迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

2009年11月18日 | は行 日本映画
今週末から始まる映画ですが、宣伝マンです。
どうぞ見てくださいませ!!

2チャンネルの書き込みかがきっかけになった話と言えば、「電車男」がありますが、こちらもいかにも2チャンネルだなあ、と。

いじめられっこで、NEETだったマ男君。やっとの思いで就職した会社が、実は・・・・。

いわゆるブラック会社ってやつ。就業規則が守られない、残業や徹夜は普通。同僚のスキルは低いし、昼飯なんぞ、食ってる暇もない。これはブラック会社だあ!!と思っても後の祭り。俺には、もう後がない〜。どうするマ男??

というお話ですが、あははは、あたしもこういうとこで、長いことを仕事をしてきたもんで、改めてケーキ屋って、ブラック会社ってやつだったのか〜と、思った次第であります。上の項目は、見事にみーんな当てはまりますよ!!そんなもんす、仕事なんて。

本当にきついですよね。限界まで、やらなければならない。どこが限界なのかわからなくなってきますが、やらなければならないんですよ。じゃあ、なんでそこまで追い込まれて、命を削るみたいにきついことができるのか!!というと、責任ってやつじゃないでしょうか。

お母ちゃんのためとか、お父ちゃんのため、誰かを見返すため、好きな人のため、仲間のため、お金のため、意地・・・。いろいろあると思うけど、その仕事があるのは、自分という人間を認めてもらい、自分に任せられたものだから。

自分の代わりはいくらでもいるかもしれませんが、今の自分に任せられたものは、自分がやらなきゃ。それが大人っすよ。そんなときに力になってくれるのが、仲間でしょうかね。過酷かもしれないけど、大丈夫!自分って強い。人間って強い。そんな思いが伝わってきます。

ツウことで、若い人も、そうでもない人も、元気のない人も、元気いっぱいの人も、仕事のない人、仕事に追いまくられている人も、ぜひたくさんの方々に見ていただきたい。そんな映画です。

会社の中の個性あふれる面々がとってもはまってます。中学生の役は、やっぱ無理があった徹平君は、前向きな感じを失わない雰囲気が、とっても似合ってました。大人になったなあ。

「ばーーか!」の罵声が、これほどぴったりくる人もいない品川に、人格者の田辺誠一も、ハマってましたねえ。で、なによりピキーーンと来たのが、周瑜にあてはめられた木村君の田中圭!「TAJOMARU」で、非道な桜丸で、超インパクト残したのですが、いいですね。若い役者さんで、こういう役柄が似合う人は、貴重ですよ。


今週末から公開です!ぜひご覧くださいませ。

◎◎◎◎

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

監督 佐藤祐市
出演 小池徹平 マイコ 池田鉄洋 田中圭 品川祐 中村靖日 千葉雅子 森本レオ 田辺誠一
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代行のススメ | トップ | セントアンナの奇跡 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
試写会にて (GMN)
2009-11-18 19:28:16
もしかして割と前の方に座ってませんでしたか?
感想書いてたら一番最後になってて声かけられませんでしたけど。

そそ、会社なんてどこだって厳しい部分はありますよね。楽な仕事なんて世の中にそうそうあるはずもなく。
そういう面では「ブラック会社」なんて大げさな言い方に思えてしまいますけど、なぜ働くんだ?って所までをちゃんと描いてあったのは良かったですね。
ふふふ (KLY)
2009-11-18 23:53:23
多分みんな会社だけ見てると、この程度はぬるいって思われる方多いんじゃないでしょうか。かく言う私も、3日徹夜後に意識が飛んで、気がつくとテープの山の中に埋もれてたこととかあります。
にしても強烈なキャラですよねぇ。劇中では中卒ってことでマ男くんが特別視されちゃうけど、私らから見たらむしろお前らの方が変だって!って。(笑)
藤田さん良い人すぎます。あんな人、私の若い頃にはいませんでした。むしろリーダーばっか。ボロボロになって帰るときに「お疲れ様でした!」っていったら「大して疲れてなんかいねぇくせに。」って言われたのを今でも覚えてます^^;
>GMNさま (sakurai)
2009-11-25 09:54:08
あたしは、いつも前の方に座るので。
自分の前に人がいるのがだめナンスよ。

そうそう、仕事なんて、多かれ少なかれ、みんなそんなモンですよね。
みんな、踏ん張れ!と応援したくなります。
ちょっと踏ん張りが利かなくなってきたので。
>KLYさま (sakurai)
2009-11-25 11:05:20
ですよねえ。
期限があったり、かきいれどきがある仕事なんて、アンナモンスよ。
なかなかみんな個性豊かで、でもそれが生きてて、きちんと描かれてるのがよかったです。
つい言っちゃいますよね、「お疲れ様」って。
こんにちは♪ (junjunf)
2009-12-04 12:17:45
お邪魔しまーす♪
コメントいただき、ありがとうございます。

面白かったです。
こういう映画、大好きなんですよね〜。
「一生懸命」って悪くないって思えます。
多かれ少なかれ、仕事上ああいった状況になること、経験ある方多いだろうし、私もつい共感してしまったり。
そこで成長するか、投げちゃうか。
支えになる仲間がいるといないじゃ大違い。
仲間っていいな、とか、責任持って仕事する充実感とか。
そんなものが感じられて、元気になれる映画だと思いました。



TBがヘンでごめんなさい (junjunf)
2009-12-04 12:20:34
すみません、今気付きましたが……
私のTB、文字化けしてますか?
原因究明します。
ごめんなさい。。。
>junjunfさま (sakurai)
2009-12-05 17:24:48
あり得なさそうですが、妙にリアルで、なかなか面白い映画でした。
一人で悶々としてると、ほんとにやになりますが、仲間っていいじゃん!!と素直に思ったりして。
結構なスポ根ものだったのかなあ・・・なんて思ったりして。

文字化けしてますね。
なんででしょう?
謝ることないですから、お気楽に
オススメですね。 (ノルウェーまだ〜む)
2009-12-24 17:35:20
sakuraiさん、こんにちは☆
あれれ?学校の先生だとばかり思っていましたが、ケーキ屋さんだったのですか?
どこの会社も、多少なりともこういったことがあるのだろうなぁ〜と、やはり実話ベースだけにリアルなところもありましたね。
しっかり笑いもあり、重くならすぎず、それでいてしっかり泣かせてくれる、いい話でした。
>ノルウェーまだ〜むさま (sakurai)
2009-12-26 20:30:22
こんがらがらせてスイマセン。
ケーキ屋は、学生のころからのバイトが興じて、忙しい時期だけ、手伝いにいく出稼ぎパティシェです。
25年以上やってたもんで、すでに習性になってます。
ケーキ屋さんは、なくなってしまったので、頼まれると個人的に作ってます。

そうですよね。
会社なんて、どこも大変。働くということは、半端ではない!と。
責任もって働く気持ちが、とっても良かったです。
あら (miyu)
2010-08-29 19:41:26
もうちょっと秋めいたテンプレに変えられたのですね。
そっかぁ〜ケーキ屋さんでもそうですかぁ。
まぁ勤める、仕事をする、したことがないマ男君からすれば、
わぁ〜ブラック会社だぁ〜!ってなりますでしょうが、
これぐらいフツーだよ、悲しいことに。
ってのが社会人の反応かもしれませんね。
>miyuさま (sakurai)
2010-08-30 21:05:12
気分だけでも秋に・・・と思ったんですが、世間は暑いままです。
いつまで続くんでしょうね〜。
まったくです。
こういう暑いときは、ケーキ屋は駄目ですね〜。
ケーキたべるより、ガリガリ君の方がよっぽどいいですもん。
夏はひまなんですが、クリスマスのケーキ屋は、ブラック会社も尻尾巻いて逃げるのでは・・と、思いますよ。
でも、これが普通かもよ・・でまかり通る世の中は、ちょっと寂しいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (TRUTH?ブログエリア)
GENKAI in a BLACK COMPANY原作:黒井勇人監督:佐藤祐市映
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (LOVE Cinemas 調布)
巨大掲示板2ちゃんねるに書き込まれた実話を映画化。“ブラック会社”と呼ばれる問題企業で働く元ニートの青年が成長していく様子を描いた作品だ。主演は『ホームレス中学生』の小池徹平。共演に『カフーを待ちわびて』のマイコ、『激情版 エリートヤンキー三郎』の池田...
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (だらだら無気力ブログ)
インターネット掲示板2ちゃんねるに実際に立てられたスレッドを基に 『キサラギ』『守護天使』の佐藤祐市監督が『ホームレス中学生』の 小池徹平を主演に迎えて映画化。高校をいじめで中退し、以後7年近くニートとして過ごしてきたマ男は、 母親の死をきっかけに就職...
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (映画君の毎日)
<<ストーリー>>ニート生活を送ってきた26歳のマ男(小池徹平)は母親を亡くし、一念発起して情報処理の資格を取得する。不況のご時世の中、必死で就職活動をするものの試験に落ち続け、最終的にパスしたのはとんでもない問題企業だった。彼は初出社当日から当然のよう...
『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」□監督 佐藤祐市 □原作 黒井勇人 □脚本 いずみ吉紘 □キャスト 小池徹平、品川祐、田辺誠一、池田鉄洋、中村靖日、千葉雅子、マイコ、田中圭、須賀貴匡、朝加真由...
[映画]ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (オレメデア)
映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を見てきました。インターネットの某巨大掲示板に書き込まれたエピソードをもとに制作されたこの映画。ストーリー内で「何のために働くのか」と提起されるこのテーマを、私は個人的に「何のためにこの組織...
[映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった^^  「電車男」的に<2ちゃんねる>で話題になった、コテハンによるスレッド・エピソードの映画化だそうだ。  内容は、タイトルから大体推察できる。  ・・・と、簡単には括っていけなくて、人の行動にはそれぞれ個々の深い理由がある。  それこそ...
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (Peaceナ、ワタシ!)
- みんながいるから、頑張れる…のか!? - 映画の日です。 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を観てきちゃいました。 私は原作を読んでいるので「試写会にでも当たったら観てもいいかな」くらいに思っていたのですが、こう思っている作品に...
ツボでした  「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ−映画編−)
荳ュ蜊偵〒繝九上祕紜√」縺溽悄逕キ縺ッ豈阪一サ繧偵″縺」縺九¢縺ォ蟆ア豢サ縲ゅ′縲∽ク肴治逕ィ縺ョ蠏舌磯ォ縺ォ繧医≧繧紂闍。逕ィ縺励※縺上l縺溘医ッ縲√>繧上f繧九ヶ繝ゥ繝紊沿菖、セ縺ィ縺紕閻盡紕鞫畆覈劫...
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 堕ちたら・・・あがればいい (労組書記長社労士のブログ)
【 70 -13- 1ヶ月フリーパスポート=19 】 娘?「なにーこのジャージいいやん!どうしたん?」 妻「おとんが自分のんをユニクロで買ってきてん、990円がなんや知らんけど660円やったらしいで!」 娘?「安ぅぅぅ!なんであたしのも買ってきてれへんかったん!あたしジャー...
「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」限界を知ってわかった働く生きる乗り越える術 (オールマイティにコメンテート)
「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」は黒井勇人原作の映画で2ちゃんねるの書き込みから生まれた実話に基づくストーリーでいじめが原因で引きこもりとなり、8年間ニート生活を送った青年が母親の急死で一大決心して情報処理技術者試験の資格を取...
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (ころちゃんねる)
現代の蟹工船といった映画というより元NEET青年(マ男)がブラック会社で色んな人に支えながらも成長していく物語号泣しちゃう程のスイーツではないがほのかな感動を味わうことができた元ネタのスレッドもまとめて読んでみたけど良い話だ・・・実話と銘打ったフィクシ...
「ブラック会社に勤めているんだが、俺はもう限界かもしれない」 (再出発日記)
「ブラック会社に勤めているんだが、俺はもう限界かもしれない」という長い題名に、作品説明の半分以上が入っている映画を観ました。IT業界の下請けにおける超長時間過密労働、いじめ体質の会社を「ブラック会社」というのだそうだ。ニートあがりの「マ男」くんは、学歴が...
「ブラック会社に勤めてるんだが、僕はもう限界かもしれない」涙 キターッ! (ノルウェー暮らし・イン・London)
久しぶりの再会を喜んで、りょうたと映画を観に行こうと思った。 「2012」と「クリスマスキャロル」とどっちがいい?と聞いたら、現在公開中の映画をしばらく検索して・・・・・ 「ブラック会社に勤めてるんだが、僕はもう限界かもしれない」が観たいとのたもうた。...
映画ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない  (単館系)
原作は http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195907887/ よ、読めないorz http://www30.atwiki.jp/blackmatome/ まとめサイト。 http://black-genkai.asmik-ace.co.jp/ 映...
『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』@シネクイント (映画な日々。読書な日々。)
ニート生活を送ってきた26歳のマ男は母親を亡くし、一念発起して情報処理の資格を取得する。不況のご時世の中、必死で就職活動をするものの試験に落ち続け、最終的にパスしたのはとんでもない問題企業だった。彼は初出社当日から当然のようにサービス残業をさせられ、その...
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『みんながいるから、 頑張れる…のか!? 崖っぷちの今に最高の元気を贈る、実話から生まれたワーキング・エンタテインメント』  コチラの「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」は、2ちゃんねるの書き込みから生まれた実話に基づくコメディで...
【映画】ブラック会社に勤めているんだが、俺はもう限界かもしれない (★紅茶屋ロンド★)
<ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない を観ました> 製作:2009年アメリカ ランキング参加中 2ちゃんねるのスレッドから生まれた黒井勇人原作を映画化。監督は「キサラギ」の佐藤祐市氏。 主演を小池徹平が勤める。 気になっていた作品...
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 制作:2009年・日本 監督:佐藤祐市 出演:小池徹平、マイコ、池田鉄洋、田中圭、品川祐、中村靖日、千葉雅子、須賀貴匡、森本レオ、田辺誠一 あらすじ:ニート生活を送ってきた26歳のマ...
No.226 ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (気ままな映画生活)
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51781534.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_langJS ='http://widgets.outbrain.com/lan...
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない  (食はすべての源なり。)
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない ★★★☆☆(★3つ) 中卒、引きこもり、ニートを経て主人公が就職した会社は超ブラック会社だった!! 今まで見てなかったのが不思議なくらいですが、やっと鑑賞。 徹夜の連続とか、傲慢なリーダーとかうち...
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (いやいやえん)
就職した先はブラック会社だった…。原作は2ちゃんねるのスレッドに書きこまれたもの。 ソフトウェア開発の会社をモチーフに、小池徹平さんが主人公マ男を演じています。厳しい現実に巻き込まれながら、自分を見つめなおし苦慮しながらも進んでいく様を描いています...