さくらのスペース

潰瘍性大腸炎の子供とジジババの介護の日記

空き家

2017年09月25日 10時00分50秒 | マンション

 総務省による土地統計調査によると武蔵野市の空家率が14.1%と都内で3位、多摩地区では多いことが分った。

>土地統計調査は、総務省が5年ごとに行っているもので、9月23日から30日までの間に調査対象となった世帯に調査票を配布した後、10月に再度訪問し、居住者から調査票を回収、もしくはインターネットで回答を得て行うもの。

空き家は調査員が外観等から判断している。今回の結果は、平成25年に行われた調査の結果だ。

 武蔵野市の周辺自治体は、三鷹市=11.1%。小金井市=11.8%。西東京市=9.3%。杉並区=10.5%。練馬区=9.5%。
 多摩地域では、2番目に高いのは青梅市の13.2%。3番目は日野市の12.8%という状況だった

> 空き家となるのは、全国的な調査では、親所有の住宅を相続した場合が44%と最も多い。
 相続の後、条件さえあれば売却または賃貸しようと思っているケースは約44%だが、売却や賃貸にするつもりはないというケースは約28%でこのような場合が空き家になると想像できる。
 また、空き家になっている住宅の建築時期は昭和55年以前の割合が全体の3分の2という状況で、賃貸にするには改修費がかかることもその一因だろう。

 

http://blog.livedoor.jp/go_wild/archives/52492145.html

 

ここに出ているので

7軒に1軒は武蔵野市は空き家のわけで すごいことになっているなあと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空き家 | トップ | 空き家 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マンション」カテゴリの最新記事