迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ハート・ロッカー

2010年04月02日 | は行 外国映画
見たは見たのだが、なかなか書けなくて、もぞもぞしているうちに遠出をしてしまい、少々時間が経ったが、まだ頭の中で、うまく整理できていない。そんな重苦しい映画だった。

舞台は2004年のイラク。一体ここは戦場なのか、それとも戦いの後なのか、そこにいる兵士は一体誰と戦っているのか・・・。これが今の時代の戦争の形なのかもしれない。

敵は誰なのか、どこにいるのか、わからない。
治安の不安定な国に、平和を根付かせるために駐留しているという軍隊は、灼熱の暑さの中、完全武装で、銃を身構え、一瞬たりとも気を抜かない。銃弾が飛び交う戦場にいる緊張感とはまた異質な緊迫感が漂う。

そして見つかった爆弾。

人間はその手に道具を手にして、人間となったが、道具を振り上げ、それは武器となった。「2001年宇宙の旅」の一場面が思い浮かぶ。戦いのたびに武器は強くなり、高度になり、殺傷能力を高めていった。その最たるものが爆弾だ。

その爆弾が、ありとあらゆる形をかりて、その辺にある。それがイラクだ。道の真ん中にあるかと思うと、数えきれないくらいのコードにつながれ町の半分くらい吹っ飛びそうな爆弾の数。そうかと思うと、人間に埋め込まれていたり、体中に巻かれていたりする。

一体、それだけの爆弾で、誰を殺そうというのだ・・・・。
戦いのための爆弾ではなく、爆発させるのがまず一番の目的なのではないかと思うくらいの量だ。

そして、その爆弾を沈着冷静に、まるで普通の仕事場に向かうように、解体に行く男、それがジェームズ軍曹だ。防爆スーツとやらに身を包んだ様子は、ロボコップかと思う頑丈ぶり。でも、その防爆スーツとやらも、盤石ではないことは、映画の冒頭で既に観客は知っている。

次から次へと爆弾は見つかり、次から次へとジェームズは解体する。しかし、それは氷山の一角なのかもしれないが、彼が解体したことによって、明らかにそれで亡くなる人を助けている。緊迫感と臨場感は半端でない。そしてかかる重圧に対するストレス。

命がけというのはまさにこれのこと。いや、命がけなんて生易しいものではなく、はなっから悪魔に魂をゆだねている・・・。そんな感じがした。

じゃあ、なぜそんなことをせねばならないのか・・・・。それは誰かがせねばならないから。そしてそれを出来る力を持っているから。ただそれだけ・・・。ジェームズの仕事ぶりを見ていると、そんな気がしてならなかった。

人間が手にしてしまった武器によって生み出された愚かな世界。その落とし前をつけながらもくもくと進み、そこから抜け出せずにいる男、そしてそれこそが自らが生きている証になるとは、なんとも悲しい。でも、その気持ちがわかるような気がしてしまった自分自身もまた悲しかった。

「アバター」に、それほど魅力を感じなかった自分としては、この映画にいたく興味があったのだが、非常に面白かった。いや、面白い・・というと語弊があるが、自らの身を戦場において、愚かな世界を実感し、その臨場感をたっぷりと味わってしまった。価値ある映画だと思う。

最初のガイ・ピアーズの班長役には、ぜひキアヌに出てもらいたかったと思うのは贅沢?

◎◎◎◎○

「ハート・ロッカー」

監督 キャスリン・ビグロー
出演 ジェレミー・レナー アンソニー・マッキー ブライアン・ジェラティ ガイ・ピアース レイフ・ファインズ デヴィッド・モース エヴァンジェリン・リリー クリスチャン・カマルゴ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がじがじのおのぼりさん | トップ | すべては海になる »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (KLY)
2010-04-04 00:49:03
緊張感の表現がすごく上手いですよね。否応なく観てるほうも緊張するんですよ。だってあまりにもジェームズが死ぬ要因となる可能性が多いから。
あのスーパースローの高精細映像とか実にいい効果でした。ストーリーに込められた想いは、戦争映画である以上割とスタンダードな部分は否めないですが、この映像の作り方に痺れました。
そうですよね。 (mori2)
2010-04-04 23:50:19
TBいただきました。
確かに『どんだけ?!』ってくらい、
爆弾のオン・パレードでしたね。
で、そいつを片っ端から解体していく、
ジェームズ達…。
見てるこちらが、胃が痛くなりました。

これを女性が撮ったってのは、ホント快挙だと
思います。
えっ>なぜに? (mariyon)
2010-04-05 10:10:12
すみません、こんな緊張感ある映画の感想の冒頭・・・キアヌにひかかってしまって(-_-;)

緊張感、半端なかったですが、なにより、末端の兵士(処理班)がどれだけの苦労をして、仕事をこなしているのかということを、アピールする機会は必要だと思います。
自衛隊の支援の賛否と言うことは置いておき、否が応でも生かされる隊員もいるわけで。
(まあ、ジェームズは自分からですが)

新聞の知識でない映像は、作りものとはいえ、自分の視野を広げてくれる気がします。

いい作品でした。
ジェームズは・・ (KON)
2010-04-05 10:20:01
こんにちは。評判どおり物凄い緊張感にさらされっ放しの2時間20分でした(しかも周りは戦争もの好きのおやっさんばかり・・)。映画の冒頭からあまりに殺伐とした乾いた雰囲気に戸惑いましたが、やがてリアルなドラマ性とアクションの程よいバランスにぐいぐい引き込まれました。ジェームズは、けして完全無欠の冷血漢ではないけれど、あの環境でしか生きられない人なのか、同僚や家族の中での居心地の悪そうな表情と、戦場に復帰した時の行き来した振る舞いの両方を見ていると、すごく不安になりました。極限状態の中で初めて自分でいられるとでもいうのか。彼の行き着く先はどうしたって一つのような・・。やるせないラストでした。でもあのイラク人達の淡々と見守る表情が一番怖かったかも。
>KLYさま (sakurai)
2010-04-05 21:17:50
本当に緊張しました。
いつ「ドカン!」と行くのか・・・とはらはらさせながら、思わせぶってがーんと来たり、あっさり突然ドカンと来たり・・。
心臓にいくないですが、それが戦争なんすよね。否応なしに、戦場に連れて行かれてしまいました。
>mori2さま (sakurai)
2010-04-05 21:19:58
「どのコードだ?」なんて悩む暇なく、チョキンチョキン切ってましたね。
「スピード」以来、「どっち?」とつい思ってしまいます・・。
見たあと、昼めしどきでしたが、食べる気はさらさらなくなってましたね。
飯屋泣かせの映画ですわ。
>mariyonさま (sakurai)
2010-04-05 21:24:30
すいません。変なとこに引っかからせて・・。
やっぱビグロー監督つながりで、キアヌかなあ・・なんて思ったんですよ。

いまの戦争というのは、まともに銃を突きつけ合う・・というのももちろんあると思いますが、とんでもない地雷とか、半端ない爆弾の山とか、人をそのまま爆弾にしてしまうとか、ピンポイントで衛星みたいなところから弾が飛んでくるとか・・・。
一体どうせい?というんでしょう。
そんな戦争をいまだにやり続けて行く人間というのは、よほどのバカか、理解不能です。
でも、やってんですよね。我々はぜひ、その事実を知るべきだと思います。
>KONさま (sakurai)
2010-04-05 21:28:31
あたしの時も、やっぱおっさんが多かったです。
なんだかんだ言いつつ、みなさんアンテナ高いんですよね。
あれも居場所の一つなんでしょうね。ジェームズが見つけてしまった自分を最大限に生かせる場所。それがとんでもない世界であっても、ついそこに帰ってしまう人間のサガみたいなもん・・。
とにかく見た甲斐がありましたが、疲れた・・。でも、また見たいかも。そう思う自分がやばいです。
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-04-05 23:01:57
TB有難うございました。
ドキュメンタリー風の作品なので
ストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から
戦争の日常が非常にリアルでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
ガイ・ピアーズ (mezzotint)
2010-04-06 00:18:52
にレイフ・ファインズといった有名な
役者さんたちはビグロー監督の製作に
賛同しての出演だったようです。
キアヌは賛同していなかった?のかも
しれませんね。無名の俳優さんを起用した
にはドキュメンタリーぽく見せたかったような
それにしてもレイフやガイが出ているのは
大丈夫なのかしらね。。。。
>シムウナさま (sakurai)
2010-04-06 09:27:09
ストーリー性が皆無とは、ぜんぜん思えませんでした。
さまざまなものが内包されていたと思います。
>mezzotintさま (sakurai)
2010-04-06 11:46:50
その辺の思想的なもんから、かつてビグロー監督の映画に出演・・・というのも重要な要素だろうな・・と思いながら見てました。
「ストレンジ・デイズ」とか、とっても好きだったんですよ!!
この出演によって、一気にメジャーに肩を並べてしまいましたね。
ジェレミー・レナーは有望な気がします。
こんばんは (はらやん)
2010-04-07 20:35:05
sakuraiさん、こんばんは!

敵を攻撃する爆弾が、自分たちの命を脅かす。
不発弾を使った爆弾テロでの死亡者がアメリカ軍では最も多いそうです。
何か皮肉というか、ねじれてしまっている感じがします。
そういう世界でしか、生きられなくなってしまったジェームズというのも、なにかねじれてしまっている世界を、表している感じがしました。
>はらやんさま (sakurai)
2010-04-09 23:21:23
なんとも矛盾に満ちた戦いですが、それが今の世の中の戦争を表しているのかなと、ますます愕然としてしまいます。
任務はあと何日・・というのにすがりながら、またぞろ帰っていく・・・。やりきれないですね。
それをまた見事に描いたと思いますわ。
こんばんは~♪ (由香)
2010-04-12 23:25:46
お邪魔します~♪

お忙しい日々をお過ごしだったようですね~
3歳違いの兄弟だと、入学と卒業の時期は大変ですよね~お疲れ様でございました。
そして、おめでとうございます~♪

で、、、映画ですが、、、
>一体ここは戦場なのか、それとも戦いの後なのか、そこにいる兵士は一体誰と戦っているのか・・・。
これです、、、まずはそれを非常にジクジクと感じました。
言葉はとっても変なのですが、物凄い緊迫感なんだけど、どこか滑稽というか何と言うか、、、

アバターは純粋に面白かったのですが、個人的にはもう一度観たい気はしないんですよ。
だけど、ハート・ロッカーは何故かもう一度観たい。戦争映画は苦手なんだけど、そうじゃないところで、人間の狂気のようなものをもう一度観て考えたい気もしています。
>由香さま (sakurai)
2010-04-16 14:19:30
ありがとうございます。
3歳違いは、ほんとに忙しいです。3年ごとだけど。
あと、2年はゆっくりしま~す。

映画ですが、これが現代の戦争なんだ!・・なのかもしれませんが、あの爆弾は一体、誰を吹っ飛ばすためのもんなんだろう・・ということを考える暇もなく、とにかく緊迫感に追われ続ける兵士たち。そして、いつの間にやら、それにどっぷり浸かってしまっている現実が、ぐいっと来ました。
また見たくなる・・というやばい気持ちを起こさせる凄い映画でした。
おじゃまします (ピロEK)
2010-12-24 22:06:29
おじゃまします。
こういった社会派作品に対して語る口を持っていないんですよねぇ私は…何も思わないわけではないけど。
で、フィギュアがカッコイイとか言っちゃうんで、最近の問題定義型(?)の戦争映画に対しては最悪の観客かも知れないなぁ…と。
まぁ人生は多分半分以上過ぎていますが、そのうちに…ということで。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2010-12-28 12:21:48
この映画に関してだけは、「これから見るぞ!」と言う決意が必要だったように感じました。
「あ、何見る?」「これでも見よっか・・」といった気分で見るもんじゃないなあ、と。
でもあくまでも人それぞれですからね、いいんじゃないですか。
あたしはインパクト強かったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハート・ロッカー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪監督は...
ハート・ロッカー (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイ...
ハート・ロッカー◆◇THE HURT LOCKER (銅版画制作の日々)
イラクでの取材体験に基づいて描く戦場の恐るべき実態 東宝シネマズ二条にて鑑賞。仕事終了後、急いでシアターに。。。。今日はアカデミー賞6冠に輝いた「ハート・ロッカー」です。ニューヨークアイラブユーパート2はちょっと後にしてまずこの記事を書きたいと思います...
「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 (はらやんの映画徒然草)
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった
「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています...
ハート・ロッカー (だらだら無気力ブログ)
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3...
No.208 ハート・ロッカー (気ままな映画生活)
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった
祝!アカデミー賞「ハートロッカー」 (茅kaya日記)
 こんなことを言ってはなんだがアカデミー賞、ハートロッカーが受賞してよかった。アバターでなくてほんとうによかった。 アメリカには、こういう作品がぜったい必要だ…。
ハート・ロッカー (心のままに映画の風景)
2004年、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナ...
ハート・ロッカー (風に吹かれて)
War is drugなぜ 再び戦場へ行く公式サイト http://www.hurtlocker.jp監督: キャスリン・ビグロー 「ハートブルー」「K-19」原題“The Hurt Locker”の
『ハート・ロッカー』 | イラク人の煮えたぎるような憎悪の中、ひたすら爆弾を処理し続ける米軍兵士 (23:30の雑記帳)
冒頭からいきなり爆弾処理シーン。 これが凄まじい緊張感。 爆発物処理班の米軍兵士たちは 笑顔でジョークを言い合いながら 作業を進めているというのに ピーンと張り詰めた空気感が あたりを支配している。 この、いつどこで何が爆発するかわからない と...
ハート・ロッカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...
ハート・ロッカー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダ...
「ハート・ロッカー」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 監督・製作 : キャスリン・ビグロー 脚本・製作 : マーク・ボール 出演 : ジェレミー・レナー 、 アンソニー・マッキー 、 ブライアン・ジェラティ 、 レイフ・ファイン...
【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕...
ハート・ロッカー (いやいやえん)
アクションというか戦争スリラーといってもいいような内容でした。 リアルな迫力があって、空気がぢりぢりとしてるので、観終わって本当に疲れました。ドンパチするだけが戦争ではないというのを改めて感じた作品でした。 人間が壊れてしまう。戦争中毒者となってし...