迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

2012年02月23日 | ま行 外国映画
スティーブン・ダルドリーがアメリカを舞台に映画を撮る!ということにまずびっくり。そしてテーマは「9・11」・・・。もしかしたら、アメリカ人の監督では、まだ面と向き合えないのかもしれない、などとも感じた。

大好きだった父を同時多発テロ事件で亡くした少年、オスカー。非常に賢くて、臆病で、饒舌で、好奇心に満ち、感情を爆発させ、父親が大好きだった。なかなか扱いの難しい少年だが、父は息子を優しく見守り、力を無理なく引き出してやる。彼の持つ探究心、好奇心を刺激してやる名人だった。

そしてあの「最悪の日」。悪態つきながら学校から帰され、ラッキーと思ったかどうか。。。大概は、学校が急に終われば、例外なくうきうきするもんだ。でも、それは最愛の父と絶望的な別れの日。いまにも崩れ落ちる寸前のビルの中から、息子に対して何度も送った電話。この子には、自分がついてないとならない。まだ何も始まってない。父の忸怩たる思い。やり場のない絶望感と、家族に対する愛。。。

繊細すぎるオスカーに、父の死はなかなか受け止められない。それはオスカーのような少年に限らず誰でもだ。ぎくしゃくとなんとか生きてきたオスカーは、1年後、父の遺品の中から一つの鍵を見つける。Blackと書いてあった袋に入っていた。何の鍵か?Blackは名前に違いない。Blackさんを探し出し、鍵穴を見つけ出すことが、亡くなった父と自分を結びつける唯一のものではないかと行動を始める。

その調べ方は父が自分に授けた調査の仕方。リサーチし、綿密に計画を立て、根気良く続け、ちゃんと記録をとる。

途中から彼の同伴者となったのが、向かいに住んでるおばあちゃんの部屋の間借り人。声を発することが出来ないその老人は、メモで会話をする。左手にはイエス、右手にはノーと刻まれている。(これ便利だ!)二人はこつこつとNY中のBlack氏訪ねあたる。

そこで出会う、様々な人。まったく知らない人の家のドアを叩き、自分の思いを伝え、星の数ほどあるものの中から、たった一個に鍵穴を見つけ出そうとする・・・・。

ということで、この物語は、冒険譚であり、ロードムービーであり、ある意味ミステリーでもある。冒険が遂げられた先にあるものがなんなのか?というのは見ていただくことにして、でもその謎が解明されたことが重要なんじゃなく、過程と、再生と、癒しに必要な時間と、一歩踏み出すきっかけと勇気かなあ~。

9・11は真面目にとんでもない出来事で、アメリカの人々にとっては、歴史上初めての本土攻撃だ!という人もいる。一人一人の犠牲者の、その家族の悲しみたるや、今までに味わったことのないくらいの衝撃だった。なにより大きかったのは、大国アメリカの象徴ともいえるツインタワーが、衆目の眼前でもろくも倒れさったことだ。その衝撃と、大きな悲しみから立ち直る難しさと、人間の強さの両方が見えた。

見ながら、とにかく監督がの慧眼に感服するが、天才少年と呼び声の高いトーマス・ホーン君の素晴らしさ。一瞬、振り向いたときのはっとさせる表情。作ろうたってできるもんじゃない。パニックに陥る追い詰められた場面、次々と襲ってくる恐怖に孤独に耐える姿、同伴者が出来たときのわずかに見える安堵感。そして、台詞回し。。。素晴らしい。監督もこの少年を見つけたときは、絶対に映画の成功を確信したと思うが、願わくば静かに成長してもらいたいなあ~と。いや、そんなのは杞憂なくらいに出来た少年なんだろうな。

これ見ながら、一番に思ったのが、その前日に判決が出された光市母子殺人事件のことであった。事件が起こったとき、本村氏は23才。加害者は18歳。2人を殺害した非道な事件でありながら、極刑は出されなかった。死刑を出すことが解決の道というのではないが、本村氏が言い続けたのが、被害者の思い、被害者の立場。被害者の立ち直らなければならないんだ!このままでは前に向かって進めない・・・・と、言っていた言葉がよぎった。

突然の事件、交通事故、通り魔、明日も変わりなく生きていくであろうと疑いもしなかった命が、思いもかけずに奪われてしまうことは悲しいことながらどこにでも転がっている。でも、生きている人々は生き続けなければならない。生きる難しさと、死んだ人のことを受け止める器量を試されてるような気がした。

やはりお見事なダルドリー監督。この人の作り出す映画は、万感胸に迫る。

一点、母を埋葬のことだけで、それだけではないのだろうが、避けていく気持ちがちょっとわかりづらかったかな。なんせ母なもんで、息子に信頼されないのは辛いのです。

「リトル・ダンサー」

「めぐりあう時間たち」

「愛を読むひと」

◎◎◎◎○

監督 スティーブン・ダルドリー
出演 トム・ハンクス サンドラ・ブロック トーマス・ホーン マックス・フォン・シドー



リトル・ダンサー コレクターズ・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
角川ヘラルド・ピクチャーズ



めぐりあう時間たち [DVD]
クリエーター情報なし
アスミック



愛を読むひと (完全無修正版) 〔初回限定:美麗スリーブケース付〕 [DVD]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エル・ブリの秘密 | トップ | エンディング・ノート »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不思議な透明感 (KON)
2012-02-23 17:33:23
とにかくトーマス・ホーンくんがきれいで独特で。よく彼を見つけたもんです。
マックス・フォン・シドーと、ヴィオラ・デイビスのほどよい存在感が良かったです。
ただ、ハリウッド的ではないお話ですね。
あの「声」は、これからお母さんに聞かせるのかなあ。
これは…。 (mori2)
2012-02-23 21:59:10
ヤラれました。
あるシーンを境に、ガラッと見方が変わってしまいまして、後はもうただ涙涙…。

トーマス・ホーン君、素晴らしいですね!
このまま真っ直ぐ育って!!
Unknown (KLY)
2012-02-23 22:33:08
実はこれ、去年観ていました。
しかし、未だに思い出しては涙が出てしまいます。「私があなたから目を離すと思う?」優しく微笑む母の笑顔は息子にとって何にも代え難いものです。
サンドラが演じているにしてはどことなく存在が希薄な母親だったのに、あそこで初めて彼女の演じる意味が解った気がしました。
>KONさま (sakurai)
2012-02-24 16:39:07
ほんとに、よくぞ見つけたもんですね。
なんか違うメガネでも掛けてるのかしら?と思います。
ぜひとも、トーマス君にはまっすぐ行ってもらいたいなあと。いや、キャラの立った俳優でも十分行けるかも。
あれは、私は聞かせないと思うなあ。そのまま封印するような気がします。
もう前をきちんと向けるから。
>mori2さま (sakurai)
2012-02-24 16:46:49
とちゅうまで、いらっとさせられながら、それも計算済みかな~と思いつつ、後半は涙腺決壊でしたねえ。
いやーー、私もまっすぐ育ってほしいなあと思いますが、先日インタビューされてる姿を拝見しました。
なんかしっかり大人(言動が)でした。頭いい子だわ、とっても!と思いました。
>KLYさま (sakurai)
2012-02-24 16:58:25
サンドラ母は見事でしたね。
不安ながらしっかと受け止めてる風に打たれました。絶対に母は見てますよ。
最後はこう来たか~!でしたが、納得でした。
わかるわあ。そう来るからこそ、母とわかり合えない・・とオスカーが思いこむあたりにとっても悲しさも感じました。
よかった~ (マリー)
2012-02-25 00:32:36
こんばんは~~♪
先程は温かい励まし、ありがとうございました。

はい・・息子に信頼されないと母は辛いですよね。
トーマスくんの真意は観る人によって解釈が違うかも~とも思いました。
私にはすべて分かってて、わざと言って困らせてるようにも見えて・・・
とにかく彼の縁起は素晴らしかった!

そして、間借り人さんはもう凄いとしか言いようもなかった~。
しゃべってないのに、声を聴いた気がしたの。
いいですよね~ああいう方、ずっとお元気で映画に出てて欲しい~。
Unknown (オリーブリー)
2012-02-25 11:57:27
これが初演技と言うから、驚きですよね!!
感受性の強い子供が、自分や周りと向き合えたラストに涙。
良い作品でした。


>マリーさま (sakurai)
2012-02-26 19:28:26
その後、見つかりましたかねえ。
大丈夫、大丈夫、実力ですから!!
あぁ、来年やだなあ~です。

さてさて、時間が経って日々考えているのですが、いろんなとらえ方があるのかなあって。
やっぱし、オスカーはわかっているとは思えませんでしたね。彼の行動は常に自分が基準で、それがアスペルガーっぽく設定したことかなあと。
でも、彼が奔放に動ける根っこには、母の支えがあってこそかなあと思ってきてます。

マックスじいさんは、ここにきて、お見事に演じましたね。いろいろと脇役で、怪しげな役が多かったですが、今作については快哉をあげたのではと感じました。
>オリーブリーさま (sakurai)
2012-02-26 20:23:16
ほんとによくぞ見つけたもんだと思います。
監督も見つけた時に、勝った!と思ったでしょうね。
天才少年♪ (mezzotint)
2012-02-29 01:24:37
sakuraiさま

今晩は☆彡
本当に素晴らしい子を見つけたもんです。
とは言うものの、トーマス君、あの出来栄えは
2ヶ月間の特訓のたまものらしいです。
天才少年とはいえ、やっぱり俳優経験はまったくゼロですから。でも勘は人一倍凄いんでしょうね。オスカー俳優を相手にあそこまで
やるんですから。
>mezzotintさま (sakurai)
2012-02-29 19:47:27
特訓ですか!
オスカー養成ギブスでもはめてたかしら。
なはは。
一瞬の表情にドキッとさせられ、あのそうそうたる俳優さんたちを向こうに回しての堂々の演技は、これから楽しみですね。
結局・・・ (マリー)
2012-02-29 22:11:54
今頃ですが・・・
失くしたお守り・・・見つかりませんでした。
チビには
「小人さんがまた借りていったんだわ~。あなたにはこれが無くても大丈夫だと思って・・・」って言ったら
「じゃそういうことで~」って冷静でした。
横でムスメが「出たよ出たよ。またメルヘン母さんが~!」ってちゃかされるし・・・><;
こんばんは (はらやん)
2012-03-19 20:58:17
sakuraiさん、こんばんは!

オスカーはまだあのときは、子供だったので母親の辛さまで考えが及ばなかったのでしょうね。
自分が受けたショックだけで精一杯で。
その彼がいろいろな人に会っていくなかで、だんだんと色々な人がそれぞれに悲しみを抱えているということを理解して、母親の気持ちも理解できるようになったのかな。
トーマスくんは俳優だけを目指している感じではないようですね。
そのあたりにも賢さを感じます。
>はらやんさま (sakurai)
2012-03-20 19:37:39
そうですねえ。
他人の気持ちの理解が難しいと言う設定を無理なくするために、アスペルガ―的・・にしたのかなあとも感じました。
ちゃんと言わなきゃわかんない!というにもあるんですが、あれほど勇気ある母には、なれなういですわ。。。
俳優で行ってもらいたいなあ。
個性あふれる感じになりそうですよ
こんばんは♪ (maki)
2012-06-23 20:12:11
後半のあのシーンはいいですね。
悲しみや息子の心など様々なものを受け止めて行く母親の姿に感動しました。
しかし、オスカーの嫌いな物が全部9.11繋がりだというのは切なくなりましたね、人々の心に与えた衝撃は大人も子供も変わらないんだって。
>makiさま (sakurai)
2012-06-25 19:54:27
じわじわと後半、クライマックスに向かってるって感じでしたかね。
あたし的は、かなり涙でした。
母親な目線で見てたもんで、たまりませんでしたわ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (風に吹かれて)
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画...
スティーブン・ダルドリー監督 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
急遽、今日、休みになりました。(ただ単に明日に仕事を振り替えただけですけど…) 私の知ってる映画館で、木曜日にメンズデーを実施している渋谷シネパレス そこで先週末からかかっている映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 アカデミー賞候補にもなっ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud  (LOVE Cinemas 調布)
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (心のままに映画の風景)
9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 試写会で鑑賞 (pure breath★マリーの映画館)
                    オスカー・シェル               アマチュア昆虫学者、親仏家、アマチュア考古学者                   平和主義者、発明家 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 監督・・・ス....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を...
ものすごくうるさくてありえないほど近い(2011)EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (銅版画制作の日々)
 あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 評価:=70点 主役を演じたトーマス・ホーン君は正真正銘の天才少年らしく。アメリカで有名なクイズ番組でチャンピオンに選ばれたことから今回のような主役抜擢となったようです。現在14歳ですが、飛び級で高校...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
古い鍵と472人のブラック。 祖母の部屋の間借人。 6件目のメッセージとブランコ。
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / Extremely Loud & Incredibly Close (勝手に映画評)
9.11により父を失った少年が、父の遺品の謎を追う物語。 物語に9.11が取り入れられていますが、9.11をテーマにした作品ではありません。突然の父の死を、象徴的・衝撃的に描くために9.11が選ばれています。その意味では、交通事故でも、飛行機事故でも良かったのかもしれ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (或る日の出来事)
素晴らしい映画。半分以上は泣きながら観ていたと思う。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★“たくさんの人との出会いを通じて父の死を受け入れる少年と、さりげなく寄り添う母親の愛情に感動です”予告などの告知を見ていないので何の予備知識もなく、タイトルだけで観に行ってしまいました。(映画を観る前は劇場で上映される予告編を見る程度で前もっ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生 (はらやんの映画徒然草)
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い '11:米 ◆原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE ◆監督:スティーヴン・ダルドリー「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」 ◆出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン ◆STORY◆9.11同時多発テロ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (銀幕大帝α)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) -監督- スティーヴン・ダルドリー -原作- ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 -出演- *トム・ハンクス…トーマス・シェル ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストー
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』をユナイテッドシネマ豊洲12で観て、あれは本当にハッピーエンドなのかふじき★★★... (ふじき78の死屍累々映画日記)
ネタバレするつもりなので注意。 五つ星評価で【★★★★少年の演技、サンドラの演技、マックス・フォン・シドーの存在感、そして、トム・ハンクスの誰でもよさそう感にぐっと引 ...