迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

LOOPER/ルーパー

2013年01月17日 | ら行 外国映画
舞台は若干未来で、でもってそのまた未来から消したい奴が送られてくると。もとになる舞台もちょっと未来だっていうのが最初つかめなくて、戸惑ったのですが、いかにもな汚い未来で、やけにらしい。車もピカピカと、ロケットみたいなやつじゃなく、管をつないで、なんとかエコで走ってます!感がありあり。希望に満ちた、明るい未来感はなしです。そこもらしい。

さて、そんな世の中で、小金を貯めてフランスに行きたいと思っている若い男、ジョー。仕事(?)は、ルーパー。未来から送られてくる標的を殺すこと。時間と場所が指定され、そこででっかいラッパ銃を構えていると、突然目隠し、後ろ手の人間が現れ、ただぶっ放せばいい。一丁上がりっと。そいつは銀を体に巻いており、それが報酬となる。

ちまちまと銀を貯めて、この国を出ようと思っているが、最近不穏な動きが。ルーパーは有無を言わさず送られてきたやつを殺すのだが、自分が送られてくることもないことはない。30年後の世界から送られてくる自分を自分でぶっ放す。。。一巻の終わりだ。その時、標的は銀ではなく、金を巻いている。

そうそうなかったことが立て続けに起きている。これは未来で何かが起こっているのかもしれない。なにか怪しい動きが・・・。そして、ジョーのもとにも送られてきてしまった、自分が!!自分で自分を殺せるか?いや、いつものとおり、普通に銃をぶっ放した。そして自分がたどる未来。自分が歩む道。

その道は、自分をここに送る一本道なわけ。そうならないために送られてきたジョーは、別の道を若い自分に指し示す。オールド・ジョーが、処刑されない道を作るのは、ある人物を探し出すこと。そいつは、未来の世界の闇を牛耳っている【レインメーカー】といわれる謎の男だ。そいつを探し出して、抹殺すれば、自分が殺される運命も避けられるはず。

片や、ルーパーとしての仕事を全うできなかった若いジョーは、組織に追われることに!若いジョーが死んでしまえば、もちろんオールド・ジョーの存在はなくなる。あーー、忙しい!!

追っかけて、こっち守って、自分も守って、敵を探して、若い奴も守らないとならないし。ということで、果たして結末は!!!!????

はい、私、こういうお話大好き!なかなか面白かったです。ミュータントな特別な能力の使い道を、きちんとしないと、トンでもな世の中になっちゃいますということで、「X-men」は重要です。過去の自分をどうにかすると、自分の未来が大きく左右されるという「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の哲学ですね。

未来の世界を牛耳る奴が邪魔な場合、元をただすのが一番手っ取り早い方法というのは「ターミネーター」そのものであります。そんなこんなのエッセンスをいろいろと詰め込んで、未来から送られてくるタイムマシンのやけにアナログなこと。「ザ・フライ」みたい。

根本の大元、根っこの根っこにあるのが、正義ってのがあたしは好きです。人間どうなるかわからない、一寸先は闇、未来はないのか、あるのか・・・?未来がわからないこそ、人は今を生きていける。そう思いますです。でももし、ここで自分の選択を誤ったせいで、世の中が闇に包まれるとしたら?アナキンがダース・ベイダーになってしまうとしたら?ここで地震が来るのがわかっていたら、原発は作らない!あれ?話が変な方向に行ってしまいました。

未来は俺が背負うんだ!!ってのもいいですよ。

JGLとブルースおじさんは似てないけど、JGLのちょいと口角上げた笑顔だけで、もうあんたはマクレーン・・・いや、ブルースっす。それを妙に似せようとした化粧はいらなかったなあ。あれは逆に違和感を増してたような気がします。んなもんに頼んなくても、うちのJGLは演技だけで十分、ブルースになれるっす。

もったいない使い方は、ポール・ダノ。もうちょっとダメダメぶりと、いやらしさを発揮させてほしかったなあ。ジェフ・ダニエルズがやけにお久しぶりに感じました。あ、だめだ?エミリーさんを見ると、つい顎に目が行ってしまう。。。見事なケツ顎。と、子役がぴか一!東西ともに、子役が光る今日この頃。

◎◎◎○●

「LOOPER/ルーパー」

監督 ライアン・ジョンソン
出演 ブルース・ウィリス ジョセフ・ゴードン=レヴィット エミリー・ブラント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲキ×シネ 髑髏城の七人 | トップ | 天のしずく 辰巳芳子“いのち... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (みぃみ)
2013-01-18 11:13:48
JGL(←早速使ってみました♪)君、上手ですね~。
そよ風のような爽やかさを漂わせながらしなやかに強い!。
彼出演作は引き続きチェックしていこうと思います。

そうそう。未来は過去によって形作られる。
運命を決めるのは今(過去)の行動なのよん♪。
と、色々楽しかったのですが、ふと疑問が…。
レインメーカー闇組織を形成しなければ、
ジョーはルーパーになる事もないので、未来は別の物になるので?と。
となると、オールドジョーが愛する彼女と出会えたのは悪人化したレインメーカーのおかげであって…。
む~ん。。。。
JGLが・・・ (KON)
2013-01-18 12:32:42
返す返すも残念で・・・。
あの3時間かけたという変なメイク。なくていい。
彼なら演技力で十分ブルースになれるというのに。
ストーリーの運びも長く感じました。不親切な展開。
農場のシーン辺りで何が何やらわからなくなり。
ラブシーンも不要。
ダノ君のシーンも不要。
悪役もパットせず。フランスに行きたい理由は何だったのやら。
JGLはミスキャスト。いっそジェーソン・ステイサムあたりにドカーンとやってほしかった。
化粧が・・・ (ノルウェーまだ~む)
2013-01-20 16:27:10
そうなんです。
ジョセフくんのやらなければよかった、太いきっぱり描いた眉毛!
仕草とか目とか結構似ているのに、勿体無いですね、
話が変な方向といえば、ラストが妙な方向へ行ってしまっていましたね~
>みぃみさま (sakurai)
2013-01-20 20:39:39
JGL!!!いいですよ!
もう彼が出てるだけで、テンションあがりまくりです。
無駄に点数が高くなる。
意識し始めたのは「セントアンナの奇跡」あたりからかな。
やっぱ「インセプション」かなあ。
生きてれば、ヒースの役だったかな。。。感はありましたが、この辺からめきめき。
「50/50」が最近じゃいいですよ。

最後のところは、あの瞬間に歴史が変わるんで、彼がルーパーになる運命はまだ変わらないかなあと思いますです。
>KONさま (sakurai)
2013-01-20 20:44:57
化粧は要りませんでしたね。
十分演技だけで、ブルースになってましたから、監督の蛇足だったと。
でも、彼が出てるってだけで、それだけいい映画っぽくなる。
最初にあったミュータント的能力が、途中消えちゃってましたからね。あれは何らかの形で、持続させるべきだったと思います。
好みが分かれそうですが、あたしは結構好きです。
ちょいとひねってあって、好みでしたわ。

ジェイソン・ステイサムねえ!!似合いすぎ。
>ノルウェーまだ~むさま (sakurai)
2013-01-20 21:36:17
なんであんなことしちゃったんでしょうね。
よかれと思ってやって、失敗する。。。よくあることか。
その辺な化粧にばっかり目が行ってしまって、よろしくないですわ。
タイムトラベルものは難しいですよねえ。
ラストは結構得心が行きましたが。。。
こんばんは (はらやん)
2013-01-24 23:04:53
sakuraiさん、こんばんは!

やはりアゴに目がいきますよね(そこかよ~)。
いつもと髪の色が違うので、エミリー・ブラント?と思ったんですが、アゴをみてやはり彼女だ~と確認。
さて、本作いろんな要素がモリモリでしたよね。
少年が登場してからは、これはホラーものだったのか?と思いましたが、SFに最後はやはり戻って一安心という感じでしたw。
ジョー君だけ。 (オリーブリー)
2013-01-26 17:29:48
私の期待値が高かったのがいけなかったのでしょうが、なーんか、パッとしない内容でした。
もうね、ジャンルが変わってしまうような子供の登場がダメでしたわ(汗)
大友克洋ここにあり (hori109)
2013-01-29 21:58:21
って感じの展開が最高でした。
にしても、ケツ顎って……ああ否定できない(T_T)
>はらやんさま (sakurai)
2013-01-31 23:08:55
すいませんです!変な所に目が行ってしまうと、もう駄目。
この後、「砂漠でサーモン・フィッシング」見て、ケ○顎二重奏を堪能しました!
いろんなものがついつい入ってしまうのが、タイムトラベルモノなんでしょうね。
結構な世界観で、私は好きです。
なんか (バラサ☆バラサ)
2013-02-02 21:14:51
色々混ざっている感じでした。

「ザ・フライ」のポッドだとしたら、虫が混入すると大変なことになるのですが、現代にはポッドがないので、粒子分解して飛ばしているのでないので、混ざることはないか。

過去を変えてしまって、直すのに苦労というと「タイムライン」ってのがありました。
>オリーブリーさま (sakurai)
2013-02-04 07:39:16
改めて考えると、バランスの悪さを思い出しますが、見てる時は、素直に面白かったの。
タイムトラベルもんが好きなもんで、変なJGL君でも許せたかな。
>hori109さま (sakurai)
2013-02-04 08:22:31
大友!なんか懐かしくなってる。
結構、好きな展開でした。
顎に目が行っちゃうんだよなあ・・・・。すいません。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2013-02-04 08:25:44
はい、混ざってました。
これは何で、あれはこれで・・といろいろと楽しんでみてました。
あのポッドが「フライ」に見えたんですよね。

「タイムライン」はあまり受けなかったようですが、個人的にはとっても好き。歴史的にも、結構考証がちゃんとしてた。
コピー繰り返して、ずれていくってのは、わかるぅ!!でした。
こんにちは (maki)
2013-07-12 09:21:47
タイムトラベルものにはずれ無しの法則がこれも当たってましたね
余韻の残る(考えちゃう)ラストが良かったです
サラが正しく少年を導いてくれたなら、きっと
未来でレインメーカーはあらわれないのだろうし、
未来はかえられたのだと思います
シド役の少年の表情が圧巻でした
>makiさま (sakurai)
2013-07-17 15:16:59
いかにもな未来じゃなくて、うらぶれた、いかにもありそうな未来という造形で、まずいいなあと。
いくらでも描けそうですが、ちゃんとバックがしっかりしてないとタイムトラべルものは、それこそ目も当てられなくなりますが、これはよーくできてたと思います。
やっぱ未来は開けてなくっちゃね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
LOOPER/ルーパー (本と映画、ときどき日常)
監督 ライアン・ジョンソン 出演 ブルース・ウィルス     ジョセフ・ゴートン=レヴィット     エミリー・ブランド タイムマシンで未来から送られてきた”マフィアからの標的”を現代で殺す”ルーパー”という殺し屋のお仕事。 毎日バンバンと標的を撃ち殺し...
映画:「LOOPER/ルーパー」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年1月16日(水)。 映画:「LOOPER/ルーパー」。 監督・脚本:ライアン・ジョンソン キ ャス ト:ブルース・ウィリス (Old Joe)       ジョセフ・ゴードン=レヴィット (Joe)       エミリー・ブラント (Sara) ストーリー: 未...
LOOPER/ルーパー (だらだら無気力ブログ!)
面白かったものの、ちょっとイマイチ。
「LOOPER/ルーパー」☆眉毛に見とれるな! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ブルース・ウィリスの演技を繰り返し見て観察したに違いない。 彼の仕草をまんまコピーしたジョセフ・ゴードン=レヴィットの仕事は賞賛に値する。 無理やり黒く描いてしまった眉毛以外は・・・・・
LOOPER/ルーパー (ダイターンクラッシュ!!)
2013年1月14日(月) 18:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデー) パンフレット:未確認 切ないバッドエンド終わる。 『LOOPER/ルーパー』公式サイト 30年後、死体を身元不明にすることが出来なくなっており、マフィアなどは消したい人間を、30...
「LOOPER/ルーパー」 なんとかバランスをとったかな (はらやんの映画徒然草)
タイムトラベルものというのは、今までも幾多の作品が作られて、いくつものアイデアが
映画「LOOPER/ルーパー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「LOOPER/ルーパー」観に行ってきました。タイムトラベルが可能になった近未来の世界を描く、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス、および「インセプション」...
LOOPER/ルーパー (心のままに映画の風景)
事実上、殺人が不可能になっていた2074年の世界では、犯罪組織が違法なタイムマシンで2044年に送り込み、“ルーパー”と呼ばれる殺し屋に処刑させていた。 経済破綻し社会も腐敗した2044年のアメリカでは、...
「LOOPER/ルーパー」 (2012 米=中) (事務職員へのこの1冊)
ルールはこうだ。 ・2044年が“現在”。その30年後の未来とのやりとりが主題。
ルーパー (映画的・絵画的・音楽的)
 『LOOPER/ルーパー』を渋谷東急で見ました。 (1)評判のSF物ということで映画館に足を運びました。  物語の主人公・ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、30年後の「未来」(2074年)からタイムマシンで送り込まれてくる人物を銃で殺す作業をする「ルーパー」...
映画:「LOOPER/ルーパー」~劇場で (David the smart ass)
タイムトラベルものというだけで見に行きました。 感想は、悪くないです。公式サイトや劇場で見た予告などに、マトリックス以来の衝撃作のようなフレーズを見かけますが、それはどうでしょうか? そんな大...
映画:ルーパー LOOPER 未来を書き換えるのにも、方法論はいろいろある。なんたって未来なんだから(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
って、観た人には完全ネタバレ!? なんだけど、そうでない人には全く、なので平然とこのまんま突き進む当ブログ(笑) 主人公は、 ジョセフ・ゴードン・レヴィット = ブルース・ウィリス この設定に違和感を感じるのでは?という疑念は意外にもF,O. そうしてタイ....
LOOPER タイムパラドックスをこんな風に使うなんて! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=9】 東京では成人式並みに積雪すると言われていたが、たいしたことなかった、よかったよ~。 ところで今住んでいる部屋には、歩いて行こうと思えば行ける距離に、波乗りが出来るビーチがあり、そして歩いて行けるところにシネコンがある。 駅前にはフィットネスクラ....
LOOPER/ルーパー (いやいやえん)
ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィットが年代の違う同じ男性を演じる。 ハゲてく過程をみせていくのが斬新www ヤングとオールドのジョーが二人して巨悪に立ち向かう話かと思ってたのですが、違った…。 タイムマシンが開発されていた近未来、その...
LOOPER/ルーパー (銀幕大帝α)
LOOPER 2012年 アメリカ 118分 アクション/SF PG12 劇場公開(2013/01/12) 監督:ライアン・ジョンソン 製作総指揮:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 脚本:ライアン・ジョンソン 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット『ダークナイト ライジング』:ヤン....