迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ロボジー

2012年01月17日 | ら行 日本映画
キターーー!!去年の秋くらいから流された予告見てから、ずっと待ってたんですよ!!いやーー、早く見たい、見たい、見たい。
あたしの一番大好きな日本の監督さんですから!!!!うーん、これは!と思ったのは、「アドレナリン・ドライブ」からでしたが、何と言っても「水男」ですよねえ。

最初見たとき、一種のショックでした。掛け値なしに面白い!でも面白いだけじゃない。これだけのもんを作り上げた発想と構成とバランスとまとまり。。。見終わった瞬間からまた見たくなる!こんな経験は、あの頃(2001年)で、結構な数の映画を見てたはずなのですが、初めてでした。都合5回映画館で見ちゃった。。。

この話は何度もここに書いたので、またかア~と思われる方のいらっしゃると思いますが、このことを矢口監督に伝えられるなどと夢にも思っておりませんでした。ところがなんと!!矢口監督が山形にいらして、お話聞いて、一緒に飲んで、伝えることが出来た!!!私の人生の至福の時間でした。

そんときにお聞きした映画への想い、楽しいものを作りたい、みんなをあっといわせたい、幸せな気持ちにしたい。。。そのために微に入り、細に渡り、本当に細かいところまでこだわる監督の手管が見れるのをまっていたのであります。

そしましたところ、何と今回のターゲット・鈴木はじじい!!!こう来たかぁああ。ロボットの中にじじいが入る・・という想定はわかってましたが、こう来たか!!綿密なプロット。社長の思いつきで、作ろうと始まったロボット製作プロジェクト。どう見ても会社の中の役立たずの寄せ集めでヤンス。でまたいるなあ、こういう社長。自分のちょっとした思い付きを押し付けて、んでもって人の話をあんまし聞かない。

ちょっとは、いい感じで出来てたロボットが飛び降り○●。思い余ったスタッフたちは、中に人を入れてなんとかやり過ごそうと・・・。と、同時進行で、鈴木の爺さん。ずっと働いてきて隠居の身。妻には先立たれ、孫たちにはウザがらレル。まあそれが普通。老人会にいやいやながら顔を出すも、それくらいしか行くところがない。居場所ってやつっす。

これが爺さんってとこが融通の利かないとこ。プライド捨てきれず、見栄をはりいの、でもって注目も浴びたい男の子根性もしっかりあります。これらがなんとも見事にマッチング。晴れてニュー潮風の誕生となりました。最初のロボットの飛び降り○●から、お披露目のステージでのパフォーマンスに、きっと監督は綿密に絵コンテ描いて、ここはこうやって、こう展開して、ここで動かして、こうなる!!というのを、にまにまわくわく、職人が何か作品を作るような気持ちで、作っている・・・ってのがわかるのですよ。あぁ、うれしい。

あとは意外な展開の連続で、家族のわだかまりやら、いろんなものを包括していって、うまあああくまとめていく流れになるほど、こう来たかぁああ!と、ひざをうちました。

面白かったア。ちゃんと矢口ファミリーもところどころにご出演。うまかったのが「ほれてまうやろおお~」のオデブちゃんの方。うまかった。ちょっと男性陣の目の保養要素が少ないのが玉に瑕でしたが、きっと世の吉高ファンには目にうれしい作品となったことでしょう。

ぜひとも映画館にてご鑑賞を!矢口ワールドをお楽しみくださいませ。ミッキー・カーチス改め、五十嵐信次郎のさすがのエンドがまた泣かせます。

◎◎◎◎○

「ロボジー」

監督・脚本 矢口史靖
出演 五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 田畑智子 和久井映見 小野武彦 田辺誠一 西田尚美 森下能幸 田中要次 古川雄輝 安田聖愛 星野亜門 徳井優 竹中直人
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 けいおん! | トップ | めまい »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
目の保養 (ナドレック)
2012-01-17 21:48:32
こんにちは。
もう充分に素敵でした、吉高由里子さんが!
原付に乗りながら投げキッス。もうこれで満足です。
『モテキ』の長澤まさみさんの「ドロンします~」に匹敵すると思います。
Unknown (KLY)
2012-01-17 22:56:46
矢口さんそういってました。折角お金払って2時間の時間を過ごしてもらうのだから、詰らない想いなんかさせたくない、楽しかった!といって劇場を後にして欲しいって。
今回は予告から結構中身言っちゃってるんで一体どうオチつけるの?って気になって仕方なかったんですがまあ上手いこと!しかも最初と最後で映像的に韻を踏んでいるというか(笑)
やっぱり矢口作品好きですわ。
Unknown (hori109)
2012-01-26 19:33:27
んもう東宝としてはアルタミラ兄弟は手放せない
状況になってるのかな。
周防+矢口がちゃーんと稼いでくれるというのは
あの会社としてもありがたいだろうし、それだけ東宝が
大事にしてきた甲斐があったってことなんでしょうね。

もう一人、山崎貴がまたしても結果をだしている
ことを考えると、やっぱりのっている会社というのは
あるんだなーと。
でもやっぱり松竹と東映にもがんばってもらわないとっ!
>ナドレックさま (sakurai)
2012-01-27 19:57:26
男性陣にはもっぱら評判いいですね。
ぜひ女性陣にも眼福のおのこが欲しかった・・。
『モテキ』。。。早く見ないと!
>KLYさま (sakurai)
2012-01-27 19:58:55
監督のやさしさと、熱意と、真面目さと、サービス精神がしっかり詰まった、素敵な作品でした。
この監督の姿勢が大好きです。
>hori109さま (sakurai)
2012-01-27 20:29:21
まあ、その二人は間違いはない!と思いますが、いかんせん寡作ですからね。
でも濫造して、質の悪いのだけはご免こうむりたいです。
そのお二人は、映画をよーく知ってる。映画に対する姿勢も素晴らしいし、自分で脚本を書いて、作品を大事にしているなあと思います。
いいですよね。
矢口監督の作品みてると幸せなアタシです。
こんにちは (はらやん)
2012-02-02 16:59:13
sakuraiさん、こんにちは!

矢口監督の作品って、さらっとかるく観れるコメディでありながら、伏線とか丁寧に張っているんですよね。
本作もおおっ、そう繋がるかというようなところもあって。
そういうのがまた自然だったりしますからね。
上手な監督さんです。
>はらやんさま (sakurai)
2012-02-04 17:25:37
はいはい、念入りに脚本書いて、さまざまシーンに絵コンテ用意して、周到に作っている様子が嬉しいです。
徹底的に作りながら、軽く笑わせてもらえるタッチが大好きです。
落としところもうまいですよね。
こんにちは (おくやぷ)
2012-02-05 07:53:47
Gちゃんの最後の笑顔とドナドナされてゆく3人をしゃーねえなあ…って顔で助けるところ
かっこよく…みえましたのことよ
その後調子にのって大変なことになってましたけども

吉高さんバリのロボオタなら目の保養はニュー潮風だったところなんですが^^

ドモアリガットを聞いて気持ちよく帰った作品でした
エンドのイラストも素敵
>おくやぶさま (sakurai)
2012-02-06 13:20:47
>しゃーねえなあ・・
って感じがよーく出てましたね。やっぱ俺じゃなきゃダメだろ!ってね。

最後のスカッと感が矢口監督の真骨頂ではないかと思います。
それにくわえて、あのエンドの歌も味があるし、全体のバランスがとってもよく出来ててうれしい作品でした。
イラストもうまかったですね。
矢口監督 (バラサ☆バラサ)
2012-02-09 01:00:36
ってのは、音楽のセンスもいいですね。「ウォーターボーイズ」の頃から、唸らせてもらってます。
ミッキー・カーティスの歌も素晴らしい。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2012-02-09 13:04:20
そうですねえ。
誰も思いつかないような楽曲をもってくるセンス。
これとこれを結びつけると!!ってのをいつも考えてるんでしょうかねえ。
こんばんは! (ヒロ之)
2012-08-06 02:03:45
ミッキー・カーチスの演技が良かったです。
後はやっぱり贔屓にしている吉高ちゃんかなぁ。
どんな役でも全力で成りきる所が好きです。
最後はどうなるんかと思ってましたが上手く纏めてきました。
>ヒロ之さま (sakurai)
2012-08-15 20:21:10
最初、マジに誰だかわかんなかったですよ。
いい爺さんぶりでした。

男性陣には、いい眼福でしたよね。
女性陣へのサービスが足りなかったかな~。
こんにちは (maki)
2012-09-02 11:06:10
ニュー潮風の最期は粋な展開でしたし、アハハと笑える話ではないですがコミカルで丁寧に作られている作品かと思います
また、さらにこのあと大騒動がまっていそうな予感のするラストがとってもいいですねえ。そして鈴木爺さんのあの笑顔。
「シルバー人材センター」には笑っちゃったんですけれども、エンドロールもある意味で気が抜けない作品になってましたね~
>makiさま (sakurai)
2012-09-06 15:41:55
本当にうまい脚本でしたね。
なるほど、こうやっておさめるのか!と膝を打ちました。
きっとまた、楽しい、かつ、細かいネタ満載の作品を作ってくれると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ロボジー』 成長の鍵はコレだ! (映画のブログ)
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...
No.296 ロボジー (気ままな映画生活)
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督がロボットを題材に描くオリジナルのコメディドラマ。弱小家電メーカー、木村電器で働く小林、太田、長井の3人は、企業 ...
ロボジー (LOVE Cinemas 調布)
次々とヒット作を生み出す矢口史靖監督が『ハッピーフライト』以来3年ぶりに贈る新作。ロボット開発を任された3人の技術者がお披露目の1週間前にうっかりそのロボットを壊してしまう。切羽詰った彼らはとある老人に中に入ってもらうように頼むのだった…。主演にミッキ...
ロボジー  監督/ 矢口 史靖 (西京極 紫の館)
【出演】  五十嵐 信次郎  吉高 由里子  濱田 岳  川合 正悟  川島 潤哉 【ストーリー】 家電メーカー木村電器の窓際社員・小林、太田、長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。近く行われるロボット博での企業広告が目的....
「ロボジー」ROBO-G (東宝=フジテレビ=電通=アルタミラピクチャーズ) (事務職員へのこの1冊)
YouTube: 映画「ロボジー」主題歌 MR. ROBOTO by 五十嵐信次
ロボジー (だらだら無気力ブログ!)
吉高由里子が素晴らしい。
ロボジー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  弱少家電メーカーの開発担当者3人は、社長の思い付きでロボットを創らされたが、どうも上手く動かない。ロボット博まであと一週間に迫った日に、ひょんなことから窓からロボットが落ちて壊れてしまう。 もう修理している時間がない。追い詰められた三人は、...
「ロボジー」 またまた意外な組み合わせ (はらやんの映画徒然草)
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作です。 今まで
ロボジー(2012-005) (単館系)
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...
ロボジー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。  それには、主演のミッキー・カ...
ロボジー【映画】 サイボーグGちゃんに非ず (as soon as)
ドモアリガット みすたーろばっと ドモ ドモ サイボーグGちゃんはサイボーグなので吹きすさぶ風がよく似合いますが ロボジーはワンカップがよく似合う じゃあマウスで描いてみます ウロ覚え選手権...
ロボジー ぎゃはははは~っそないくるか~! (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた....
ロボジー (ダイターンクラッシュ!!)
2012年1月14日(土) 19:30~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『ロボジー』公式サイト エンドロールの「Mr. Roboto」で、唄の上手い爺だなぁと思ったら、あの爺役ミッキー・カーチスだったのかよ。 ケチつけようと思え...
ロボジー (Some Like It Hot)
■「ロボジー/Robo-G」(2011年・日本) 監督=矢口史靖 主演=五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川島正悟 田畑智子 和久井映見 矢口監督の映画は毎回日常を忘れさせてくれる楽しさがある。わが町北九州や各地でロケが敢行された新作「ロボジー」も例外ではな...
映画『ロボジー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー...
ロボジー (銀幕大帝α)
11年/日本/111分/コメディ/劇場公開(2012/01/14) -監督- 矢口史靖 『ハッピーフライト』 -製作- 亀山千広 -脚本- 矢口史靖 -出演- *五十嵐信次郎『デッドボール』・・・鈴木重光 *吉高由里子『カイジ2~人生奪回ゲーム~』・・・佐々木葉子 *濱田...
ロボジー (いやいやえん)
家電メーカーで働く3人のエンジニアは、ロボット博に向けて二足歩行ロボットを開発、しかし開発中のロボットが大破してしまう。困った3人はお爺さんにロボットの着ぐるみを着てもらい、何とかロボットを発表することにするが、そのイベント中にロボットが女子大生を助...
【映画】ロボジー…北九州は映画ロケが多い的な話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ゴールデンウィークも本日で終了。 そんなゴールデンウィーク後半の過ごし方・その2 2013年5月4日(日曜日・みどりの日)は、朝から友達と福岡のコンサートに行くという娘を小倉駅まで送った後に昼寝。夕方から帰省する(本当は小倉で飲んで、早朝の新幹線に乗る)とい...