迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

レッドクリフ Part1

2008年11月02日 | ら行 外国映画
時は西暦208年。20年ほど前から、後漢は混乱状態で、群雄割拠の時代が続いていた。皇帝に混乱を抑えるだけの力はなく、丞相の曹操がじわじわと力を得、その権力を広げようとしていた。

各地に実力をたくわえた武者が、虎視耽々と天下を睨んでいたが、その一番手が曹操だった。

彼は華北を基盤としていたが、勢力を伸ばすために南下。そこには荊州の太守・劉表がいた。実力はあったが、根拠地をもたない劉備一行は、劉表を頼っていたが、劉表が亡くなると、息子の劉と叔父の蔡瑁は、劉備を裏切って曹操に降伏する。

基盤の弱い劉備は、荊州が曹操のものになっては困る呉の孫権を結んで、曹操と戦おうとする。

そこには、劉備の名にしおう軍師・諸葛亮孔明と、呉にこの人ありとうたわれた周瑜の邂逅があった・・・・。



というわけで、「三国志」のお話。世に三国志通はたんまりいらっしゃる。あんだけたくさんいる登場人物、すべてを把握し、どんな戦いがあって、どうやって展開して、どんな言葉が生まれたか・・・。お見事というしかなく、あたしは到底、これ以上頭に入らないが、一応商売柄、最低限のところだけは押さえておかないと。

という程度の知識なので、純粋に映画を楽しまさせてもらった。思い入れがないので・・・。あるとしたら、トニーさんくらいなのだが、うーんん、今回だけはタッパのないのが残念。彼が勇猛果敢な武者にはどうしても見えない・・・。

関羽や張飛の豪快な体格を見てると、なんだかあたしのトニーさんが・・・貧弱に・・・。うううううう、せめて、せめてトニーさんを孔明にしてもらいたかったなあ。

その孔明さんがタケちゃんかあ。さらっと立って、涼しげな様子はなかなか似合ってたが、うーん、タケちゃんかあ。タケちゃんを周瑜にして、トニーさんが孔明ってイメージなんですけど・・。



ま、その決定的な不満は棚に置いて、今回一番しびれたのが趙雲!!いやーーー、かっこえかったです。馬にまたがりながら、はっしと飛んできた剣をつかむあたりは、ぞくっとしました。

関羽と張飛も、なかなかの戦いぶり。そう、とにかく英雄の戦いぶりを惜しみなく見せるための映画というスタイルを貫き通す。ほかの有象無象のその他大勢は、彼ら英雄をとにかく引きたてるための役!!そのヒーローのカッコよさをいかに見せるかの映画だった。

うーーん、トニーさんの周瑜に一抹の不安があったものの、でへへ、孫権のチャン・チェンで不満は解消でございます。転がり込んできた王の座に戸惑いながら、どうにも自信のない風と、すくっと馬にまたがる姿は、垂涎でした。

チャン・フォンイーは本当に存在感たっぷり。うまくなりましたねえ。「さらば、わが愛」の頃の直情的な演技とは雲泥の差ですわ。



ということで、全編迫力に満ちた戦いの場面の連続で、力の入ることこの上ない。この際、こまかい『三国志』の話はそっちにおいて、かっこええヒーローたちを、思う存分暴れまわさせたかったという監督の男ごころを感じた。日本の監督なら、いつかは絶対大立ち回りのチャンバラ取りたい・・みたいな思い?

ハトは飛ぶのかなあと思ったら、ハトじゃないのが冒頭いきなり!!おぉぉぉ、と思っていたら、後半思う存分飛ばせてましたね、

映画冒頭の日本語の説明が始まった時は、「え!字幕版のはずなのに、間違った?」と思わせたが、あれはいらないんではないかと。正確に言うと、正しい説明ではなかったし、いらんかったなあ。

撮ってしまったら、5時間にもなってしまって、前後半に分けてしまったのだとか。考えて撮れよ!といいたいところだが、見ごたえは十分でした。

◎◎◎◎

『レッドクリフ Part1』

監督 ジョン・ウー
出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン ヴィッキー・チャオ フー・ジュン 中村獅童(特別出演) リン・チーリン ユウ・ヨン ホウ・ヨン トン・ダーウェイ ソン・ジア バーサンジャプ ザン・ジンシェン チャン・サン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この自由な世界で | トップ | 10月のまとめ »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういえば (miyu)
2008-11-03 21:15:26
最初はトニーさん孔明にキャスティングされていたそうですね。
でも、体調のせいで一旦は降りて、それで金城さんが
キャスティングされたんだとか。
それで、監督にどんな小さな役でもいいから
出演したいとトニーさんが直訴してたまたま
チョウ・ユンファが降りてしまった周瑜しか
空いておらずそこに入ったと雑誌に出ていましたよ~。
>miyuさま (sakurai)
2008-11-04 08:50:39
なるほど!!そうだったんですね。
そういや、だいぶ前にユンファが、出るの出ないの、とかお金がどうのとトラぶったという話を思い出しました。
小さな役という割には、主役でしたね。
いつもの高い声を封印して、低音ボイスで語ってましたが、吹き替えじゃないですよね。
細かいことを描いてちゃ、5時間どころか、大河ドラマになっちゃいますから、あの辺のすっぱり切ったくらいで、いいのかもですね。
迫力ありました。
やっぱり周瑜は・・ (mariyon)
2008-11-04 09:19:00
>撮ってしまったら、5時間にもなってしまって、前後半に分けてしまったのだとか。
そうなんですよね~~。
このいきあたりばったり感が、香港ぽくって好きです。
製作費は前後篇合わせて100億ですよね。(笑)

三国志はよく知らないんですが、
この映画と同じころに黎明が周瑜を別の映画で
撮るようなはなしがあったんで、えっらく調べたんですが、黎明では歳をとりすぎじゃないかと思ったくらいだったんです。
だから、トニー周瑜は・・・ちよっと・・・って気分で。これしか役が残ってなかった発言も、ほんとうはいろいろあったみたいですが・・・。
>mariyonさま (sakurai)
2008-11-04 12:12:54
やっぱ、ジョン・ウーでしたね。
男なら、一度はああいう自分のとこの大活劇を作ってみたい!!という思いが見えました。
少々、ハリウッド臭もありましたが。
100億であれだったら、安あがりですかね。

どう考えてもトニーさんのキャラじゃないなあ。勇猛果敢で、でも風流人で、音曲を愛すると。
アンディさんのほうがイメージ的には合うかなあ。
40代にはいい役者がぞろっといますが、30代だと、あんまりいませんですかね。
だとすっと、日本やらいろんなところから連れてこないと間に合わなくなりそうですが、韓流がいなかったですね。
韓流あたりをつれてくると、結構合うのがいるかもです。
などと、配役を考えてやってます。
こんばんは★ (dai)
2008-11-05 18:12:36
コメントありがとうございました♪

どうも長さと、相関関係が分からない自分の無知さのせいでイマイチ楽しめませんでした…。

>撮ってしまったら、5時間にもなってしまって、前後半に分けてしまったのだとか。考えて撮れよ!といいたいところ

日本ならお金の限度などを最優先に考えるだろうから、この映画のように前後篇にすればいいや的には絶対にしないでしょうね。まあそんなサバサバしたところが香港映画っぽいですがw
それにしてもやっぱり長いと感じてしまうので、三国志の奥深さはあるにしても、3時間ぐらいで前後篇をまとめてくれたらよかったと思ってしまいました(汗
>daiさま (sakurai)
2008-11-05 19:44:01
登場人物の多さは、「三国志」に入り込むのに、少々躊躇させますからね。
映画は、かなりしぼって、わかりやすくなってたような気もしましたが、それでもいっぱいいましたかね。
ま、戦いの迫力と、かっこええ俳優陣で、たっぷり楽しめました。

いやーー、やっぱ「三国志」を5時間くらいで描いちゃおうという方が無謀かと思います。
1年くらいの大河ドラマの方が合うと思いますわ。
トニー・レオン (ひらりん)
2008-11-10 02:39:15
美味しいところ、持っていきまくりでしたね。
まあ、愛する妻が敵の大将に狙われてる・・って設定なので、
思いっきりラブラブ魅せつけておこう・・・って事なんでしょう。
>ひらりんさま (sakurai)
2008-11-10 08:46:12
トニーさんの色気が出ないと、トニーさんじゃないので・・・。でも、勇猛果敢な勇者・・にはちょっと見えなかったかなあ。
トニーさんには、孔明をやってもらいたかったです。
こんにちは♪ (non)
2008-11-10 10:30:24
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

「三国志」を良く知らない私でも結構楽しめました♪
しかし詳しい方にとってはキャスティングなど、色々と思うところもあるでしょうね。
確かにトニーさんは猛将と言うには華奢ですもんね・・・
他の猛将がゴッツイ男達なだけに・・・
でも、素敵でしたわ☆
しかしパート2も楽しみにしてます♪
>nonさま (sakurai)
2008-11-10 20:23:19
「三国志」通、という人よりは、ちょっと知ってる、男優のファン!!という方の方が楽しめる映画だったのではと思います。
あそこで終わられちゃ、ねええ。
早く完結してもらいたいです。
Unknown (エクスカリバー)
2008-11-12 21:41:06
「三国志」完全映画化!
みたいな宣伝の仕方が誤解を招いてますね。
あくまで「三国志」「三国志演義」を元に、ジョン・ウーが監督した映画なんですけど。
なので個人的には通説と違うキャラクターや展開、解釈も気になりませんでした。
まぁ、「三国志」フリークでもなんでもないからですが(苦笑)。

それにしても趙雲は格好良かったですね。
前から気になってるキャラではあったんですが、関羽や張飛に比べて地味ではあるものの、見せ場も多くて満足です。
>エクスカリバーさま (sakurai)
2008-11-13 08:38:17
二部作なら、後編公開直前にDVDで見て、残りは劇場にしよう・・などという話をちらほら聞きました。
日本流の「三国志」のとらえたかと、中国での読み方も違うんでしょうね。
どっちにしろ、映画は見ごたえがあったので、あたしは結構満足ですわ。

やっぱ趙雲ですねえ。
超かっこえかったです。
こんにちは~^^・ (由香)
2008-11-14 17:14:37
今頃のこのこお邪魔します♪
『タケちゃんを周瑜にして、トニーさんが孔明ってイメージなんですけど・・』
それって、、、もしかして、、、いいかも
でも、その場合、、、あの濡れ場は金城君が?!ダメ~~~何だか想像しただけで照れる!!(笑)

戦シーンが面白かったですね~
バッタバッタと人が死んでいくシーンを面白いというのも何ですが、興奮しました!!
特に関羽と趙雲!!二人の戦いにありえないほど燃えました!!(笑)
新しい物語です (keyakiya)
2008-11-14 21:40:01
いろんな人の三国志を読んでいますから、そういう意味では、また新しいモノが出たなという思いです。
二人の軍師の友情ものとして世界観を作っていましたが、そこに策略、知略の葛藤があれば、ドラマとして深まるんでしょうが、無理な注文ですね。
周瑜の武人としての強靭さがでれば、孔明と対照的になり、より鮮度が増したかなと勝手な思い。
孔明ファンとしては、金城さんでよかったですよ。
物腰の柔らかさと知略家ぶりが出ていて納得です。
中村獅童さんのこんなちょい役はいいですね。
とにかく、パート2が楽しみで。
生きる楽しみがささやかながらひとつ増えました。
>由香さま (sakurai)
2008-11-17 13:52:39
とりあえず、ラブシーンは考えないで。
トニーさんが、勇猛な武者には、どうしても見えなかったもんで。
戦いのシーンはなかなかの迫力でしたね。
さすが人海戦術の国!とも思いましたが、趙雲や、関羽らを次々にクローズアップさせる方法がへーーと思ってしまいました。
>keyakiyaさま (sakurai)
2008-11-17 14:06:27
そうですね。
「三国志」の楽しみ方は、史実がどうのこうの言うより、どの登場人物にスポットライトを当てるか。その焦点から周りをいかに描くか。
描く側の思い入れによって、いくらでも物語を語ることができる・・。その辺がよさではないかと感じました。
孔明は、とっても良かったと思いました。
今まで見たタケちゃんの中でも、秀逸でしたもん。でも、トニーさんの孔明も見たかったなあという贅沢な望みですわ。
日本語しゃべってるより、あっちの方がなんであんなに光るんでしょうね。不思議だ。
何はともあれ、来春を待ちましょう。
Unknown (あるきりおん)
2008-11-19 19:58:33
トニー・レオンが孔明ならなんとなくわかるかもですね。
私の感じた違和感はそこかも知れません。
周瑜としてはちょっと無理があったような・・・

いや、でも後半で巻き返すかもしれませんし、
今の段階で結論出すのはやめましょう。

後編も見に行く計画のあるきりおんでした。
TB&コメントありがとうございます。
>あるきりおんさま (sakurai)
2008-11-19 22:30:19
トニーさんなら、どんな役でもさらっとやっちゃいそうですが、周瑜よりは、やっぱり孔明かなあと思ってしまいます。
パート2は、いよいよ本番でしょうから、トニーさんがいかなる周瑜やるか、またまた楽しみです。
こんばんは (はらやん)
2008-11-20 20:42:27
sakuraiさん、こんばんは!

三国志というのは、国と国が争い手を握ったり離れたりするダイナミズムもおもしろいですが、それと同時に個性がある英傑たちの活躍がワクワクするところでもありますよね。
本作はそのところのツボがきちんとわかっているなーという感じでした。
八卦の陣で次々と武将が出てくる所なんぞは、やはり観ていてワクワクしました。
中でもやはり趙雲がカッコ良かったですよね!
>はらやんさま (sakurai)
2008-11-21 12:10:00
男くさーーい方々の、さまざまな思惑やら、面子やら、義侠心やら、いろんなものが詰まってるんで、面白いんでしょうね。
きっと今回の映画で、「三国志」なんか、さっぱり興味のなかった女性の方々にも、好感度UPだと思います。
やっぱ趙雲でしたね。
次も期待です。
sakuraiさんコメント&TBありがとうございます (hide)
2008-11-27 11:15:40
『映画と秋葉原と日記』のhideです
sakuraiさんコメント&TBありがとうございます
またイーモウ&カイコー情報有難うございます
丁度25日でツタヤで200円セールが有ったので
ε=ε=ε=ε=(o- -)oブーン
見ましたら・・・
意外に古い物は無い物ですね。

『始皇帝暗殺』も観たかったのですが。無く。
「さらば、わが愛」[北京ヴァイオリン]は1本づつ有ったのですが。借りられてて不可でした。

チャン・イーモウは『至福のとき』は有ったのですが此れも貸し出し済みでした。

残念です
今度機会を見て観て見ます。

4月のこの映画の続編も楽しみですね
Unknown (sakurai)
2008-11-27 15:28:39
TSUTAYAではなさそうな部類ですもんね。
マイナービデオを扱うビデオ屋さんはないですかね。
『始皇帝暗殺』はそれほどでもないですが、曹操役のチャン・ホンイーがなかなかいいです。

イーモウの『初恋のきた道』はありませんでしたか?絶品のかわいいツイィーが見れます。
私も趙雲にしびれました~ (なろ)
2008-11-28 22:37:26
こんばんは!
趙雲、かっこよかったですよね~。
周瑜登場前に活躍著しかったので思わず目がになってしまいました。
金城君の孔明は最初若すぎません?と思っていたのですが、パンフ見て当時の孔明の年齢を知って、ああそれでいいのかと納得しました。
トニーさんは・・・タッパが・・・。
あとラブシーンはちょっと嫉妬。
馬の出産のシーンなどで愛し合っているのが充分わかるので、いらないのでは?と感じます(私情入っちゃってます)
>なろさま (sakurai)
2008-11-28 23:15:46
本当に趙雲のかっこよさにしびれました。
あたしの目的はトニーさんだったのですが、今回は趙雲でした。
トニーさんが勇猛果敢な武者には、どうしても無理がありましたかね。
なにはともあれ、来春が楽しみです。
やっとこさ (武子丸)
2008-12-02 22:25:45
観てきました。ええっあの前置き説明は正確じゃないんですか孔明ぐらいしか判らない私にとっては良かったと思ったのですが、ちょっとがっかりですね。トニー様のカツラは似合いませんでしたが、金城やチャン・チェンなどそちらでも満足してきました。それと「趙雲」かっこえがったですね。すぐに覚えちゃいました。
>武子丸さま (sakurai)
2008-12-03 09:13:07
いやいや、間違いというわけではないのですが、説明が大雑把過ぎたのと、他にも多くの群雄割拠の対立があったみたいなことが消えててかなと思ってしまいました。
って、みてから一カ月経ってだいぶ忘れてしまいました。
トニーさんと、趙雲見に、もっかい行こうかな。
チャン・チェンはよかったですねえ。
どれ行くか!!
コメントおーきに (YOSHIYU機)
2009-04-18 01:28:23
長くなったので前後編ってのは、『キル・ビル』と
同じパターンですね。

降板してしまったチョウ・ユンファの方が
周瑜には合ってた気がしましたよね。
三国志に詳しくないので、ノーマークだった
趙雲の大活躍は、強く印象に残りました。
>YOSHIYU機さま (sakurai)
2009-04-18 22:44:08
ホントのところはわかりませんが、作って行って、どうしても切れず、長くなっちゃった・・。でしょうかね。
それにしちゃ、「ここいらんのに・・」と思ったシーンも結構ありましたが、そこはジョン・ウーらしいかな。
やっぱ趙雲でしたね。
パート1も予告の時から、完全に趙雲に目が釘付でした。
目を開かせてもらいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レッドクリフ Part I (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃい...
レッドクリフ Part1 (Akira's VOICE)
興奮と退屈が,いったりきたり。
レッドクリフ Part I (Memoirs_of_dai)
結局は女のために闘う 【Story】 はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めた...
レッドクリフ PartI (Yuhiの読書日記+α)
かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。 <あらすじ> 西暦208年。曹操軍に追...
★「レッドクリフ Part I」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
レッドクリフ Part I (だらだら無気力ブログ)
ジョン・ウー監督が「三国志」で有名な闘いである赤壁の戦いを全2部作で 描く歴史劇の第一作。西暦208年。後漢王朝の丞相である曹操は、荊州・新野に駐屯している 劉備と江南の孫権を討つべく80万の軍をさし向ける。 太刀うちできない劉備軍は、曹操軍の攻撃を凌ぎ...
『レッドクリフ Part?』 (Sweet*Days**)
監督:ジョン・ウー  CAST:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 他 西暦208年。中国では絶大な権力を...
レッドクリフ (描きたいアレコレ・やや甘口)
張飛の虎ひげや逆立つ眉毛や、関羽の美髭を見ると、嬉しくなるけれど...。 孔明役の金城武が、案外良くてビックリ!この人の映画や演技と...
レッドクリフ Part? (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵~」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・こ...
『レッドクリフ Part I』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
「レッドクリフ」とカタカナで書かれるとピンとこないが、漢字で書けば「赤壁」。『三国志』中でおそらく最も有名であろう「赤壁の戦い」を、中国のみならず、アメリカ、韓国、台湾、それに日本の合作で、ジョン・ウー監督が映画化した超大作。 『グラディエーター』や『...
レッドクリフ Part I ( Art- Mill  あーとみる)
レッドクリフ Part I HP http://redcliff.jp/index.html 「三国志」オタクとしては、「よくぞ作っていただきました」と感激。「三国志」の新しい物語がまたひとつ増えた歓びが大きい。 『
「レッドクリフ Part ?」 Part?って・・・?聞いてないよ (はらやんの映画徒然草)
試写会っていうのは、日頃自分では観に行かない映画に出会えて、自分の興味が広がった
【映画】レッドクリフ Part I (新!やさぐれ日記)
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打...
レッドクリフ (金城武さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆孔明 役の金城武さん(のつもり) 金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。 昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。 ●あらすじと感想
レッドクリフPart1 (Sweetパラダイス)
レッドクリフ「赤壁」を見て来ましたPart1、Part2の二部作ですね~私の大好きな三国志のお話二時間半を超えましたが全然飽きなかったです上映時間も長いとは思わず見るのに夢中これは劇場版で見るべきですよね~最初は劉備軍の敗走から。趙雲が劉備の1人息子を助ける所...
『レッドクリフ Part I』2008・11・3に観ました (映画と秋葉原と日記)
『レッドクリフ Part I』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 西暦208年。中国において強大な勢力を有する曹操は、いよいよ劉備、孫権の征討に向け80万の大軍を率いて南侵を開始した。劉備軍はわずか2万人で曹操軍の猛攻に全滅の危機に陥るが。関羽と張飛
『レッドクリフ Part1』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ...
「レッドクリフ Part?」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に...
レッドクリフPart1 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき~ って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...
『レッドクリフ PartI』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリ...
『レッドクリフ Part1』'08・米・中・日・台・韓 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く・・・。感想日曜にテレビでやってましたが、吹き替えで金城武や中村獅童の声が、別人な...
『レッドクリフ Part I』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レッドクリフ Part I 』 (2008)  監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童...
ジョン・ウーとは何だったのか (RISING STEEL)
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...