迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ペネロピ

2008年03月19日 | は行 外国映画
名門ウィルハーン家に生まれた女の子、ペネロピ。スキャンダル好きな下々の輩は、お金持ちの一挙手一動が気になるところだが、赤ちゃん誕生なんて、一番のネタだ。

でもでもでも、じゃーーん、念願の女の子は何との鼻と耳だった!!!!って、そんなんかわいいじゃん!などと思ってしまうのですが、そこは名家の奥様。うちの子がこんな顔なんて、絶対にダメ。世の目にさらすわけにはいかない。

そもそも、ご先祖の過ちが呪いの始まり。「親の因果が子に報いいい」の浪花節の世界なのだが、家の座敷牢のごとくの部屋に閉じ込め、彼女を愛してくれる人こそが、この呪いを解けると、夢の王子様を待つことに。

そこに現れたのが、彼女の顔を撮るために拾われた落ちぶれ貴族のマックス。彼女呪いを解くには、いい家柄でないとダメという条件があった。

自分の顔を見て、3秒持つ男はいない。必ず逃げる。でも、タイミングがずれたマックスは部屋に残っていた。

マジックミラー越しで、二人はどんどんと惹かれあう。マックスならもしかしたら自分の呪いを解いてくれるかもしれない。そして・・・・。

ということで、奇想天外なお話ながら、一つ一つがとっても納得がいく。娘を守りながら、実は体裁ばかりを気にする母。顔じゃないといっても、やっぱ人間は・・顔かも・・・。愛してるものを自分は守れないとわかったとき、自分はどうするのか。思いこみは恐ろしい・・・・などなど。

楽しくって、ちょっと怖くて、ほんで何より素敵なのは、マックス@マカヴォイさま。あーー、惚れ安い私ですが、見事に惚れました。素敵。ただいるだけで哀愁たっぷり。貧乏くささが最高。久々に母性本能、わしづかみにされてしまいました

タムナスさんのときは、それほどいい男に見えなかったのですが、今回はたっぷり堪能させていただきました。マカヴォイの株急上昇で、映画も満足でした。あーーー、冷静な判断ができない。「つぐない」が、早くみたいです。

『プライドと偏見』の軽いぼんぼんが、そのままの役柄でぴったり。記者もおいしいなあ。久々のリースもいい按配でした。

◎◎◎◎

『ペネロピ』

監督 マーク・パランスキー
出演 クリスティーナ・リッチ ジェームズ・マカヴォイ キャサリン・オハラ リチャード・E・グラント ピーター・ディンクレイジ サイモン・ウッズ リース・ウィザースプーン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ONCE ダブリンの街角で | トップ | Sweet Rain 死神の精度 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当! (miyu)
2008-03-23 10:11:41
「つぐない」がまたさらに楽しみになりましたよね!
元々好きなタイプの映画っぽいし、
「プライドと偏見」コンビだし、
楽しみだったのですが、マカヴォイ鑑賞目的も増えました(´∀`*)ウフフ
タムナスさんは確かにそんなにいい男オーラ出てなかったし、
「ラスト・キング・オブ・スコットランド」の時は
役柄がイマイチだったんだけど、
この映画の王子キャラは最高ですよねぇ~!
>miyuさま (sakurai)
2008-03-23 14:20:32
「つぐない」、一度だけ予告を見たのですが、ほとんどメロメロです。
あーーー、早く見たい。

そうそう、いい男オーラが、後でからじわじわ出てきました。
あの吸い込まれるような青い目が素敵です。どっか哀愁を帯びてて。
うん、いいです。
やっぱり・・・ (武子丸)
2008-03-27 22:29:24
先生、こんばんは。私は、時間の関係上未見になりそうですが、彼、絶対先生の好みだと確信していました!何を隠そう私もその一人です。「ラスト・キング・オブ・スコットランド」では、共感できる役ではなかったのですが、お気に入りの俳優さんになっていました。
>武子丸さま (sakurai)
2008-03-28 15:05:28
だは・・。
ばれてました?
よかったですよ。あの究極の情けなさ系の目!!
ズキュンとやられました。
「つぐない」!!早く来てーーーですわ。
ジェームス君♪ (mezzotint)
2008-05-12 17:50:12
sakuraiさん
コメント・TBおおきにです!
そうですか!彼のファンなんだーーー。
「つぐない」こちらでは現在公開中です。
まだ私も観ていません。「アイム・ノット・ゼア」
に「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」とともに
ミニシアターで公開されております。近日中に
鑑賞予定です。それにしても、同一人物だとは思わえないくらい雰囲気が違うような?ポスターで見たところの印象ですが。「アイム・ノット・ゼア」は
観ましたよ!ヒース、良かったです。
>mezzotintさま (sakurai)
2008-05-13 15:52:16
いやーー、これでファンになったみたいですわ。
見事にずきゅーん!とやられてしまいました。
その3本は、これから次々と上映なので、じゅるじゅるモンです。
ヒース、、、、あーーぁですね。
バットマンの予告見るたびに、じゅわっときてしまいます・・・。
マカヴォイ~! (なな)
2008-10-07 20:48:28
いや~,彼見たさにこれを鑑賞したのですが
みなさんが激しくプッシュしてくださるだけあって
最高に素敵なマカヴォイですね!

>ただいるだけで哀愁たっぷり。貧乏くささが最高・・・
まったくそのとおり!「貧乏くささが最高!」はウケましたよ~
まったくこんなに愛すべきヘタレキャラはいませんね。
ヘタレフォルモンというものが存在するなら
マカヴォイが発しているのはまさにそれ!
女性の母性本能をわしづかみですね。
リースもチョイ役に回ってても,やはりオーラが出てましたね。
>ななさま (sakurai)
2008-10-08 08:38:13
十分、目の保養になりましたでしょうか。
いやーー、よかったですよね。
あのへたれぶり、貧乏くささ、情けないことこの上ありませんが、いいですよお。
ヘタレフェロモンですか!!あたしは、一発でやられそうです。なは。
こんにちは! (由香)
2008-12-10 13:16:33
可愛いファンタジーで、お話もお気に入りですが、、、何といってもマカヴォイ君ですよね~
今回の彼は最高にキュートだったわ~
あのヘタレな感じが母性本能を擽りまくり、、、

私は『つぐない』を未見なんですよ~
マカヴォイ君を見たいんだけど、なんだか悲劇っぽいので避けています。
でも見たいなぁ~短髪の彼も素敵そうだし♪
>由香さま (sakurai)
2008-12-11 08:54:43
ここはマカヴォイ君でしたね。
タムナスさんのときも、スコットランド王のときも、それほどぴんと来なかったのですが、最高でしたよお。
『つぐない』はそれなりにマカヴォイ・フェロモンが出てましたが、ちょっと期待が大きくなりすぎたかも。
『ウォンテッド』、二回見にいってしまいました・・・。
こんばんわ (YOSHIYU機)
2009-02-23 20:15:01
ジェームズ・マカヴォイは、タムナスさんも
『ラスト・キング・オブ・スコットランド』も
良い演技してるように思えましたが
女性受けする役ではなかったようで(笑)

何より素敵なのは、豚の鼻なのに可愛い
クリスティーナ・リッチですよ(笑)
>YOSHIYU機さま (sakurai)
2009-02-23 22:29:22
どちらも見ましたが、演技はよかったのですが、胸きゅんにはならなかった・・・ですわ。
今回は、わし掴みでしたぁ。
あのブタの鼻がに似合う女優さんは、クリスティーナしかいないです、と思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ペネロピ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。』  コチラの「ペネロピ」は、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまった女の子を描いた3/1公開のチャーミングなラブ・コメディなのですが、観てきち...
ペネロピ を観ました。 (My Favorite Things)
時間がぴったりだったのと、観るのなら軽いのがいいなぁって…
『ペネロピ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ」□監督 マーク・パランスキー □脚本 レスリー・ケイヴニー □キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース...
『ペネロピ』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
新宿のタカシマヤテアトルタイムズスクエアで『ペネロピ』を観てきました。 お話は先祖がかけられた呪いによってブタの鼻と耳をもって生まれた名家の女の子がヒロイン。 自分の娘が異形であることにショックを受けた母親は、彼女を死んだことにして屋敷から一歩も出さ...
ペネロピ ( Art- Mill  あーとみる)
ペネロピHP http://www.penelope-movie.com/ 圧倒的に若い女性が多かった。気軽に楽しむ「自分探しの映画」。 現代風おとぎ話といってもいい。例によって「魔女の呪い」があるが、それは
ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!! (銅版画制作の日々)
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞...
ペネロピ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
これのジェームス・マカヴォイがいい!と聞いて鑑賞。とっても可愛い,愛のおとぎ話だった。・・・・人間の価値は外見じゃない,自分の幸せは自分でつかむ・・・というテーマらしいが,そういった深いテーマに感動するより,素直にこの作品のキュートさを楽しんだかなぁ,...
むかしむかしあるところに (MESCALINE DRIVE)
「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名門ウィルハーン家にはひとつの呪いがかけられていた。悲恋を...
ペネロピ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな...
『ペネロピ』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年...
ペネロピ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「ペネロピ」 感想 ペネロピ 好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。 裕福な名家に生まれた...