迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

2010年03月06日 | は行 外国映画
大なり小なり、派手なファンタジーっぽい映画を撮らせたら、とっても上手な監督さんなんで、無難な映画になってるだろうなあ・・・との思いで鑑賞。その通りでした。

さてさて、パーシーはちょっと普通と違う高校生。難読症だったり、自分はADHDなんじゃないかと悩んでる。

で、臨時でやってきた先生が、やけにパーシーに突っかかる。ひえーー、なんかこの先生の目つきがこえーー。いきなり襲われたパーシーは、全く身に覚えのないことを言われる。
「ゼウスの稲妻をよこせ!」と。??????

頭の上には、クエスチョン・マークが飛び交うが、なぜか友人に先生は、すべてをわかっているよう。なんとパーシーは、神と人間のハーフ!デミゴッドだった

まあ、昔からオリンポスの神々ってのは、浮気者で、独りよがりで、自己顕示欲が強く、皆のお手本となるどころか、とんでもない奴が多い。特に主神のゼウスなんて、下半身を金庫にしまっておいてもらいたいくらい。

なもんで、産み落とした子供がいたるところにいる!というのは、さもありなんですねぇ。
で、パーシーのおとっつぁんは、ゼウスの兄弟、3主神の一人のポセイドンだったああ!と。

で、そのちょっと前に、ゼウスの一番の武器の稲妻が盗まれた。この犯人はポセイドンの関係者ではないかと。さっさと返さないと、戦争だ!!ゼウスとポセイドンが戦ったら、この世界は、破滅。一体、稲妻は?

で、濡れ衣を着せられたのがパーシー。パーシーが盗んだと思われていたのだが、パーシーにはすべて寝耳に水の話。自分には何の関係もないが、大事な母を人質に取られてしまったからには、なんとしなければ!!

ツウことで、なかなか面白う御座いました。結構な整合性があって。神様同士の絡みがなかなか笑える。ゴルゴン三姉妹の妹、メデューサは、ヘラクレスにやられたはずなのに、生き返ってんのね・・・という突っ込みは封印して、元彼の息子ですもんね。パーシーは。

羽根の生えたいまどきのコンバース・ヘルメスシューズは、なかなかよくできていたのでは。冥界行ったり、ヒドラをやっつけたり、いろいろな苦難を乗り越えるのは、ヘラクレスの旅のモチーフでしょうね。

知ってた役者さんは、年配の3,4人。若いのは、ほとんど知りませんでした。ルーク役した少年は、ケビン・ベーコンにそっくり!主人公も、最初は地味かな・・・と思っておりましたが、だんだんはまっていきます。

何にも考えない気分転換にはちょうどいい一本。5本にイッポンくらいは、こういうで、頭をリフレッシュしないとね。

ま、オリンポスの神々が、人間世界のことを考えているというのには、どうしても納得がいきませんが、どっかの高みで、笑いながら見てるのかもしれませんな。

◎◎◎○

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

監督 クリス・コロンバス
出演 ローガン・ラーマン ユマ・サーマン ロザリオ・ドーソン ピアース・ブロスナン アレクサンドラ・ダダリオ ブランドン・T・ジャクソン ショーン・ビーン ケヴィン・マクキッド
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルー・ゴールド 狙われた... | トップ | ジェイン・オースティン 秘... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに。。。。 (mezzotint)
2010-03-12 22:10:56
sakuraiさん
そうそう無難だし、色々考えないで
観れるという点では良かったと思いますが。
続編があるようですが・・・どうしょうかな?
最後のおまけのユマはなかなか良かった!
エンドクレジット、そちらのお客さんは
ちゃんと観られているようですね。
こちらでは途中で出て行く人、多いですよ。
Unknown (mori2)
2010-03-13 12:58:18
TBいただきました。
>産み落とした子供がいたるところにいる
↑ねえ、学校できてますモンね(^^;!
神様、どんだけ~!って、ツッコンじゃいましたよ。
「ハリ・ポタ」よりも、明るくて健康的でした。吾輩は、こっちの方が好きですね。
>mezzotintさま (sakurai)
2010-03-15 13:47:29
無難って言葉が、本当にぴったりの作品でしたね。
でも、子供が見る!って考えると、ちょうどいいかもです。
あのユマ・サーマンは、なかなかの迫力でしたね。インパクトありました。
結構皆さん、最後まで座ってみてるんですよ。えらいでしょ!
>mori2さま (sakurai)
2010-03-15 13:55:42
ギリシア神話読むと、前半の神様だけの世界が終わると、もういたるところで、はらませ~の、浮気~の、とんでものオンパレードですからね。
かのアキレウスもそうですからねえ。
で、あの性格が、神様ゆずりのが利いてて、結構楽しめました。
こちらにも~ (なな)
2010-03-22 14:49:11
これは,思いがけなくかなり楽しめた1本でしたわ。
もともとハリポタの1・2作目がとっても好きなので
同じ匂いのする作品ですよね~,これ(監督さん同じだし)
世界はデミゴットでいっぱい・・・というのは
「嘘~~~」と突っ込みたくなりますが
割り切って楽しんだもん勝ちですよね。
見せ方が上手いのか,最初から最後まで飽きることなく楽しめました。
>ななさま (sakurai)
2010-03-24 22:41:54
そうなんですよ。意外に楽しめました。
神様のキャラと、やることというか、後始末なしのやってることがなかなか似合ってて、ねえ。
この世で、ちょっと超人っぽい人は、もしかしたらデミゴッド?って思うと、納得いくかもです。
こんにちは (はらやん)
2010-09-11 14:48:19
sakuraiさん、こんにちは!

まさに無難という感じでしたよね。
面白くないわけではないですけれど、スゴい面白かった!っていうわけでもなく。
おっしゃるように頭をリセットするときに観るにはいいかもしれません。
ちょっとこの手のファンタジーには飽きがきてしまいました。
>はらやんさま (sakurai)
2010-09-11 22:10:35
ほんとに無難としか言いようがない。
でも無難でも、それなりにつぼを押さえて見せるんですから、それなりなんですよね。
本人もその辺の立ち位置を十分理解して映画を作っているような気がします。
でも、ちょっと辟易ですね。ネタ探しも大変です。
おじゃまします (ピロEK)
2010-10-28 21:27:29
おじゃまします。

>メデューサは、ヘラクレスにやられたはずなのに、生き返ってんのね・・・

こちらで読むまで気が付かなかったですが、ホントですね。
児童向け作品と考えたら、つっこむほどのポイントでは無いかも知れませんが、ギリシャ神話の後日談としてキチンと描こうとすれば気をつかってもらっても良い部分。こういう細かな積み重ねで、大幅に面白い作品になる可能性がありそうな気がするんですが。
この脚本と合わない理由が少し見えた気がしました。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2010-10-29 07:58:41
そうなんす。
突っ込むほどのことでもないのですが、ヘラクレスの袋の中に首ちゃんは入って、その後アテナの盾に収まったはずなのになあ・・なんて頭を傾げてました。
適当に書きました!なんちゃってギリシア神話です!!と思えばいいんでしょうが、そういう細かいとこも気を使ってもらうと、おぉぉ!って思えるんですがね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (LOVE Cinemas 調布)
全米でベストセラーとなった「パーシー・ジャクソン」シリーズの映画化。監督は「ハリー・ポッター」シリーズの第1作と第2作で監督を務めたクリス・コロンバス。オリンポスの神々と人間の間にできたデミゴッドと呼ばれる少年たちの大冒険の旅を描く。主演は『3時10分...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (だらだら無気力ブログ)
アメリカで人気のある児童文学「パーシー・ジャクソン」シリーズを映画化 したファンタジーアドベンチャー。 神の人間のハーフである主人公が、神々の争いと自分の母親を救うために 仲間たちと冒険を繰り広げる様を描く。父親の存在を知らされず暮らしてきたパーシー・...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010) (銅版画制作の日々)
PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF 東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントを使ったので、無料でした。本作ですが、何でもアメリカでべストセラーとなったリック・リオーダンによる小説『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』シリーズの第...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」暇を持て余した、神々の遊び(^^; (シネマ親父の“日々是妄言”)
[パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々] ブログ村キーワード  全米ベストセラー児童文学の映画化、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(20世紀フォックス映画)。“神の私生児”=“デミゴッド”が大活躍するファンタジー大作。メガホンを取ったのは、クリス...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ギリシャ神話が大好きなので、楽しみにしていました~原作が児童文学ということなので、子どもと一緒に吹き替えで鑑賞です―【story】17才のパーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)は、ある日、自分が半神半人のデミゴッドだと知る。しかも彼は海神ポセイドン(ケヴ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (試写会) (風に吹かれて)
パパは海神ポセイドン[E:wave]公式サイト http://movies.foxjapan.com/percy2月26日公開原作: 盗まれた雷撃      パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 1
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
久々の劇場鑑賞作品。実は,シャーロック・ホームズを観に行ったついでに観たのだけど(吹替版),これが案外面白かった~。(ホームズより気に入ったかも)子供向けのファンタジーなのだけど,けっこうドキドキわくわくしながら,最後まで楽しく観れました。 ハリポタの1...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 (Cinema + Sweets = ∞)
3月も月末になって、やっとコンスタントに映画を観に行ける状態になりました。 本当に月末なんで、大した本数観られないのが残念でなりません。。。 ということで、日曜の仕事終りに新宿ピカデリーに『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観に行ってきました。 ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリス・コロンバス 主演 ローガン・ラーマン 2010年 アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★ 「実はオレ救世主」とか「実はオレ凄腕の殺し屋」とかの“実は○○”って、すんごく夢が膨らみますよねぇ。夢が膨らみ過ぎちゃって、往々にして邪まな方向へと妄想が...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 ティーン向けファンタジーには飽きてきた (はらやんの映画徒然草)
劇場では見逃してしまったので、DVDで観賞しました。 見逃したというより、食指が
【映画】パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々…某ポッターと同じく楽しめませんでした。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日は会社からの帰宅時に携帯電話を忘れ、会社の人と私の母親が少しお話するはめになったピロEKです(携帯は帰宅途中にUターンして取りに戻りました)。 以下は映画観賞記...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
リック・リオーダンが書いた<パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々>シリーズ第1巻「盗まれた雷撃(ライトニングボルト)』を、クリス・コロンバスが監督。 原作は全5巻プラス外伝1巻で、現在は新シリーズも刊行中らしい(翻訳未定)。 主人公は神と人間のハー...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 』 (2010)  監  督 :クリス・コロンバスキャスト :ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランド...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (或る日の出来事)
お子様といっしょに、気楽にどうぞ、というふうな映画。いや、ひとりで見てもいいけど。