迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

幸せの教室

2012年05月13日 | さ行 外国映画
邦題で、「愛のなんたらかんたら」と、「幸せのなんたら」と来るのって、絶対に原題に「LOVE・・・」とか、「HAPPY・・」はない!!
当たり前っちゃ、当たり前なのですが、この安易な邦題を見るにつけ、野暮ったいセンスに頭が痛い。アメリカの映画の題名に、まんま主人公の名前がついてるのが結構多い。有名な人であれ、無名な架空の人物であれ、その人のことをストレートに表したいのだ!と言うことだと思うのだが、なんで無理やり、安っぽい邦題にしちゃうんだろう。受付で題名の区別がつかず、つらつらそんなことを思った。

それはさておき、トム・ハンクス!変わらないなあ~と思っていたが、最近目が細くなりませんか?若いころのくっきりぱっちり見開いたお目目じゃなく、ちょっと瞼が重たくなった感じ。それなりに年を感じながら、リストラされた初老のおっさん、ラリー・クラウンを演じる。

アメリカの解雇の通達と言うのは、ストレートでシビアですなあ。日本だと一応一か月前に通達せねばならないとあるのですが、いきなりっすか?失業保険があるとはいえ、どうよ!「カンパニー・メン」で、再就職のレクチャー等々を受けると言う話もありましたが、ほとんどはこんな感じなんでしょうか。

ローンを抱えている身で、働かないわけには行かない。ここにもリーマン・ショックの余波があります。家を買うのはそのうち値段が上がって、売り転がすのもアリですよ!と丸込まれて買ったと。でもって、いざとなったときに、何の役にも立たなかった。

大学を出ていないから・・と言うのはいいわけの一つだったことはすぐにわかるのですが、彼は一念発起!大学に通い始めるのであります。単位のとり方とか、それが学位にどう影響するのか、お金ってどのくらいかかるんだろう?と言うことが知りたくなったアメリカの大学事情です。

経済学のタケイ先生の講義は、なんだか難しくてよーわからず。テイノー(ジュリア・ロバーツのスピーチ学?)先生の講義は、自主自立過ぎて、これで講義料とるのは詐欺ではないかと!と思ったのであります。トム@ラリーのスピーチは、最初からどこが下手なの?でして、うまいですよねぇ。

毎日、人前でしゃべるのが生業の自分としては、人の目を見ると言うより、その人の眉間を見る。三方を見ながら話す・・と言うのを実践してるかもと思った次第。

スピーチ学を修得すると言うことよりは、新たな世界に突入する勇気と、視野。それは幾つになっても可能だ!と言うことが大事だよ~と。でも、日本だと難しいのかなああ。

魅力的だったのは、ラリーを素のままに見て、同級生としてつきあい、彼の一歩を後押しするタリアでした。タトゥーもグー!さすがコックさんは、【醤油】を読めるんですな。エンドロールをお見逃しなく。

ほんわか、ホッとできる、ささやかな幸せを味わえる一本でした。でも、それをゲットするには、いろんな苦難を乗り越え、それなりの苦悩が前提となっているのでして、紆余曲折をうまーーく見せてました。んん・・恋愛話は、要らなかったかもとも思ったんですが、そうならないとおさまりがつかないかな。

やっぱ、ジュリア・ロバーツは歩き方が変。。。

◎◎◎○

「幸せの教室」

監督 トム・ハンクス
出演 トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ ブライアン・クランストン セドリック・ジ・エンターテイナー タラジ・P・ヘンソン ググ・バサ=ロー ウィルマー・ヴァルデラマ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙兄弟 | トップ | わが母の記 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-05-13 22:34:04
この流れなら恋愛話じゃないほうがよかったかも。私も賛成だなぁ。
でも奔流はラブストーリーになってますよね。いい話なんですが起伏がなさ過ぎて、この2人にしてはちと物足りない感じでした。まあでも「良かったっすねぇ」とは思いましたけど(笑)
上手くいきすぎ (mariyon)
2012-05-14 20:46:23
トムさんとジュリアって素敵なお友達って感じで、恋人同士には見えなかったです。
リストラされたのは、大変だったんけど、そのあとは上手く行きすぎで…ちょっとでした。

タリアは素敵な子なんだけど、あんな風にファッションや部屋のセンスを押しつけられるのって、ちょっと辛いって思うのは歳のせいかしら?
Unknown (魚虎555)
2012-05-14 20:50:36
トムハンクス演じるラリーはもう少しふくよかなイメージですので、ぽすたーはなんだか意図的なミスリーディング。邦題についてはご指摘に納得です。主人公の行き止まりを前提に再生の物語なのにね。。
あれやこれやで日本上陸に際しておせっかい的な編集かけすぎな宣伝広告なのは今に始まった話ではないし、露払いするプロ的?映画評論家(これが素人同然のタレントからやってしまうのが驚き)の私小説的かつ偏った見方も今に始まったことではなく、ロジャーエバーとはこの国にはいらないけど、今のままでは不幸な映画環境のひとつだと思っています。ネットでみなさんのような映画好きな人たちの解説のほうがよっぽど面白いですし、勉強させていただいています。ありがとうございます。
ところで、この映画、ラリーが次々と前向きに進んでいく様が堪能できて、機内食食べてお茶でも飲みつつ眺めるには肩がこらないのですが、ただ私、これを機内で二度みて二度とも途中寝てしまいました。トムハンクスは近年は肩の力の抜けた役ばっかり。
ラングドン教授の第三弾として今年登場する「ロストシンボル」。ノエティックサイエンス、DCワシントンの謎、ラングドンのメンターとその妹、フリーメイソン、詰め込んだ謎をどう映画表現するのか今から楽しみです。日本には来年登場なのかもしれませんが。原作(読んでしまってもう捨てましたが)は分厚く、ノエティックサイエンス、フリーメイソン、建物の謎、メンターにまつわる記述で多くを占め、アクションはそれほど多くない。予告編観ると思いっきりアクションとスピード重視のようなので期待半分、がっかり半分かも(私には)。また狂信的な男が登場するのも前回と同じ(これ、あまり好きじゃない設定。だからダンブラウンの小説には距離を置くのですが)。そういいつつ、ローマ好きなので前二作品はボックスセット持ってます。
>KLYさま (sakurai)
2012-05-15 22:47:13
あー、ここで恋愛になるんだろうなあ~という安易な流れが見え見えで。
そうならなかったら、意外な面白さになったと思うんですがね。
でも、トムだからいっかぁ・・・じゃ、ダメじゃん。
>mariyonさま (sakurai)
2012-05-15 22:52:11
うまく行き過ぎってのは話の流れ上、やむを得ないし、監督主演ですから、ならなかったら・・・ねえ。
やっぱ監督主演は、ナルシストだよねえ。

若い子がよかれと思ってやってくれるんですが、ちょっと痛かったですかね。でも、そこを分からないのがトム??
>魚虎555さま (sakurai)
2012-05-15 22:59:54
どっかから金をもらってるわけでもないし、こっちが好きで金を出して見てるのですから、見たまんま、シビアに意見を言えるのが、私たちにいいとこですかね。
試写で見ると、若干点数が甘くなることがありますからね。
この邦題は、どう考えてもいただけませんです。何年やっても、センスが磨かれないのはなぜ??ですわ。

私も「ロストシンボル」は発行されてすぐに読了しましたが、いままで一番つまんないダン作品だったと思います。
アメリカでなければならない前提はそれでいいのですが、あまりに狭すぎて、全然こっち側に来てないし、推理もあってないようなもん。
読むのが苦痛なほどでした。
これ映画にしても絶対につまんないだろうなあと感じたのが素直な感想なのですが、やっぱあるんですか。
わたしはパスするのはめったにないのですが、これはパスすると思います。
といいつつ・・・。
Unknown (魚虎555)
2012-05-16 07:53:21
前2作のDVDを買ってまあまあ面白かったため3作目はどんなのかなとおもい、先ず原著を読みました。これが出だしは気に入りました。ノエティックサイエンスの解説も勉強になりました。
それらとフリーメイソンをつないでいくプロットがもうひとつなのかもしれません。
ネットでは映画の予告編見られます。
>魚虎555さま (sakurai)
2012-05-17 10:43:22
はい、私も最初の入りはなかなか面白そうだなあ~と思ったのですが、あとはなんだか展開がへたくそで、とにかくつまんなかった。
おっしゃるとおり、フリーメイソンとの関係は、うまく描かれてなかったような覚えが。
なんだかんだ言って、最初の「パズル・パレス」が一番面白かったような気がしますわ。
sakuraiさま☆★ (mezzotint)
2012-05-22 21:49:13
そう恋愛という展開でがっくり

おっしゃるようにラリーの再生物語に
して欲しかったです。
全体的に平坦な感じになってしまったのは、
とても残念。もう少し山あり谷ありとまで
言いませんが、インパクトがあった方が
良かったですね。無難な仕上がりでした。
>mezzotintさま (sakurai)
2012-05-24 09:03:17
恋愛の要素はエッセンス程度で、本人ともどもいろんな人の再生物語・・と言う風にまとめてもらいたかったなあと言う見る人間の欲かなあ。
トムさんはトムさん的に、見せる方の欲があったのでしょうが。
Unknown (オリーブリー)
2012-05-27 14:49:06
>やっぱ、ジュリア・ロバーツは歩き方が変。。。

ですよね!!
何であんなに肩が上下に揺れるんでしょう…。
>オリーブリーさま (sakurai)
2012-05-29 10:12:44
どんな綺麗なドレス着ても、ちょっと変に見えちゃう。
キャメロン・ディアスとか、シャリーズはさすがなんですよね。
こんにちは (はらやん)
2012-10-20 09:42:37
sakuraiさん、こんにちは!

この手の映画の邦題は、さすがになんとかしてほしいですね~。
もう少し、工夫ができるだろうと。
ラストの恋愛話で落とすのは、しっくり来るのだろうと思うのですが、やや安易な感じしますね。
こうやってしまうと普通の恋愛映画になっちゃう。
>はらやんさま (sakurai)
2012-10-22 14:58:58
「幸せのなんたらかんたら」と「愛となんとかのなんとか」は、本当にもういいです。
こういう邦題つけてると、それだけセンスを疑いたくなる。
せっかくのトム自身の体験だったのですから、もっと深いものが見たかったです。
こんにちは (maki)
2012-10-25 09:29:09
私も恋愛話は余計だったかなあと。
幸せの教室、というわりには、授業内容をとりたててフィーチャーしていないですし、中途半端な内容だなあと思ってました
そこに突然恋愛が絡むんですから、それも半端にみえてしまいました。
それにしても、醤油のどこから勇気とかがでてくるんでしょうか(笑)
>makiさま (sakurai)
2012-10-29 08:27:15
なんでしょねえ、見る方と作る方の感覚の違いみたいなもんを感じました。
そこに恋愛はいらんやろ!で。
邦題で、「幸せ・・」ってつけちゃうと、凡百な映画に見えちゃいます。

油は、力のもとみたいなもんですから、あながち遠くもないかも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
幸せの教室 (試写会) (風に吹かれて)
短大へ行ってみた公式サイト http://disney-studio.jp/movies/shiawase5月11日公開監督・脚本・製作・主演: トム・ハンクス学歴を理由に地元の大型スーパーを突然リス
『幸せの教室』・・・アメリカにおけるリストラと再就学 (SOARのパストラーレ♪)
そもそも実力や結果が物を言うのがアメリカの社会だと思っていたのだが、卑劣な学歴至上主義があるところにはあるのだなとまずそのことに驚き、次いで思い立ったが吉日的に試験もなしに入れてしまう大学制度があることにもっと驚き・・・。
幸せの教室/Larry Crowne (LOVE Cinemas 調布)
名優トム・ハンクスが製作・監督・主演・脚本を務めるヒューマンドラマだ。大学を出ていないことを理由にリストラされた主人公が、遅まきながら通い始めた大学で運命を変えてくれる女性と出会う。しかしその女性は彼が選択した講義の教授だった…。女性教授に扮するのはジ...
日本公開前に鑑賞「ラリー・クラウン」 (茅kaya日記)
 このノーヘル2人乗りのポスター。スペイン政府からクレームがついて、罰金を払ったとか。。。払わなかったとか。ヘルメットはちゃんとかぶりましょう(笑)!飛行機で観た映画をもう1本。トム・ハンクスが監督、主演、脚本まで手掛けた新作。日本公開もこの夏...
映画「幸せの教室」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「幸せの教室」観に行ってきました。 トム・ハンクスが監督・脚本・主演を務め、ジュリア・ロバーツと共演している、アメリカのコメディドラマ作品。 トム・ハンクスが演じる今作の主人公ラリー・クラウンは、かつて軍艦でコックの仕事をしていた元軍人で離婚歴が...
幸せの教室(2011)◇□LARRY CROWNE (銅版画制作の日々)
そこは、明日が好きになれる場所。 好き度:+5点=55点 MOVIX京都にて鑑賞。 想像していた通り、やっぱり2人は結ばれるのでした。といきなりネタばれですみません! 願わくばそういう路線じゃあない方が良いのですが。仕方ありません。おぉ~これトム・ハン....
幸せの教室 (だらだら無気力ブログ!)
薄っぺらいロマンス物で、これはDVDレンタルで充分かな。
幸せの教室 (映画の話でコーヒーブレイク)
予告編を見て「めぐり逢えたら」みたいなハートウォーミングコメディーを期待したのですが・・・。 私、トム・ハンクスのファンなんです。いや、ファンでした。 デビュー作の「スプラッシュ」以来、ほとんどの作品を見ています。 私にとってハンクスと言えば・・・ アカ....
映画:Larry Crowne 幸せの教室 彼の「ぬるさ」加減を楽しめる大人力があれば、そこそこ楽しめる。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
トム・ハンクスが監督、脚本、主演。 というだけで、悪寒が走る私(笑) というのは、若いうちの彼は大好きだったものの... 早くも1994年「フォレスト・ガンプ」の彼がなぜか?好きでなくなり... その後「キャスト・アウェイ」でなぜか決定的に嫌いになり... 続き、....
幸せの教室 (心のままに映画の風景)
大学を出ていないという理由から、長年勤めていたスーパーをリストラされてしまったラリー・クラウン(トム・ハンクス)は、再就職もままならず、思い切って短期大学に入学することにした。 大学での新生...
映画『幸せの教室』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-42.幸せの教室■原題:Larry Crowne■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:98分■字幕:栗原とみ子■観賞日:5月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督・脚本・製作:トム・ハンクス□脚本:ニア・ヴァルダロス□製作:ゲイリー・ゴーツマン◆トム・ハンクス(...
「幸せの教室」 生き方を学ぶ (はらやんの映画徒然草)
劇場公開時に見逃していた一作。 それにしても最近「幸せのなんたら」って邦題の作品
幸せの教室 (いやいやえん)
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ共演。 学歴を理由にリストラされたのは単に言い訳なんだろうと思う、リストラって理由付けが必要だからさ。それを真面目に受け止めて改めて大学に入学しちゃう主人公ラリー。素直で真面目な性格なのだとわかります。 一方講師で...