さくらばばちゃんの旅日記

後期高齢者の仲間入りもしたし
残り少ない人生をどう生きようか。
ピンピンコロリと逝きたいもの
それを願うのみです。

のどかな風景!

2014-06-30 16:12:49 | Weblog

     雨は降らないが、湿度が高くムシムシする朝です。
     ボォーとしながら、見るともなしに向かいの交番を見ると
     そこにはのどかな光景が・・・

     交番の空気入れを借りて、自転車に空気を入れるおじさんと
     お巡りさん。
     近寄りがたい交番も、こんな光景を見ると親しみを感じ
     うっとおしい 梅雨空ですが、気持ちは少し晴れやかになったような気がします。

         なんでもないのにほほ笑ましくなる今朝の1枚でした。


             

    

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマモモの思いで

2014-06-24 07:44:07 | Weblog

     木いっぱいに実を付けてるヤマモモに出会いました。
     

     散歩の途中のおじいちゃん
     「子供の頃、木をゆすり黒くなった実を(赤いと渋い)良く食べたもんだよ。
     甘いものに飢えてたからなあ・・・
     スーパーに行けば物があふれてる今の子ども達には考えられない時代だったよ
     話される。

     そうなんです。 砂糖は貴重品でしたね !!!    
     ばばさんがだいぶ大きくなるまで
     砂糖は配給物資で、公民館に鍋を持って並んだことが
     懐かしく思い出されます。

     

                 
     

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏至近くの夕日

2014-06-20 08:29:47 | Weblog

       一年で最も昼が長い夏至近く
     窓の外を見ると梅雨の晴れ間に、真っ赤な夕日が
     公園の森に沈みかけてました。

     これから数か月、これでもか、これでもかと降り注ぐ真夏の太陽は
     苦手ですが、動植物にとっては欠かせないもの。
     太陽の恵のありがたさを感じ、思わず手を合せました。

     


     
     
     
               

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマボウシの思いで。

2014-06-11 10:30:40 | Weblog

      10数年ほど前、信州のひなびた温泉宿の玄関の壺に何気なく
      投げ入れられていたヤマボウシの一枝。
          清楚でネーミングの可愛いこの花が大好きになりました。

     「アメリカハナミズキ」に良く似てますが、梅雨の時期に
      葉が出てから花が咲くのがヤマボウシだと知りました。
     秋には真っ赤な2.3センチの実がなるのもヤマボウシです。

     近くの歩道の植樹帯に咲くまだ小さいヤマボウシの木を見つけました。
     園芸種なのでしょうか、花がぎっしりです。     
     そういえば、昨年秋真っ赤な実をいっぱいつけてました。

     

     


      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おはよう!

2014-06-03 08:09:18 | Weblog

       

                いつもは主のいない我が家ですが
      今日は人の気配がするなあと思ったのでしょうか
      早朝玄関に出ると、門灯のところにきれいな「アゲハ蝶」が。
      朝の挨拶に来てくれたようです。
      羽化して間が無いのか、羽も少し濡れてるようです。

      帰省するたびに、畑も竹藪も住宅地に変貌してる中
      まだまだ、アゲハも住める自然が残っているのだと少し安心。
      1時間ほどで、何処かへ飛び立ってました。

      

      

      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

虫の知らせ。

2014-06-03 06:45:17 | Weblog

       夜中にめがさめ、やっぱり明日帰ろうと急きょ決めた今回の帰省。
      家に着くと、近所の方から、お隣のご主人の訃報を聞いた時の
      驚きと悲しさ、ご近所もだんだん寂しくなりました。
      まだまだ若く、誕生日を明日に控えた67歳とのこと。

      笑顔の爽やかなご主人で、話題も豊富で気さくに良く話していただきました。     
      仕事柄年金の事は詳しく、私が「年金が又カットされショックです。
      これからの若い人の年金はどうなるんでしょうね」など
      今は懐かしく思いだしてます。
        

           愛犬タロー君とも、又散歩できますね。
     “Mじじ”もあちらにおりますので、又話し相手になって下さいね。
      心よりご冥福をお祈りいたします。   合掌

                             

コメント
この記事をはてなブックマークに追加