迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

花よりもなほ

2006年06月06日 | は行 日本映画
時は元禄十四(1701)年。江戸の中期は、将軍五代綱吉の時代である。信州松本藩士、青木宗左衛門は父の仇を追って、花のお江戸に来ていた。『チャーリーとチョコレート工場』を彷彿させるようなボロ長屋に住んで、貧乏を絵に描いたような長屋の連中と日々を暮らしていた。

是枝監督は、ホボあたしとおんなじ年。小さい頃は時代劇全盛で、毎日のようにさまざまな時代劇が放映されていた。好き嫌いにかかわらず、とにかく時代劇だった。素浪人シリーズに金さん、大岡越前、木枯らし紋次郎、NHKの名作『天下御免』やら、『男は度胸』、『ふりむくな佐吉』に『赤ひげ』等々。ちょっと時代が進むと今度は『必殺シリーズ』がはじまる。とにかく見た。そして好きだった時代劇。あたしが歴史の勉強をしたいと思ったのは、もしかしたら時代劇をひたすら見ていたのが理由と言っても過言ではないかもしれない。

今は、どのチャンネル回してもほとんど時代劇はない。せいぜいNHKにすこーしあるだけで、民放はほとんど手をつけていないのでは。なんでかは分からないが、あたしらにとっては普通に見ていた江戸の風景、街並、ちょんまげ・・・これらはもしかしたら本当に滅多に見れない、珍しいものになってきつつあるのかもしれない。赤穂浪士の討ち入りなんて、腐るほど見てきたが、もしかしたらものすごく新鮮なものなのかもしれない。

山田洋次監督が藤沢周平原作で、時代劇を撮るとはじめて聞いたとき、ほとんどの人が「え!」と思った。意外。出来た映画はなかなかの秀作だったが、監督は「ちゃんばらを撮りたかった。男として監督してきて、やはりチャンバラを撮るのが夢だった」と言った。もしかして是枝監督もそうだったのかな・・と思ったのだが、映画を見る限りは、監督の撮りたかったのはチャンバラではなく、とにかく江戸。江戸を撮りたかったのではと感じた。

仇討ちが公然と認められていた変な時代だ。犬が人間よりえらくて、縮小再生産が行われていたどよよーーんと停滞していた時代。何も生み出さない二本ざしがもののふの生き方を貫き、何となくぬるま湯に浸かった様な白濁した時代。

剣が苦手な武士がいてもいい。仇討ちの相手が本当はいい奴。うんうんあるある。隣の呼吸の音まで聞こえるような汚い長屋なんて、きっと今時の人が見たら、ものすごく新鮮なのでは。江戸時代、下肥は最高の肥料として珍重されていた。江戸の街並の長屋のような下肥の山は、農家にとってものすごく大事なもの。盆暮れには必ず付け届けをしたもんである。江戸時代は究極のリサイクル社会。狭い島国の中で、限られた資源をとことんまで使いまわす縮小再生産の社会だったのだ。勿体無い精神をとことん体現していた世界なのだ。

監督が、できうるかぎり江戸時代をつくりあげたいという気持ちがよく見えた。小学生が工作の時間に一所懸命、なんかを作りあげたいと言う気持ちに通じるものがある。ところどころにユーモアとペーソスをちりばめ、江戸を作った。仇討ちはその一つのエピソードに過ぎないように見えた。

是枝監督の新境地というよりもこういう映画も作りたかったんだよ、というようにあたしには見えた。チャンバラが少なかったのが少々不満だけど、こういう時代劇があたしはいっぱい見たい。

そして多分役者を思う存分使いたかったのだろうと。コンだけ贅沢な役者を使う事が出来たのも、今までの成果。あまりに役者の個性が強すぎて、役者を見せる映画になってしまったが、充分金払った甲斐がある。あたしの目当ては、はなっから岡田君だったのですが、これまた加瀬亮君光ってました。うーーん、いいです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とんでものもろもろ | トップ | リトル・ランナー »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時代劇 (kossy)
2006-06-07 21:25:11
うちの親父は時代劇好き。

ケーブルテレビに時代劇チャンネルができたために、

ちょっと目を離すといつもそのチャンネルになってます。

勧善懲悪のベタな1時間ドラマ。

好きな人は好きなんですよね~(笑)

是枝監督はこうした時代劇を嫌っていたようです。

もっと庶民的な時代劇。

少ないんですよね・・・
おぉぉぉっっ!! (しばっちゃん)
2006-06-08 07:44:57
岡田くん素敵w

最近さっぱり映画観てないや・・・

仕事で行く暇もナイ(泣
水戸コーモン (sakurai)
2006-06-08 08:38:24
様は絶対見なくていいのですが、中村主水が見たい!!

それもやってますか?うちの高校生なんぞ「京本政樹って本当に『必殺!』に出てたの?」とマジに聞いてます。

沖雅也とか・・・・・あーーーーー見たい、見たい、見たい。



>しばっちゃん様

たまに目の保養に行きましょう。行くという意志が映画に行かせてくれます。是非。



個人はインターハイ行くみたいだよ。団体は負けたけど。

Unknown (kazahana)
2006-06-08 10:26:31
こんにちは、コメント・トラバ返しありがとうございます♪



加瀬亮くんの役もちょい悪というか、格好良かったですね。

予告編で「オダジョー」と見間違えましたが(~_~;)

私も (sakurai)
2006-06-08 12:52:05
最初、誰?と思ってみていたのですが、だんだん加瀬君と確信してきて、新たな魅力発見でした。



総髪の髪型は決まってたのですが、月代そっちゃうと、あれ?ってな感じで、お城勤めはできない侍ですね。

Unknown (千幻薫)
2006-06-09 09:14:21
こんにちは~。

別な方のブログで見たのですが、この映画は9.11

に対する強いメッセージがこめられているそうです。

そうしてみてみるとひと味違った気がしますよね。

僕は見終わった後に知りました...(-_-;)

TVのインタビューでは監督何も言ってなかったのにな~。
へーーー (sakurai)
2006-06-10 10:07:44
どんなメッセージなんすかね。

復讐はすんな、っていうことかしら。なんか違うような気もしますが。

私は江戸時代特有のどよよーんとしたぬるま湯雰囲気がよく出ていて、アンニュイな感じがよかったです。
こんにちは (mambotaxi)
2006-06-10 23:31:07
当方にコメントを寄せていただいてありがとうございました。

私も岡田くん目当てだったのですが、満喫しました♪

加瀬亮くんは「オダジョー?」と思いながら見てました
コメント有難うございました (YOSHIYU機)
2007-06-19 23:21:26
TVでは時代劇が少なくなりましたが
映画では、『たそがれ清兵衛』以降
時代劇ブームですね。

私は、宮沢りえ目当てでしたが
キム兄が光ってました(笑)
どうもです (sakurai)
2007-06-20 08:39:32
昔だと、必殺とか、お家騒動とか、司馬遼太郎作品とか、山本周五郎作品とか、結構映画になったり、素浪人とか、TVドラマのいいのがバンバン作られてタンですよね。
必殺はまたどうしても作ってもらいたいですわ。
キム兄、いい味出してましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画vol.62『花よりもなほ』※試写会 (Cold in Summer)
『花よりもなほ』(2006年公開)*試写会 岡田准一 改メ 青木宗左衛門 監督:是枝  出演:岡田准一 宮沢りえ 『花よりもなほ 公式HP 』 06.05.26 博多百年蔵の試写会で観てきました。蔵なだけに、雰囲気はぴったり。 ...
花よりもなほ (ネタバレ映画館)
 風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残をいかにとやせん
映画『花よりもなほ』 (Wisp)
剣の腕はからきしダメ、逃げ足だけは天下一品な侍の仇討ちを描く、是枝裕和オリジナル脚本による時代劇。 是枝裕和監督といえば、前作の『誰も知らない』で、2004年カンヌ国際映画祭に
【劇場鑑賞61】花よりもなほ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
てぇへんだ、てぇへんだぁ! あだうちだぁ~!! 時は元禄十五年 舞台はお江戸の貧乏長屋 若侍の抱える使命は 父の仇を討つことだとさ ところがこの侍 えらく弱えときたもんだ
『花よりもなほ』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
かな~り期待していた作品。 今日は札幌から約20km離れた 江別のワーナーマイカル・シネマズ江別に遠征。 現地に着くまでは『(遠いから)もう2度と来ない獵』と 思っていたのですが...訂正<(_ _)> 設備が素晴らしい囹&a ...
花よりもなほ (Akira's VOICE)
日本の過去から届いた「戦わない強い意志」 ちゃんと受け取りました。
映画「花よりもなほ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
松の廊下の刃傷沙汰から1年後、時は元禄15年、五代将軍・綱吉の生類憐みの令は、お犬様のその時代、仇討ち男と長屋に暮らす人々と人情話。 吉良上野介とも浅野内匠頭とも、全く関係のない男、道場の息子でありながら剣がからきし駄目な青木宗左衛門(岡 ...
意外にハードなテーマが「花よりもなほ」 (That's the Way Life Goes)
[:映画:] 「花よりもなほ」 「誰も知らない」の是枝監督作品とはいえ、V6の岡田准一くんが出ていなかったら観に行かなかったであろう作品。 元禄時代の貧乏長屋を舞台にした人情時代劇。  喧嘩も剣術もからっきし弱い青木宗左衛門が父親の仇討ちをしよ ...
花よりもなほ (しんのすけの イッツマイライフ)
実は映画が始まった序盤、 あ、なんかこの世界感だいじょうぶかな~、 ついていけるかな~、、なんて危惧しちゃいましたが、 なんのなんの!! そんな心配した序盤がうそのようにドップリはまり、 とても楽しめました(^▽^)
花よりもなほ(映画館) (ひるめし。)
仇討ちだよ、全員集合! CAST:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/加瀬亮/中村嘉葎雄/浅野忠信 他 ■日本産 127分 仇討ちがテーマだけどゆるゆるな感じの時代劇でした~。 つまらなくなかったけどこれと言って何かひっかかるでもなかった映画だった。 へっぴりだ ...
【劇場映画】 花よりもなほ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。仇討ちに成功した暁には、名誉の回復だけでなく藩からの賞金も手に入るはず ...
『花よりもなほ』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
時は太平、元禄の世。 お犬様が持てはやされ…、ポツリを呟かれる、「俺たち人間も生き物なんだけど…。」 そんな時代を生きる人々の小さいな希望と、過ぎ行く日常を淡々とした描写で見せきった作品「花よりもなほ」 その時代に住む人々の小さな変化や、日常にス ...
花よりもなほ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
監督:是枝裕和出演:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/國村準/中村嘉葎雄/浅野忠信/原田芳雄 物語父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇、金沢十兵衛の所在を探 ...
花よりもなほ (CinemA*s Cafe)
http://www.kore-eda.com/hana/ 岡田くん。すてき♪かわいいし、かっこいい(*^O^*) ちょっとジーンと来てしまうシーンがあったのは岡田くんの表情だからこそだと思う私。 脇役達もなかなか良い味を出していて
「花よりもなほ」 (ひらりん的映画ブログ)
劇場公開時、ぎりぎりまで考えて、結局見損ねた作品。 だってⅤ6だし・・・芸人が安っちいし・・・。 DVDも新作価格から落ちてきたし、見てみることに。
mini review 07039「あかね空」★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : その他 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 120分 公開日 : 2007-03-31~ 監督 : 浜本正機 出演 : 内野聖陽 中谷美紀 中村梅雀 勝村政信 泉谷しげる 石橋蓮司 江戸は深川蛤町。職人たちが多く暮らす長屋が並んだ裏町で、井戸...
『花よりもなほ』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門(岡田准一)は、おんぼろ長屋で憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。ところが、この宗左、剣の腕はからっきしで・・・。感想『誰も知らない』の是枝裕和監督が打って変わって時代劇打って変わって明る...