迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

大脱走

2011年07月28日 | た行 外国映画
見ちゃいました・・・・。生涯ベスト3の映画ですから、ここは見ないと!!いやーーーー、冒頭の音楽からテンションあがりまくり!!聞いてるだけで涙が出てくる。脇に人がいたら、絶対に迷惑だろうと思って、なるべく人のいなさそうな場所のチケットを買って、ノリノリで始まり、始まり。

以前に映画館で見たのは、クラシック・リバイバルをやった2004年。そんときに中身の充実ぶりはしっかりと認識したのですが、何度も見てもニマっとさせられ、なるほどこういうこともあったのねえ~と勉強にもなります。

さてさて、ドイツのザガン近郊に作られた収容所。集められたのは名うての将兵たち。ナチスにつかまったイギリスの将兵たちですが、ただで捕まってるわけにはいかない。絶対に脱走不可能!何があってもここからは逃げられないと豪語するだけあって、入れられた初日にすぐさま脱走しようとする面々を次々と捕縛。

捕まろうが、どこにいようが将兵たちにあるのは、戦う気概。脱走して、後方から敵をかく乱する。逃げて、一人でも多くの敵兵をこっちにひきつける。。。これらの思想がしっかと根付いているのですが、日本兵と違って、そこに悲壮感はなく、余裕すら感じられるのですわ。

ほとんどイギリス兵の中に、若干いるのがアメリカ兵。これこそ、我らがマックィーンであります。



いつみてもかっこいいいい!!最高、短髪が似合う。独房に連れて行かれる時の強がった表情もまた可愛い。彼の不遜な態度を見て、独房の監視の若きドイツ兵の表情がまたいいのですありやす。自分の置かれている立場を楽しんでいるかのようなヒルツ(マックィーン」を見て、どこか羨ましそうな顔をするんですよね。台詞の一個も無いけど、忘れられないチョイ役です。

なんせ、アメリカはイギリスの植民地だったもんで、その辺の会話も気が効いております。1812年の米英戦争のことがさらっと出てくるのがおしゃれですよ。アメリカの独立記念日を祝うために芋焼酎をつくって、皆にふるまうときも粋なんですなあ。



そんなばか騒ぎしてる時に、野暮なドイツ軍はトンネルを探してしまったりするのですが、トンネルを掘るのは、なぜか労働者風なキャラがマッチしているチャールズ・ブロンソン。ひげのないブロンソンもまたカッコいいです。渋さの前の初々しさすら感じる。



なんといっても私がこの映画を見るたび嬉しくなるのが、デヴィッド・マッカラムにお目にかかれること。最後に『土始末屋』みたいなありがたくない名前をいただいてましたが、なんともはかなげな雰囲気が素敵です。ざーーっと眺めてみて、もしかしてご存命なのは、マッカラム様だけ?そう見たいっすよ、イリヤ様!!

オルガナイザーの『ビッグX』のアッテンボローのオレ様ぶりもいい。目の見えなくなっていく『偽造屋』のブライスを助ける『調達屋』のヘンドリーを演じるジェームズ・ガーナーがいいのですよ。この映画の中で、何が面白いって、一番の見どころはヘンドリーの物資の調達の仕方!勉強なります。



そして、何度でも何度でも何度でも見たくなるヒルツのバイクでの逃走シーン!!!



あああああぁぁぁぁ、いい。最高!!いいもの見ました。これでご飯三杯。。。。いや、あと3年は大丈夫!至福の時間でした。


『大脱走』

原題「The Great Escape」 
監督 ジョン・スタージェス 
出演 スティーヴ・マックィーン ジェームズ・ガーナー リチャード・アッテンボロー チャールズ・ブロンソン ジェームズ・コバーン デヴィッド・マッカラム1963年 アメリカ作品
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュリエットからの手紙 | トップ | トランスフォーマー ダーク... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大賛成 (hori109)
2011-07-30 12:37:38
あのドイツ兵に目をつけるとは(笑)
さすがベスト3にあげるだけはありますね。
イギリス、アメリカ、ドイツそれぞれの
国民性まできっちり描いてあって最高。
マックィーン以外ではジェームズ・ガーナー
がお気に入りでした。お調子者こそが
最後に泣かせるのね。
>hori109さま (sakurai)
2011-07-31 17:09:41
本当に好きなんですよ。
最初の音楽から、全編どこも気を抜けない。
台詞の一つ一つ、気が効いてる展開も、本当に見事だったと思います。
ドイツ側の描き方も、ステレオタイプじゃないのがいいんですよね。
ゲシュタポや、空軍や政府上層部とかの違いや、そこでの権力闘争なんかもさりがなく描かれて、本当にうまいと思いますよ。
このマックィーンがやっぱ最高ですね。
また見れて、気分最高でした。
なんと初見 (バラサ☆バラサ)
2011-08-08 17:47:39
子供の頃から、男の間では流行っていたんですけど、この歳になるまで観ていませんでした。というのが、かなり後悔ですね。

ブロンソンの面堂終太郎状態は、知りませんでしたが、緊張感を醸し出します。

ジェームス・ガーナーは、ロックフォードの人だったんですね。ロックフォードは、ほぼ毎回見た。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2011-08-10 14:08:46
テレビでちょこちょこやってましたもんね。
なんとなく見た気になってしまってたんですが、きちんと映画館で見ると、また感慨もひとしおです。
>面堂終太郎!
かなりのトラウマ背負ってましたね。
「うーん、マンダム!」も、今じゃ通じないんだろうな~。

ロックフォードは見てなかったです。
やってなかったかも。。。
マックイーン (okako)
2011-08-10 21:24:46
「大脱走」何度見てもワクワクしますね!
落ち込んだ時は主題歌を聞いて勇気をもらっています。
史実に忠実なのに面白いのは欧米人の冒険心のせいでしょうか?
マックイーンのカッコ良さのおかげで「カーズ」まで見てしまいました。
>okakoさま (sakurai)
2011-08-11 19:23:31
コメント、ありがとうございます。
ほんとにわくわく!
シアターに行って、椅子に座り、あぁぁ、あのテーマソングが始まるぞおお、と言うだけで、テンションあがりまくりでした。
カーズにも登場しますが、あれはやっぱポール・ニューマンのもんかなあと思ってます。
こんにちは (はらやん)
2011-08-19 17:25:51
sakuraiさん、こんにちは!

いいですよねー、この作品。
僕は劇場では観たことなくて、DVDなどで自宅なんですが、やはり何年に一回は観たくなりますね。
この映画を観るとしばらくテーマソングを口ずさんじゃいます。
>く『偽造屋』のブライスを助ける『調達屋』
いいです、いいです。
泪ものです。
>はらやんさま (sakurai)
2011-08-20 21:37:46
私もずっとTV鑑賞しかなかったのですが、数年前にリバイバルでスクリーンで見て、やはり名作だったんだ!と、ものすごくうれしくなりました。
最初のテーマソングが始まっただけで、テンションあがりまくりです。
このジェームズ・ガーナーが最高なんですよね。マックィーンの次の次にいいです!はい。いや、みんないいです♡
公開時期からすると (ナドレック)
2011-10-16 15:16:37
手塚治虫の『ビッグX』は、本作にちなんで名づけているのでしょうか。ナチスと戦う話ですし…。
>ナドレックさま (sakurai)
2011-10-20 19:27:15
どうなんでしょう。
ちょうど公開時期もあってますが、手塚先生は担当者泣かせの遅筆で、「一体、いつ見てるんだ?」と言うくらい映画を見てたそうですから、十分ありうる話だとは思いますが、今まで見た文献にそう言う話はなかったです。
今度探してみます!
Unknown (光太)
2012-04-02 20:22:16
ラストシーンが好きです。
ヒルツは本当に不屈の男ですね♪
>光太さま (sakurai)
2012-04-04 12:14:42
コメントありがとうございます。
またグラブを受け取って、堂々と独房に行くところは素敵でした。
それを若いドイツ兵が羨ましそうに見てるんですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「大脱走」 The Great Escape (1963 米) (事務職員へのこの1冊)
アクション映画の大傑作。そりゃもう誰も文句なんか言うはずがない。先年にリバイバル
大脱走 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月12日(土) 10:00~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ6 料金:1000円 大脱走 (アルティメット・エディション) [DVD]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンメディア: DVD 『午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本』公式サ...
「大脱走」 周到と柔軟と大胆と (はらやんの映画徒然草)
チャチャ、チャチャーラチャチャ、チャチャーチャチャーラチャチャ。 映画を観たこと
『大脱走』は脱走を描いた映画ではない (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  スティーヴ・マックィーン演じるヒルツ大尉は、捕虜収容所の独房に入れられるたび、コンクリートの壁に野球ボールをぶつけて一人でキャッチボールをしている。ボールのぶつかる音が独...
大脱走 (我が頭に巣くう映画達)
52点 1963年のアメリカ映画で、 監督は「荒野の七人」のジョン・スタージェス、 主演はスティーブ・マックイーンです。 第二次世界大戦中、ドイツ軍に捕まった連合軍の捕虜が 集団脱走を行った、と...