迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

TAJOMARU

2009年09月17日 | た行 日本映画
管領・畠山家とくれば室町時代の名門である。その跡継ぎである長男の信綱と、次男の直光。仲のいい兄弟に、幼馴染の大納言家の阿古姫が、いつも一緒であった。

そこに従者として加わったのが、屋敷に盗みに入った子ねずみ一匹。打ちのめされるところを、直光に助けられ、従者となり、桜丸という名をもらう。畠山家は安泰・・・と思っていたところに、軋みが生じる。

将軍。義政の横槍が入る。大納言家の金塊がほしい義政によって、直光と阿古の婚儀が暗礁に乗り上げる。阿古と結婚したものが、畠山家の正式な跡継ぎとされたからだ。跡継ぎは長男のはず。しかし、阿古と婚約しているのは弟の直光。

これは力で阿古を手に入れるしかないと思った信綱は、無理やり阿古を奪おうとするが、直光が阻む。仲のよかった兄弟は、将軍の気まぐれによって翻弄される。

阿古と逃げる直光だったが、その途上、盗賊に出会う。都にその名をとどろかせている多襄丸だった。二人を襲って、阿古を手に入れようとした多襄丸だったが、阿古はその場を逃げ、多襄丸は、直光に殺されてしまう。



そして、多襄丸に、名を受け継げ・・・と託された直光は、多襄丸となって、部下を従える盗賊の頭目になっていた。

ある日、聞こえてきた噂。畠山家の長男・信綱は急死し、その後を弟の直光が継いでいるという。おかしい。直光はこの私、ここにいるはずなのに、一体?畠山家に乗り込んだ直光は、そこで陰謀に満ちた謀略にはまったことに愕然とする。

多襄丸として捕らえられた直光は、所司代の前に引き出されるが、果たして真実は暴かれるのか・・・・。


と、何にも知らずに、TAJOMARUって、羅生門だったよなあと思いながら鑑賞と相成りましたが、なんと『羅生門』そのものではございませんか!!あの傑作を、又大胆にアレンジ!!『羅生門』自体が、いくつものパターンを生み出す一種のパラレルワールドで、これまた別の視点の愛の物語になっていると言う!!!

いやーー、面白い。うまい本です。何の間違いもなかった子供の世界に、大人のわがままが加わって間違ったベクトルに行ってしまった最初の間違い。人間の欲は限りがないが、その欲に身を滅ぼしてしまうか、それとも、それに勝る何が勝つか・・・。その辺のせめぎあいのあらわし方も見事なら、やっぱ小栗君でしたかね。

いや、おばさん、それほど小栗君のファンでもなんでもないのですが、短ランきて、ボンタンはいて、リーゼントしてけんか三昧している姿をマジにかっこえええ!と思った口ですから、こういう吼える小栗君は、うーん、いい!いいです。

話の展開に無理もなければ無駄もない。前の日に、やたら無駄なスローの多用と、無駄なテンションのイタイ映画を見たばっかりだったもんで、ますますこのスピーディーな展開と、たぎる熱さに見ほれてしまいました。

すーっと、自然に流れ落ちる涙がいいですね、小栗君。

配役も思いもつかないような人を配しながら、ぴたっと来るとこがいい。ショーケンの将軍は、鬼気迫ってましたな。阿古姫もお似合いでした。と、桜丸の非道ぶりがいい。

新たな『羅生門』でしたが、室町時代というのは、結構何でもありの世の中で、私、時代的にはとっても好きなところなのです。応仁の乱を絡ませて、下克上の世に至る展開もなくもないし、うまい!!



つうことで、大満足の一本。『クローズZERO』の面々の活躍も目にうれしく、室町時代版クローズZEROっすかね。多襄丸のZEROからの出発です。
もっかい見ようかしら・・・。

◎◎◎◎○

『TAJOMARU』

監督 中野裕之
出演 小栗旬 柴本幸 田中圭 やべきょうすけ 池内博之 松方弘樹 本田博太郎 近藤正臣 萩原健一
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火天の城 | トップ | いよいよ大会が迫ってきまし... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クローズ (miyu)
2009-09-17 15:37:46
ZEROとかは観てなくってあたしはやっぱり「X-MEN ZERO」派なのですが、
それでもこれは面白かったです。
こうゆうちょっとひねりのあるお話が好きなのですが、
小栗くんも確かに良かったのかもしれませんね。
うむぅ (KLY)
2009-09-17 19:59:52
ショーケンの切れまくった怪演にやられました。ヤバイですねぇあのお方は。小栗君は「クローズ」と同じなんですが、彼の場合、演技の外側より、内に込める気迫で勝負みたいなところがあるんで、やっぱり伝わるんですよねぇ。全体として新しいタイプの時代劇でしたが、若い世代がメインを張るようになってきて、こういうタイプが増えていくのかなと。一見正統派時代劇でも宮崎あおいちゃんが篤姫やる時代ですし。
えっ?? (mariyon)
2009-09-18 00:58:42
こっちはバラッド同様、パスって思ってたんですが・・・・。
sakuraiさんがそうおっしゃるなら、ちょっと心動きますね~~。
でも、まあ、「カムイ」もあるので、保留でしょうか?
>miyuさま (sakurai)
2009-09-18 22:14:52
クローズZEROの室町時代版!と開き直って作ってる感じが、とってもはまりました。
好きですわ、こういうの。
評価はかなり別れてるようですが。
あたし、なんだかんだ言っても、やっぱ好きなのはチャンバラなんだなあと思いますわ。
戦いのシーンのない戦国時代を見たばっかだったもんで、うっ憤ばらしにもよかった。
>KLYさま (sakurai)
2009-09-18 22:41:17
そうそう、小栗君の発するオーラとでもいいましょうか、あのエネルギーは、見てるとおばさん!!10は若くなります。
だからと言って完全に陽ではなく、陰の力強さみたいなもんを感じます。
ほとんど中身を知らずに行ったのが功を奏しましたが、あたしは完全にツボでした。
ショーケンも。
>mariyonさま (sakurai)
2009-09-18 22:56:06
いや、期待を持って行くと、はずすかも。
あたし、何にも知らなかったもんで、ハマってしまいました。
完全に「クローズZERO]でしたもん。
カラスが見れれば、これもOK・・・だと思いますわ。
「カムイ」は、まずこの連休でマンガを読みなおそうかと思ってます。
「カムイ伝」は、あたしの人生変えたマンガですが、外伝はまあ普通だから。
こんにちは (はらやん)
2009-09-22 17:25:18
sakuraiさん、こんにちは!

>室町時代版クローズZERO
まさにそんな感じですねー。
プロデューサーも同じですし。
小栗くんは、テクニックというよりも役に入り込んで感情が爆発するあの感じというのが素晴らしいですよね。
彼は今度監督もするんですよねー。
どんな作品になるんでしょう。
>はらやんさま (sakurai)
2009-09-22 19:32:42
結構スカッとしました。
作ってる方は、確信犯的に「クローズZERO」風味で作ってたと思いましたが、あたしにはいい方に作用したところです。
あの想いで演じることができる、なかなか稀有な役者さんだと思いますわ。
超ハンサム!!ってわけじゃないと思うんですが、気持ちが熱いハンサムなんすね。
こんにちは~♪ (由香)
2009-09-25 09:41:40
sakuraiさんは楽しまれたようですね~
私は全く受け付けませんでした、これ(泣)
カムイと並んで(涙)今年のワーストですぅ~

とにかくお話がダメでした~嫌な話だなぁ~って思って。俳優さんたちの演技も受け付けなかったなぁ~
小栗君は結構好きなんですが(イケメン好きなので・笑)、TAJOMARUはカッコ悪く見えちゃった。
>由香さま (sakurai)
2009-09-25 15:10:35
「カムイ」もだめでしたか。
あたし、そっちもそんなにひどい評価じゃないです。
だから映画は面白いですね。

もともといやな話で、「羅生門」なんか、一粒の救いもないですが、こういう流れもあるのか!と結構感心しました。
さすがの脚本だったと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
TAJOMARU (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『絶対、女を捨てない。 己を曲げない。 そして、どこまでも自由。』  コチラの「TAJOMARU」は、世界のクロサワこと黒澤明監督の「羅生門」の原作でもある芥川龍之介の「藪の中」、何度となく映像化されてきたこの名作小説を、その「羅生門」では世界のミフネこと...
TAJOMARU (LOVE Cinemas 調布)
芥川龍之介の『藪の中』に登場する多襄丸を主人公にしたオリジナルストーリー。主演は『クローズZERO』の小栗旬。共演に『真夏の夜の夢』の柴本幸、小栗旬と同じく『クローズZERO』のやべきょうすけ、『包帯クラブ』の田中圭、さらに松方弘樹、萩原健一といったベ...
「TAJOMARU」 苦悶の先に見たものは (はらやんの映画徒然草)
この秋は時代劇作品が多いですね! 先週から「BALLAD 名もなき恋のうた」、今
TAJOMARU (to Heart)
上映時間 131分 脚本 市川森一水島力也 監督 中野裕之 出演 小栗旬/柴本幸/田中圭/やべきょうすけ/池内博之/本田博太郎/松方弘樹/近藤正臣/萩原健一 芥川龍之介の『藪の中』に登場する盗賊“多襄丸”を主人公に、オリジナル・ストーリーで描く異色時代劇。 阿古姫(柴...
藪の中~『TAJOMARU』 (真紅のthinkingdays)
 室町時代、京の都。代々管領職にある畠山家の次男・直光(小栗旬)は、盗賊 の子を家臣とし、桜丸(田中圭)と名付ける。兄・信綱(池内...
★★「TAJOMARU」観てきました★★ (♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪)
ブログネタ:ご趣味は? 参加中 本文はここから 趣味はと聞かれるとやっぱり「映画館で映画を観ること」ですかね。 「映画館」がポイント 自宅でDVDなどで観てると邪魔が入るしどっぷりその世界につかることが出来ないのでやっぱり邪魔の入らない専用の場所で...
映画「TAJOMARU」@東京厚生年金会館 (masalaの辛口映画館)
 客入りは一階席は未確認、二階席は5~6割ほど。   映画の話 阿古姫(柴本幸)という許婚もいて将来を約束された畠山家の次男・直光(小栗旬)は、陰謀により家を追われてしまう。山中に逃げ込んだ二人は盗賊の多襄丸(松方弘樹)に襲われ、その際に阿古が言い放っ...
TAJOMARU (★YUKAの気ままな有閑日記★)
注目度の高い日本の若手俳優さんの主演映画が続々と公開されますね~『キサラギ』の小栗旬さんは『TAJOMARU』、『DEAH NOTE』の松山ケンイチさんは『カムイ外伝』、同じくデスノートの藤原竜也さんは『カイジ』、、、、、ふむふむ、、、全部観て、誰の映画が一番好みか、...
TAJOMARU (C'est joli~ここちいい毎日を~)
TAJOMARU’09:日本 ◆監督:中野裕之「RED SHADOW 赤影」「SF サムライ・フィクション」◆出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、本田博太郎、松方弘樹、 近藤正臣、萩原健一 ◆STORY◆乱世の時代、室町末期。代々管領職を排出する名門・畠山家...
[映画][劇場公開]TAJOMARU 66点 (さとうれおはオレだけか)
カムイと比べるとドロドロしていて話もわかりやすいし全然退屈はしなかった。 ヒロインが全然知らない女優だったので山賊になった時に女が二人出てきますが区別がつかなかったですね。後半ドーンと現れますが顔も大して知らないしってことでわかりづらいです。 予告だと...
TAJOMARU (週末映画!)
映画「TAJOMARU」の評価・感想のまとめ
TAJOMARU (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[TAJOMARU] ブログ村キーワード 評価:6.5/10点満点 2009年84本目(79作品)です。 【あらすじ】 阿古姫(柴本幸)という幼なじみの婚約者がいて、将来も約束されている畠山家の次男・直光(小栗旬)。 家臣の桜丸(田中圭)の陰謀により、山中に逃げ込んだ二人は盗...