迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

謝罪の王様

2013年10月22日 | さ行 日本映画
「すいません!」って、ものすごく気軽に言えてしまう。正しくは当然ながら、「すみません」なんだけど・・・。相手から「すいません~。。。」と言われて、「それは正しい使い方ではありません!!」と目くじら立てる人は、そうはいないと思うけど、「すみません」だけだったら、もしかしたら、そんなに広まっていないかもしれない。この一言を言われただけで、相手の気持ちを和らげ、もしやもっと大きくなりそうな争いを避け、いざこざをなくすことにもなりそうな気がする。

あたしは商売人の娘だったもので、人に頭を下げるのに、さほど抵抗がない、、てか、すぐに下げちゃう。自分に自信がない、プライドもないのかも・・・なのだが、少しでも悪いなあ~と言うことしたり、相手を煩わせたり、迷惑かけたら、「すいません」って言っちゃうで賞!

それで丸く収まったり、憤慨がちょっとでも減ってくれたらいいことじゃないか!!!と思うのだが、どうだろう。

どうも世の中、謝れない人が増えてきてるような。いや、土下座しろ!なんて言わない。あんなのは自己満足みたいなもんにすぎない、双方の。欲しいのは、ちょっとの気遣い。好き好んで、争う人なんて・・・・いるのかなああ。

と言うことで、阿部サダが、究極の謝罪のプロフェッショナルになっちゃう今作です。いくつかのいざこざがあって、それぞれどうにか決着をつけるべく、この謝罪のプロが奔走するのですが、別個の問題に見えながら、うまーーくつながっていくという、さすがの脚本です。

ラーメン屋さんのくだりが結構お好み。岡田の将生君の慇懃なお兄ちゃんがなぜか見事にピッタリ。勘違い男とか、よさそうに見えて、腹は真っ黒・・・みたいのが似合うって、あのハンサム男にどうよ。はなっから限界や、役柄を決めつけない彼には、無限の可能性を感じますです。

大事なのは、相手を思いやるごくごく普通の気持ちと、自分のための自己マン謝罪にならないことでしょう。謝罪がパフォーマンスになってはならない。でも、「すいません」よりは、「ごめんなさい」って言われた方がいいかもね。

◎◎◎●

「謝罪の王様」

監督 水田伸生
出演 阿部サダヲ 井上真央 竹野内豊 岡田将生 尾野真千子


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイド・エフェクト | トップ | ゲキ×シネ シレンとラギ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参りました~ (cyaz)
2013-10-24 17:34:35
sakuraiさん、こんばんは^^

まあ、これだけ気持ちよく遊んでいただければ、
観ている方も諦めもつくというもの(笑)
クドカンの脚本、今回はクドいと思いつつも、
やっぱ阿部サダヲの強烈キャラには参りました(笑)
>cyazさま (sakurai)
2013-10-31 14:03:17
これでクドカンがメガホンまでとったら、きっと濃輸過ぎたと思いますが、ちょっと薄まったんじゃないでしょうか。
まあ、イケメン・美女をいじり放題!
彼らも楽しんでやってるのが伝わってきて、いいですよね。
思い付いたら見境がない自分 (ふじき78)
2013-11-04 11:03:02
世界記録間近の王貞治。
今日もまた、敬遠。

「今日もホームランを打てなくて申し訳ありませんでした」
謝罪の王様

って映画じゃなかったなあ(いや、そらそうだろって、他人様のブログのコメに何を書いてるか、俺)。
>ふじき78さま (sakurai)
2013-11-06 20:25:31
なるほど、そういう映画だったんですね。
反対は、傲慢な乞食さま・・・かな。
こんばんは! (ヒロ之)
2014-04-17 00:45:48
クドカンの脚本作りの上手さに感心させられた作品でした。
てっきりワンエピソード完結形の内容なのかと思っていたら繋がっているんですもん。
いやぁ、こういうの大好きです。
もう終始ご機嫌な気分で観てしまいました。
何時もと雰囲気が違う井上真央ちゃんの存在も良かったですが、キャラ皆個性的な人ばかりで面白かったなぁ。
>ヒロ之さま (sakurai)
2014-05-01 12:58:14
独立した話かと思ったら、うまい具合につながってる!さすがの脚本でした。
最後は若干やり過ぎな、ちょっと引いてしまいましたが、その域に達した人は許されるんでしょうね。

コメントを投稿

さ行 日本映画」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

『謝罪の王様』 ごめんなさい! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  映画がはじまってすぐに、私は拍手したい気持ちになった。  常々、映画を作るからには是非やって欲しいことがあった。  今はどこの映画館でも映画の前にマナー広告を上映する。曰く、上映中はお静かに、前の席を蹴らない、携帯電話の電源は...
謝罪の王様 (gala)
謝罪の王様 監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎 出演:阿部サダヲ、井上真央、岡田将生、竹野内豊、他 2013/日本 公式ウェブサイト 前半はテンポがよく、ノリ具合も上々、うまくついて行きました。 後半になると、急に退屈になってきて、 《前半と後半の脚...
『謝罪の王様』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「謝罪の王様」 □監督 水田伸生□脚本 宮藤官九郎□キャスト 阿部サダヲ、井上真央、竹野内 豊、岡田将生、尾野真千子、       荒川良々、濱田 岳、高橋克実、松雪泰子■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎...
謝罪の王様 (だらだら無気力ブログ!)
最後の新曲プロモーションビデオのくだりは全くもってイラナイ。
「謝罪の王様」 早く、誠意をもって (はらやんの映画徒然草)
阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本、水田伸生監督のトリオは「舞妓Haaaan!!!」
「謝罪の王様」 (2013 東宝=日本テレビ) (事務職員へのこの1冊)
圧倒的な人気のまま「あまちゃん」終了。その喪失感からあまロスなんてことばまで。マ
『謝罪の王様』を109シネマズ木場7で観て、宮藤官九郎脚本はやっぱり上手いなあふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★平べったいけど面白い】 脚本は流石の宮藤官九郎なもんで、いやはやよく出来てる。 でも、演出が平べったくて、ちょっと並べただけみたいになってしまって ...
【謝罪の王様 】 映画@見取り八段 (映画@見取り八段)
監督: 水田伸生    キャスト: 阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾…
謝罪の王様 (銀幕大帝α)
2013年 日本 128分 コメディ 劇場公開(2013/09/28) 監督: 水田伸生 『なくもんか』 脚本: 宮藤官九郎 主題歌: E-girls『ごめんなさいのKissing You』 出演: 阿部サダヲ:黒島譲 井上真央:倉持典子 竹野内豊:箕輪正臣 岡田将生:沼田卓也 尾野真千子:宇...
謝罪の王様 (いやいやえん)
【概略】 東京謝罪センター所長・黒島譲が、喧嘩の仲裁から政府を巻き込んだ国家滅亡の危機まで、様々なトラブルを謝罪のテクニックを駆使して解決していく。 コメディ 短文です。 えーと途中までは大変面白かったのです。 謝罪のタイミングとかテンポとか、...