迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

2009年01月29日 | は行 外国映画
試写会にて鑑賞。
試写会があったので、今週末に公開かと思ったら、来週末だった。
と言うことで、上映は来週までお待ちください。

まず上映時間の長さにちょっとびっくり。2時間47分!!ただし、エンドロールが5分以上ありましたので、正味はちょっと少ないかも。
で、その長さに二の足を踏みそうな方、長さはあまり気になりません。
あっという間に終わった・・・・とは言いませんが、さすがの今のブラピの登場!となってからは、ぐいぐいと引き込まれます。


さてお話は・・・

第一次世界大戦時、舞台はニューオーリンズ。若者を戦争に取られ、憔悴の両親。戦争に勝った!!などと浮かれている状況の脇で、息子を失い、悲しみに暮れる家族もいた。

時を戻したい!!時を戻せば、戦争などというバカげた状況で命を失った若者たちを、家族のもとに返すことができるのではないか。なんとか時を戻したい・・・と思った息子を失った父親の思いがそうさせたのかはわからないが、ある日、バトン家で生まれた赤ん坊は、80歳の老人のようだった。

母親は、赤ん坊の行く末を父親に託して亡くなるが、その赤ん坊を見た父は、ショックのあまり、ある老人ホームの軒先に赤ん坊を捨ててしまう。

しかし、老人ホームで、働いていたクィ二ーは、その赤ん坊を見て、子供の産めない自分への神の贈り物だとして、その見はなされた老人のような赤ん坊を育てる。すぐに死ぬだろう・・・と思われていた赤ん坊は、すくすくとは言えないが、じっくりじっくりと育ち、じわじわと若返って行く。人とは違う歩みをしていくんだ・・・と言うことが分かってくる。

と言うことで、1918年の第一次大戦の終わった頃から、恐慌、第二次大戦、60年代、・・・そして現代へと物語は続き、80年間の歴史をたどる物語にもなっている。

老人からだんだん姿形が若くなって、見た目はどんどん変わっていくのだが、周りにそれを理解したり、とにかくいい人がいっぱいいるので、それでものすごく困る!とか、それによって人生が破たんしてしまった・・・と言うことがない。

生涯愛したデイジーも、幼いころに(ベンは老人の姿)出会い、一番いい時を一緒に過ごすのだが、一緒に老いられなくても、十分な幸せを手に入れたように見える。数奇な人生・・・と言うより、普通の幸せな人生に見えたのだ。

彼が違ったのは、幼いころ(姿は老人)から人の死や、別れを見てきたこと。絶望のような状態から、どんどんと気力がみなぎるようになっていくこと。でも、それが人生にどんな大きな影響を与えたのか・・・と言うことはあまり見えない。

もともとフィンチャーの映画があまり好きでないので、はなっから好意的な見方をしていないのだが、・・・・彼の映画は、「だから何なの?」とつい思ってしまうもんで・・・・・今まで見たフィンチャーの中では、ずいぶんと人のあったかさを感じた。50過ぎた頃のデイジーと、若くなった(このブラピは、マジに若かった!!『リバーランズ・スルー・イット』のころを思い出した!!あの姿は必見)再会が、優しくなかったかなあ・・・・。

かっこいいとは思うが、あまりブラッドちゃんに思い入れのない私でも、「マジかっこええやん」とは思わせた。ほとんど出ずっぱり、まごうことなきブラッド・ピットの映画だ。ブラッドさんのファンの方は、あのブラッドの姿に、くらっとくること間違いない。

そう、ブラッド・ピットの、フィンチャーによる、ブラッドファンのための映画・・かな。

◎◎◎○●

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

監督 デビッド・フィンチャー
出演 ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット タラジ・P・ヘンソン ジュリア・オーモンド ジェイソン・フレミング イライアス・コーティーズ ティルダ・スウィントン ジャレッド・ハリス エル・ファニング マハーシャラルハズバズ・アリ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私は貝になりたい | トップ | レボリューショナリー・ロード »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうでしたね (miyu)
2009-01-31 13:53:22
あんまり長さを感じないと言うか、
それだけの時間をひきつけ続けるという意味では
なかなかのもんでしたね。
短くっても飽きてしまう映画も多い中
久し振りに見応えのある映画らしい映画でした。
でも、おっしゃるようにだから何?となってしまうのが
痛いところかな。言いたいことはわかるのだけど
もうちょっと見るものに訴えかけるところが
あっても良かったように感じましたね。
>miyuさま (sakurai)
2009-01-31 14:47:32
前半のちょっとたりいところはあくび連発だったのですが、さすがに頭ふさふさになってからのブラッドちゃんの登場からは、ぐいぐい見せましたね。
ケイト・ブランシェットが、気品を出してたような気がしました。
エルちゃんは、本物ですね。
sakuraiさん☆ (mig)
2009-02-03 23:52:49
こんばんは♪
コメントありがとうございました

フィンチャーの映画、わたしは逆に好きなのですけど最近のは今イチだなぁって思ってたところでこれ。
ブラピとはやっぱり相性いいみたいです★
なんでもあと3作は一緒にやるらしいですよ(笑)
若い頃なんてどうするのかと思ったら
さすが今の時代、見事CGで10代後半にもみえるくらい若返りましたよね!
>migさま (sakurai)
2009-02-04 08:07:45
どうもです。
あたしはあの伝説の「セブン」が、どうしてもだめで・・。
あのいつまでも砂を食んだような、じゃりじゃりとまとわりついた感じ。
まあ、独特の表わし方をするので、惹きつけられます。
昨日のNHKの朝のニュースのインタビューによると、毎日数時間をかけてメイクをしたとか。
あの若い頃のキュートな表情には、私も一瞬若くなったような気がしました。
フィンチャー作品 (にゃむばなな)
2009-02-07 18:26:39
私はフィンチャー作品は好きですよ。
『ゲーム』は全然面白くなかったですけど。

でもこの映画はこのせつないお話を凄く丁寧に描いてましたよね。
その丁寧さがこのような長時間の映画になったような気がしましたよ。
こんばんは♪ (SOAR)
2009-02-07 18:49:09
若き日のブラピに会えるだけでもファンにはたまらないですね。未来の彼も見られるし!

もともと顔立ちがあまり好きではないケイト・ブランシェットに、なぜか今回は惹かれてしまいました。ベンジャミンの最後を見届けるシーンもよかったなあ。
こんばんは♪ (ゆかりん)
2009-02-07 22:05:22
コメントありがとうございました。
私もブラッド・ピットには思い入れがあるわけじゃないんですが、変にドキドキしちゃいました。
ファンにはたまらない作品ですねー。
>にゃむばななさま (sakurai)
2009-02-08 09:15:32
「セブン」がだめだったので、その後もどうも素直に見れません。
なので今回のフィンチャーは、ずいぶんあったかくて、タッチが変わったなあ、と感じました。
丁寧さが心地いい映画でした。
>SOARさま (sakurai)
2009-02-08 09:17:21
未来の彼は、そんなに見なくてもいいですが、若かりし頃の姿を、マジに思い出させられました。
ケイト・ブランシェットは神々しささえ感じられましたね。
見事でした。
>ゆかりんさま (sakurai)
2009-02-08 09:19:09
若い時の様子や、バイクでさびしげに去る姿には、どきっとさせられましたよ。
あんまり、ファン!!!!だという方にあわないのですが、いまどきの若い方たちは、どう思ってんでしょうね。
Unknown (mariyon)
2009-02-08 21:45:24
試写会もあたらなかったブラッドファンとしては、
初日に観てまいりましたが・・・・
前半の老人姿が不自然な気が。。。(^^ゞ

でも、後半は信じられないほどの美しさでして
客観的に映画をみることできず。。
ブログを書きながら、自分で何書いてるんだ~って
思ったんですが、sakuraiさんのイーサン評に
ちょっと嬉しくなってしまいました。

って、ぜんぜん、関係ないコメですみません。
>mariyonさま (sakurai)
2009-02-09 08:57:54
いろんな方の意見をお聞きしましたが、ブラッド・ファンだああ!と言う人は意外に少ないということにちょっとびっくり。
よってmariyonさんのご意見をお聞きしたかったところです。
あの老人姿は微妙でしたね。
老人の顔ながら、いたすら小僧っという雰囲気は、よく出てましたが。
やはり前半長く、後半の若々しいブラッド登場で、とんとんと進み、見入りました。
やっぱ、ああいうを見て、フェロモンをたっぷり注入しないとね。
こちらにも・・・ (由香)
2009-02-11 13:02:43
お邪魔します♪
ブラピの姿にグラッときましたよ~(笑)
私は『ジョー・ブラック~』を思い出して萌えてました。一応ブラピも好きなので(気が多い・笑)

映画は淡々としていましたがスゴク良かったです。
久々に満点にしちゃいました~
盛り上がりがないんだけど、ず~っとジンジン胸に響いたなぁ~
個人的にはいい作品だったなぁ~と思いました。
>由香さま (sakurai)
2009-02-12 12:25:09
あたしも久々にくらっと来ました。
「リバー・ランド・・」以来かな。
ジョーのスプーン舐めるとこもかわいいですがね。

淡々としてましたが、見せてくれました。
フィンチャーをちょっと好きになりました。
sakuraiさまへ・・・。 (mezzotint)
2009-02-14 16:41:28
コメント&TBありがとうございました。
う~んとにかく長いもので・・・。
その上淡々としているもんで、眠たくなりました。
フィンチャー監督作品としては、今までの作品とは
一味違って良かったのかな?個人的には「ファイト・クラブ」が好きですが。おっしゃるように、ブラビ
ファンにはたまらない作品でしょうね。
そうそうトムと共演した「インタビュー・ウィズ・
ヴァンパイア」のブラビは良かった!フィンチャー
監督作品ではありませんが。作品のコメントから
随分離れてしまいました!すみません。
美青年 (ひらりん)
2009-02-15 03:26:17
ブラピの美青年ぶりがなかったら、ワンランク下がった評価になっちゃう・・・くらい、
彼の存在感が重要でしたね。
>mezzotintさま (sakurai)
2009-02-16 21:00:59
私も、一日仕事してきて、それからの試写会で、結構疲れたもんで、途中不覚を取りそうだったのですが、なんとかとどまりました;
やっぱ美しいブラッド君が出てからは、ぐいぐいと惹きつけられましたね。
「ファイト・クラブ」はどっちかと言うと、エド君の方が印象強いですわ。
あれもなかなかインパクトありましたね。
「インタビュー・・」のブラッドさんも美しかったですね、そういや。あの美少女が、キルスティンなんですよね。
>ひらりんさま (sakurai)
2009-02-16 21:04:21
そうそう、昔のブラッドさんを知ってる人たちへの、確信犯的なサービスだったのかもです。
目の保養でしたが。
こんばんは~ (バラサ☆バラサ)
2009-02-26 02:17:07
善人かつ物事に動じない人たちばかりでしたね。
船長の時に一気に若返ったのですが、船長まったく気にしていません。

にしても、フィンチャーの毒が見事に押さえ込まれていました。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2009-02-26 08:33:01
ほんとに!
少しくらい、気持ち悪がれよ、と突っ込んだりして。
父親が一番まともなリアクションをしたのかもです。
フィンチャーらしくないっちゃ、らしくないですよね。
こんばんわ (YOSHIYU機)
2009-03-06 00:08:37
私は、『ゲーム』と『パニック・ルーム』以外の
フィンチャーの映画は好きです。
やっぱり趣味が合いませんね(笑)

この作品のブラッド・ピットにしても、若い頃よりも
年取ってた時の方が、私は印象に残りました。
ロバート・レッドフォードに似てたので(笑)
>YOSHIYU機さま (sakurai)
2009-03-06 12:02:50
あはは。あいませんね。
『ゲーム』はだめでした。
見終わって、「で?」って思ってしまった一本。
『パニック・ルーム』は、ジョディ・フォスターに思い入れがあるので、応援体制で見てました。

レッドフォード、髪ふさふさですからね。
ブラッドさんは、年取ると頭はどうなんるんでしょうね。楽しみですわ。
こんにちは (はらやん)
2009-03-15 17:57:03
sakuraiさん、こんにちは!

長尺でしたが、引き込まれてまったくその長さが気になりませんでした。
ベンジャミンは外見は奇妙ですが、生を受けて死ぬまでは普通の人生なんですよね。
彼の生き方がいいなあと思えるのは、人とは違う自分を嘆くばかりではなく、受け入れて、前向きに生きているというところなんですよね。
自分でも見習いたいものです。
>はらやんさま (sakurai)
2009-03-17 08:38:28
どうもです。
見せ方、うまかったですね。
あの長さは、描くのにどうしても必要だったのだと感いさせました。
外見の奇妙さが数奇な人生に見えましたが、中身はなんら普通の人と変わらない。
彼は彼の人生を時の流れのままに歩んだと思うのですが、彼を受け入れた周囲の人たちの心構えが素晴らしかったのでは、と感じました。
おじゃまします (ピロEK)
2010-05-01 08:21:42
おじゃまします。
私としても随分前に観た映画ですが、今更参上いたしました。

フィンチャーも老いをテーマに含んだ作品を撮るにあたって、いつまでも尖がった意味不明な映画バッカリ撮ってる訳にはいかんなぁ…などと思うところがあったのかも知れません。
確かに過去の同監督作品に比べて鑑賞しやすく馴染みやすい作品でしたので好感触です。

では、また来させていただきます(私のブログにもお返事書いてます。よかったら読みに来てくださいね)。
今後とも宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2010-05-01 23:08:52
あはは、「あれ、いつだっけ?」などと、ぜんぜん気にしませんので。

うん、ずいぶん丸くなったなああと感じました。いつまでも「セブン」を引きずってもいられないのかな。。と。

お返事もどうもです。読ませていただきました。沖縄、いいなああ。また行きたいですが、なかなかねええ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は素晴らしい。』  コチラの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、若返っていく男の物語を映画化した2/7公開のヒューマン・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ち...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (悠雅的生活)
人生は驚きの連続。与えられた運命を受け入れて。試写会にて。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (future world)
上映時間2時間47分は・・・長い! でも全く気になりませんでした。 美しくも切ない物語・・・ 人は生まれてから命尽きるまで、心と体は共に成長していくものだけど、 そうでなかったら・・・ ベンジャミンの人生~中身は普通の人と変わらず子供から大人へと成長...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (まぁず、なにやってんだか)
1月29日、MOVIXの一斉試写会で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観てきました。 とーってもいい映画でした。超オススメです。 80代で生まれ、そこから若返っていくという内容をどう映像化していくのか、興味があったのですが、さすがハリウッド!素晴ら...
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON (我想一個人映画美的女人blog)
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON公開:2009/02/07製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:167分鑑賞日:2009/02/07監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (めでぃあみっくす)
それでも人生は素晴らしい。見終わった後に自然とそう感じる完成度の高い映画でした。『フォレスト・ガンプ一期一会』のように一人の男を狂言回しに描いていく人生ファンタジーなんですが、こちらの方がより大人向けといった感じでした。そしてブラッド・ピットファンはあ...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』・・・逆行する二人の時間が交錯して (SOARのパストラーレ♪)
第一次世界大戦末期に、ある願いを込めて時計職人が作った逆回転の時計。まるでそれがきっかけであるかのようにベンジャミンの数奇な人生が始まる・・・。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (いい加減社長の映画日記)
観たい映画が、何本も公開される中で、一番期待していた「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」。 1000円で観られる割引券があったので、朝一で観てきました。 「UCとしまえん」は、早い時間にしては、人がいたかな。 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、大き...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BU... (映画!That' s Entertainment)
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生                       THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON」 2008 アメリカ Warner Bros.Pictures,Paramount Pictures,166min. 監督:デヴィッド・フィンチャー 原作:F・スコット・フィッツジェラル...
[映画『ベンジャミン・バトン』を観た^^;] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆非常に面白かった^^v  観ている3時間、思ったより劇的な展開は抑えられていたのだが、味わい深い展開が、私の目を逸らさせなかった。  この作品は、ブラッド・ピット演じるベンジャミンが、末期の老人の身体で生まれ、そこから年を経るに従って、(これは当然だ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作) (勝手に映画評)
実は、あまり見に行こうと思って居なかったんですが、2008年度第81回アカデミー賞で、最多の13部門(作品賞、主演男優賞(ブラッド・ピット)、助演女優賞(タラジ・P・ヘンソン)、監督賞(デヴィッド・フィンチャー)、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、メークアップ賞...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Memoirs_of_dai)
ボタン屋の息子だからバトン 【Story】 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (Sweet*Days**)
監督:デヴィッド・フィンチャー CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン 他 ある盲目の時計職...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Akira's VOICE)
人生という名のロードムービー。  
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】人生には色々な事が起こる (映画@見取り八段)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 ~THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON~ 監督: デヴィッド・フィンチャー 出演:  ブラッド・ピット、ケイト・ブラ...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』2009・2・11に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 1918年、第一次世界大戦の戦勝気分に沸くニューオーリンズ。ある一組の白人カップルの間に男の子が産まれるが。その赤ん坊は80歳の老人と見まがうほど奇異な容貌をし
★「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「アイ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(映画館) (ひるめし。)
人生は素晴らしい。
ベンジャミン・バトン★数奇な人生  (銅版画制作の日々)
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかった...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (日々のつぶやき)
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、エル・ファニング 「間もなく死を迎えようとしている女性が娘にある日記を読んでもらう。書いたのはベンジャミン・バトン。彼の数奇な運命がそこに語られ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (朝を抱きしめて)
観たい映画が、並ばずに、いい席で、確実に取れる 総評:★★★★★+A 公式サイト>> 監督:デビット・フィンチャー 主なキャスト ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット) デイジー(ケイト・ブランシェット) クイニー(タラジー・P・ヘンソン) マ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (利用価値のない日々の雑学)
ブラッド・ピット的に考えると、筆者の評価が最も高い作品は「ジョーブラックをよろしく」である。この作品が評価が高い理由はレビューを読んで頂きたいのであるが、ひとつには時間の取り方である。この作品は物凄くゆっくりと(確かに上映時間も180分と長いが・・・)、...
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (新!やさぐれ日記)
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、...
人生は偶然の積み重ね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (水曜日のシネマ日記)
80代の肉体で生まれ、徐々に若返っていく一人の男性の数奇な運命を描いた作品です。
『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 を観ました。 (My Favorite Things)
デヴィッド・フィンチャーは好きな監督のおひとりですが、今までの作品とは全然違いますねぇ…
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ダイターンクラッシュ!!)
2月14日(土) 14:50~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1000円(TOHOシネマズデー) パンフレット:900円 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』公式サイト アカデミー賞にやたらノミネートされている相当に長い映画。 爺として生まれ若返っていくのだが、成長するにつれ...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 自分の人生の肯定 (はらやんの映画徒然草)
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P・...
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生…今年の観賞記録は今年のうちに計画(1)蛇足無し (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (単館系)
マイミクさんからのお誘いで試写会に行ってきました。 1/25、九段下サイエンスホール 1918年のニューオーリンズ。80歳の姿で生まれた赤ん坊は置...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (mama)
THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 2008年:アメリカ 原作:F・スコット・フィッツジェラルド 監督:デビッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、タラ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (のほほん便り)
なんと、デヴィッド・フィンチャー監督作品、だったのですね。 ネット評的には、厳しい声も少なくなかったですが、天下の美形、ブラッド・ピットとケイト・ブランシェットが映画ファンタジーで、色々な年齢を経て、関係性を変えていくファンタジーが興味深かったです。...