迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ミックマック

2010年12月14日 | ま行 外国映画
20年ほど前に見た「デリカテッセン」以来、ジュネ監督の作品は大好きで、一応リアルタイム鑑賞は、続いております。
もともと寡作ですから、んな難しくないのですが、久しぶりで、うれしいです!!

さて、ひょん(?)なことから、頭に銃弾を受けてしまったバジル。手術では取り出し不可能と言われ、頭に入ったまんま。天涯孤独の彼に、仲間が出来る。ゴミ屋敷の中に作った砦の中を思わせる住処に、変な奴らが住んでいた。

人間大砲に、計算オタク、変な発明家やら、とにかく個性派ぞろい。バジルの境遇のもとになった、父親の地雷事故と、この銃弾事件。どっちもフランスにでんとかまえている兵器会社のもんだった。

これは復讐するしかない!!仲間たちと周到に練った計画で、この二大兵器会社の巨悪を暴いてやる!!

どこかダークなんだけど、やっぱりほのぼのしてくるタッチがジュネ監督の真骨頂だが、今回の作品は、特にそれが際立ってたように思う。彼が戦争オタクだというのは、有名だが、戦争が好きなんではない、あくまでも。

戦争で使われる小道具とか、様子とか、武器とかをいかにように生かしているかをとにかく再現したい!彼の作品を見るといつも感じる。武器の使い方を逆手にとって、きな臭い世の中に対するささやかな抵抗・・・みたいなもんだろうか。

主人公のバジルは、父親を地雷で亡くし、母は精神を病んだらしく病院に。そしてずっと孤児として育ち、ささやかに生きてきた。それなのに、神様のいたずらは残酷だ。何も通りすがりの戦いに巻き込まれ、銃を撃たれなくても・・・。

でも、それも運命。いつなんどき、何があるのかわからないのが人生だ。バジルはどんな時でもあきらめない。前を向いている。でもって彼が「持ってる」もんは、「仲間!」だったわけっすな。

ごちゃごちゃのおもちゃ箱をひっくりかえしたような猥雑さがまたいい。いつもながらのピノンも元気にもれなく登場。ダニー・ブーンは、「ぼくの大切なともだち」のときより、ずいぶんとスマートになったなあ・・・の感じで、最初誰だか分らなかった。

ジュネ監督の世界をたっぷり堪能したが、またしばらく作らないんだろうなあ・・・・。

◎◎◎◎

「ミックマック」

監督 ジャン=ピエール・ジュネ
出演 ダニー・ブーン アンドレ・デュソリエ オマール・シー ドミニク・ピノン ジュリー・フェリエ ニコラ・マリエ ヨランド・モロー ジャン=ピエール・マリエール ミシェル・クレマデ マリー=ジュリー・ボー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無事、生還!! | トップ | ANJIN ~イングリッシュ・サ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-12-14 23:03:07
客観的に観たらかなり凄いお話なんですが、この強烈なまでのキャラクターとジュネ監督であることを考えると笑って見れちゃいました。というよりむしろちょっと大人しめ?
『デリカテッセン』が好きなので、ドミニク・ピノンに注目してましたけど、相変わらずこの人存在がもう怪しすぎて好きです。(笑)
>KLYさま (sakurai)
2010-12-15 10:36:42
ほんとに中身って、大したことないのですが、この映像を作ったこだわりと、怪しすぎる仲間たちを見ているだけで、幸せでした。
ジュネ監督には絶対に欠かせない人ですもんね。
たまに他の映画で見ると、ものすごい違和感を感じますわ。
なるほどね。 (mezzotint)
2010-12-15 22:21:36
ジュネ監督の作品は好き嫌いが分かれる
のかしら?なんて私だけかもしれませんね。
とにかく乗れなくて、困りました。
観ていた方が爆笑されていたんですが、、、。
ひとりしらけていました。
きっと他の作品もダメかも。
>mezzotintさま (sakurai)
2010-12-16 11:47:59
かなり癖があるし、あたしの知り合いでも、どうしてもダメ!と言う人もいるし、ひとそれぞれでいいんじゃないでしょうか。
すこし、タメがあって、ぐわあーとカタルシスに持って行く・・という、パターンですが、ちょっとタメがありすぎたかもですねえ。
あたしはこのタメがまた好きなんですが。
悪戯 (オリーブリー)
2010-12-19 18:52:58
こんばんは。

悪戯にしてはかなりシュール(笑)
「アメリ」がダメなので不安でしたが、これは面白かった!!
ラストも爽快(笑)
「デリカテッセン」いつか見てみますね!
>オリーブリーさま (sakurai)
2010-12-21 07:53:33
そうですねえ。かなり迷惑ないたずら!
「アメリ」は、別もんですわ。
「エイリアン4」はある意味、彼らしいのですが、映画の方のコンセプトが違ってた。
いまだに不思議なんですが、なんでジュネ監督に作らせたんだろう??です。
「デリカテッセン」!!超シュールですよ!!
あの頃、まだうぶ(?)で、衝撃でした。
Unknown (cochi)
2011-01-10 23:47:09
こんばんは。
そうですかかなりの寡作監督のようですね。それでは果たして次回まで名前を覚えているかどうか。でも楽しみに。
>cochiさま (sakurai)
2011-01-11 10:20:05
「デリカテッセン」と「ロストチルドレン」、「エイリアン4」に「アメリ」と「ロング・エンゲージメント」。
で、これですから、寡作ですよね。
その分、徹底的なこだわりを感じさせますが。
今回も、彼のテイストを十分堪能しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ミックマック (LOVE Cinemas 調布)
『アメリ』、『デリカテッセン』のジャン=ピエール・ジュネ監督最新作。父親を地雷で亡くし、自らも事件に巻き込まれ頭に銃弾を受けた男が、仲間とともにその両方を製造した会社に復讐する様子をコミカルに描いたフレンチコメディだ。主演はフランスの人気コメディアンダ...
ミックマック (だらだら無気力ブログ)
『アメリ』『ロング・エンゲージメント』のジャン=ピエール・ジュネ監督が 『ぼくの大切なともだち』の人気コメディアン、ダニー・ブーンを主演に 迎え、奇想天外な物語と美しくもシュールかつ遊び心あふれる映像で贈る ファンタジー・コメディ。 不幸な人生を送る主人...
ミックマック(2009) (銅版画制作の日々)
 原題:MICMACS A TIRE-LARIGOT 世界が平和でありますように、、、、、。 悪人を...
ミックマック (心のままに映画の風景)
レンタルショップで働くバジル(ダニー・ブーン)は、発砲事件に巻き込まれ頭に銃弾を受けてしまう。 一命は取り留めたものの、銃弾は頭に埋まったまま、おまけに職も家も失ってしまった。 ホームレス同然に...
『ミックマック』は特攻野郎の一家だ! (映画のブログ)
 傑作『さんかく』の中に、「『アメリ』みたいでしょ」というセリフがあった。  『アメリ』みたい……すなわち、不法侵入や物品への干渉等の犯罪を、秘密裏に行うことだ。  その『アメリ』のジャン=ピエ...
アメリ監督最新作・映画<ミックマック> (美味-BIMI-)
それは、現代のおとぎ話 頭にうまったピストルの弾 パパは地雷でふっとんだ
ミックマック (Art-Millー2)
ミックマック 英題:MICMACSA TIRE-LARIGOT 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 撮影:テツオ・ナガタ 2009フランス オフィシャルサイト 《ジャン=ピエール・ジュネ》の作品であれば、是非! 彼の世界で生きる人達というのは、棲み分けがはっきりしているの...
ミックマック (銀幕大帝α)
MICMACS A TIRE-LARIGOT/09年/仏/105分/ファンタジー・コメディ/劇場公開 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 製作:ジャン=ピエール・ジュネ 脚本:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:ダニー・ブーン、アンドレ・デュソリエ、オマール・シー、ドミニク・ピノン ....