迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

マイティ・ソー

2011年07月07日 | ま行 外国映画
予告もいっぱい見たし、主人公のクリス・へムズワースさんという、ショーン・ビーンとブラッド・ピットを足して二で割ったみたいな目慣れない人もだんだん目に慣れてきてました、ハイ。
アイアンマン2の最後の、なんだかわけわかんない映像につながるんですよね。

マーベルファン方には、あの映像だけで、「ソーだあ!!」とわかるソーなのですが、あたしには何のことやらさっぱり。でも見ますよ。なかなか評判もいいみたいだし・・・・・。

そしたら、え!?ケネス・ブラナー??(ロールはちゃんと英語ですよ)え、ケネス・ブラナーが撮ったの???うっそ!!あのケネスとマーベルコミックが、どうしても結びつかない。。。。でも、あのケネスですよね。。。「ワルキューレ」以来、いや、「パイレーツ・ロック」かな。さっぱりお目にかからないなあと思っていたら、なんとこのようなジャンルに足を伸ばしてらっしゃったのですね。いやーー、びっくり。真面目にたまげました。

誰が監督してるのか、そのくらいはちゃんと把握すべきでしたわ。
シェークスピア劇のスペシャリスト。わたしの記憶の限りでは、アクション映画は撮ったことないっしょ。それがいきなり、超アクションのCG満載のマーベルコミックもんと!!さてさて、お手並み拝見です。

さてさて舞台はどうやら地球。アスガルドってのは、金星あたりのことですかね。そこの王であるオーディンが、地球を侵略しようとしているヨトゥンヘイム(寒そうなので、火星?)のラウフェイと戦って、地球を守ってあげる。昔から、地球を守ってくれる宇宙の力というのはあるのです。

地球を守ったオーディンは、ヨトゥンヘイムの守り神である【箱】みたいなもんを奪って、彼らの力を抑えると。

時は流れ、オーディンも年をとり、息子のソーに王位をゆずろうとしていたとき、久しぶりにヨトゥンへイムの奴らが【箱】を取り戻しに攻め込んできた。血の気の多いソーは、弟と仲間を引き連れてヨトゥンヘイムに!!なんとか均衡を保ち、休戦状態だったアスガルドとヨトゥンヘイムの間に緊張が!!その緊張状態を作ったのは、もちろんソー。

ここでおやっさんの怒りの鉄槌が!ソーの力を奪い、地球に追放しちゃうと。そのときに一緒にぴゅ―と飛んできたのが、例のハンマーみたいな奴でヤンス。

突然地球に舞い降りたソー!見た目は人間そのもの。半端ない力はあるけど、神の力は失われたまま。そこで美人の物理学者、ジェーンに出会う。空の異変をずっと追ってきた彼女にとって、それこそ降って沸いた研究材料。天から落ちてきたなどという荒唐無稽なことを、科学者がすんなり受け入れると思わないが、ジェーンとソーは惹かれあう。。。この辺はあっという間です。

要は、やんちゃで、苦労を知らないお坊ちゃんが、そのまんま王様になってはろくなことがないと。ちいとばかり苦労をして来い!そしてよき王になりなされ!!という父親の熱き親心だったと。その修業の場が地球と言うのが面白いのですが、地球も神様の国も似たようなもんだと言うことでしょうか。

いつもちょっとしか出てこない、シールドのおっちゃんがなかなか出張ってた。アタシ的につぼったのはソーの弟役のロキ。トム・ヒデルストンさん。要チェックです。裏がたっぷりありそうないい感じ。筋肉にいちゃんにうまい対比です。大いなる力をもつものは、大いなる責任が・・・というのは、マーベルの永遠のテーマなんでしょうか。それを大きく感じた次第。ソーのムキムキ筋肉と、ちょっと甘めのマスクのアンバランスがいまどきでした。



裏切りと悲恋物語が、映画のもう一つのテーマだったような気がしましたが、それこそシェークスピアの十八番!ツウことは、ケネスのメガホンはぴったりだったのかもしれませんです。あ、浅野君?出てましたね。うーん、出てたとしか言いようがない。レネ・ルッソをものすごく久しぶりに見たのですが、・・・・年取ったなあ。。

ただねえ、いつものことながら3Dがなあ。2D字幕でアタシ的には十分でしたわ。

◎◎◎○●

「マイティ・ソー」

監督 ケネス・ブラナー
出演 クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン トム・ヒデルストン ステラン・スカルスガルド コルム・フィオール レイ・スティーヴンソン イドリス・エルバ カット・デニングス 浅野忠信 レネ・ルッソ アンソニー・ホプキンス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薔薇とサムライ | トップ | 再会の食卓 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-07-07 23:36:18
私も全然知らずにみて「ケネス・ブラナー?え?プロデュースかなんか?」って最初思いましたよ。まさか本人が監督してるとは…。
ただ見てる間は全然そんな気がしなかったし、何よりソーの馬鹿げた強さに笑い、地上に降りたあとのお茶目さに笑いと結構楽しませてもらいました。(笑)
浅野さんは思ったより全然、というか予告編にあったのが全部ぐらい?でもまあデビュー作としては恵まれたんじゃないかなって思います。
期待の新人ですぅ(笑) (mariyon)
2011-07-08 16:30:18
sakuraiさんは弟のほうなんですね。
やっぱ、ここは正統にソー、かっこよかった(笑)いや、若手の華のない役者が多いハリウッドに、彼は期待できるかも。

ケネスブラナー監督には、ちょっと驚きましたね~~。こんな アクションCG大作撮る人だったのかと…(笑)
実は、こういうのが大好きだったりして。

浅野さんはキアヌの映画にも出るんでしたっけ?(またも3D?)今度はもう少しセリフがるといいけど。
2Dで充分と思う (風子)
2011-07-12 14:22:31
2Dでいいかなと思ったんですが、近くでは3D上映しかなかったのです。
続編では、ケネス・ブラナーはプロデュースにまわり、他の人が監督するそうです。
>KLYさま (sakurai)
2011-07-12 20:29:43
本当にびっくり!
同姓同名の若い監督がでたんかい!とも思いましたが、ケネスさんだったのですね。
エドワード・ノートンがハルクやった時も、びっくりでしたが、男の子が大好きでした!という気持ちがわかるような気もします。
浅野さんは、無口な何考えてんのか不明・・と言う役にぴったりだったと思います。
>mariyonさま (sakurai)
2011-07-12 20:32:57
うん、主人公には萌えなかったのですが、弟君の方からは目が離せませんでしたよ。
要チェックです。

全体の派手さ具合はとっても良かった。
ネタ不足のハリウッドで、アメコミは紛れもなく自前のネタでしょうから、自信がみなぎってるような感じもしますわ。

浅野君、一体どこ方面に行きたいんでしょうね?少々不明気味です。
>風子さま (sakurai)
2011-07-12 21:24:55
上映の際、2Dと3Dあったら、絶対に2D字幕を選ぶのですが、選択の幅が狭すぎます・・。
そろそろ3D、いいんじゃないですかね。
そっか、ケネスは製作サイドっすか。
このまま、怒涛のノリで行ってもらいたかった。
私も3Dでした(涙) (mezzotint)
2011-07-15 09:22:19
sakuraiさん

こんにちは。本当に暑い毎日
が続きます。そちらもですよね。
昨日は35度くらいだったかも・・・。

主役のクリス、おぉ~ブラビかあ!
似ていますわ。
少し離れたシアターでは2D上映があったのを
後で知り、、。後悔しています。
でも一般の会員制度もないので、利用しづらい
んですよね。本当に困ります。

ケネス・ブラナーがこの手の作品を監督
するとは最初はびっくりでしたが。
おっしゃるように北欧神話がベースなので。
納得かもです。
>mezzotintさま (sakurai)
2011-07-16 20:12:24
あっついですよね。
うちは相変わらずエアコンないので、地獄の釜ゆで状態です・・・。
お互い、頑張りましょう。。。

ちょっと似てるでしょう。最初にそう感じたのでした。あとは、ショーン・ビーンと。

2Dは全然ないのですよ。昨日、ハリー見てきましたが、こっちも3Dのみ。なんとかしてほしいです。

ケネス・ブラナーの名前には、本当にびっくりでした。え、同じ名前の若手?とか思ったりして。でも、中身はいかにもシェークスピアでしたから、ありだなあと。
次回作は、プロデューサーだとか。監督でいいのにねえ。
こんばんは (はらやん)
2011-07-16 21:55:06
sakuraiさん、こんばんは!

ケネス・ブラナー起用は知ってはいたんですけれど、意外でしたよね。
マーベルはけっこうそれまでアメコミヒーローものとは関係なさそうな意外な人を起用しますよね。
「スパイダーマン」のサム・ライミとか「アイアンマン」のジョン・ファブローとか。
個人的にはもう一息、ヒーローの内面に踏み込んでほしかったところですが、評判はいいようですね。
>はらやんさま (sakurai)
2011-07-18 16:55:24
そうですよね。監督の名前くらい、チェックしべきでしたね。
でも、全然フューチャーしてなかったと思うんですよ。
監督の名前が逆に足かせにならないようにでしょうかね。
あ、そうかも。結構意外な人物を持ってきますね。
でも、やっぱ男の子はこういうものが好きなのよ!!ってことでしょうか。
ロキ役の (バラサ☆バラサ)
2011-07-21 15:51:13
兄ちゃんが、当初ソー役を想定されていたと何かで読んだのですが、「嘘つくな!」というくらいソーと正反対の狡猾そうなロキの雰囲気がいいです。ちょっとデータ少佐みたいな顔ですが。

ホールに吸い込まれたようなロキですが、最後に登場するので、「アベンジャーズ」でも活躍しそうで安心しました。

グイネス・パルトロウとスカーレット・ヨハンセンは「アベンジャーズ」に出るのに、ナタリー・ポートマンは予想通り出ないようです。契約でもめておりやがったエドワード・ノートンの野郎は、どうでもいいですが、ナタリーは残念です。

あとは、空気同然だった浅野にリベンジの機会を与えて欲しかった。
Unknown (オリーブリー)
2011-07-22 12:16:20
私は2D上映まで2週間待ったので、ちょいとググッて、ケネスが監督だと知りました(笑)
何でアメコミ?と思いましたが、そーいや、「ハリー」でも卑怯者をコミカルにやってたな~と(笑)
でも、近親者の愛憎劇とか、オレ様改心とか、
ケネスの得意分野でしたね。

何事も軽~いタッチで過ぎていくので、物足りなさはあるけど、アメコミの良さがあると思いましたわ。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2011-07-23 12:37:24
えぇぇ!そうだったんですか。
でもそうならなくてよかったかも~と、みなさん思ってるでしょうね。いまさら。
いやーー、ロキです。
さっぱり見たことなかったので、これからいろんな映画に出てくれることを待ちますです。

エドワードファンとしては、ナタリーさんはどうでもいいんですが、ぜひともエドにも登場してもらいたかったなあ~です。
ナタリーさん、オスカー取っちゃいましたから、株急上昇ですんで、安売りはしなくなるかな。

次回作で、浅野さんに活躍してもらいましょう。って、出るのかな?
>オリーブリーさま (sakurai)
2011-07-23 12:42:43
いくら待っても2Dは上映しないんですよ!!ぷんぷん。
せめて、2D字幕版も用意してもらいたい!!
選択の自由くらい、欲しいですよ。
ケネスさん、最近やな役が多いですよね。
「パイレーツ・ロック」なんか、最高にやな奴だったし、腹に一物ありそうな雰囲気が似合ってますが、おはこのシェークスピアものもみたいなあ。
おじゃまします。 (ピロEK)
2011-10-07 23:44:44
おじゃまします。

>アイアンマン2の最後の、なんだかわけわかんない映像につながるんですよね。
>マーベルファン方には、あの映像だけで、「ソーだあ!!」とわかるソーなのですが、

あの映像では少なからずテンションが上がった一人なのですが、本編は残念でした。
今回のラスト映像は、ロキが生きている件。原作ではロキの陰謀でハルクとソーが戦うことになるみたいですから「ジ・アベンジャーズ」はそういう展開なのでしょう。ラストシーンはいつも盛り上がります。
…「キャプテン・アメリカ」のラストシーンはフライングで公開されちゃってますけどね

>あ、浅野君?出てましたね。うーん、出てたとしか言いようがない。

私、冷静に考えれば浅野忠信が出てる映画で楽しいとか思った事は無かったのです。
「PARTY7」2点、「東京ゾンビ」2点、「孔雀」0点…とか。そんな感じです。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2011-10-13 13:44:42
ソーでしたか。
あたしは何のことやらさっぱりわからず、他の方ので知った次第ですが、無用に期待を持たないのが功を奏したのかもです。
明日から「キャプテン・アメリカ」始まりますが、きっとまたあたしはお客サマ状態で見るかと思います。

浅野君は、いいのもありますが、言われてみれば微妙なものが多いですよね。
その三本は幸せにも見てないです。
バカボンとか、絶対みなくていいし。。。
Unknown (たお)
2011-11-19 04:15:33
私も「あのケネス・ブラナーにアメコミ映画が撮れんのか?」と不安を感じたものですが、結局のところ権力者一家のお家騒動って彼得意の題材だったので違和感もなく。追放された側が筋肉バカ特有のあっけらかんとした感じなのに、追放した側がウジウジしている対比も面白く。
>たおさま (sakurai)
2011-11-21 22:17:28
本当にソー思いました。
アメコミもんは、いつも驚かしてもらいますが、この監督名が一番驚いたかも。
いまや、アメリカがオリジナルで作れる数少ない映画ですから、気合が感じられました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マイティ・ソー (LOVE Cinemas 調布)
マーベルコミックのスーパーヒーローシリーズ。傲慢な態度で神の国を追放された男、最強戦士ソーは、地球で愛する女性と出会うことで成長し、巨大な敵に立ち向かう。主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。共演にナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキン...
むちゃくちゃ好みかも(笑)「マイティ・ソー」 (茅kaya日記)
 3D上映は嫌なので、京都駅のT-JOY、朝一番に2Dで鑑賞。平日とは言え、ななんと、たった4人(そのうち1人は自分の連れ)。やはり皆さん、3Dが好みなのかしら? ま、3Dでも2Dでも、間違いなくクリス・ヘムズワースはかっこよかった。
『マイティ・ソー』 なぜ実写映画化されなかったのか? (映画のブログ)
 2011年は極めつけに嬉しい年である。なぜなら、6月には『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、7月に『マイティ・ソー』、9月に『グリーン・ランタン』、10月に『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・...
『マイティ・ソー』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
太古の昔、地球(ミッドガルド)を襲った巨人族を、オーディン率いる神々の軍団が倒し、人類は救われた。それから長の歳月が過ぎ――。 神々の国アスガルドに巨人たちが侵入した。最強の戦士と謳われるソーは、父オーディンの制止も聞かずに巨人の国ヨトゥンヘイムへと...
マイティ・ソー (だらだら無気力ブログ)
シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス・ブラナー監督が放つ アメコミ原作ヒーロー・アクション大作。 傍若無人な振る舞いがたたって力を奪われ神の世界を追放された男が、 人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていくさまと、やがて訪れる 地球と神の世界の...
マイティ・ソー (風に吹かれて)
雷小僧降臨 [E:typhoon] 公式サイト http://www.mighty-thor.jpマーベルコミックの映画化監督: ケネス・ブラナー神の世界アスガルド。王オーディン(アンソニー・ホプキン
【劇場鑑賞】マイティ・ソー<2D字幕版> (MAGI☆の日記)
マイティ・ソー<2D字幕版>を見てきました。 神の世界アスガルドの王オーディンの息子ソーは選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていた。...
マイティ・ソー(2011)☆★THOR (銅版画制作の日々)
         神失格の男《ヒーロー》 “二つの世界”の運命は彼の手に MOVX京都にて鑑賞。2D鑑賞できるシアターはサービスディ以外、割引きがないので、仕方なくMOVXで鑑賞することにしました。ところがポイントで鑑賞して3Dの分だけで鑑賞し...
映画「マイティ・ソー(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マイティ・ソー(3D版)」観に行ってきました。アメリカのマーベルコミックの中でも特に人気が高いヒーローのひとりであるマイティ・ソーが活躍するアクション大作。私が観...
「マイティ・ソー」 普通の人になった超人 (はらやんの映画徒然草)
続々映画化されるマーベル・コミックの映画化作品の一つ。 アメコミはなかなか馴染み
「マイティ・ソー」(2011) (INUNEKO)
もがー! 人生には波が。それは映画にも。 3D字幕版。 ツレチョイス。 だいたいがボクはアメコミって知らんのだ。 それが何でこんなことに…。古典好きのケネス・プラナーがハリウッドのアメコミ大作を任されるというオモシロミというフックはありましたけど、それはハズ...
マイティ・ソー (ダイターンクラッシュ!!)
2011年7月17日(日) 21:40~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1400円(レイトショーVIT購入1100円+メガネ持参3D料金300円) パンフレット:未確認 『マイティ・ソー』公式サイト 古代戦士みたいな容姿で、その他のマーベル・ヒーローに比較すると違和感ありあり。 何者...
マイティ・ソー (心のままに映画の風景)
神の世界、アスガルド王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇ってい...
王道最高!! 【映画】マイティ・ソー (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】マイティ・ソー(THOR) マーベルコミックからマイティ・ソーが映画化。 主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。 ヒロインにナタリー・ポートマン。 【あらすじ】 神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災い...
マイティ・ソー 3D 字幕版 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
マイティ・ソー'11:米◆原題:THOR◆監督:ケネス・ブラナー「スルース」「魔笛」◆出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド ...
【映画】マイティ・ソー…この筋肉バカには燃えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日二度目の記事アップ(一度目はこちら)。 …まずは近況報告から 本日2011年10月2日(日曜日)は、朝から公園の草取り作業を行ってきました。 涼しくなってきたので、こういう作業も随分楽ですね。 以下は映画観賞記録です。 「マイティ・ソー」 (監督:ケ...
マイティ・ソー (銀幕大帝α)
THOR/11年/米/115分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:ケネス・ブラナー 製作総指揮:スタン・リー 出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、浅野忠信、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキ...
マイティ・ソー (Thor) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ケネス・ブラナー 主演 クリス・ヘムズワース 2011年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★ 先ごろ公開された『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』をもって、いよいよ出揃ったアベンジャーズの面々。考えてみると戦う社長や緑色に...
映画『マイティ・ソー』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-50.マイティ・ソー■原題:Thor■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:川又勝利■鑑賞日:7月23日、新宿ミラノ3■料金:1,800円□監督:ケネス・ブラナー□脚本:アシュリー・エドワード、ミラー&ザック・ステンツ、ドン・ペイン□...