迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

塔の上のラプンツェル 3D版

2011年03月27日 | た行 外国映画
調子に乗って、一気に書く。

ディズニーなんで、何の心配も無く、安心して見られる。こういうときには、必要なことかもしれない!と思いながら、ゆったり浸らせていただいた。

なのですが・・・、私は、ご存じのとおり、ミュージカルが大の苦手。。。あの間に、歌を唐突に挟まれると、背中のあたりがむずがゆくなってきて、集中力が切れてしまう。音楽にはまればいいのだが、こればっかりは感性の問題なんで、どうしようもない。

そう言えば、最近ディズニーアニメ、見てなかったかも。。。「ティンカー・ベル」以外は久しぶり。こんなに歌って多かったでしたっけ?一時、だいぶ少なくなって、私でも大丈夫・・になってたと思ったのですが、ちょっと多すぎだ。いや、ピクサー見なれて、音曲ないアニメに慣れてしまったからでしょうかねえ。

という、ものすごく個人的な文句はどうでもよくて、話はうまい。不思議な力を持つ花。。。それにとりつかれたバッ様。一方、幸せそのものだった王国に突然降りかかった不幸。。。そして、さらわれた王女様を助けに来る白馬に乗った王子様(?)明と暗の対比具合がお見事。

今回の主役はお馬さんだった!という気がしないでもないですが、いつもながらディズニーのお馬さんには、眉毛があります!

翔子ちゃんの声も、なかなかよかったのではないでしょうか。どうしてもフリンが、エイドリアン・ブロディに見えてしようがなかったのですが、気になったのが声。「誰が吹き替えだろう?」と思って見たらば、畠中洋氏。何と山形出身の俳優さんだったのですね。知りませんでした。今度からひいきにします。

ただし、どうも腑に落ちないのが3D。ディズニーの3Dって、おかげあります?蝶チョと、ボンボリ飛ばすだけの3Dは要らないですよ。何でもかんでもやたら3Dにするの、やめませんかね、そろそろ。

◎◎◎○

「塔の上のラプンツェル」

監督 ネイサン・グレノ バイロン・ハワード
声の出演 マンディ・ムーア ザッカリー・レヴィ ドナ・マーフィ ブラッド・ギャレット ジェフリー・タンバー M・C・ゲイニー ポール・F・トンプキンス ロン・パールマン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デザート・フラワー | トップ | ゲキ×シネ SHIROH »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (SOAR)
2011-03-27 17:53:17
ミュージカル仕立てとは露知らずでちょっとびっくりでしたが、悪くはなかったかな。

そうそう、不思議な花のエピソード、この導入はいいですね。
魔法の髪を持つ少女の誕生と、それを誘拐する女の心情とを説明するためのいいアレンジだったと思います。

私も本来はアンチ3Dなんですが、本作は全編通じてさりげない適度な効果がかかっていて、これなら自然でいいなって不覚にも思っちゃいましたよ。
もっとも「じゃあ要らないじゃん」って言われると返す言葉もないのですが(汗)
Unknown (KLY)
2011-03-27 21:10:52
マキシマス最高っす!(笑)
パスカルも何気に大好きだし。
sakuraiさんがミュージカル苦手だとは知らなかったです。でもこの作品より『美女と野獣』とかのほうがミュージカルっぽかった記憶があるんだよなぁ。w
こんばんは! (西京極 紫)
2011-03-28 23:46:55
敵役のゴーテル、子供をさらったのは悪いですが、
その後ラプンツェルを育ててはくれてますもんね。
そんなに悪者じゃない。小悪党レベル。
それなのに「もう自活できるから」って殺されたんじゃ…割に合わないかも(苦笑)
それに記憶を取り戻すくだりはちょっとご都合主義かな、と。

それからグリム童話の原作、僕は知らなかったもんで、
ウィキペディアで調べてビックリでした。
かなりエグい話ですね、このお話も。
原作のまま映画にしたら確実に18禁ですね(笑)
>SOARさま (sakurai)
2011-03-29 11:06:20
てっきり、ショコタンが歌ってるもんだと思ったのですが、それにしちゃ、うますぎましたかね。
とってもうまい構成でした。こういうの作らせたら、やっぱディズニーですなあ。
でも、ディズニーの3Dは、どうもいまいち感がぬぐえませんです。
>KLYさま (sakurai)
2011-03-29 11:13:15
あはは、タモリ派です。
どうにも駄目・・。
「コーラスライン」みたいなのは大好きなんですが、普通の物語に、無理無理歌をつけました!ってのはmどうしてもだめっす。
お馬さんが活躍するのは、「ムーラン」以来かなあなどと、楽しく見ました!
>西京極 紫さま (sakurai)
2011-03-29 11:17:35
この辺の強引さは、ディズニーならではですよね。
あの悲劇終わらなければ、話もなにもないだろ!という「人魚姫」まで、大団円にしちゃいますからね。
最後は悪党をやっつけないと終わりませんが、違う最後があってもいいかもですよ。

グリム童話は、森が舞台のおどろおどろしい世界ってのが前提なんですよね。
18禁っすか!そうかもです。
こんにちは♪ (mezzotint)
2011-03-29 12:04:35
いやあなかなか面白かったです。
中川翔子の父も有名な方なんですね。
それにしてもあのキャラから想像出来ない感じ
で、、、。う~ん上手かったと思います。
3Dしかないって、それ困りますね。
先日また鑑賞したんです。仕事で、、、。
2度観てもなかなか楽しめましたわ。
>mezzotintさま (sakurai)
2011-03-29 13:12:50
この時期、ものすごく安心して見れるものって、大事だなあとも思いました。
ちょっとバッ様がかわいそうな気もしましたがね。
どんな話だっけ?って、グリム童話引っ張り出してきて、読み返しました。やっぱグリムはえぐいのが多いですね。
3Dの吹き替えのみなんです。
ほんとにそろそろ考えてもらいたいんですがね。3Dって。
Unknown (mig)
2011-04-01 16:55:39
こんにちは。
これ、良かったですね~★
震災後やっと劇場で観る気になった映画でしたが
今観てよかったと思う作品でした。
夢、希望、信じて持ち続けたいですよね
>migさま (sakurai)
2011-04-04 08:56:58
荒んだときに、こういう映画が一番いいです。
気持ちがゆったりしました。
見ている間は、現実を忘れさせてもらいました。
ちょっとバッ様がかわいそうでしたがね。
しょこたん見直しました。 (KON)
2011-04-10 12:59:18
これは!なかなかいい気分で見れました。
こういうお話はいいですね。
さすがピクサー、センスがいい。実写を見ているような自然さと演出。アニメを超えましたね。
2人が仲良くなっていく過程で思わず涙。
こういうのはほんと久しぶり。いいもんです。
フリンの軽さ加減がツボでした。
海外ドラマ「フレンズ」のジョーイ・トリビアーニ入ってましたね^^!
>KONさま (sakurai)
2011-04-11 13:14:27
ちょっと落ち込んでるときや、気分が暗いときにはちょうどいい映画でしたね。
なだか癒してもらいました。
ただ、3Dはいらないなあ。
うーんと、これはピクサーではないと思いますよ。純粋ディズニー。

うぅ、すいません。「フレンズ」見てないんで、わからない。。。
☆馬☆ (みぃみ)
2011-04-14 12:14:16
こんにちは。
ミュージカル要素が強いとは知らずに見に行きましたので、歌い始めた時はビビりましたが、歌と映像がいい感じで、うっとり♪。
ゴーテルの「♪ラプ~ンツェル」の歌声がリバースしています。
お馬さん、ナイスキャラでしたね。
乗り手が吹っ飛んで行って、どうするのかと思っていたら、忠実な職務執行!。
とっても楽しめて、観て良かったな~と思えた映画でした。
>みぃみさま (sakurai)
2011-04-14 19:24:51
そうなんですよ。思いっきりミュージカル仕立てでしたね。
ちょおおっと、ミュージカルが苦手なもんで、歌の場面では、意識を飛ばしてたかも。
でも「ラプ~ンツェル♪」はしっかとインプットしてます。
お馬さんに馬カデミー賞をあげたいくらいでした!
こんにちは (はらやん)
2011-04-23 07:41:45
salkuraiさん、こんにちは!

>エイドリアン・ブロディ
確かに!
だれかに似てるなーと思ってみてたんですよね。
僕は2Dで観賞しました。
こちら画はとてもきれいなので、明るい2Dの方が楽しめるかもしれませんね。
>はらやんさま (sakurai)
2011-04-24 19:10:46
一目見たときに、これはエイドリアンだあ!と思いましたよ。
眉毛の垂れぐあいがそっくりでした。
2Dで十分なのですが、なんせ選択肢がない!これは問題ですよ。
Unknown (ケント)
2011-04-27 18:21:42
sakuraiさんこんにちは
やはり精神的に参っていますか。連日の原発被害や余震には本当に疲れますよね。
一体いつになったら収束出来るのでしょうか。とにかく心が折れないよう、心温まる映画でも観るしかないですよね。
マックスのスピンオフ、いいですね。私も賛成です。
>ケントさま (sakurai)
2011-04-27 22:43:36
いまは、だいぶいいですが、これ見た当時はかなり参ってたと思います。
大丈夫、大丈夫・・・と言いながら、やはり余震なんかがくると、かなり参りましたもんね。
ホッとできる映画に、気持ちを慰められました。とっても大事だなあと思いましたよ。
マックス、最高でしたね。また何かで活躍していただきたいです。
おじゃまします。 (ピロEK)
2011-11-06 23:49:46
おじゃまします。

最近のディズニーアニメは少し低迷気味に思っていたのですが、これは往年のディズニーアニメの安定度が戻ってきた…そんな映画でした。3DCGアニメとしてもディズニークラッシック系としても上手い着地点な映画だったと思います。

>ただし、どうも腑に落ちないのが3D。

メガネかける上映の事ですね。ポリゴンで立体的に作られたCGアニメの事では無くて。
私は3D上映で観る事が出来なかったんですが、他の方はぼんぼりを飛ばすシーンが圧巻だったと評していました。
もしかして3D上映って視力とかによって大きくとび出し方が異なったりするんでしょうか(個人差?)。
私もあんまり3D上映の恩恵を受けた覚えが無いので、映画館でも2Dの方を選んだりし始めています。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『塔の上のラプンツェル』・・・魔法の髪、元気印のプリンセス (SOARのパストラーレ♪)
ディズニーのプリンセス・ストーリーをこれまでじっくり観たことがないので断定はできないが、ここまで躍動的で表情豊かなお姫様はこのラプンツェルがおそらく初めてなのではないだろうか。 好奇心と勇気と優しさをしっかりと兼ね備えた明るく生き生きとしたヒロイン像は...
塔の上のラプンツェル (LOVE Cinemas 調布)
ディズニー長編アニメーションの第50作目で、グリム童話に登場するラプンツェルを映画化。若さと健康を保つ彼女の魔法の髪を巡り繰り広げられるファンタジー・アドベンチャーだ。監督は『ボルト』のバイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で務める。日本語吹替え版...
塔の上のラプンツェル(3D日本語吹替版)  監督/ネイサン・グレノ&バイロン・ハワード (西京極 紫の館)
【声の出演】  中川 翔子(ラプンツェル)  畠中 洋 (フリン・ライダー)  剣 幸  (ゴーテル) 【ストーリー】 深い森に囲まれた高い塔の上で暮らしてきたラプンツェルは、黄金に輝く長い髪を持った少女。母親ゴーテルに「外は恐ろしい世界。絶対に出てはダメ」....
塔の上のラプンツェル(2010)通常版:吹き替え (銅版画制作の日々)
 原題:Tangled MOVX京都にて鑑賞。通常版は吹き替えしかありませんでした。3Dはどんな感じかしらね。 原題の意味は絡む。つまりラプンツェルのこの長い髪の毛が絡むということでしょうか。それにしても凄いシンプルなタイトルですね。髪長姫、ラプンツェルが誘拐され...
塔の上のラプンツェル (Akira's VOICE)
「素敵」としか言い様がない! 
塔の上のラプンツェル 2D 吹替版 /TANGLED  (我想一個人映画美的女人blog)
タランティーノの去年のベストムービー5位 1位はピクサーの「トイストーリー3」だしタラちゃんほのぼのあったかムービー上位に入れてて驚。 タランティーノベストムービー2010 この「ラプンツェル」は小さい頃、分厚いグリム童話全集の中で読んでて、とくに印象に残...
『塔の上のラプンツェル』 あなたも超能力者? (映画のブログ)
 ディズニーは『魔法にかけられて』で失敗したと思ったのだろう。結局『魔法にかけられて』のジゼル姫をディズニー・プリンセスから外すことに決定した。何しろ、おとぎの国のジゼル姫が現代のニューヨークへ...
『塔の上のラプンツェル 2D吹替版』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「塔の上のラプンツェル」□監督 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ□脚本 ダン・フォーゲルマン □キャスト(声の出演) 中川翔子、畠中 洋、剣 幸■鑑賞日 3月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足...
映画:「塔の上のラプンツェル」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年4月13日(水)。 映画:「塔の上のラプンツェル」。 【監   督】バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ 【製作総指揮】グレン・キーン、ジョン・ラセター 【製   作】ロイ・コンリ 【脚   本】ダン・フォーゲルマン 【美   術】ダグ...
塔の上のラプンツェル (食はすべての源なり。)
塔の上のラプンツェル ★★★★★(★4つ) さすがのディズニーワールド全開! 前評判を裏切らない完成度と感動でした ディズニーって本当に「夢をみせる」世界ですよね。こんな時だから?こそ、うるっとね。 ミュージカルはアラジンぽかった(同じミュージックディ...
■映画『塔の上のラプンツェル』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
キュートな髪長姫が歌って踊って、愛する人と夢を実現させていく、映画『塔の上のラプンツェル』。 ディズニー長編アニメーション第50作目となる記念作品である本作は、目にも美しく耳にも楽しい、夢のように素敵な作品です。 夢を持ち続けることの大切さ、その夢を愛...
「塔の上のラプンツェル」 伝統と新風 (はらやんの映画徒然草)
「『ラプンツェル』って、あれか、ブッシュ(息子)元大統領が喉に詰まらせたやつ?」
『塔の上のラプンツェル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 塔の上のラプンツェル 』 (2010)  監  督 :バイロン・ハワード、ネイサン・グレノキャスト :マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット、 ロン・パール...
塔の上のラプンツェル (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  赤ちゃんのとき魔女にさらわれて、18年間もの長い歳月に亘って塔の上に閉じ込められ、魔女を母親と信じてきた、魔法の長髪を持つ王女さまのお話である。王女は一度でいいから塔の外へ出て、外の世界を見てみたかった。そして毎年自分の誕生日に、夜空一杯...
映画「塔の上のラプンツェル」 (Andre's Review)
tangled アメリカ 2010 2011年3月公開 劇場鑑賞 ディズニー好き、そして、グリム好き(さらに「ラプンツェル」1,2位を争うくらいに好き)には見逃すことのできない1本。 自分がインターネットを使い始めて間もないころにディズニーの新作の噂を英語圏のサイ...
塔の上のラプンツェル (銀幕大帝α)
TANGLED/10年/米/101分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード 製作総指揮:ジョン・ラセター 声の出演:マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ロン・パールマン 声の出演(日本語吹替版):...
塔の上のラプンツェル (いやいやえん)
どんな艶とこしなんだとツッコみたい長い長い髪の毛ですが、本来のラプンツェルの物語とは全然違っていて、実際のところかなり脚色されています。 それでも純粋なラプンツェルは可愛いし強いし(武器はフライパン)、なにより映像がキレイ。キャッホーのあとのネガな部...
『塔の上のラプンツェル』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
グリム童話を元にした、ディズニー・アニメーション・スタジオ第50作記念作品。 ということで第1作『白雪姫』から『ピノキオ』、『ファンタジア』、『ダンボ』に『バンビ』、『シンデレラ』や『ふしぎの国のアリス』、『ピーター・パン』、『くまのプーさん』、『リト...
【映画】塔の上のラプンツェル…文化的な親子(?)はポーランドの祭りに思いを馳せる (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日二度目の記事投稿(一度目はこちら) まずは近況報告から 昨日2011年10月22日(土曜日)は朝から小倉に出かけました。一緒に行った嫁さんが美容院に行く(所要予定時間2時間とのこと)というので、その間私は小倉をブラブラする事に… そういえばこの日が、HOBBYB...
映画 塔の上のラプンツェル (こみち)
JUGEMテーマ:洋画   外に出て喜んだり、落ち込んだりとラプンツェルは   物凄く感情が豊かな人物です。   冒険と恋愛の定番のテーマでしたが   グルム童話よりも明るく描かれており、ほっとしました。 ...
「塔の上のラプンツェル」(1回目) (或る日の出来事)
2011年公開作品を、いまごろ見てみて…すばらしいよ、ラプンツェル!
塔の上のラプンツェル(2011) (のほほん便り)
この作品、かなり好みだなぁ、と感じてしまいました。ずっと、誘拐され、悪い魔女に塔の中に閉じ込められて育った、ラプンツェル。彼女が、初めて外界に出て、万物に感動するシー......