迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

オール・ユー・ニード・イズ・キル

2014年07月16日 | あ行 外国映画
苦手な俳優の一人だったトムちんなんですが、最近本当にいいですなあ。なんでしょ?やってることはそう変わらないんだけど、どっかに弱さを含み、やけに幅の広い人間を演じてるような気がします。

今回ももれなくそのパターン。いかにも逃げ腰の情けなさ100%の戦闘経験0の広報官ケイジが、謎の侵略者・ギタイに攻められ、地球の存亡がかかる戦争の真っ只中に送り込まれてしまう。もちろんあがく、あがく、あがく。こんなはずじゃなかった!!と。でも、上司が一枚上手で、二等兵に成り下がったケイジはあえなく戦死。。。。これで終わりなら、映画は15分で終わってしまうのですが、もちろんんなことはない。

戦死したと思うと、一日前に戻っている。記憶はとどめたまんま。そしてまた一日だけの訓練を経て、戦闘へ。そして戦死。戦死。戦死。戦死。。。。。

じゃあってんで、せっかく同じ時を繰り返してるんだから、自分をスキルアップさせて、この延々と続くループ状態から抜け出そうとするのだけど、やっぱ戦死・・・・。そんな時に、この戦争の中で、最大の英雄、ギタイをめっためたに殺しまくった最強の兵士、リタに遭遇。リタも戦闘で命を落とすのだが、「自分を見つけろ!」と言い残す。

実はリタも、タイムループの経験を持つ兵士で、だからこそギタイを殺しまくることができていたと。でも、今はその能力をなくしていたわけで、前日に戻ったケイジは、毎日リタを探しては、リタと訓練を積んでいくということを繰り返す。これまた何度も何度も何度も。

徒労と思える繰り返しの中、なんとかギタイを滅ぼす糸口を見つけたケイジは、その方法を試そうとする。はたまた、何度も何度も何度も。

徐々に最終目的地にたどり着く二人。このタイムループには、禁忌が一つあって、大量の輸血をすると能力が失われてしまう。よって、けがをしたら死ぬこと。輸血される前に死なねばならない。

そこは映画ですんで、輸血されちゃうわけでございますよ。さああ、こうなったら今度こそ命がけ。一発勝負に賭けるしかない!どうなるケイジ!どうなる地球!

つうことで、タイムループを存分に使って、何度も繰り返される状況をスキルアップのために使っちゃう!!というのが新味。精神はスキルアップされるんですが、肉体的にはどうなんだろう?と疑問その一。何度も見せるのを飽きさせないで、それを見せる妙にしちゃうのは、さすがの監督の技だなあと感じました。

細かいとこを深く考えていくと、たまに???となるのですが、そんなことを思わせる暇もなく、どんどんと強引に進んで、突っ走ってるのがいいのだと思いますよ。腑抜けの根性なしから、だんだんと兵士の顔に名ていくんですよ、これが。演技派になったもんだわ、トムちん。

でもって、いいのがリタ役のエミリー・ブラント!意志のある表情と説得力ある二の腕!とってもいいです。

さて、最後がなあ〜。ここは原作と大いに違うとこなんで、賛否両論あるとこですが、ハリウッド的、トムちん的には正解でしょう。やっぱ、ビバ!地球!ビバ!アメリカ(?)!ビバ!トムちん!!じゃないと。軍隊の上官役がピッタリのビル・パクストンに、オタクの研究者させたら、超はまり役のノア・テイラー、そして嫌味な将軍、ブレンダン・グリーソンと役者がそろってます。

原作となった、ラノベをさっそく読んだのですが、原作のコンセプトを借りて、また別の世界を構築したっていう感じでしょうか。原作は、日本が舞台で、小ネタがしっかりしてて、展開に納得がいきます。難しいタイプループもんを納得いく形で仕上げるのはやっぱ困難なんだなあとも感じました。

若干、すとんと落ちなかった方は、簡単に読めるので、原作本をおすすめします。映画は映画として、一つの解釈と見ました。素直に面白かったです。


All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
桜坂 洋
集英社


◎◎◎◎

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

監督 ダグ・リーマン
出演 トム・クルーズ エミリー・ブラント ビル・パクストン ブレンダン・グリーソン ノア・テイラー 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飢餓海峡 | トップ | とらわれて夏 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-07-16 23:56:33
この力があったら、とりあえず繰り返される同じ毎日、違う映画を見続けてしまうんだろうなあ(運命変えられないよ)。
さすが (kon)
2014-07-17 13:28:11
今回のはなかなか良かったです。
情けなさや狡猾さを滲ませつつも、地獄のタイムループに入ったら、ちゃっかりスキルアップするあたり、やっぱりトムちん。
普通現実が受け入れられず、気が狂っちゃうものね〜。
最初相手役がアミリー・ブラントと聞いた時、「ん!?」でしたが、彼女頑張りましたね。
腕立てポーズのかっこいいこと、戦闘服が美しいこと。いつもと表情が一変していて潔い。
「頭で考えず、体で覚えろ!」彼女のセリフに励まされました。
人間って慣れるという高等技術があるのですね〜。
TB返し&コメントありがとうございました (西京極 紫)
2014-07-23 00:42:14
タイトルはビートルズの「ALL YOU NEED IS LOVE」が
元になってると判っていたらスルっと言えたかもしれませんね。

トム様、「オブリビオン」も面白かったけれど、
今回の「オール・ユー・ニード〜」の方がさらに面白かったです。

そうですか…原作の方が納得感ありますか。
機会があれば読んでみます。
インポッシブル (iina)
2014-07-24 08:04:18
>細かいとこを深く考えていくと、たまに???となるのですが・・・
そもそもギタイは、過去と未来を知り尽くしているはずですから、ケイジが現われることも予知できたわけであり、全知全能の
ギタイにすれば、ケイジにインポッシブルな舞台を提供したことになりますね。
なるほど、トムクルーズに華をもたせたのですね。

ともかく、面白かったです。
>ふじき78さま (sakurai)
2014-07-24 11:09:29
星新一のショートショートにありそう。
>konさま (sakurai)
2014-07-24 11:12:50
よーく考える暇を与えず、ぽんぽんと疾走するようなスピード感がよかったですね。
どんどんとスキルアップしていきますが、フィジカル面はどうなんだろう・・という疑問も考えさせない!
そこは納得入ってないんですがね。
エミリー・ブラントがとっても良かったですね〜。
女王様もやれれば、戦士も似合う!
>西京極 紫さま (sakurai)
2014-07-24 11:15:33
はい、でもそのタイトルもあんまり口にすることはないです。
トムちんの見せ場がそこここにちりばめられてましたが、情けない部分と、コメディ要素が効いてたぶん、こっちの方が面白かったです。

ラノベなんであっちゅうまに読めました。
日本が舞台ってのが、要所で効いてます。
>iinaさま (sakurai)
2014-07-24 11:18:03
コメントありがとうございます。
原作は、その辺が活用されてて、ギタイもスキルアップしていくことに対して、どう立ち向かうか・・・みたいな感じでしたね。
だからこそ、悲劇的な最後が効いてるような気がします。
まあ、こっちはハリウッドっすからねえ。
これはこれで楽しめました。
こんにちは (はらやん)
2014-08-09 17:35:53
sakuraiさん、こんにちは!

なにげに僕はトム・クルーズ好きなんです。
けっこう出演する作品に幅があって、セルフプロデュースに優れている俳優だと思うので。
本作、SF好きとして観てても、いろいろ凝っていて楽しめました。
原作はラストが違うのですね。
今度読んでみます!
>はらやんさま (sakurai)
2014-08-10 09:47:25
私は、若い時は苦手だったんですが、年取ってきてからがいいなあと、珍しく好みが変わってきた役者さんです。
丁寧に作られてて、好感が持てました。
まあ、最後はいかにもハリウッドでしたが。。。
ざっくり読めますんで、本どうぞ。
日本人的には納得いくと思います。
ビル・パクストン (バラサ☆バラサ)
2014-08-12 23:20:56
「ストリート・オブ・ファイヤー」で、女兵士にぶん殴られるバーテンダーだったのですが、出世したものです。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2014-08-22 20:34:25
先日、見直しました。
だったわああ!びっくりでした。
こんにちは (maki)
2014-11-12 09:26:38
ラストはいまひとつぴんとこなかったですが
ハリウッドらしい娯楽大作になってましたね
なにより、死にゲーを身をもって知っているぶん、
死んで繰り返す作業がえぐいながらも楽しくて。
この点が実に日本的というか、
めちゃくちゃ共感できまして、面白かったのであります
こんばんは! (ヒロ之)
2014-11-17 23:40:45
話題にはなっていたので、漫画の方は読みました。
映画の方はこれはこれで上手くストーリーを組み立てているんじゃないかなぁと。
ラストも割りと自分は好きです。
トムクルは最近、出演する映画に恵まれていますね。
それより、日本の原作がこうして面白い形に映画化された事に嬉しさを感じます。
>makiさま (sakurai)
2014-11-19 12:54:27
ラストは、ぜひ原作の方を。
ちゃんと納得いく締めになっているので。
いかにもハリウッド的な終わり方で、それもありでしょうが、やっぱちょっとね。
やり直すってのが、究極の人の欲望でしょう。それがうまーーく生かされてたと思います。
タイムループもんは、いつまでも無くなりませんね。
>ヒロ之さま (sakurai)
2014-11-19 12:55:36
漫画の方は読んでないです。
おんなじなのかな、本と。
映画は映画って考えたほうがいいのでしょうね。
ハリウッド的に、うまくまとまっていたと思いますよ。
あけましておめでとうございます (ピロEK)
2015-01-10 15:23:59
あけましておめでとうございます
ツメの甘さを多々感じ、ツッコミどころの多いSF映画でしたが、面白かったです。
ハリウッド娯楽映画風味に処理されていて、原作(マンガしか読んでません)よりも私の好みになっているんじゃないかと思われます。
では、また来させていただきます。
本年も宜しくお願いいたします。

>ピロEKさま (sakurai)
2015-01-13 13:57:26
おめでとうございますです。
また細く長く、なにとぞよろしく。

漫画の方も読んでみようかしら・・・と思いつつ、最近漫画読めなくなってきてます。絵と字を一緒に読むのが面倒くさくて。そろそろ老人の域だわ。
と言いつつも、なかなか面白い展開で、飽きさせませんでした。よかったと思いますわ。
Unknown (たお)
2015-01-16 09:38:09
遅らばせながら、あけましておめでとうございます!
本年度も宜しくお願いいたします。
で、本作のトムちん。
『ナイト&デイ』あたりからあまり表に出してこなかったアホちゃんっぽさを上手に使い始めてたんですけど、本作でもその辺が効いてましたねぇ。
>たおさま (sakurai)
2015-01-19 12:27:08
こちらこそ、どうぞよろしくです。
生き残り作戦、大成功!
この路線から、欲かいて、元に戻ろうとしないことを願ってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密 (映画のブログ)
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"とい...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (だらだら無気力ブログ!)
結局、何回死んだのかな?
オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を109シネマズ木場1で観て、トムちんのSFは難し目ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ぶひょひょひょひょんって宇宙人は大好き】   時間を操れる敵に勝てるのか。 時間を操れるなら、ドラえもんじゃないけど、もっと上手く操れるだろ、 って ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (風に吹かれて)
ミッションを必ずクリアする男トム・クルーズ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow 原作: All You Need Is Kill (桜坂
オール・ユー・ニード・イズ・キル (もののはじめblog)
ゲームは、トライするたびに上達する。ひとつのステージをクリアしても、次のステージが用意されるので進みたくなる。 失敗しても、リセットして再トライできるから、少しずつ腕を上げることができ、ゲームにはまる心理も分かる気がする。 つまり、経験が次に生かされる....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月13日(日) 19:20〜 109シネマズ川崎7 料金:2300円(IMAX3D) パンフレット:未確認 これまた使い古されたループもの 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト 最近では「ミッション:8ミニッツ」、毛色は違うが「バタフライ・エフェクト」...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳 (はらやんの映画徒然草)
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Some Like It Hot)
■「オール・ユー・ニード・イズ・キル/Edge Of Tomorrow」(2014年・アメリカ) 監督=ダグ・ライマン 主演=トム・クルーズ エミリー・ブラント ビル・パクストン キック・ガリー  トム・クルーズ嫌いを公言している僕なのだが、ついつい劇場で主演作を観る...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (いやいやえん)
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (銀幕大帝α)
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...
何度も死することで、 (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」レビュー(トム・クルーズ、未来を変える為に死ぬ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「オール・ユー ...
【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル…久しぶりに時間旅行についてダラダラ考察 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本来、年賀状書いたり、大掃除しないといけない時期 最近は(普段なら)ほとんど書かないブログ記事を書くという現実逃避行動に出ているピロEKです そんな訳で映画観賞記録 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来...