さくらばばちゃんの旅日記

後期高齢者の仲間入りもしたし
残り少ない人生をどう生きようか。
ピンピンコロリと逝きたいもの
それを願うのみです。

“半田瑞穂町さくら並木”

2013-03-31 08:34:31 | Weblog

      半田瑞穂町の桜並木      
      住宅地の中 川の両岸に数100メートルの桜並木がみごとです。
      
      あまり知られてないようで、静かな散策路でした。

       

      

      

      
       “花より団子”
       住宅地の中の手ずくりジェラート店に立ち寄って・・・美味しそう!!!
       つい買ってしまいました。       

      

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

蘭は難しい・・・

2013-03-29 17:32:40 | Weblog

      一輪だけでもいい香り!!

      
             求めた時は無数に花を付け
      世話なしでも来年は花が咲きますよとの言葉に
      求めたキンギアナム。
      でもやっぱり蘭は難しい・・・
      
            
             でも懸命に咲いてくれてありがとう。
      愛おしく、「よう咲いてくれたね」と朝晩声掛けながら
      元気をもらってますよ。

      

      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「武豊野外活動センター」のしだれ桜

2013-03-27 16:27:02 | Weblog

      ソメイヨシノの少し前に満開になるしだれ桜。
      「武豊町の野外センター」に出かけました。

      樹齢も相当古いと思われるしだれ桜、今年はぎっしりと花をつけたようです。      
      枝もたわわで素晴らしい!!!
      今日が一番の見ごろのようです。
      
            園内のソメイヨシノは三~五分咲でした。
      この週末お弁当持参の家族連れも多いことでしょう。
       

       遊具はあまりありませんが、広い園内子供連れにはいい花見の穴場ですよ。
      入園は無料ですので・・・

       
      
      

          

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

五木寛之講演会

2013-03-24 20:46:30 | Weblog

     半田市に生まれ「ごんきつね」や「でんでんむしの悲しみ」などの
     童話作家 新美南吉の生誕百年、没後七十年の記念講演会で
     五木寛之氏の話をきいてきました。    

     八十歳になっても講演会や執筆活動にと精力的に活動され
     今もあのダンディさを失っておられない様子に感動です。

     
     人間生きていくことはとても疲れること。     
     
     一瞬の安らぎ 癒しの時間の大切さ
     新美南吉の童話の世界は動物などを介して
     やさしさや慈悲の心を伝えてる作品が多く
     
     こんな時代だからこそ、これからもより多くの人たちに親しまれることを
     願いますと結ばれました。

           

        
      ” ばばさんのつぶやき ”    

          人生って何故こうも思い通りにいかないのだろうか?
     退職したら、気ままに全国を歩くのが夢だったのに・・・
     大きなお荷物を背負うことになり
     最近は足腰の調子が悪く、医者通い。 
     でも落ち込んではいないよ。

     又何時の日か夢を実現させた~い。
     必ずその日が来ることを信じよう。

           久しぶりにお抹茶を・・・
           お菓子はいただきものの大好きな京都の阿闍梨餅。
             
                     元気を出して前向いてガンバレばばちゃん!!!

          


     

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あの日から2年。

2013-03-11 13:31:01 | Weblog

     故郷を根こそぎ奪った未曾有の震災・原発事故。
     あの日からもう2年が過ぎました。

     一向にはかどらない復興
     被災された皆さんがいつになったら安心した生活ができるように
     なるのでしょうか?

          ー 持ち物は 命1個と なりにけり ー

          - 復興は ねじれたままの 遅い春 ー

          ー 目に見えぬ ものと戦う 春の闇 -

            被災された方の気持ちがにじみでた川柳です。

    
         今も 復興はなかなか進まない被災地 ↓

     


           被災された方々に少しでも明日が見えるような復興を祈り       
     犠牲になられた20851人 行方不明100人以上の御霊に合掌


           ばばさんには支援と言うようなことは事は出来ませんが
     被災された方の事は、忘れたことはありません。 
     
      
           東北の方は何もしていただかなくていいのです。
     こちらに来ていただくだけで充分なのですとおっしゃっておられます。
     何時の日か 必ず東北の旅に行こうと思ってます。
     

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

“水仙の遊歩道”

2013-03-10 07:23:04 | Weblog

     半田十ヶ川遊歩道の桜並木に今年は水仙が綺麗に咲きました。
     川沿いの立派な遊歩道 桜だけではもったいないとのことでボランテァの方が
     秋に球根を植えられたそうです。

         年々に球根も増え見事な水仙の小道になるでしょう。 ↓

     

     

        桜の花芽もだいぶ膨らんできました。 ↓

     

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

いかなごの「くぎ煮」

2013-03-07 09:31:47 | Weblog

       春の風物詩いかなごの解禁と聞き、近くのスーパーの鮮魚売り場に行ってみると
       朝採れの新鮮な「いかなご」が並んでたので、早速買い求め午前中かけて炊きあげた。
               知多半島では「しんこ」と呼ぶようです。

       昨年はうまく炊けたので今年も又レシピ通りに
               途中絶対にかき混ぜないで炊きあげると
               煮崩れることもなくうまく炊けることを知った。
       最後ザルに取り冷やすと艶が出て「いかなごのくぎ煮」の出来上がり。

               もう少し醤油・砂糖を控えると良かったかな? 次回は気を付けてみよう      
       しばらく春の味を楽しむことができ、ささやかな幸せ感に浸る 

       
             新鮮なうちに手早く調理する ↓

       


         美味しそうに出来上がりました。 ↓

       

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

栄華の面影を残す半六邸

2013-03-04 14:03:07 | Weblog

     醸造蔵を川面に写し穏やかに流れる半田運河
     運河沿いには、江戸から明治にかけて繁栄した半田の豪邸がいくつかあった。
     中埜半六邸もそのひとつ。

     主のいないお屋敷は今朽ちていくばかり
     市の取り壊しに反対した NPO「半六コラボ」が2年後の大改修をめざし
     頑張っておられるようです。
     先立つものは改修費用、金のなる木が欲しい・・・の一言。
     古いものを残すことの困難さをひしひしと感じます。     

     3月3日は半六邸の庭の公開日でした。
     お庭も広く立派なもので繁栄ぶりが伺えました。
     今は半田農業高校の生徒さんがボランテァで木の剪定をされているそうです。


      

     

     

     

     

        いつの日か生まれ変わった半六邸にお目にかかる事を楽しみにしております。        

     
     
              

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加