さくらばばちゃんの旅日記

後期高齢者の仲間入りもしたし
残り少ない人生をどう生きようか。
ピンピンコロリと逝きたいもの
それを願うのみです。

一年 ありがとうございました。

2014-12-30 13:54:37 | Weblog

     先日帰京した時の話です。
     時間も早いので、ちょっと京都の町をぶらっとしてみようと思い立ち
     コインロッカーに荷物を預けようとしたところ、
     大型ロッカーは最上段しか空きがない、
     すると近くにいた 若いカップルの男性が「入れましょうか」と持ち上げてくれました。
     ありがとうねと言い、料金を出そうと 財布を見ると1万円札しかない。
     「どうしょう1万円しかないわ、困った」と言ってると
     どうぞ使って下さいと、青年の手に500円硬貨が・・・    

     嬉しいけどそんな厚かましこと出来ないので、切符売り場で両替してもらって
     来ますと、少しの時間その場を離れました。 
     両替してもらい帰ってくると、ロッカーの前にさっきの カップルが・・・
     「ごめんね待っててくれたのね ありがとう。」と言うと、いいえと爽やかに
     その場を
 立ち去っていかれました。
    
     鍵もかけずに両替に行ったばばさんの荷物の番をしてくれてたのだ。

     さきほどからの青年の優しい態度に、最近の若者にもこんな
     やさしい思いやりのある人がいるんだと 感激!!!
    
 日本の将来も捨てたものではないなあと嬉しくなりました。

      

             あっと言う間に過ぎた2014年
      世の中も、私的にも決して穏やかではなかったけれど
      いろいろあるのが人生、これが生きてる証なのでしょうね。

      1年間 つたないばばさんのブログをお訪ね下さってありがとうございます。
      どなた様も良いお年をお迎えください。 お祈りしております。

            宇治のお抹茶と阿闍梨餅で
           1年を振り返りながら、静かにお茶してます。

       

      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

時には!

2014-12-26 14:18:54 | Weblog

     京都の一等地に威風堂々と建つ東西両本願寺
    西は我が家の本山
    京都駅からすぐ近いのになかなか足を運ぶことが出来なくって・・・

    今年の納めに日頃の無信心のお詫びにと思いおまいりしてきました。  
   
 親鸞聖人の御真影(木像)が安置されてる御影堂は
    広く荘厳な雰囲気、その中で「ご先祖さん、じじさん」にいろいろ報告と
    これからも守って下さいとのお願い。
    隣で懸命に手を合す外人三人さんどんなお経を唱えてるのかと興味津津。
    京都はまぎれもなく、今や国際観光都市ですね。

    600年~700年も経て、その間何度かの修理がされたにしても
    朽ちることない重厚さは、当時の財力と宮大工の技の
    素晴らしさを改めて知ることができます。
           さすが世界遺産!!!  ↓

         
       
 
         

     

       
          

    今日はお餅つき、滅多に会えないこの行事なので
    皆さんにもお供物としてもって帰っていただきますとのこと。
    ご利益がありますように・・・ 

       

                         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月の雪

2014-12-18 13:08:33 | Weblog

     朝起きてびっくり、外は真っ白
     予報どうり 暖かい知多にも雪が・・・
           名古屋で25㎝ 知多でも
5㎝ほど積もったようです。
     

     朝6時、降り出して間がないのか 
     駅前交差点なのに、車の轍が無い珍しい光景です。 

     

          駐車場に可愛い雪だるまをみつけました。 

     

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆずジャム

2014-12-15 16:28:20 | Weblog

     プールでいつも声をかけていただく方から
     家の庭で取れた柚子だといただきました。
    
     袋を開けると結構な数があり
     料理用に一個を残し、後は 「ゆずジャム」にしてみました。
     甘さを控え目に、柚子の香りと少し苦みのある美味しい
     ジャムができました。
    
     朝のパン食に、ヨーグルトのトッピングにとしばらく美味しく
     いただけるのが嬉しい!!!

     ジャムにするんだったらもっとあげたのにと「Oさん」
     これで充分、ありがとう。

       

       

   
      

        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キューちゃんの思いで。

2014-12-11 08:04:13 | Weblog

      ノーベル平和賞のマララさん。
     銃弾を受けながら奇跡的に助かった彼女の
     17歳と思えない感動のスピーチを聞きながら

     もう40年ほど前のこと、知人の息子さんの友人でカンボジアの留学生
     「キューちゃん」を知り、笑顔が印象的だった彼を思いだしてます。
     
     苦学をしながら京都の大学で学び、カンボジアに帰ったら
     文部大臣になり、学校を建て、子ども達に教育の大切さを
     教える事、これが僕の夢です。といつも熱く語ってましたね。

     でもポルポト政権下で知識人の大量虐殺の犠牲になったようで
     いつか音信不通に・・・

     生きてれば必ず、夢を果たしていただろうと思うとほんとに残念です。
     マララさんもこれからも多くの困難があるでしょうが
     銃よりも1冊の教科書の大切さを 世界に訴えて下さい。

     

              
     

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加