迷宮映画館

映画のあれこれ、映画の謎をちょっとだけ探求。
100点満点
勝手に採点 ◎20点 ○10点 ●5点です

PS アイラブユー

2008年10月22日 | は行 外国映画
若いときに電撃的に結婚してしまった夫婦、ホリーとジェリー。結婚して10年ほど経ったが、子供はいず、いつかアパートを出て、子供を育てたいと思っている。

セレブならセレブなりの悩みや、中流なら中流のネバならないと言うアメリカ人の根性はここにも見える。

言いたいことを言い合い、ケンカもしょっちゅう。でも、二人は見事に愛し合ってる。しかし、その生活は突然終わりを告げた。夫の死。

自分を心の底から愛し、全身全霊をこめて愛してくれた夫が脳腫瘍で死んでしまった。立ち直ることなどできない。立ち直れるはずがない。妻は部屋に引きこもり、嘆き暮らす・・・。

そこに、死んだはずの夫からの手紙が舞い降りる。これからさまざまな方法で自分から手紙が届く。その方法を探ってはならない。でも、言われたとおりにすること。

夫のぬくもりと愛を感じながら、手紙の指示通りにことを行い、次の手紙を待つ。それは二人の幸せだった頃を思い起こさせるものや、自分を後押しするもの、新しい人生を踏み出してほしいと願うもの・・・・。

1年経った頃、自分で確かな一歩を踏み出すホリーがいた・・・・。

夫に死なれたことがないので、夫に死なれたら一体どうなるのか、想像もつかないのだが、夫を偲んで、嘆き暮らしていけるほど暇はないような気がする。子は鎹とはよく言ったものだ。

できれば愛する夫を偲んで、悲しんで悲しんで、嘆いて暮らせればそれはそれでどこか精神的にうらやましい気がする。ホリーが嘆き悲しんで、引きこもっているのを見て、不幸にはみえなかったのだ。私はゆがんでいるのだろうか。

人間はそう弱いものではない。いつかは立ち直る。自分の足で踏み出すはずだ。で、ジェリーが死んだあともやろうとしたことは、指示ではなく、支え。ホリーが新しい道を踏み出すためのほんの小さな手助け・・・のはずなのだが、ジェラルド・バトラーがやると、濃いんだなあ。幽霊(?)でも、存在感ありすぎ。

民族性の違いとか、家族の関係とか、愛し方の表現の違いとか、さまざまな要因が大きく影響しているような気がしたが、あたしはもろ手を挙げて、「ウン、そうだねえ」とか思えなかった。見ようによっちゃ、いつまでも夫に縛られているような。

意図が違うことはわかるのだが、そんだけ先のことを読めるんだったら、生きてるうちに、もっとしろよな・・・・なんて言ったら、元も子もないか。

ということで、大きく大きく妻を愛している男のお話。こういう話は、女性が見るより、ぜひ世の男性に見てほしい。きっと男の人は、見ないだろうなあ。

ものすごく久しぶりに見たハリー・コニック・Jr。「コピー・キャット」以来ではないかと。最初、だれだかわかんなかった。くたびれたヒュー様みたいで。

◎◎○

『PS アイラブユー』

監督・脚本 リチャード・ラグラヴェネーズ
出演 ヒラリー・スワンク ジェラルド・バトラー キャシー・ベイツ ハリー・コニックJr. リサ・クドロー ジーナ・ガーション ジェフリー・ディーン・モーガン ネリー・マッカイ
ジャンル:
映画・DVD
コメント (19)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 容疑者Xの献身 | トップ | 渡辺えり講演会 »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (SOAR)
2008-10-22 21:44:55
>きっと男の人は、見ないだろうなあ。

えーと。見ました・・・しかもひとりで(笑)
たしかに以前なら少なくとも一人で観ることはありえない作品ですね〜(^^ゞ
>SOARさま (sakurai)
2008-10-22 22:22:15
大変失礼しました。
ぜひ、がんがん男性の方にみてもらいたいかなっと。
女の人にこそ (mariyon)
2008-10-22 22:45:05
わたしは、こんなできすぎた男は現実にいないので、
言いたい放題言って、相手に死なれてしまったら・・・どうしようと言う危機感を感じる映画かと・・・。
Unknown (mariyon)
2008-10-22 23:00:55
すみません、続きです。
ハリー・コニックは、ID4にも出てましたよん。
あと、モルダーじゃない、ドガヴニーの恋愛映画にもでてたんじゃあ??
たしか、オリンピックで歌っていましたよね。
あたしも (miyu)
2008-10-23 01:31:56
コレは是非男性に見ていただいて
男らしさとか女性の愛し方を勉強して欲しいと
思っちゃいました(´▽`*)アハハ
ジェリー素敵でしたね♪
>mariyonさま (sakurai)
2008-10-23 12:24:25
そうですね。
いいたいことをいえるのが、配偶者なのでしょうが、言っちゃって、死なれたら、後悔するぞぉ、ってか。
ま、あんまり愛すると死なれたら辛いので、まあまあ愛しましょうかね。
ってこれは逃げだな・・。
ハリーさん、「コピーキャット」の印象が強すぎて、ほかにも出てたと思いますが、インパクトないなあ。
なんか、ものすごく懐かしく感じました。
>miyuさま (sakurai)
2008-10-23 12:34:49
日本人の男性に、こんな風に愛してとは言いませんが、おっきい愛でした。
でも、あっちの人でも、こんな男性はいないでしょうね。ある意味、ファンタジーなのかも。
こんにちは! (kira)
2008-10-25 10:32:47
夫は理想的に描かれていましたが、
30になってあの妻はいささか幼稚。
喪失感は理解できるけれど、けんかにしても、
職場での対応など、ありえないですよね(笑)
若い女性の描く、理想の男性像といった感じがしました。
キャシー・ベイツは上手いですよね!
彼女が締めてくれました
>kiraさま (sakurai)
2008-10-25 10:39:09
そうですよね。
若いねえちゃんが、夫はこういう風できっとあるんだろうなあ、と思って書いた感じでしたね。
ヒラリー・スワンクなんか、夫にひどい目に遭った口でしょうから、やってて違和感感じなかったのかあ。
キャシー・ベイツの存在感は確かでした。
うちの旦那は・・・。 (武子丸)
2008-10-26 21:35:34
ぜーーーーーつたいに観ない類の映画です。「300スリーハンドレッド」のバトラーさんを観ているから尚更です。
私は、試写会で一緒に当選した友人と観てきたんですが、う〜んと素直に泣けない自分がいました。私と旦那は、干支が同じほど年が離れているので、急に死なれるよりも何より、一人で過ごさなければならない時間が絶対にくるんだろうな・・・と思ってきました。
ハリーコニック・Jr「ID4」にも出ていましたよ。
>武子丸さま (sakurai)
2008-10-26 23:04:27
そうなんすよ。
ID4をすっかり忘れてました。
ごめんね、ハリー。
あたしも素直に泣けないというか、つい斜に構えて見てるというか、ひねくれたおばさんとでもいいましょうか・・・。
ヘビースモーカーの亭主は、絶対先に行くのではと踏んでますが、どうなるかわかりませんしね。
でも、もしあたしが肺がんだったら、絶対化けて出てきそう。
って変な方向に話が・・・・。
トラコメどうもです (ひらりん)
2008-10-27 01:30:02
ひらりん的には純愛ものかと思いきや、
ヒラリー・スワンクが赤いスカート履いてる時点でラブ・コメのジャンル入りって感じでした。
でもさすが、300の夫を脳腫瘍に陥らせる豪快妻かと思いきや、
引きずり未亡人を一年以上も・・・。
とまあ、結末もひとひねりあったりして、
最後まで楽しめました。
>ひらりんさま (sakurai)
2008-10-27 08:07:24
純愛ものにしちゃすこーし年齢的に無理があったかなあと。
あの監督はヒラリー・スワンクがよっぽど好きみたいですね。
ま、夢みたいな夫でしたが、あんなのは現実にはいないということで、ファンタジーの部類に入れたいと思います。
こんにちは! (由香)
2008-10-31 10:31:00
お邪魔します♪
この映画の原作を書かれた女性は21歳だそうですね〜
イマイチな感想を持たれた方が多い中、感動の嵐で涙・涙だった私って精神年齢が若いかも〜〜〜・爆
いや、、、とにかくジェリーが素敵でした〜
劇中のジェリーのような男性ってなかなかいないですよね〜
>由香さま (sakurai)
2008-10-31 22:48:38
いやいや、感動なさった!!それはよかったですよ。
なんかおばさん度増してくると、素直になれなくて・・。
由香さんはとっても素直なお気持ちを持たれてるのですよ。
ま、現実は厳しいということで、身近な男性を大事にいたしましょう。
ジェラルド・バトラー!! (mezzotint)
2008-11-13 20:59:09
sakuraiさん
今晩は☆★
バトラーのパワフルさに、哀しさも
吹っ飛ぶような感じもありましたね。
あまりにも、ジェリーとバトラーのキャラが似すぎで、まるで彼のために作られたような
作品だと思いました!しかし濃いです。濃い
バトラーは妻への愛も濃〜い!!その辺が
この作品の良さ?!なのかも・・・・。
これだけ愛されホリーは幸せだったということですよね。
>mezzotintさま (sakurai)
2008-11-17 13:46:43
バトラーさんは確かに素敵でしたわ。
決定的に濃い!
濃密な愛に包まれて、いなくなったらもぬけのからになりそうなのも分からなくもないです。
伴侶を失ったことがとりあえずないので、どうか感じるか不明ですが、死んでからまで心配させる妻にはならんと思います。
Unknown (さや)
2009-07-18 23:27:30
作者はアイルランド人なのでアメリカじゃなくてアイルランドだと思いますよ
>さやさま (sakurai)
2009-07-19 15:23:21
コメントどうもです。
もともとはアイルランドですが、アメリカにいてアメリカナイズドされてるあたりもちくちく突っついて、原点に帰ろう・・・という風もあったかもですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『P.S.アイラヴユー』・・・一面にエリカ咲く風景の美しさ (SOARのパストラーレ♪)
実はヒラリー・スワンクが苦手なので『P.S.アイラヴユー』は敬遠していたのだが、試写会に行ってきた友人が「絶対気に入るはず!」とプッシュするので、今週末予定していた『イーグル・アイ』に先駆けて観ることにした。私の好みをよく知る彼女が薦める映画なら、少なくと...
P.S.アイラヴユー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『まだ“さよなら”は 言えないんだ。 死んでしまった夫から ある日、突然届いた消印のないラブレター。 それが、全ての始まりだった。』  コチラの「P.S.アイラヴユー」は、全世界40カ国以上で500万部のベストセラーとなったセシリア・アハーンの同名小説の映...
P.S. アイラヴユー (to Heart)
まだ“さよなら”は 言えないんだ。 原題 P.S. I LOVE YOU 年度 2007年 上映時間 126分 監督 リチャード・ラグラヴェネーズ 原作 セシリア・アハーン 『P.S.アイラヴユー』(小学館刊) 脚本 リチャード・ラグラヴェネーズ/スティーヴン・ロジャース 音楽 ジョン・パ...
『P.S.アイラブユー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「P.S.アイラブユー」□監督・脚本 リチャード・ラグラヴェネーズ □脚本 スティーヴン・ロジャース □原作 セシリア・アハーン (「P.S. I Love You」)□キャスト ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー、リサ・クドロー、ハリー・...
P.S.アイラブユー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
大好きなジェラルド・バトラーの映画なので楽しみにしていました〜【story】最愛の夫ジェリー(ジェラルド・バトラー)を失ったホリー(ヒラリー・スワンク)。彼の死を受け入れられず、絶望に打ちひしがれる彼女のもとに、ある日1通の手紙が届く。その手紙の差出人は亡き...
映画「P.S.アイラヴユー」(2007年、米) (富久亭日乗)
    ★★★★☆  夫を失った女性の心の葛藤を描いたドラマ。 原題は「P.S. I LOVE YOU」。     ◇  夫Gerry(Gerard Butler )を脳腫瘍で失った Holly(Hilary Swank )。 失意のどん底にいるHollyの30歳の誕生日、 ケーキとともにGerryからのメッセージが届...
★「P.S. アイラヴユー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
ここんとこ平日休みは別件で忙しいから、まとめ鑑賞が出来ないんだけど、 とりあえず1本だけ見てきました。 主演はオスカー受賞二度の女優、ヒラリー・スワンクと、 ワイルドでムキムキ演技が主体?のジェラルド・バトラー。
P.S.アイラヴユー/P.S. I Love You (我想一個人映画美的女人blog)
なぜ ヒラリー・スワンク?  って思ったらこの監督、前作『フリーダム・ライターズ』でヒラリー起用してたせいか〜。 気に入った俳優を次のでも起用するのはよくある話だけど、 これにヒラリー・スワンクはどう考えても違うでしょう! 確かに『ボーイズ・ドント・ク...
P.S.アイラヴユー (週末映画!)
p期待値: 59strong%/strong img height=20 width=15 src=
P.S.アイラヴュー◇◇本当の愛が彼女を勇気づけた! (銅版画制作の日々)
 ホーリーの気持ち、分かります!!でも過去をひきずっては前に進まないのだ。そんな彼女の背中を押してくれたものは? 11月に入って一発目に鑑賞した作品です。4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞しました。何か辛いですよね、こういうの・・・・。しかも最愛の人だから...
まださよならは言えないんだ。~「P.S.アイラブユー」~ (ペパーミントの魔術師)
Yahoo映画のユーザーレビューにて。 「ダニエル役のハリー・コニック・Jrが、 日本の板尾創路さんに見えて仕方ありませんでした。」 確かに~~~! うまくいくのかな~と思いきや ホリーはやっぱりアイリッシュのほうがよい?(コラコラ) なんていうか、主演の二人...
P.S.アイラヴユー★★★☆+劇場94本目:素敵な愛の物語でした。 (kaoritalyたる所以)
12/1は映画の日!と言うことで、仕事が終わってから観に行ってきました。映画の日の由来は・・⇒こちらの日記 を参考に。まず、解説等をaiicinemaONLINEからのコピペで。 オスカー女優ヒラリー・スワンク主演で贈る感動ロマンス。原作はアイルランドの首相バーティ・...
P.S. アイラヴユー (Addict allcinema 映画レビュー)
まだ“さよなら”は言えないんだ。
P.S. アイラヴユー (mama)
P.S. I LOVE YOU 2007年:アメリカ 原作:セシリア・アハーン 監督:リチャード・ラグラヴェネーズ 出演:ヒラリー・スワンク、リサ・クドロー、ハリー・コニックJr.、ネリー・マッカイ、キャシー・ベイツ、ジーナ・ガーション、ジェフリー・ディーン・モーガン、ジ...
P.S.アイラヴュー (映画大好き BLOG)
原題:P.S. I Love You監督:リチャード・ラグラベネーズ脚本:リチャード・ラグラベネーズ、スティーブン・ロジャース原作:セシリア・アハーン撮影:テリー・ステイシー音楽:ジョン・パウエル美術:シェパード・フランケル製作国:2007年アメリカ映画上映時間:126分〜...
映画『P.S.アイラヴユー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
89.P.S.アイラヴユー■原題:PS,ILoveYou■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:126分■字幕:石田泰子■鑑賞日:11月3日、シネフロント(渋谷)スタッフ・キャスト(役名...