迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ランボー 最後の戦場

2008年05月27日 | ら行 外国映画
最初のランボーが作られたとき、結構な話題になった。ベトナム帰還兵を扱った、政治的で、なおかつアクション。

肉体派俳優が主人公を務めるアクション映画に、政治的な内容が盛り込まれているという画期的な内容だった。実際に、ベトナムから帰ってきて、まともな社会生活が送れなくなってしまった人たちや、枯葉剤を浴びてしまったアメリカ兵の問題が、社会を揺るがしていた。

戦場に送りだされる前に、徹底的に反共産主義の教育をぶちこまれる。これでもかというくらいの非人間的な扱いをうけ、尊厳を疑われるような言葉を毎日浴びせられ、そして人間兵器に作り変えられた彼らは、沖縄の基地あたりから、毎日のようにベトナムへ飛び立ったのだ。

そして、敗戦。膨大な軍事費を使い、国力を消耗し、引き際を間違えた米政府は、とうとう手を引いた。絶対に負けない国、世界の警察、世界のリーダーシップをとるべく君臨していたあの国は、総ショックを受ける。

それまでの大戦で活躍した兵は、帰還したとき、歓呼の声に迎えられた。紙吹雪が舞い、パレードを行い、美人が熱いキスをご褒美してくれた。しかし、ずたずたになってベトナムから帰ってきた彼らを待つのは、罵声、石、卵、冷たい視線。

自分たちはまぎれもなく国のために戦ってきたのに、ぼろきれのように扱われ、恐ろしいものを見るかの様な目で見られる。身についた防衛本能は、そう簡単に消えない。はたして、自分たちは自分を取り戻せるのか・・・。

そんなやりきれない思いを描いたのが、第一作だった。大学生だった私は、公開当初ではなかったが、ちょっとあとに、何と「ランボー」&「ターミネーター」というコユい二本立てを見てしまった。あれから、はや20数年。スタローンも年取りますよ。えらい、あんたは偉い。よくやった。

いかにも若い時にステロイド剤を使いました的、肉体ぼろぼろ感はロッキーのときに感じたが、そこは目をつぶることにして。で、なぜか悲運に見舞われるのがこの映画の常。やっぱ、ベトナムの犠牲者たちの怨念でしょうか。

1は確かに傑作だった。テーマはしっかりしており、アクションもさすが。国の姿勢やら、スタローンの悲哀も素晴らしかった。

で、2からいきなり、ただの暴力アクション映画になってしまった。ドンパチが大好き!という方にはたまらない映画かもしれないが、1に含まれ、表わされていた複雑なテーマのうまい描き方に、次もと期待すると、見事に裏切られる。

そして、アフガニスタンに行って、ソ連を叩こうとしたランボー。行くのが遅かった。長年続いて、いつ終わるかの思われていた侵攻は、映画のちょうどそのころ撤退。「ランボー、行くのが遅かった・・・」とか言われるし、撮影のとき、実際に軍におっかけられて、尻尾まいて逃げた、なんて情けない話まで伝わってしまった。

そして久々に登場。今、一番危なくて、現状もわからず、日本の記者は暴動の際に犠牲になってしまうし、とにかくとんでもない国といえば、『ミャンマー』。ここだ。

国家を恐怖に陥れてる軍事政府をやっつけて、同朋を助けるべく、奮闘するのだが、この軍事政権のすさまじいこと、いやらしいこと、残虐なこと、この上ない。それこそ、気持ち悪くなるくらいの非道さだ。

それが今のこの国なのか。サイクロンに見舞われ、未曾有の被害をうけ、多くの人が困っているどころではない。死に瀕している。多くの手を差し伸べなければならない時に、なんとバッドタイミングな公開。こんな政府の国なら、助けたくないよ・・・と思わせてしまうのだ。



あ、、、悲運のランボー。あなたがどっかに行って映画を作ると、時宜はぴったりなのだが、どうもプラスにはなってない。やっぱなんかの恨みかも。

さて、映画は、タイ北部で隠遁生活めいた暮らしをしていたランボーのところに、ミャンマーへの道案内を頼まれる。良くあるアメリカの素晴らしいキリスト教のボランティア団体。自分たちのやることに、一切の疑問をもたず、信仰のためには、どんなところにでも行って、現地の人の手助けをしようとするとってもある意味、自己満足的な人たち。

その辺も十分皮肉ってるが、案の定とっつかまって、傭兵さんたちが助けに行くことに。当然その道案内もさせられたランボーだったが、かの団体さんにいたサラのことが心配でならないランボーは、こっそりと傭兵さんたちの守護天使になる。



突如、何の脈絡もなく、戦いに行くために説教めいたものをはじめちゃうのは、やっぱ還暦を迎えちゃったからでしょうかね。ま、そこが今回の一番の売りでしょうから、目をつぶって・・・。

あとは怒涛の殺人マシンに変身して、殺しまくり。ガンガンと撃たれていくのですが、映画冒頭の実際にミャンマーで行われた虐殺の名残の絵のすごさには負けます。

一個大隊をやっつけても、何かなったのか?サイクロンが気になって、気になってしようがないのですが、最後は・・・。ということでEND。

さすが、ボランティア団体のイエスに人生ささげた男の名前は大天使マイケルで、彼女の名前は、すべての母、サラ。ランボーはジョン、すなわちヨセフ、イエスの父でした。

さて、世界中から非難を浴びてるミャンマー軍事政権だが、ビルマという名称から変わって、しばらく経つ。日本ではすっかりミャンマーがおなじみで、早口言葉まであるが、世界的にはミャンマーと呼ぶところは少ない。映画の中でも、ランボーたちは、「ビルマ」と言っていたが、それは現政権を認めていないということ。国名変更のときに、すぐさま「はーーい!」と言ってミャンマーと言うようになった日本の世界情勢への、見る目の浅はかさが指摘されるところだ。

でも、かつて占領していたあたりの負い目から、すぐさま変更をうんうんと聞いたのか・・。その辺の事情は不明です。

とにかくごくろうさまでした。何かご褒美上げたいので、せめて60点で。

◎◎◎

『ランボー 最後の戦場』

監督・脚本 シルベスター・スタローン
出演 シルベスター・スタローン ジュリー・ベンツ ポール・シュルツ マシュー・マースデン グレアム・マクタビッシュ ケン・ハワード レイ・ガイエゴ ティム・カン ジェイク・ラ・ボッツ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隠し砦の三悪人 | トップ | レンブラントの夜警 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなんですよね〜 (miyu)
2008-05-28 00:21:05
日本ではミャンマー、かつてのビルマだけど、
ランボーたちはビルマと言ってましたものね。
まぁ〜すんごいドンパチでした。
こうゆうのは苦手、でもまぁ確かにご褒美は
あげなくっちゃですね。
スタローンさん、よ〜頑張るわ。
>miyuさま (sakurai)
2008-05-28 08:54:06
くぐもった声で「バーマ」みたいに言ってましたね。
半端な殺し方じゃ納得いきませんので、徹底的にやってましたねえ。
日本でいえば、団塊の世代。
まだまだやれるんでしょうか。
でも、彼のネタはもうありませんから。
軍事政権 (ひらりん)
2008-05-29 03:02:41
いつもどうもですっ。
ミャンマーの軍事政権の残虐さが浮き彫りになる映像の連続でした。
争いでしか世界を変えられないと思ってたランボーも、さすがに里心がついた結末で・・・
でも、いくらでも続編作れそうなところが、ちょっとヤラシイかなぁぁ。
>ひらりんさま (sakurai)
2008-05-29 08:33:12
20年間、ずっとあの辺のマングローブの林の中にいたんでしょうかね。
帰るためのきっかけが欲しかったのかも知れません。
そろそろ引退してもいいのではと思いますです。
死臭 (hide)
2008-05-29 14:42:57
『映画と秋葉原と日記』のhideです
sakuraiさんコメント&TB有難うございます
人体へのダメージ描写や死臭が漂う描写は、案外凄まじい物が有りましたね。

>ステロイド剤だろうと思うのは、私の想像ですが。

(^_^;)最近では・・
2007年2月、『ロッキー・ザ・ファイナル』の宣伝のため、シドニー空港にて、手荷物の中に禁止されている《ヒト成長ホルモン》が発見され、起訴されてる。と言う事実は有りますね

ですから過去にも筋肉増強剤は使っていたとは思います。(現実に肉体の内外はボロボロなのでしょうね)

ですから、これらの薬での副作用で急死などのニュースは間違っても聞きたくないですね。

(^_^;)でも、hide的には脚本がしっかりしてればモウ1作位観ても良いかなと妄想しています(笑)
>hideさま (sakurai)
2008-05-29 22:49:31
そんなことがあったんですか。
それは知らなかった。
「ロッキー・ザ・ファイナル」見たときに、あの胸板見て、こりゃひどい、と思いましたもん。やっぱ、むやみに脱げないのでしょうね。
うーん、心臓麻痺・・・ありそうです。
シュワ知事はどうなんでしょうね。

あたしは、この辺で引退でいいと思いますわ。
サイクロン (バラサ☆バラサ)
2008-05-30 01:36:16
この映画見ると軍事政権なんだから被害の支援してやりたくないとか思ってしまう恐れありですよね。
少しアジア人蔑視し過ぎなんじゃない?と思うぐらい非道に描かれてました。
マイケルは典型的な「俺が正義」なアメリカ人で面白かったですが。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2008-05-30 08:42:35
なんか、この人が行くと、問題がこじれる・・・に見えます。
その辺の運の悪さも「ランボー」たるゆえんかなと。
昔から、アメリカが描く東南アジアの絵は考えものが多いですね。
きっと彼は、おのれが大天使なんだという思いこみがあると思います。
こんにちは (はらやん)
2008-06-01 06:56:11
sakuraiさん、こんにちは!

2、3はドンパチ映画だったの比べて、1作目に戻ったような感じしました。
昨年の「ロッキー・ザ・ファイナル」もそうでしたが、やはりシンプルな方がスタローンには似合ってますね。
しかし、ミャンマー、こんかいのサイクロンの件をきっかけにもう少しちゃんとした国になって欲しいものです。
>はらやんさま (sakurai)
2008-06-02 20:31:06
なんで今更?と言われるのも承知で、それでもベタで作ってみせる潔さ。原点回帰のエッセンスもたっぷりで、この人の作るものは、妙な魅力があります。
どうでしょうねぇ。
まともな国になれますでしょうか・・・。
おじゃまします。 (berabo)
2008-06-05 00:15:09
ご無沙汰してます(^^;)
エゲツないほどの残酷描写、
スタローン監督の真骨頂でしょうか。
あの尺の短さも潔しですね。
各批評板では「続編あるかも」と賑やかなようですが、わたしもこれで終わりにすべきだと思いますね。
TBさせていただきました。
また寄らせてください。
>beraboさま (sakurai)
2008-06-05 12:46:13
えげつなかったですね。
あんな地雷がぽんぽんとあるのもすごいですが、対戦車地雷を人に使うなよ!!と突っ込んでました。
アメリカに帰っちゃうと、彼の活躍する場は、なかなかないと思われますので、そろそろ引退でいいのではと思いますね。
ほんとに (メル)
2009-02-16 09:35:29
ランボーな人の映画でしたが(^_^;)
やはり最初のが一番面白かったというか、良かったですよね。で、これはそれに次いで良かったかなと。

そうそう、日本はすぐさまミャンマーに国名を
変えて呼んでますよね〜。
世界中ほとんどの国が”ビルマ”と呼んでるのに。

ラスト、あそこへ帰って平穏な日々が過ごせると
良いんですが・・最後の・・なんて付けてるのは
邦題だけですので、怪しい?!(^_^;)
でも、そろそろあそこでのんびり(?)させてあげたいですよね。
>メルさま (sakurai)
2009-02-16 21:12:33
ランボーでしたよねえ。
一作目は衝撃でした。ちょうど枯葉剤の影響も取りざたされて、軍隊になる前の訓練とかもかなりバッシングされ、その政治的な部分も含んで、アクションにしちゃいましたからね。
20数年前になりますが、よーく覚えてます。

日本の日和見的なところも感じつつ、ちょうどこの映画が公開されたころに、ミャンマーのサイクロンの甚大な被害が、報道されていたのですが、こんな映画上映しちゃ、本当に困ってる人に物資が届くんだろうか?と思わせましたです。
これもランボーの功罪ですかね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ランボー 最後の戦場 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1982年、アメリカ―――――自らの尊厳のため 1985年、ベトナム―――――幾多の戦友のため 1988年、アフガニスタン――唯一の理解者のため 2008年、ミャンマー――――すべてに決着をつけるため 最後の戦場は、男に何を与え、何を奪うのか?』  ●関連作品レ...
★「ランボー 最後の戦場」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは・・・ 「ナルニア〜」の第二話を観ようと思ったけど、遅くなっちゃうので、 さっさと観れた本作を鑑賞。 戦闘アクションものはあまり得意じゃないんだけど・・・ ランボー作るのも最後らしいし・・・。
ランボー 最後の戦場 (ダイターンクラッシュ!!)
5月24日(土) 20:40〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『ランボー 最後の戦場』公式サイト 60歳のスタ公、奮闘。 実は、前3作は見ていないんだが・・・ ストーリー無し。ミャンマーに支援に行ったはいいが、軍隊に...
ランボー/最後の戦場 (Akira's VOICE)
暴れすぎてメッセージが霧散。  
『ランボー 最後の戦場』」2008・5・25に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ランボー 最後の戦場』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ベトナム戦争の英雄ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、帰還兵を冷遇する祖国離れ、タイ北部のジャングル地帯でひっそりと暮らしていた。隣国ミャンマーでの長年の内戦で窮地...
[映画『ランボー・最後の戦場』を観た(前篇)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆桑田佳祐は凄い。 サザンを結成してから30周年が経つが、いつも変わらずに、いい楽曲を提供し続けてくれている。 変わらないということは、時代に合わせて、常に変わり続けているということだ。 趣きは違うが、私は、スタローンにも、同じ思いを感じる。 やはり3...
「ランボー 最後の戦場」 (KASHIWA一市民)
ランボー、20年ぶりの復活!! タイとミャンマーの国境付近で ミャンマー軍事政権によるカレン族の迫害が激化。 タイ辺境のジャングル地帯で暮らすランボーは 状況を知りつつも静観の構えを見せていたが、 ある事件をきっかけに再び戦いの中に身を投じていく・・・ 上...
「ランボー 最後の戦場」 怒りの大魔神 (はらやんの映画徒然草)
やや語弊があるかもしれないのですが、痛快な映画と言ってもいいかもしれません。 戦
【2008-125】ランボー 最後の戦場 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 1982年、アメリカ───自らの尊厳のため 1985年、ベトナム───幾多の戦友のため 1988年、アフガニスタン──唯一の理解者のため 2008年、ミャンマー───すべてに決着をつけるため ムダに生きるか、何かのために死ぬか──...
【映画】ランボー 最後の戦場 (新!やさぐれ日記)
■動機 「ロッキー・ザ・ファイナル」が面白かったので ■感想 ランボーってこんなにかっこよかったっけ? ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 見世物小屋の下働きとして働くランボー(シルヴェスター・スタローン)はアメリカのNGOからミャンマー行き...
ランボー 最後の戦場 [監督:シルベスタローン・・シルベスタスタス・・・妄想紙芝居] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■■□□ [6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)】 完璧にネタバレ詳細にもほどがある作品解説(ランボー知らない人目線での) 「残酷描写」と「敵を集合意識体としてのみ描き人間性を描かない」・・・...
ランボー 最後の戦場(2008) その1 (berabo's blog)
批評No.69-1 てなわけで、ランボー 最後の戦場(Theater) <a href="http://movie.blogmura.com/in/040420.html"></a>
ランボー 最後の戦場 (to Heart)
ムダに生きるか 何かのために死ぬか お前が決めろ! 2008年 アメリカ 映時間 90分 監督 シルベスター・スタローン 出演 シルベスター・スタローン/ジュリー・ベンツ/ポール・シュルツ/マシュー・マースデン/グレアム・マクタビッシュ/ケン・ハワード/レイ・ガイエゴス/テ...
『ランボー 最後の戦場』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ランボー 最後の戦場」□監督・脚本: シルベスター・スタローン □脚本: アート・モンテラステリ □キャスト シルベスター・スタローン、マシュー・マースデン、ポール・シュルツ、ジュリー・ベンツ、ジェームズ・ブローリン、グレアム・...
ランボー 最後の戦場 (アートの片隅で)
「ランボー 最後の戦場」の試写会に行って来ました。 なんと20年振りのシリーズ新作だそうです。 確かシリーズは全部観ていた筈だけど、あまり記憶に残ってない、、、(>▽▽▽コチラをどうぞ♪♪
映画『ランボー最後の戦場』を観て (KINTYRE’SDIARY)
53.ランボー最後の戦場■原題:JohnRambo■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月30日、吉祥寺オデヲン座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:シルヴェスター・スタローン□製作:アヴィ・ラーナ...
「ランボー 最後の戦場」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
凄いリアルな描写にうわぁ〜・・・でした