さくらばばちゃんの旅日記

後期高齢者の仲間入りもしたし
残り少ない人生をどう生きようか。
ピンピンコロリと逝きたいもの
それを願うのみです。

瀬戸内寂聴さんの生きがいを聞いて!

2010-03-29 06:46:31 | Weblog
                   今朝ラジオ深夜便で瀬戸内寂聴さんの“生きがいとは”を
        聴いた。人間としてこの世に生を受けたからには
        それぞれに何らかの義務がある。
         実際のところ「法話の会」は負担なのだが
        たくさんの悩める人々が、私の話を聞き
        少しでも気持ちが楽になって、いい顔で元気になって
        帰ってもらえるように、続けるのが私の義務だと思っているとのこと。

         書くことは大好きで、執筆途中苦しみもあるが、完成した時の
        満足感は言い表せないものがあり、ペンを持ったまま
        逝ければ最高の人生だ。
         書くということは自分を、冷静に見つめ、自分を知ること。
        短い文章でも毎日その日心に残ったことを
        書き記すことを進めますと・・・
  
         今朝も孫の暴言に腹立たしい思いのばばさんだが
        彼の世話も、自分に与えられた義務だと思い
        頑張ろうと、元気をもらいました。
                     “寂聴さんおおきに” 
      
          嵯峨野の一角にしずかにたたずむ寂庵。
          87歳の歳を感ずることなく、ここで
          活動的に執筆しておられるのでしょうね。
                   
            
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近くにさくらの名所が!

2010-03-28 07:16:54 | Weblog

       風は少し冷たいが好天気。
      歩いて10分程の所の名古屋市の青少年野外センターへ
      初めて行って来ました。
       運動施設は勿論、たくさんの木々も植えられ
      通路は桜並木になり、ソメイヨシノの満開には少し早いようですが
      しだれ桜は満開で、こんな近くに絶好の散歩コースが見つかり
      嬉しくなりました。
       お昼にはお弁当を広げた家族連れがにぎわい
      楽しい子どもの声が聞こえてきました。

      

 
      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

脳血栓は怖い

2010-03-25 13:33:27 | Weblog

         先日のテレビで、脳血栓の患者が年々増えつつあり
        3大原因は糖尿病、心臓疾患、高コレステロール症だとか・・・
        昨秋の検診で、LDLコレステオールが高いので
        内科を受診するように言われてたのに、気になりながら
        そのままにしてました。    
        
         まだ多少はこの世に未練もあるが        
        早かれ遅かれどんな偉い人も、金持ちでもお迎えの日は必ず
        来るのだから、コロリと逝けばそれはそれで仕方がないこと。
        
         でも後遺症で悩むようなことにはなりたくないよね。
        次の日内科を受診し、薬をもらって毎晩1錠飲んでます。

                     
              

               

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

思い出の花

2010-03-23 16:47:48 | Weblog

        子どもの頃、村に鉢植えの花を出荷している
       農家があり、母は鉢いっぱいに咲く「サイネリアの花」が
       大好きだと毎年求め、その後京都に住むようになって
       96歳で亡くなるまで、春には玄関に置いたりして楽しんでました。
        
        母が亡くなって四年近く、最近思い出すこともだんだん
       少なりましたが・・・(すんませんです)
       サイネリアは母との思い出の花。

        いつの間にか私も、この花が店に並ぶと春を告げて
       くれてるようで、毎年買っているような気がします。
       最近は水色系の花もでてますが、昔ながらのこの色が
       一番好きですね。
        あれから半世紀以上過ぎましたが
       稲森さん、息子さんの代になったと思いますが
       今もお花を作っておられるでしょうか?

       
       

         

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

パラリンピックに感動!

2010-03-23 07:28:09 | Weblog

        オリンピックの後、開催されるパラリンピックを
       感動して見ました。
       障害を克服して頑張る、どの選手にも、エールを送りましたが
        
        日本選手の主将の新田選手を、特別な思いで見てました。
       3歳の時におじいさんの、運転する農機具に手を挟まれ
       左手を失ったとのこと、ずっと自責の念にかられる
       おじいさんのためにも、「障害を抱えていても健常者以上だよ」
       必ずおじいさんの首に、金メダルをかけるからと、その一念が
       金メダル2個と言う快挙に結び付いたのでしょう。       
        
        ゴールする彼の姿に、テレビの画面がボケるぐらい
       涙うるうるのばばさんでした。           
          心からおめでとう  感動をありがとう

       
でも、国からの援助が少ないため、練習の費用にもこと欠く
       現状だそうです。国民に多くの感動を与えてくれるアスリートの
       育成などに、もう少し予算を出してあげて下さいよ。・・・鳩山さん
       

                 

                  

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

満開のこぶしの花

2010-03-18 18:09:08 | Weblog

        ご近所の大きなこぶしの木が
       いっせいに真っ白な花を開き
       裾を彩る椿、菜の花とのコントラストが春本番を
       告げてくれてます。       
        
        知多の地は名古屋のベットタウンとして新しい住宅地
       も開けてきてますが、古くから住んでいる方々の家の
       敷地はとても広く、誰に遠慮することなくのびのびと枝を
       伸ばした木々に、もう都会では見られないような
       懐かしい日本の春の風景を毎日楽しませてもらっています。

       

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

嵯峨野を歩く

2010-03-17 08:27:21 | Weblog

        久しぶりにゆっくりと宇治の我が家へ帰ることができた。
       家の掃除もすませたので、さあ何処かへ出掛けようか・・・?
       何も遠くへ出かけなくとも京都にしよう。
       京の町は見どころがいっぱいだから。
       足の向いたのが早春の嵯峨野路。
       花には少し早い分、観光客が少ないのがとても良かったですよ。
       
       愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)→化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)
       →祇王子(ぎおうじ)→落柿舎(らくししゃ)→常寂光寺(じょうじゃっこうじ)       
        
        何百年という歳月を経て迎えてくれる朽ちた石仏。
       静寂の竹林。 何ともいえぬ趣の苔むした庭。
       一服のお茶に、心が洗われるようでした。
       京都嵯峨野はやっぱり、日本の心のふるさとですね。

                 
               化野念仏寺の石仏

                 
               京都ならではの竹林の小道

                 
                祇王子の苔庭



                     

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春を味わいました!

2010-03-08 09:06:50 | Weblog

         散歩の途中に見つけ可愛い春の使者。
        両手にいっぱいあったので、今日は“つくしずくし”で
        春を味わいました。

         こんなダイエット食ではいつもだったらとても
        我慢ができませんが、季節を味わったと言う
        満足感が空腹感を忘れさせてくれたようです。
        

        

        
        
        
       

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

“やまない雨はない”を見て

2010-03-07 08:53:02 | Weblog

        日本初のお天気キャスターで、お天気解説後の
       心和む一言で多くのファンがいた倉島厚さんのエッセイ
       「やまない雨はない」が放映された。
        
        病気とのたたかいを夫婦愛で乗り越えて来たものの
       愛する奥さんも末期癌で急逝。
       妻を亡くした喪失感で,その後倉島さんもうつ病になりながらも
       「やまない雨はない、いつかは晴れる」との一念で病気を克服した
       心を打つドラマでした。

        今日も孫の反抗に情けないやら悔しいやら・・・
       ”心穏やかに毎日を送りた~い”と、叫びたい思いの毎日を
       送るばばさんには、悩める内容は少し違いますが
       ”こんな日ばかりではない、いつか必ず晴れる日が来る”
       前向き!前向き!に生きようと、元気をもらったドラマでした。
       
       

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お向かいの土佐水木!

2010-03-06 08:51:03 | Weblog

        朝カーテンを開けると、お向かいの門のところに
       黄色の蕾をたくさんつけた木があり、どんな花が
       咲くのだろうかと楽しみにしてたところ、二,三日前から
       花弁が重なって下へ垂れている花が満開になりました。

        これは「土佐水木」 以前どこかの植物園で見てうっすらと
       記憶にあったので、ネットで調べるとやはり「土佐水木」でした。

        最近人の名前や、植物名などすぐ忘れる事に
       自信をなくしてましたが、まんざらでもないやあ・・・と
       気を良くしたばばさんの一日でした。

        その近くにヒヤシンスの紫がとてもきれいです。
       ご近所の花で春を楽しみ、心を和ませてもらってます。

     

      
       
     

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

友よ安らかに!

2010-03-02 08:28:10 | Weblog

         故郷の友より電話で、入院中のTさんが永遠の旅に
        立ったことを知りました。
        その日は彼女の68歳の誕生日だったそうです。
         まだまだしたいこともあり、お孫さんの成長も
        楽しみにしておられたでしょうに、彼女自身はもちろん
        ご主人もどんなにか悔しい思いでしょう。    
         
         洋裁と言う同じ道に進んだこともあり、時々職場での
        苦労話などを言い合い、慰めあったよね。
        そんなことを思い出しながら、郷里の方向に向かって
        “安らかに眠って下さい。いつの日かそちらでお会いしましょう”
                        “合掌” 
                                                        
        
        

        
 
       
               

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加