夜便のアンカーの
心地よい声を耳にし、生きてることを感じ又眠ると言う夜を送ってます。

どのアンカーもそれぞれに趣がありますが
中でも私は「森田美由紀アンカー」の美声と知識の豊かさを感じ大好きです。

昨晩は3時から幼き日の歌、「どこかで春が」「早春賦」など懐かしい
歌に心地よい一時でした。

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次回のメニューは何にしょうか!!!

2017-02-21 17:43:39 | Weblog

自宅でサロンを始めてもう1年が過ぎようとしてます。
今まで頂き物の食器など使ってましたが、サイズもいろいろで配膳もやりにくく
無地の食器の方が何かと合わせやすので

ネットで手ごろな食器を見つけ、大・小を求めました。

これならカレー皿として又お寿司など盛ったりもでき
和・洋どちらのメニューにも合わせやすく気に入りそう。
次回の献立は何にしょうかなあ・・・
限られた予算内でいかに美味しく見た目にも豪華??をモットーに
脳の活性化の為にも頑張りま~す。

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしいおやつ

2017-02-12 15:21:20 | Weblog

この季節になると「かきもち」のつる下げられた
子供の頃の風景を懐かしく思いだします。
おばあさんが七輪で焼いてくれた「かきもち」が毎日のおやつでした。
ネット販売の「加賀かきもち」を見つけ
素朴な懐かしい味を楽しみました。

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しい1泊の旅

2017-02-10 14:29:06 | Weblog

日本列島寒波襲来とのことでしたが、大雪にもならず時々雪の舞う中 
琵琶湖を望む
ホテルに気の合った友人8人での1泊の旅でした。
バイキングの楽しい夕食(ちょっと食べすぎたかなあ、又明日からダイエット
暖かいお風呂・お喋りと少し
年増の楽しい女子会でした。
皆さんありがとう。


比叡の山もうっすら雪をかぶりなかなか見られない冬の琵琶湖周辺風景です。

  

        これが淡水湖と思えない海のような大きな琵琶湖です。
     ここはまだ湖口で奥はまだまだ広いです。

  
   
    ※琵琶湖は滋賀県の6分の1を占める大きな湖です。
        琵琶湖にそそぐ川の数は大小合わせ460本もありますが
        下流にそそぐのは大阪湾にそそぐ宇治川~淀川1本のみです。
        関西周辺の市町村の水がめとしても大きな役割を果たし
            私も毎日恩恵を受けております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今まで生きてきた中で一番うれしい!!!

2017-02-05 15:54:05 | Weblog

保育園年長からもう15年以上も見ることになった孫。
親でも てこずる思春期を暮らしを共にした苦労は思い出したくもない
程の耐えがたいものでした。
最近アルバイトを始めて先日初の手当てをもらったらしく
今度来た時にはプレゼントがあるからとのこと。
いつでも初給料をもらったら「コンビニのケーキ1個」でいいよと言ってたのに
迷って買ったんだよとなんとショルダーバックをプレゼントしてくれました。 もう目がウルウル 

これから先には就活と彼には大きな試練が待っていると思いますが
ババが心配してもどうしょうもないこと。
まずは少しだけ大人になったと喜ぶことにしょう。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加