迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

パンズ・ラビリンス

2007年11月19日 | は行 外国映画
舞台はスペイン。第二次世界大戦前に起こったスペイン内戦の後。フランコ将軍率いる反乱軍が勝利して、独裁政権といわれていたころのこと。

将軍派のビダル大尉と再婚することになった母とともに、大尉のところにやってきたオフェリア。でも、どうしても大尉のことを好きになれない。大尉は、弱った臨月の母よりも、子供のことの方が気になるようだ。

おとぎ話の好きなオフェリアのところに妖精がやってきた。「妖精はこんな形よ」と絵を見せると、その形になるのがお茶目だ。妖精に導かれてラビリンスにやってきたオフェリアは、牧神・パンに、自分は魔法の国の王女の生まれ変わりだと告げられる。でも、パンは昔から、いたずら好きで、人を惑わせることが得意だ。

魔法の国で待つ父王のところに行くためには、3つの試練を超えなければならない。その試練に立ち向かう少女の姿と、ゲリラ掃討に苦慮する大尉と、ゲリラのスパイとして大尉のもとで働くメルセデスが絡む。

躊躇なく農夫を打ちのめす大尉の冷酷ぶりは、フランコ将軍の独裁制下の状況を表したかったのかもしれない。間違って子供は見には来ないとは思うが、かなりの悲惨さだ。ゲリラをとらえたときに、拷問をしようとする姿のなんと悪魔チックなことか。

その悪魔は、容赦なく自分と敵対するものを駆逐していく。その悪魔に対するは、わずか10歳くらいの無垢なる少女。泥に立ち向かってきれいなおべべをよごし、食うなと言われると、つい・・・・の試練も乗り越え、最後に究極の試練を突きつけられる。そして、彼女が選んだ道は・・・・。

ここは言っていいのか、どうなのか。いわゆるネタばれになるので、読みたくない人は飛ばしてください。



それは自己犠牲。少女にそれだけの覚悟をしいる物語のすごさよ。そしてそれはまぎれもなくイエスの自己犠牲だ。じっくり考えると、いろんなものが見えてくるのだが、ビダルという象徴的な悪を倒すために必要なものは、崇高なものの究極の選択なのだ、ということになる。



見て気持ちのいいものでもないし、少女をこんな目に遭わせなければ、真の世界にいけないのか、と憤りすら感じてしまった。魔法の国の父には会いたいだろうし、そのために試練を受けるのだが、じゃあ、その時こっちの世界にいた瀕死の母は一体?みたいな釈然としない謎も残った。どう分類したらいのか分からず、非常に戸惑いを感じた作りだった。素晴らしいにはちがいないし、さまざまな状況をうまく組み合わせた傑作には違いないが、好き嫌いで言うと、あまり好きな方向ではないかったなあ。

フランコ将軍というと、つい独裁者、ファシズム、とくくってしまいたくなるが、一口では表現できないくらいに複雑だ。ゲリラ側も一枚岩ではなく、かなり分離し、内紛がおこり、まとまらない状況になっていたころだ。その辺の複雑に入り組んだ状況と、一向に前に進まない国の姿勢あたりのジレンマも表わされていたように見える。私的にはそれをファンタジーと結び付けず、ストレートに困難な国の様子がみたかったかなと。

◎◎◎○

『パンズ・ラビリンス』

監督 ギレルモ・デル・トロ
出演 イバナ・バケロ ダグ・ジョーンズ セルジ・ロペス アリアドナ・ヒル
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やじきた道中 てれすこ | トップ | レディ・チャタレー »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなの (miyu)
2007-11-21 21:58:10
コレはかなり評価も高いし、
好きって人も多い。
けど、あたしもどうも好きになれなかった作品です。
だけど、sakuraiさんと違ってコレって理由が
うまく表現出来ないの~(^-^;
本当傑作には間違いないんだろうけどね。
>miyuさま (sakurai)
2007-11-21 22:40:49
あたしもうまく表現できてないのですが、なんか心から好きって言えなかった。
で、どうしてだろうとつらつら考えてるのですが、答えはちゃんと見つかってません。
話は本当によくできてるんですがねぇ。
少女に自己犠牲という重い使命と、現実の厳しさと、ダークといえどもファンタジーと銘打った中身のきつさが辛かったのかもです。
暗喩 (kimion20002000)
2007-11-22 02:39:25
TBありがとう。
僕には、オフェリアの試練は、イエスの受苦ともみえるけど、ある意味でアダムとイブの誘惑との戦いのようにも見えました。
>kimion20002000さま (sakurai)
2007-11-22 19:41:28
無垢な人間の苦悩ですからね。
最初の人間の苦悩と、誘惑。
人間が一番はじめに出会う困難を表していたのかもです。
スペインなので、カトリックの精神が根底にあると感じました。
お久しぶりです (カオリ)
2008-01-04 23:29:52
あけましておめでとうございます。
今後ともよろしくお願いします!
さて、年明けてからの鑑賞になっちゃいましたが、この作品・・・予想通りダークで、予想以上にグロ過ぎて、正直キツかったです。
結構評判はいいみたいですが・・・。
>カオリさま (sakurai)
2008-01-05 20:40:54
こちらこそ、おめでとうござります。
今年もどうぞよろしく。
さてさて、年明けそうそう、なかなかの始まりですね。
なんだか、一気に暗くなりそうですが。
テーマ性の素晴らしさはすごいと素直に思いましたが、そこまでグロくしなくても・・と、つい母の視点から見てたような気がします。
母にはきつい映画かもしれません。
Unknown (fizz♪)
2008-05-08 01:08:27
sakuraiさん、こんにちは~
またお邪魔しました。
私もやっと観たので今夜はこの作品をTBさせてください。

私は虫が大の苦手なので、ななふしのようなあの大きすぎる昆虫にまず、ぞぞーっとなりましたが、この映画の気味悪さはそれどころではありませんでした(笑)
なんともおぞましく美しく過激な映画でしたね。
>崇高なものの究極の選択
私もそう思いました。崇高な選択なんだと。
スペイン内戦と言えば『蝶の舌』という作品も思い出されます。
>fizz♪さま (sakurai)
2008-05-08 10:07:34
おいでませ。
どうもです。
私も、さまざまな方のご意見を読んで、素晴らしい評価してるなあと。
すごいっちゃ、すごいのですが、好みから言うと、あんまり好きくないです。
そして、あの選択は、イエスのそれだな、と感じ入りました。そう感じられた方はあまりいなかったようですが。どうなんでしょうねえ。

『蝶の舌』もきつい話でしたねえ。あれにも究極の選択がありましたかね。
スペイン内戦と
Unknown (Bianca)
2008-05-18 14:42:32
sakuraiさん、はじめまして。
この映画、絶賛の嵐ですが・・と言う否定的ご意見に賛同する一人です。いくら沢山受賞していても、好きになれない、むしろこれを好きだと言う感性が、ちと狂っているんじゃないでしょうか。
>Biancaさま (sakurai)
2008-05-20 09:16:10
こちらこそ。
映画って感性ですから、好き嫌いという感情は大事ですよね。
映画見て、素直にいいと感じた、いやだめだった、という気持ちも大きいと思います。
あの不思議な映像は素晴らしかったと思いますが、また見ようとは思わないです。
おじゃまします (ピロEK)
2008-07-26 00:15:11
おじゃまします。私のブログにコメントありがとうございました。
今回はいつもに増して反応が遅くなってしまいましたスイマセン。
この話は辛かったです。あの魔法の世界が虚構なのか現実なのか(?)どっちつかずな終わり方だと私は思ったのですが、とにかく辛かったです。ラストをハッピーエンドと受け取るのはそれこそ現実逃避なんですかねぇ(?)
では、また来させていただきます(レスポンスは悪いですけど)。今後ともよろしくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2008-07-27 09:33:49
戦争もんとか、内戦もんとか、職業柄そういう映画はがんがん見てるし、見なきゃいけないとおもっているので、そういう免疫はたっぷりあるのですが、少女にあれだけの試練を与える、というのが、どうしてもだめでした。
ここは母の視点かも。
ぜひ、またTB待ってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス (Prism Viewpoints)
パンの迷宮を抜け出す鍵の名は心。 『Pan's Labyrinth』 『パンズ・ラビリンス』 ウィキペディア(Wikipedia) スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリアは、 妊娠中の母親と共に母親の再婚相手であるヴィダル大尉
パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚...
パンズ・ラビリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  既にご覧になられた方の間では、...
mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女...
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
パンズ・ラビリンス (Good job M)
公開日 2007/10/6 12/8(大分県)監督:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ/ダグ・ジョーンズ/セルジ・ロペス/アリアドナ・ヒル 他【あらすじ】1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオフェリア。母はフランコ軍のビダル大尉と再婚するが、オフェリアは残忍な新し...
パンズ・ラビリンス■悪意に満ちたダーク・ファンタジー (映画と出会う・世界が変わる)
「美少女とスペイン戦争」といえば神秘的なまでに優れた作品になるようだ。「パンズ・ラビリンス」を見ながら思い出したのは「ミツバチのささやき」だ。主人公の美少女をめぐる現実ともうひとつの世界。どちらもスペイン戦争がフランコの勝利に終った後の時代。もうひとつ...
パンズ・ラビリンス (Have a movie-break !)
  (この記事はいつもの様にネタばれしています。ご了承ください。)   ギレルモ・デル・トロ監督は『ブレイド2』しか観たことがなく今作も予告とDVDの解説しか知らず(我慢の賜物)に観たので、思わぬ展開にショックを受けた。そして同時に、この監督の美...
【映画】パンズ・ラビリンス (しづのをだまき)
2006年 スペイン 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 出演 イバナ・バケロ セルジ・ロペス  鑑賞@島根県民会館 タイトルの意味は「パン(牧羊神)の迷宮」。 時代は1944年内戦中のスペインで主人公は10歳くらいの少女オフェリアだ。母の再婚相手の住いに身を寄せ...
【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけ...
「パンズ・ラビリンス」 (RAY's Favorites)
ファンタジー映画は、ディズニー的な天然色の明るさと甘さが120%なものよりも、「ロスト・チルドレン」のようなビターなダーク・ファンタジ...
パンズ・ラビリンス (mama)
PAN'S LABYRINTH 2006年:スペイン・メキシコ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:セルジ・ロペス、イバナ・バケロ、アリアドナ・ヒル、マリベル・ヴェルドゥ、ダグ・ジョーンズ、マリベル・ベルドゥ 再婚した身重の母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮を...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...