迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

日輪の遺産

2011年09月05日 | な行 日本映画
これはもう完全に好みの問題ですから、お好きな方はお好きだと思うんですが、あたしはどうしても浅田さんと感性が合わず。。いくつか作品を挑戦はしてみましたが、やっぱ駄目でした。。。

長く書くとぐだぐだになるので、短めに。

まず、今を持ってきて、かつてマッカーサーの通詞をしていたというのに、ミッキーさんすか。。。おまけに記者にあの男の子。この辺でなんかなあ度が増してきてます。

でもって、平成22年度卒業を、今とむりやり結びつけたり、孫娘の彼氏と婿っていう人間関係もなんだか無理が感じられて居心地が悪い。一つ感動したのは、八名さんと中村獅童がそっくり過ぎ。この人の六〇数年後はこうです!だわ。

いわゆるM資金の話ですわな。いろいろな伝説があって、どれもまことしやかに伝えられてきましたが、特に「ゴルゴ13」なんか、得意中の得意。でもこれはないっしょ。

まず女子中学生にあの金塊を持つことは絶対無理。いくら真面目ななににも疑問を抱かない少女たち・・と言っても無理ありすぎ。おまけに最後の手段がどうしても唐突過ぎて、まるで得心がいきません。いや、あれが皇国の少女の選ぶ道なんだ!と言われても、どう考えても無いっしょ。

陸軍近衛の将校たちは、あの時期あれほど頑迷だったのでしょうかね。ポツダム宣言を突き付けられ、それでもあんな馬鹿しかいなかったなんて、ありえないように思えます。

つうことで、もしかしたら、納得のいく話で、初めて好きな浅田作品になるかな~と思ったのですが、やはり合わないっす。

おまけに原作者と、監督お得意の最後の浪花節的蛇足の長いこと、長いこと。見てて、なんかに似てる。。。このぐだぐだと続く後付けの話・・・。「そうだ、『壬生義士伝』とおんなじだ」・・・・。すっきり終わらせると言う粋な作りは絶対にできないようですな。

映画としては、みなさん力の入った、まっすぐな演技でなかなかの力演。そん中で、妙に脱力感漂うユースケがいい味出してたなあ。この人、こういう役がぴったり。

採点不能

「日輪の遺産」

監督 佐々部清
出演 堺雅人 中村獅童 福士誠治 ユースケ・サンタマリア 八千草薫
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サラエボ、希望の街角 | トップ | カンフーパンダ2&カーズ2 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
けっこう単純に (mariyon)
2011-09-06 12:19:50
少女たちのあの笑顔t雰囲気がとっても良くって
この戦火に善人だけ?とか、
マッカーサーが財宝をそのままにするわけないっしょとか、
いろいろありましたが、泣かされました。
ただ、ラストのシーンはなくても良かった。
あれは、たしかに、ちょっと壬生でした。
>mariyonさま (sakurai)
2011-09-06 14:17:18
配役はなかなか良かったと思います。
現代のパートには異論があるけど。
女の子たちと先生は◎。
いまどき、よくもあんだけ昭和な女の子たちを集めてきたもんだ!と。
物語にいちゃもんつけるのは、ほんとはよくないですよね。でも作ったのが佐々部だし、わかっていたのに、あなんで見る??ですな。
反省してます。
本日ようやく観てきました (書記長社労士)
2011-09-14 18:45:56
原作でスーパーダイナミックにウルトラ号泣しちゃったもんで
映画のいろんなしっちゃかめっちゃかな部分は
自分で勝手に修正脚色あえて両目閉じるなどの手段を講じつつ
無理矢理泣きまくって観賞しました。

たしかにあそこは壬生や~(爆)
そして見事に昭和な女の子たち、特撮ですかね?
>書記長社労士さま (sakurai)
2011-09-15 16:01:22
自分で修正脚色しなおすことが出来るというのは、凄いわざっす。あたしなら絶対に出来ない。
大好きな原作をしっちゃかめっちゃかにされたら、どうなるだろ・・・。
「ゲド戦記」辺りがそれかもです。
まるで別物として見ようとしてたかもです。

ほんと、いまどきよくもまああんな昭和ね女の子たちを集めてきたもんだと、びっくりでした。
浅田作品 (クマネズミ)
2011-09-18 07:14:12
お早うございます。
Sakuraiさん、TB&コメントをいただき、誠にありがとうございます。
映画についてのSakuraiさんのご感想については、大部分のところ同感です。
ただ、映画と原作はまったく別物と考えていることと、特にこの映画は構成を大幅に原作より変えてしまっていることなどから、この映画を「浅田作品」といえるかどうか疑問を感じます(と言って、原作が良い作品だというわけではありませんが)。
無論、Sakuraiさんが「浅田作品」という言葉を、“浅田次郎氏の原作に基づく映画作品”という意味で使われていらっしゃるのであれば、クマネズミもSakuraiさんのご意見に全面的に賛成いたします。
なお、「陸軍近衛の将校たちは、あの時期あれほど頑迷だった」とはありえないように思う、とされている点につきましては、森近衛師団長殺害などを指していらっしゃるのであれば、wikiの「宮城事件」などをご覧になっていただければ、史実とおわかり願えると思います。
>クマネズミさま (sakurai)
2011-09-20 07:55:02
ご丁寧にありがとうございます。
私も映画と原作は別物と認識しているつもりですが、原作を読んでないもので、映画として見たつもりですが、根っこにどうも苦手意識が出たようですね。
彼の作品によく見られるありえない超常現象や強引な引っ張りが、この題材ではマイナス要因に感じました。
お教えいただきありがとうございます。調べてみます。
トラバさせていただきました (くう)
2011-12-01 16:47:49
私が言いたかったことがものすごく簡潔に書かれていて感動してしまいました^^;

私も浅田作品ってどうもダメっぽくて・・・
って原作は読んでないんですけどね~。

>浪花節的蛇足の長いこと、長いこと
その通りなのでございます。

今、この映画について読んで回っている所ですが、一番共感できるレビューでありました。
>くうさま (sakurai)
2011-12-04 14:42:49
ありがとうございます。
恐縮ですわ。
もともと浅田作品に好きなのはないのですが、それでも役者がよかったりと、見たいと思わせる題材だったりで、つい見てしまうのですが、そのたびに後悔です。
どんなことでも泣かせなきゃいけない、最後はねっとりとしつこく引っ張るってあたりが、どうしても鼻について。
だいぶ原作とは違う面もあるそうなので、浅田作品とは言えないのかもしれませんが、それをカンバンにしてますんで、やはり浅田作品でいいと勝手に思い込んで・・・、やっぱ駄目でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
日輪の遺産 (だらだら無気力ブログ)
ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を「半落ち」「出口のない海」の 佐々部清監督が映画化。 敗戦を目前にして、マッカーサーから奪った200兆円相当の財宝を後の 祖国復興の資金にすべく隠匿するという極秘作戦に関わった4人の男と 20人の少女たちの運命を、端正な...
日輪の遺産 (LOVE Cinemas 調布)
浅田次郎の同名小説を『半落ち』の佐々部清監督が映画化した。終戦間際の夏、マレーの虎・山下大将が連合国最高司令官マッカーサーから奪った財宝を隠匿する命令を受けた3人の軍人と20人の少女と教師たちの辿る運命を描いたドラマだ。主演に『武士の家計簿』の堺雅人。...
[映画『日輪の遺産』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは、予告編の時点で「名作」ですね。  何よりも、予告編で垣間見える、敗戦に伴う、国の隠密作戦に借り出される20人の少女たちの「チンコロねーちゃん」風な顔立ちが、もう作品の成功を約束している。  まあ、13,4歳の設定なのだから、AKBなどが演じる...
日輪の遺産 (だらだら無気力ブログ!)
ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を「半落ち」「出口のない海」の佐々部清監督が映画化。敗戦を目前にして、マッカーサーから奪った200兆円相当の財宝を後の祖国復興の資金にすべく隠匿するという極秘作戦に関わった4人の男と 20人の少女たちの運命を、端正な筆致...
『日輪の遺産』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 日輪の遺産 』 (2011)  監  督 :佐々部清キャスト :堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、森迫永依、土屋太鳳、金児憲史、麻生久美子、塩谷瞬 太平洋戦争終結間近...
映画『日輪の遺産 THE LEGACY OF THE SUN』 (闘争と逃走の道程)
 『鉄道員』『地下鉄に乗って』など、数々の作品が映画化されている人気作家、浅田次郎氏の初期の傑作を映画化。『THE LEGACY OF THE SUN』という英題がめちゃ格好いい。 日輪の遺産 (講談社文庫)浅田 次郎 ...
映画「日輪の遺産」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「日輪の遺産」観に行ってきました。浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品。この映画、私の地元熊本では熊本市中心部にある熊本シネプレックスでしか上映されていなかったた...
日輪の遺産 自分で修正しながら号泣~o(TωT )( TωT)o (労組書記長社労士のブログ)
【=48 -8-】 浅田次郎さんの原作「日輪の遺産」は5年半ほど前に読んで、一番のクライマックスが自分の降りる駅のほん手前のタイミングで、電車内で「どば~っ!」って涙がほとばしって、そのぐちゃぐちゃの顔面濡れ濡れのまま改札口をグスグスいいながら通過という、友....
日輪の遺産 (映画的・絵画的・音楽的)
 『日輪の遺産』を角川シネマ新宿で見てきました。 (1)ベストセラー作家・浅田次郎氏の作品が原作でもあり、また評判もよさそうなので映画館に行ってみたのですが、客の入りはイマイチでした。  物語は、終戦直前、日本軍によって秘匿されていた財宝を占領軍の手から....
映画「日輪の遺産」  堺雅人はあれでよかったのかなあ (珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~)
 「こち亀 ザ ムービー・勝鬨橋を封鎖せよ」が意外にも評判がよさそうなので気になった。  でも公開日である「日輪の遺産」という戦争映画を見た。  なかなか丁寧に作られているんだが、堺雅人が役柄の割にやはりどこか軽い感じがする。ここぞという緊迫のシーン...
映画「日輪の遺産」 (FREE TIME)
今月の上旬に鑑賞した映画「日輪の遺産」をレビューします。
【日輪の遺産】理不尽な時代だからこその理不尽な選択 (映画@見取り八段)
日輪の遺産 監督: 佐々部清    出演: 堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、森迫永依、土屋太鳳、八千草薫、八名信夫、麻生久美子 公開: 2011年8月27日        ...