迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

カールじいさんの空飛ぶ家

2009年12月08日 | か行 外国映画
前日、御苦労した少年のご要望にこたえまして、鑑賞と相成りました。
いやなに、3D版でもよかったのですが、なぜか彼は通常版がいいと。
めがねがうざいみたい。

そうなら・・ということで、通常版だったのですが、ここは3Dならぐわーーーっと迫ってくるんだろうなあ〜、なんて思いながら見てました。

冒険大好きな無口なカール少年は、冒険家のヒーロー、チャールズ・マンツが大好き。でも、探検に行っても珍獣の骨しか持って帰らないマンスに疑惑の目が!!

「だったら、本ものの生きてる奴を捕まえるまで、帰ってこない!!!」と、高らかに宣言して、行方をくらます

カールは、冒険大好きな女の子、エリーと運命的に出会う!エリーもマンスが大好きで、お互いの気持ちを誰よりもわかってくれる。自然と愛をはぐくみ、二人は夫婦に。でも、冒険の夢は絶対に叶えるぞ!!

でも世の中、そんなにうまくは行かない。人生、山あり谷あり。いつしか冒険の夢は、片隅に追いやられ、老いてしまった傍らに、愛する妻はいなかった・・・。

杖もないと、動くのもままならないカールは、すっかり偏屈じいさんに。二人の家の周りには、次々とビルが建ち並び、すっかり『ちいさなおうち』状態に。

ひょんなことから老人ホームに入らなければならなくなったカールじいさんは、一念発起に、ありったけのをつけて

なんと題名は「UP」だったんですね。うーん、きっとこの風船つけた家が、ぐわーーーっと持ち上がるとこは、こっちに迫りながら、飛ぶんだろうなあと思いつつ、通常版でも、それなりの迫力で、持ち上がっていきました。

BUTそこに侵入者がひとーり。押し売りボランティア(?)で、なんとかがんばったバッチを集めようとしている少年、ラッセルがいたのであります!!!

ま、これ以上は見てのお楽しみ・・・・と言うことで、物語の構成はさすがにうまかったですが、なんとなく予想通りだったのは、予定調和ということで。でも、年齢的に、ちょっと無理があったのでは・・・の感は否めず。

カール少年が、エリーと出あって、二人が人生を歩んでいって、年老いていく様子の数分の流れは、本当にうまかったぁ。こういう物語の紡ぎ方を見ると、うならされます。

飛んでくとこは、ありえねーーーんだけど、夢いっぱいで、素直に引き込まれていきます。ヘリウムは、どこまで持つんだろうと、ドキドキさせられたんですが、なんと目的地には、早々に着いちゃった・・・。実は、そこからが長かったんですねえ。

うちの少年いわく、「『空飛ぶ家』じゃなくて、『引っ張る家』だった・・・」・・・そうでした。ハイ。

神経痛のじいさんが、超人的な働きをするのもこういう映画ならでは。たのしく、それなりにはらはらドキドキさせてもらい、楽しく見れました。エリザベス・カラーは、ワンちゃんにとっては、こっぱずかしいもんなんすかね。

あたしのお楽しみは、始まる前のショート・フィルムなのですが、今回の「晴れ、ときどき曇り」は、とっても楽しかったです。こうのとりも大変だ。


やっぱりこの画像はココのページにも掲載しましょう。




◎◎◎◎

「カールじいさんの空飛ぶ家」

監督 ピート・ドクター
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後の学習発表会  小学校編 | トップ | スティル・アライブ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは〜 (KLY)
2009-12-08 23:27:18
素晴らしい作品でした。
冒頭のカールとエリーの人生の追憶。優しい音楽に乗せたあの映像はそれだけで、心に直接訴えかけるものでした。もう涙が止まりません…。
そしてそれがクライマックスへの布石だとは。カールと過ごした毎日がエリーにとっての冒険だった――人生って、生きていくことを冒険だと受け止められるなんて、なんて素敵な人生だったんだろう。
最後に家が滝の横に建っていましたね。ちょっと嬉しかったです。^^
そうですね (miyu)
2009-12-09 23:07:16
あのエリーとの出会いからのモンタージュは
素晴らしい出来でしたもんね〜。
でも、ちょっと後半の展開は失速気味な感じがしました。
面白かったけどね〜。
>KLYさま (sakurai)
2009-12-09 23:07:44
絶賛ですね。ここは、男性の目から見た方がいいのかなあ。
じいさんのあまりのスーパーマンぶりに、ちょっと引いたかも。
あの二人の歩みの紡ぎ方は、本当に見事でした。
あれで満足してしまったかもです。
>miyuさま (sakurai)
2009-12-09 23:21:53
やっぱ前半が素晴らしすぎましたね。
もうあの時点で、すっかり一本見た気分(?)になってたかも。
マンツを、もうちょっと納得いく描き方してくれたら、よかったんですがね。
いい出来でした・・・ (ひらりん)
2009-12-10 23:57:32
と褒めておきながら、突っ込みどころを探しすぎると、ファンタジック心を失くした大人になっちゃったみたいで、ちょっとヤな気になるひらりんでした。
人間が主人公・・・・。 (mezzotint)
2009-12-11 11:38:12
なるほどそう言えば、人間が登場するのは
初めてですね。その辺で出来ばえが微妙かも。
う〜ん個人的にはまあまあかな?
アニメの技術はめざましいものがありますね。
ただ3Dの効果はあったのか?どうか。。。
良く分かりませんでした。コメントの
お返し遅くなりすみません
こんにちは〜♪ (由香)
2009-12-11 12:08:55
お邪魔しま〜す♪

>『空飛ぶ家』じゃなくて、『引っ張る家』だった
あはは!その通りですね〜
家に乗って飛ぶシーンが少なくて意外でした。
あの巨大な鳥に家に運んでもらえばいいのに、、、と考えたわん。

2Dで鑑賞されたんですね。私は3Dに拘って観に行きましたが、コチラは3Dでなくてもいいかも、、、って思いましたよ。
確かに引っ張る家(^^ゞ (latifa)
2009-12-11 22:57:14
sakuraiさん、こんばんは☆
そちらはもしかしたら、今日みたいな寒い日は、雪が降っているのかしら・・・

息子さんと見に行かれたんですね〜。末っ子ちゃんとかな?次男君はあまり興味が無いかな・・・。

私も、じいさん弱ってる割に元気だな、大丈夫かな?と後半の方で思いました。
最初の言葉が無いシーンは涙が出そうになっちゃったのに(特に赤ちゃん出来ないんだね・・・って解った時・・) それ以後はジーンと来るシーンがありませんでした
とはいえ、面白く見せてもらったし、老若男女誰でもが楽しく見れる映画だな〜と思いました。
>ひらりんさま (sakurai)
2009-12-12 23:03:16
そうそう、十分いい出来なんですが、つい突っ込みたくなるのは、主人公が人間になってしまったからでしょうか。
あれが車とかだったら、突っ込みはなしなんですがね。
>mezzotintさま (sakurai)
2009-12-12 23:06:54
いままで、人形にお化けに魚に、車に超人に、ネズミ(?)にいろいろとありましたからね。
「ウォーリー」も、後半人間が登場してから、ちょっと失速気味に感じたんですよ。
ラッセル少年みたいなのが、いっぱい出てくるんですがね。
まあ、自らハードルをどんどんと上げていくピクサーの姿勢には、頭が下がります。
>由香さま (sakurai)
2009-12-12 23:09:08
そうなんですよ。
一応、ちびすけに感想を求めたら、そういう答えで、吹いてしまいました。
早々についちゃいましたからね。
あれからが長かった。
2Dでも、十分質感を感じられましたね。
つくづくピクサーの技術のすごさだなと思います。
>latifaさま (sakurai)
2009-12-12 23:18:58
雪が降らないんですよ。
スキー場も上がったりのようです。
来週から、やっと降るみたいですがね。

さすがに受験生の息子は、映画は封印です。
「ブラック会社・・」で、受験まで、映画はお預け。
本人はみたくてしようがないんですよ。
まあ、今は我慢してもらいましょう。

さて、引っ張ってましたね。いくら空に浮いてても、重いやろ!!とかね。荒唐無稽でも全然構わないのですが、ちょっと無理があり過ぎかな。
あの人は、なんだかかわいそうだったし・・・。もうちょっと描き方があってもなああなどとも思いましたが、よかったことには変わりないです。
Unknown (はらやん)
2009-12-12 23:19:44
sakuraiさん、こんばんは!

冒頭の二人の生活のシーンは良かったですよね。
僕はずっとああいう雰囲気のお話しになるのかと思ったら、後半はけっこうアドベンチャーでしたよね。
エリーは子供時代以外はほとんど台詞なく出番は最初だけでしたが、とても印象的なキャラクターでした。
>はらやんさま (sakurai)
2009-12-15 20:40:32
冒頭のシーンは、ジーンときました。
本当によかったです。
台詞が一切なくても、すべてわかって、ぐっと来る・・・。惜しむらくは、あそこで、いいとこが終わってしまった・・ということでしょうかね。
おじゃまします (ピロEK)
2010-05-04 23:15:55
おじゃまします。この記事でも忘れた頃にやってきたピロEKです。
映画系ブロガーさんの御意見や、私のブログに頂いたコメントを読むと「冒頭の回想シーンで泣いて、あとはまぁ普通」ってな意見が多いですね。あの冒頭で感動させる事が出来てるってことは、それだけでも優秀作って事なのでしょうが、ピクサーの場合それだけでは満足してもらえないという。製作者としては辛いんだか嬉しいんだか…って感じなんですかねぇ。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2010-05-07 16:07:42
ピクサーの宿命って奴でしょうかね。
どんだけ作ればいいのか・・・って、ちょっと前に見た『のだめ』みたいです。
イツマデヤレバイインデスカ?と、のだめがぼやくのですが、芸術家(ピクサーはその域でしょう)の宿命だと思って、がんばってもらいましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カールじいさんの空飛ぶ家 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミン...
カールじいさんの空飛ぶ家 (試写会) (風に吹かれて)
冒険のページは続く大人も子供も楽しめる公式サイト http://www.disney.co.jp/m
カールじいさんの空飛ぶ家 (LOVE Cinemas 調布)
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』...
カールじいさんの空飛ぶ家 (銅版画制作の日々)
 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかな...
★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
カールじいさんの空飛ぶ家 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・イン...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1〜2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻...
カールじいさんの空飛ぶ家 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜...
冒険しようよ〜『カールじいさんの空飛ぶ家』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自...
カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) (yanajunのイラスト・まんが道)
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
「カールじいさんの空飛ぶ家」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
まだ公開が12月と先なので、ネタバレは無しで・・・。 一番私が良かったのは最初の15分間位の回想シーンでした。
カールじいさんの空飛ぶ家 (心のままに映画の風景)
亡き妻エリーとの思い出に満たされた家で暮らす老人カール・フレドリクセンは、 周りの開発が進む中で頑なに家を守り続けてきたが、ついに...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み (はらやんの映画徒然草)
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』 (水曜日のシネマ日記)
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。
カールじいさんの空飛ぶ家 (Movies 1-800)
Up (2009年) 監督:ピート・ドクター&ボブ・ピーターソン 声:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、クリストファー・プラマー 亡き妻との約束を果たす為、南米探検旅行に家ごと出発した老人と、たまたまついてきてしまった少年の冒険を描くピクサーアニメ。 主人...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D / 77点 / UP (ゆるーく映画好きなんす!)
前半はむちゃくちゃ素晴らしいんやけど、後半はほとんど記憶に残らない・・・ 『 カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹替え版 / 77点 / UP 3D 』 2009年 アメリカ 103分 監督 : ピート・ドクター 脚本 : ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシ 【
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味−BIMI−)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の北部九州地方は晴天です 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね…せっかく買ったカメラの撮影にも行きたいんですけどねぇ 数日前にちょこっと書いた“悪...
『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフ...
『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
愛する妻が死にました――  だから私は旅に出ます。 というコピーから想像していたのとは全然違う作品でした。 序盤は確かにその雰囲気通り。 冒険家のチャールズ・マンツに憧れるカール少年は、ある日空き家で冒険好きの女の子エリーと出会って意気投合。そして...
カールじいさんの空飛ぶ家 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カール...
カールじいさんの空飛ぶ家 (mama)
UP 2009年:アメリカ 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー カール・フレドリクセンは78歳。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まっ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...