迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

インビクタス 負けざる者たち

2010年02月05日 | あ行 外国映画
びっくりするくらいのまっすぐで、正統派の事実のスポ根もの!ということで、イーストウッドの意外な一面も見れたような一本でした。

さて、言わずと知れたネルソン・マンデラ。彼が長いこと、刑務所に入り、テロリスト扱いされてきて、白人からは悪魔のように思われていた30年。

長きにわたったアパルトヘイト政策に対して、世界からの批判、経済制裁等を経て、1990年2月11日、彼は釈放されるのだが、その辺の詳しい流れを知りたい方は、「マンデラの名もなき看守」をご覧になると、よーく分かる。

アパルトヘイト時代の、とんでもの状況などは、「遠い夜明け」や「サラフィナ!」などがよく出来てる。ぜひ、ご高覧を。

マンデラが釈放されて、道を走っている様子から始まるが、これで対比が見事にわかるのがさすが。整備されたきれいなグランドで、ラグビーをやってる白人の苦々しい様子と、「マンデラって誰?」といった雰囲気。

片や、でこぼこの汚い野原で、サッカーに興じる黒人たちの歓喜の声。この風景だけで、わかってしまうのがうまい。

そして彼は4年後、大統領に選出されるが、報復人事など一切なし。自分を30年近く牢獄に閉じ込めていた人々を、恨むどころから、赦して、手を取り合っていこうと語りかける。はっきり言って、並みの人間にはできない。彼だからこそできたことなのだが、問題はそこだ。

人格高潔で、非の打ちどころがなく、みんなをぐいぐい引っ張ることができる人。「いやー、彼のようにはできない」とか、「彼だからこそできたんだ。私にはできない」・・・・。と言ってしまい、自分たちにだってできることをやらずにしまってはいないか。マンデラに押しつけてしまってはいないか。

南アのことだけではない。ここ自分たちが暮らしているところで構わない。まっすぐな当たり前のことをし、恨みを抱かず、少々寛大な心を持つ。それができたら世の中変わりそうな気がするのだが。もとい、できたらではない。一人の人間がやれたんだから、私らにだって、できないはずがない。そんなことを思いながら見ていた。

また、マンデラの口からでる言葉が素晴らしいものばかりなのだが、そんなことをさらっと言えるのは、モーガン・フリーマンならでは。

モーガン・フリーマンがほれ込んで、作り上げた作品。いまや、前世紀の遺物となったアパルトヘイトは、それ自体はなくなったが、なぜにそのような悪行が普通になされたのか、その影響は、いまだにアフリカに暗雲を立ち込めさせている。

イーストウッドが作るということで、認知度はぐぐっと上がる。ぜひ多くの人に知ってもらいたいことをモーガンは、いい人を使った。立ってるものは、なんでも使えだ。

へーーと思ったのが、【ラグビーは、紳士がたたかう暴力的なスポーツ。サッカーは、暴力ものがたたかう紳士的なスポーツ】と。うーん、なるほど。あんだけの体を作ったマットに拍手。

◎◎◎◎

「インビクタス 負けざる者たち」

監督 クリント・イーストウッド
出演 モーガン・フリーマン マット・デイモン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンヴィル | トップ | ラブリーボーン »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です! (オリーブリー)
2010-02-07 11:53:20
sakuraiさん、こんにちは。

私もマンデラ氏の言葉にイチイチ感動です。
もしかして経験者なら解るかも知れませんが(笑)
些細な日常で起こることも、根に持つより許し、過去の事と割り切るのが、自分の未来が明るく穏やかなんですよね。

>ラグビーは、紳士がたたかう暴力的なスポーツ。サッカーは、暴力ものがたたかう紳士的なスポーツ

そうそう、これ上手い喩えでしたね。
マットは身体使う役が良いわ!
そうですね (miyu)
2010-02-07 15:22:55
マンデラだけでなく南アの黒人たちが出来たのだから、
世界の人々が今度は南アを見習うべきなのでしょうね。
世界の恥だったアパルトヘイト、
でもそれを乗り越えたら、世界に誇れる国になるんですもんね。
その通りです (KLY)
2010-02-07 19:50:24
マンデラ大統領の優れたところはそこですよね。「私なんかが」と思う人々を結集させた文字通りの指導者でした。タクトを振るというのはこういうことを言うんでしょうね。当然自らも率先して実行するということで。
日本は名誉白人扱いをされてきました、特に同じ有色人種でありながら、アジアを低く見る傾向は未だにあります。日本人こそ見るべきだと思いました。
モーガンとマットのノミネートもうれしい (風子)
2010-02-08 19:58:11
映画のおかげで、広く知ってもらえるといいナと思います。
一般人のひとりひとりの思いが結集すると、力になるのですよね。
感動しました (マリー)
2010-02-08 20:49:19
こんばんは~~。

本当にまっすぐ直球な映画でしたね。
ひねりも何もなく、実話に基づいた・・・
本物の重みを感じました。
『マンデラの名もなき看守』が観たくなりました(未見なんですぅ)

私も
>ラグビーは、紳士がたたかう暴力的なスポーツ。サッカーは、暴力ものがたたかう紳士的なスポーツ
に、へぇ~って思いました。なるほど!ですよね~。

“赦し”心が狭い私には絶対無理かも~と情けない思いがしました・・・汗
>オリーブリーさま (sakurai)
2010-02-09 08:06:54
>マンデラ氏の言葉にイチイチ感動です。
そうなんですよ。
思わず、メモしてました。
いい言葉の連続でした。
実際は、誰が目もしてたんだろ?なんて疑問を抱いたりして。

人間ってのは、もともとがばらばらな生き物ですから、それを一つにする!っていう方が摂理にあわないのかも。でも、それを一つにする一番簡単で、わかりやすいのは、スポーツなんでしょうね。
そんなことを考えながらこぶしに力を込めて見てました。

マットの肉体改造には、いつも感服ですわ。
>miyuさま (sakurai)
2010-02-09 08:11:36
世界に誇れる国になってるかというと、そこの部分には、きっとマンデラさんは忸怩たる思いをしているかもですね。
今の南アを見ると、マンデラが目指した国とは、ちょっと違った方向に行ってますから・・・。
つくづく、人間ってのはエゴの生き物ですが、少しでいいから、マンデラのような心持になりたいもんです。
>KLYさま (sakurai)
2010-02-09 08:14:23
ガンディーといい、キング牧師といい、マンデラといい、こういう人の行動を見ると、ものすごく勇気があって、揺るがない意志を感じますが、誰でも心の持ちようでできるんだ・・・ということを教えられたような気がします。
心したいと思います。
sakuraiさんへ・・・。 (mezzotint)
2010-02-09 11:35:21
TB&コメントありがとうございます。
イーストウッド監督作品としてはシンプルで
ストレートな作品でしたね。多分この手の
ものって結構難しいと思うのですが。
さすが監督、上手いなあと思いました。
私はどちらかと言えばもっと癖のある作品の
方が好きですが(笑)
>風子さま (sakurai)
2010-02-09 15:23:39
まず始まりは、知ることですからね。
でもって、知は力なり!と言うことで。
なんとか世の中、よくなってもらいたい!その一言です。
>マリーさま (sakurai)
2010-02-09 15:30:45
「マンデラの名もなき看守」!!よーく出来てますよ。ぜひ。
こちらも事実に基づいてますが、この人の人生は、どんな小説よりも凄いし、説得力があるし、まっすぐですから。
やはりストレートに、きちんと作る方が、なにより大事だと思います。

商売柄、赦しが絶対条件なことと、絶対に赦してはいけない狭間で、いつも悩んでます。
基本は赦しをおおらかな心で抱かないとならなのでしょうね。がんばりましょう。マンデラを見習って・・・。
>mezzotintさま (sakurai)
2010-02-09 15:48:03
イーストウッドにしても、マンデラと言う人は大きすぎて、まっすぐ、そのまま描くのが一番いい!と思ったんではないかと思います。
一癖も、ふた癖もあるほうが面白いし、みる方も期待しちゃいますが、こういうのもいいなああと思いましたよ。
息子二人~ (cyaz)
2010-02-09 17:48:38
sakuraiさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

俳優としても、そして監督としてもやはり非凡なことを
自身が証明してくれたような作品でした。
“人を赦す”気持ちは現代人も生きていくうえで、
鑑にしたいものですね!
フリーマンが萎んだらマンデラのような風体でしたが(笑)
イーストウッドの息子二人も出てたんですね~
ラグビー・・・ (マリー)
2010-02-09 21:57:00
sakuraiさん~ こんばんは~。
ラグビーの解説ありがとうございました。
すご~く分かりやすかったです。

そのうえで、あの得点差・・・気が遠くなりました。野球と違ってコールドはないのですね?(苦笑)

>cyazさま (sakurai)
2010-02-11 15:31:12
世の中を俯瞰するような、ちょっとひねた作品は当然のことながら、こういった王道をいくスポ根ものも半端なく見せちゃうのが、やっぱイーストウッドですね。
「マディソン郡~」とかのころは、そんなにすごい!とは思えなかったのですが、70過ぎてからが、すごいってのが、すごいです。
ものすごい雪の道路で、つい譲り合いの気持ちを忘れてしまって、反省しきりです。マンデラさんのようにでかい気持ちにならないと!!って、ちっちぇええー。
>マリーさま (sakurai)
2010-02-11 15:32:27
いやいや、恐れ入ります。
コールドはないですね。
時間がはなっから決まってる競技ですからね。
こんばんは (はらやん)
2010-02-13 20:44:35
sakuraiさん、こんばんは!

>マンデラに押しつけてしまってはいないか
確かにそういうところあるかもしれないですね。
アパルトヘイトほどではないにしても、恨みつらみというのは日常生活でもありますよね。
そういうことも越えて赦せるというのは、なかなかできないことですが、そういうことは少しずつ社会をよくしていくことなのかもしれません。
>はらやんさま (sakurai)
2010-02-15 11:01:11
人ってのは、本当に面倒くさがりで、労を惜しむ生き物ですからね。
こうやって、やってくれる人がいると、おんぶに抱っこしちゃう・・・。
そんなことを反省しながら見てました。
日常でも、いろいろと腹のたつことばかりですが、彼のような心持になりたいモンです。
こんばんは (バラサ☆バラサ)
2010-02-17 02:06:10
名言の数々が説教臭くなく、サラリと心に染み込んでくるのがいいですね。

先生の作品にしては、シンプルな直球でしたね。「スペース・カウボーイ」にノリが近いかって、全然違うタイプの作品ですが。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2010-02-18 16:38:41
またこれが、モーガンさんの口を借りると、重みが増すんですよね。

うーん、「スペース・カウボーイ」ですか?
あの作品は、先生の中でも、あまり思い出して欲しくない作品ではないかと思います。
Unknown (ケント)
2010-02-18 20:47:48
sakuraiさん、こんにちは
多少の脚色はあるかもしれませんが、それにしても、りっぱな大統領だと思いました。
人を憎めば憎まれる、暴力を振るえば暴力で仕返しされる。
過去のことはぐっと堪えて、白も黒も共に平和に暮らすための政策は、共に誇りを持てるものを持つということだったのですね。
さすがにノーベル平和賞の価値は高い!
>ケントさま (sakurai)
2010-02-20 11:49:17
20世紀の偉人の一人ですからね。つくづくすごい人だと思います。
先日見た「キャピタリズム」などの、マイケル・ムーア作品を見てると、アメリカの進んできた道は、間逆で、敵をいかに作り出すか・・・でしたからね。
許すという行為は、そんなに難しいことなんでしょうか。
この気持ちだけでも、持っていたいです。
おじゃまします (ピロEK)
2010-10-09 03:38:23
おじゃまします。
イーストウッド作品に対し、私が勝手に抱く期待&勝手に思い描く作風ゆえか、期待には届かずという作品でした。
アパルトヘイトに対する理解不足よりも、ラグビー観戦に対する理解不足がノレなかった理由として大きいですかね。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2010-10-12 21:17:35
いつものイーストウッドの描く、どっかニヒルな社会派・・・っていう感じではなかったのですが、逆に新鮮さを見たような気がしました。
アパルトヘイトは、いろいろと調べると、歴史的なもんも関係してきて、深いです。
白人と黒人の調和 (zebra)
2015-07-27 10:14:01
おはよういございます!先日見ましたよ。
あのモガ彦(←モーガン・フリーマン)がデラ夫(ネルソン・マンデラ)を演じた作品ッスよ
デラ夫さん もう今は亡くなっちゃったんですが・・・

いきなり 前フリで モガ彦が27年ぶりに釈放で大統領になって
、同じ黒人に 「ただちに武器を捨てなさ~い」と刀狩宣言(あんた、豊臣秀吉かい)

 んで、モガ彦の理念が”白人と黒人の調和”ということで 黒人の警護係りの希望を聞いて 増員しようとしたら 白人の警護係りを呼んでんじゃん!

 さらに デモ太郎(←マット・デイモン)率いるラグビーチームがボロ負けをいいことに ユニフォームとチーム名を変える黒人集会で モガ彦が ジャジャジャジャ~ンと 特撮アクション・ヒーローのごとく すばやく登場

「名前は変えちゃあダメ、 白人たちの宝は取り上げちゃならん、国づくりの手持ちのレンガは黒だけでなく白に染まってても積み上げよう」とか なんとか

それだけじゃあのうて 白人にもデモ太郎を通じて
「黒人の子供たちにラグビーを教えてやってくれないか」とか
「黒人の歌である”アフリカに祝福を”を試合会場で歌ってほしい」とか モガ彦は依頼(無茶させすぎじゃ!)

 チームの選手たちは ただでさえ監督に勝て、勝てとプレッシャーかけられとんのに教えるゆとりなんかねえよ・・・

 歌だって 読み方わかんねえしぃ~・・・
 
けど、デモ太郎は「大統領の理念は賛同するに値する。口パクではなく 国歌としてキチっと歌おう」と呼びかけとるわ~

 しっかし、実際 貧民層の子供たちにあったところ 案外 サバけとるわ~。

ラグビーのルールを知ってるかい、と聞いたところ
「審判の見てないトコなら相手選手をブン殴れる」・・・(←ムカつくヤツならそのとおり)

 選手たちも黒人の子たちと 打ち解けてるじゃん(そこが 肝心)

 なんだかんだで 歩みよれば 白人と黒人も調和できるってコトを証明されたワイ!
>zebraさま (sakurai)
2015-08-17 09:58:55
いまだ様々な問題は山積してるし、犯罪率やら殺人率やら、とびぬけてますが、まだまだ始まったばかりなんすよね~、この国は。
それがこの映画見ちゃうと、「おおーー、この短い間によくまあ、進んだことか!!」と思っちゃう。
確かに進んだんでしょうけど、デラ夫さんがいなかったら・・・、いたからできたこと・・・・。
でもって、みんなデラ夫さんにおんぶにだっこにしてなかったか?
なんてことを今更思い返してます。
何かを変えるってことは本当に難しいことなんだろうな、と。
でも、変えようと思えば変えられるってことも知っておかないとね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インビクタス/負けざる者たち(2009) (銅版画制作の日々)
 原題:INVICTUS ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 あのクリント・イーストウッド監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品です。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ネルソン・マンデラと言えば、2007年公開の「マンデラの名もなき看守」を思い出し...
インビクタス/負けざる者たち (心のままに映画の風景)
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。 いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経...
インビクタス 負けざる者たち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映...
インビクタス/負けざる者たち (だらだら無気力ブログ)
『チェンジリング』『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで開催されたラグビーW杯をめぐって 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとその周囲の 人々の感動の実話を描く。 原作は、ジョン・カー...
インビクタス 負けざる者たち (LOVE Cinemas 調布)
『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデ...
インビクタス/負けざる者たち (試写会) (風に吹かれて)
国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play
『インビクタス/負けざる者たち』 (purebreath★マリーの映画館)
               ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語『インビクタス/負けざる者たち』監督・製作・・・クリント・イーストウッド出演・・・モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー...
インビクタス/負けざる者たち (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で~すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図...
『インビクタス/負けざる者たち』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、  ...
インビクタス/負けざる者たち/Invictus(映画/試写会) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワードインビクタス/負けざる者たち(原題:Invictus)キャッチコピー:ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。製作国:アメリカ製作...
『インビクタス/負けざる者たち』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
1995年に南アフリカ共和国で開かれたラグビーのワールドカップでのこと。国の恥とまで呼ばれた南ア代表チームが、初出場ながら初優勝を成し遂げるという奇跡の物語で、監督クリント・イーストウッドとしての30本目の作品。試写会に当選したので、昨日ヤクルトホールで観て...
「インビクタス/負けざる者たち」の感想を追記しました。 (MOVIE レビュー)
2月に観る映画をピックアップしています。まずは2月5日(金)公開の「インビクタス/負けざる者たち」です。監督がクリント・イーストウッド、主演がモーガン・フリーマンとマット・デイモンと言われれば、もう期待するしかないのですが・・・、内容のキーワードが「南...
クリント・イーストウッド監督 「インビクタス/負けざる者たち」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
この間、TVのクイズ番組で「何故、映画館でレディースデーをやってる所は多いのに、メンズデーをやってる映画館は少ないのか?」と云う問題が出ました。 そうそう何故なんだ?と自分も思ったンですが… 正解を聞いて、あぁ~~なるほど!と 女性は女性同士で連れ合っ...
インビクタス/負けざる者たち (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[南アフリカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年10本目です。 【あらすじ】 1990年。 人種隔離政策のアパルトヘイトに反対し、27年間も投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が釈放。 その4...
『インビクタス/負けざる者たち』が必要なときは? (映画のブログ)
 ネルソン・マンデラと長年の友人である俳優モーガン・フリーマンは、長いあいだマンデラの人生を映画化することに取り組んできたという。 ...
映画「インビクタス/負けざる者たち」 (FREE TIME)
映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。
インビクタス 負けざる者たち (yanajunのイラスト・まんが道)
『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
インビクタス/負けざる者たち (小部屋日記)
Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッ...
インビクタス/負けざる者たち / INVICTUS (勝手に映画評)
実話を下にした映画。1994年、南アフリカの歴史上初めての全人種が参加した大統領選挙に置いて大統領に当選したネルソン・マンデラ。政治的実権も握った圧倒的多数の黒人に対し、実権を失った少数派の白人側は戦々恐々としていた。そんな状況を見ていたマンデラは、翌1995...
「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム (はらやんの映画徒然草)
タイトルにある「invictus」とは聞き慣れない英語だと思ったら、「不屈」を意
インビクタス 負けざる者たち  INVICTUS (映画の話でコーヒーブレイク)
クリント・イーストウッドの新作、今回も「毎日1000円キャンペーン」中のワーナーシネマズ海老名で 見てきました。 しか~し、日本語タイトル「負けざる者たち」って、かなり苦しいタイトルやなぁ~。 調べてみたら「Invictus」とは1888年に発表されたウイリアム・ア...
インビクタス‐負けざる者たち‐ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月13日(土) 18:30~ チネ9 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 『インビクタス‐負けざる者たち‐』公式サイト 巨匠イーストウッド先生の新作は、大統領役者モーガン・フリーマンをネルソン・マンデラに迎えた、素直でストレートな爽やかス...
インビクタス/負けざる者たち (Movies 1-800)
Invictus (2009年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン 1995年、南アフリカで開催されたラグビー・ワールドカップに秘められた実話を描いたドラマ。 27年にも及ぶ投獄生活から解放...
インビクタス/負けざる者たち One World~( '∇^*)^☆Love~♪ (労組書記長社労士のブログ)
☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ~ ☆ 【 {/m_0167/}=4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「組合役員との議論の夢」、昨夜は「労使交渉...
インビクタス/負けざる者たち (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  30年近く牢獄に閉じ込めた白人たちを赦し、白人と黒人が共存出来る国を創った南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領。この作品は、彼が南アが唯一世界に誇れるラグビーを通して、人々の魂を揺るがすような人間愛を貫いた感動作品である。 監督は絶...
インビクタス/負けざる者たち (to Heart)
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 原題 INVICTUS 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 原作 ジョン・カーリン 脚本 アンソニー・ペッカム 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出...
【映画】インビクタス/負けざる者たち (新!やさぐれ日記)
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな...
インビクタス (映画的・絵画的・音楽的)
 『インビクタス/負けざる者たち』を渋谷のシネパレスで見ました。  クリント・イーストウッド監督の作品については、これまでも随分とおつきあいをし、昨年だけでも『チェンジリング』と『グラン・トリノ』の2本を見ているので、この作品もぜひと思って映画館に出向...
インビクタス/負けざる者たち [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ちょっと物足りない。実際に起こった奇跡のような出来事に、マンデラその人の偉大さを重ね合わせるのは良い。アパルトヘイトという過去の記憶を鮮やかに覆す感動はあるが、それは映画で描かれていない部分の記憶から得られる感動であって、映画的高揚感とは言えない。
【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日){/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビール{/beers/}を少し飲んだので)昼過ぎまでダウン{/face_hekomu/}。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜には帰省している学...
『インビクタス/負けざる者たち』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、 ザック・フュナティ、グラント・L...