在宅診療の現場より

さくらホームケアクリニック 兵庫県川西市

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

往診用エコーのアルミケースを作成

2013-12-15 00:30:15 | 診療関連

往診用エコー(TOSHIBA Viamoアルミケースを作成していただきました

とてもによくできているので、ついブログに乗せてしまいました

作成していただいた舘林製作所の皆様、本当に有難うございました

以前使用していたバックは、

エコー購入の際にメーカーの営業の方にお願いして作成していただきましたが、

スーツケース(2週間は海外旅行にいけるほど)を利用したもので、

あまりに大きすぎて機動力に難点がありました

(正直、往診時に持って行くには覚悟が必要でした)

そのため普段は、往診車に常時乗せているポータブルエコー(GEのVscanを)を使用していました

ですがPICC挿入や胸腔・腹腔穿刺の時、肝・膵を詳細にスクリーニングしたい時には、

Vscanではどおしても無理がありました

そこで今回、TOSHIBA Viamo用に新しくエコーのケースを専門の方にお願いして作り直すことにしました

出来上がったのが、写真のアルミケースです

 

       

今回は無理を言って、本体をケースに収納した状態で検査ができる仕様に設計していただきました

さすがオーダーメイド プロが作るとこんなにコンパクトで持ち運びやすくなるんですね、まさしく職人技です

ついでにプローベのケース(リニア・セクタ・コンベックス用)も作っていただけました。

  

高額な精密機械ですから、プロにお願いして間違いのないケースを作っていただくのが一番と実感しました

作っていただいた舘林製作所様への感謝を込めて、連絡先を載せさせていただきました。

ご興味のある方は連絡してみては如何でしょうか。

しかも今回作成していただいたケースの費用は二つ合わせても以前使用していたスーツケースより低価格でした(驚)

社長の舘林さんはとっても優しくて、どんな注文にも応えていただけると思いますよ

ニーズに対応するケース造り一筋
(株)舘林製作所

大阪府摂津市東一津屋10-4
http://www.toranku.co.jp/ toranku.t@dance.ocn.ne.jp
TeL 06-6829-3050  Fax 06-6829-3055

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 研修医の視点から | トップ | 常勤事務職員募集(在宅チーム) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

診療関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事