迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

インモータルズ 神々の戦い

2011年11月17日 | あ行 外国映画
私的、この初冬の一番楽しみにしていた一本。なんせ、あの「落下の王国」のターセム・シンの新作ですから、期待するな!と言う方が無理だったのでありやす。

一応、ギリシア神話を題材にしながらも、ほとんど元のギリシア神話とは繋がらないのですが、圧倒的な力を持つゼウス!父がわからないまま成長したテセウス、神々との戦いで敗れ地下に閉じ込められてしまったタイタン族・・・くらいが神話の話かなあ〜で、あとは、キャラを借りての、ほとんどオリジナルな展開でしょう。

とにかく絵が美しい!!「落下の王国」が、CGなし、実際のこの世のものとは思えない徹底的な美を求めたのに対し、こっちは作りもので(?)どれだけ完成されたものを作ったか!!みたいなタッチ。オリンポスの神々も圧倒的に美しければ、生身の人間も美しい。そして戦いの一つ一つもお見事であります。

でもなああ、、なんか物足りなかったのですよ。何でしょう??あたしの期待が大きすぎたのかもしれませんが、なんでしょうねえ、もっと神話に添って、無理やりに話を作った感があって、その辺に入り込めなかったのかもです。

人間社会で邪悪な精神を抱くハイペリオン王、、その非道さは目をそむけんばかり。彼によって解き放たれてしまったタイタン族の力は、とてもじゃないが、人間がそれを抑えるのはできない。いよいよ神々の戦いが始まるのですが、不死であるはずの神々が、戦いによって命を落として行く様は、滅びの美学みたいなものを感じたのですが、やっぱ神様には圧倒的な強さがあるんじゃないかなあと思った次第。

と、少々難癖をつけてますが、あの映像美はさすが!見た甲斐のある映像をぐいぐいと押しつけられる快感。。変な表現ですが、ターセム・シンの映像には、そんな思いを抱きます。

◎◎◎◎

「インモータルズ 神々の戦い」

監督 ターセム・シン
出演 ヘンリー・カヴィル ミッキー・ローク ジョン・ハート スティーヴン・ドーフ


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛の勝利を ムッソリーニ | トップ | マネーボール »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-11-17 23:58:25
この作品はもうお話じゃないですよね。ターセム監督の映像、コレに尽きるし!
神の戦いなんか凄かったなぁ…もっと観たかったんですがえらい少ないし^^;
ただこの監督って寡作ですよね。やっぱり一本撮るのにすごく時間かかるんでしょうか。
たくさんのマッチョ (風子)
2011-11-20 20:51:08
映像美はすばらしいですよねえ。
石岡さんの衣装も素敵でした。
>KLYさま (sakurai)
2011-11-21 22:03:45
映像に尽きたんですが、「落下の王国」が凄過ぎて、作ったのはやっぱ負けるなあと感じました。
どこまでもこだわって作って、凄いものを見せてくれるのもいいのですが、もうちょっと早く作ってねえ〜です。
>風子さま (sakurai)
2011-11-21 22:28:45
ずらりマッチョは、「300」の方が迫力あったかなあと思いますが、イケメンぞろいで眼福でした。
楽しめたけど・・・ (マリー)
2011-11-22 23:15:27
こんばんは〜
映像が美しかったなぁ〜〜。

でも、でも、やっぱり私は神様があんなにあっけなく(でもない?)死んじゃうって展開が辛かった・・・
アレスなんて、ゼウスに壁にめり込まされた・・・酷い。

ハイペリオンは人間離れした悪ぶりでよかったな。
その他の巫女さんたちが可哀想だった。

「落下の王国」こちらにこなかったので、未見なのです〜。とっても気になる!
>マリーさま (sakurai)
2011-11-24 16:05:35
インモータルズ!と銘打ってるわけですから、そう簡単にやられないで!と思いましたよ。
オリンポスの神さまは、超然とした存在じゃなく、人間味あふれてて、ちょっと身近な感じがしないでもないのですが、ちょっとよわっちかったよね。

ミッキー・ローク!!光ってましたね。めきめきいいです。

「落下の王国」!!ここ十年の作品の中でも軽く5本に入れてます。
スクリーンで見るとまた違った感慨ですが、機会がありましたら、ぜひとも見てみてください。
こんばんは (はらやん)
2011-12-01 23:31:51
sakuraiさん、こんばんは!

僕にとっては初ターセム・シンでした。
映像が美しかったですねぇ。
ショット毎レイアウトがしっかりとしていて、絵画を観ているような感じがしました。
「タイタンの戦い」的な作品と思って観に行ったのですが、いい意味で予想が外れました。
「落下の王国」、観ないといかんですねー。
>はらやんさま (sakurai)
2011-12-04 14:45:09
一つ一つの映像をとっても大事にしている!印象深く仕上げてる!ってのが、ターセムさんの特徴ですねえ。
ぜひ「落下の王国」を!!あれは傑作だと勝手に思い込んでます。
音楽との融合も素晴らしく、一つの芸術に完成形に見えました。
神々 (バラサ☆バラサ)
2011-12-12 00:04:03
が死ぬというか消滅するというのは、新しい発見です。

髭面の巨大なオヤジのイメージのあるポセイドンがアポロン級の容姿なのは、違和感がありました。
後は、半獣神も欲しかったですね。
ゼウスに異常なほど贔屓にされるアテネは素敵でした。

ターセムは、「ザ・セル」一押しの変態です。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2011-12-14 17:26:03
大胆な解釈でしたね。
きちんと年代も最初に見せてましたが、ギリシャ神話で年代が出てきたところで、まず、おぉぉ!これは変!と思いました。
半獣神といえば、ジェームズ・ボンドのケンタウロスが印象強すぎです。「パーシー・ジャクソン・・」の!!

「ザ・セル」は寝れないほどのインパクトでした。ドノフリオが凄すぎた。
おはようございます! (ヒロ之)
2012-04-14 08:29:23
期待通り、映像には魅せられました。
特に神様のアクションは格好良かったですし痺れさせてもらまいましたよ。
肝心のお話が正直余り面白いものじゃなかったのが残念でした。
後、神様はやっぱり圧倒的な力を示して欲しかったです。
こんにちは! (maki)
2012-04-14 09:59:11
圧倒的な映像力には驚嘆しましたね
神側のアクションは、やはり人間との差をつけるためなのか、素晴らしいできばえで、出来たらそれで人間側もやってほしかったほど(300になっちゃうか)

残念なのはお話が少々弱かったのと、やはり神には圧倒的な力差がほしかったことでしょうね〜
>ヒロ之さま (sakurai)
2012-04-14 22:37:39
さすがに絵は素晴らしかったですねえ。
今回のは作りこんだ!と言う絵でしたが、アクションとともに力ありました。
やっぱちょっと物足りないなあと感じてしまったのは、物語の弱さでしたかね。
神様は死んじゃいけないっす。
>makiさま (sakurai)
2012-04-14 22:41:54
いつもながら見せるのは本当にうまいですね。
寡作な監督ですが、どの映像もホントに素晴らしいです。
神様はアクションもよかったのですが、見た目もグーでしたが、そこじゃないだろ・・でした。
おじゃまします。 (ピロEK)
2012-08-14 22:34:22
おじゃまします。
ターセム・シン監督と聞けば「落下の王国」クオリティを求めてしまうのは必至(私はツイッターのアイコンで「落下の王国」のキャラクターを使ってる程度にあの映画が好きです)。
この映画のビジュアルも他の映画に比べて劣っているというわけでも無かったのでしょうが…
個人的には「300」風味が余計だったようにも思えます。
この監督には、もういちどジックリと「落下の王国」的なものを作って頂ける事を期待したいです。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2012-08-15 20:54:15
そういやそうですねえ!
私も「落下の王国」は、生涯のベスト10に入る勢いの作品ですが、いやがおうにも期待は高まると言うもんで。
期待が大きかった分、物語の薄さにちょっと肩すかしをくらってしましましたかねえ。
「落下の王国」は10年以上の年月をかけたとか。
そこまでとは言いませんが、ぜひ生の映像で度肝を抜いてもらいたいです。
Unknown (たお)
2012-09-20 13:49:54
期待値が低かった分、案外楽しめた作品でしたねぇ。
映像のみならず小道具や状況も、見た目やデザインの奇抜さのみならず、そこにホンノリとそこに至る歴史やしきたりが見えるのも流石だなぁと。
>たおさま (sakurai)
2012-09-25 16:11:20
期待値が高かったのですよね。
だって、ターセムですもん。
なもんで、肩透かし感は大きかったのですが、途中から気持ちを切り替えて、映像を堪能することにしました。
さすがの絵つくりでしたよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
No.274 インモータルズ -神々の戦い- (気ままな映画生活)
【ストーリー】 「ザ・セル」「落下の王国」のターセム・シン監督がギリシャ神話を題材に描くアクションスペクタクル。世界支配を企むハイペリオンに対し、主神ゼウスにより鍛え ...
インモータルズ -神々の戦い- (LOVE Cinemas 調布)
『ザ・セル』、『落下の王国』のターセム・シン監督最新作。ギリシャ神話の世界を舞台に、残虐王ハイペリオンを倒すべく立ち上がる農奴出身の勇者テセウスの姿を鮮やかな映像で描いた3Dアクションアドベンチャーだ。テセウス役を新スーパーマンに抜擢されたヘンリー・...
インモータルズ -神々の戦い-  監督/ターセム・シン (西京極 紫の館)
【出演】  ヘンリー・カヴィル  フリーダ・ピント  ミッキー・ローク  ルーク・エヴァンズ 【ストーリー】 遥か昔、ゼウス率いるオリンポスの神々は、邪悪な神々・タイタン族をタルタロス山の地底に閉じ込めた。そして時は過ぎ、地上は人間たちの国となった…。ある...
インモータルズ -神々の戦い-  (風に吹かれて)
マッチョなイケメン達公式サイト http://immortals.jp監督: ターセム・シン  「落下の王国」遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。光の神が勝利し、闇の神タイタン族は、タルタロス
インモータルズ -神々の戦い- 邦題が違うせいで勘違いするねん! (労組書記長社労士のブログ)
【=59 -10-】 西日本では最速、大阪では唯一の試写会らしい、なんか知らんけどお笑いの人がゲストで来ていて、コントもトークの滑り倒していた。映画も滑らなきゃいいけどと無駄に心配してしまった。  人間が誕生する遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。戦...
インモータルズ -神々の戦い- (だらだら無気力ブログ!)
神々って大したことないね。
神々の強さ! (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「インモータルズ 神々の戦い」を鑑賞しました。 ギリシア神話の世界を舞台にした アクションもの 全体としては「300」的といえばわかりやすいか そのため新鮮さはあまりなく・・・ しかし アクションものとして見れば 悪くなく 楽しめますね ...
「インモータルズ −神々の戦い−」 計算された映像美 (はらやんの映画徒然草)
「300」とか「タイタンの戦い」とかの二番煎じみたいな感じかなと思っていて、正直
映画「インモータルズ −神々の戦い−」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「インモータルズ −神々の戦い−」観に行ってきました。紀元前1200年頃のギリシャを舞台に、闇の神々タイタン族を復活させようとするイラクリオンの王ハイペリオンと、若...
インモータルズ -神々の戦い- (ダイターンクラッシュ!!)
2011年12月1日(木) 16:05〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1300円(映画サービスデー+3Dメガネ持参料金300円) パンフレット:未確認 『インモータルズ -神々の戦い-』公式サイト ほとんど興味の無い古代ギリシャ神話的話だが、予告編が意外に面白そうだったのと、映...
インモータルズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『インモータルズ―神々の戦い―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は3D作品であり、かつギリシア神話によっているとの触れ込みだったので、端から対象外にしていたところ、何かの拍子に、衣装デザインを石岡瑛子氏(注1)が手掛けていると耳にし、それなら...
インモータルズ -神々の戦い- (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
インモータルズ -神々の戦い-'11:米◆原題:IMMORTALS◆監督:ターセム・シン「落下の王国」「ザ・セル」◆出演:ヘンリー・カヴィル、フリーダ・ピント、ミッキー・ローク、ルーク・エヴ ...
『東京公園』『インモータルズ -神々の戦い-』『friends もののけ島のナキ』『50/50 フィフテ ィ・フィフティ』 ベスト・オブ・ベ... (映画のブログ)
 ムービープラスとユナイテッド・シネマとau one 映画 が共同で実施しているベスト・オブ・ベスト アワード2011。  その4部門に投票したので、内容を紹介する。  投票に当たっては、例によって当ブログ...
インモータルズ -神々の戦い- (銀幕大帝α)
IMMORTALS/11年/米/111分/ファンタジー・アドベンチャー・アクション/R15+/劇場公開(2011/11/11) −監督− ターセム・シン・ダンドワール 過去監督作:『ザ・フォール/落下の王国』 −衣装デザイン− 石岡瑛子 オープニングタイトル別ヴァージョン。 −出...
インモータルズ -神々の戦い- (いやいやえん)
ギリシャ神話の世界観で人間を絡めて光と闇の戦いを描いた作品。 思っていたような「神々の戦い」的ストーリーではないにしろ、とにかく映像力は半端ない。素晴らしい映像美には感嘆。 巫女オラクル(パイドラ)とテセウスの関係も良かった。なによりエピロスの弓の...
『インモータルズ/神々の戦い』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
紀元前のギリシャ。ハイペリオン(ミッキー・ローク)は”エピロスの弓”を手に入れ、かつて神々によって封印されたタイタン族を解き放とうとしていた。辛くも難を逃れた巫女のパイドラ(フリーダ・ピント)は、偶然知り合ったテセウス(ヘンリー・カヴィル)が神に愛され...
【映画】インモータルズ−神々の戦い−…落下に比べればヤッツケに思えるかな (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日は映画観賞記録 ついに先入れ先出しを諦めたので本日は最近観た映画です 「インモータルズ−神々の戦い−」 (監督:ターセム・シン、出演:ヘンリー・カヴィル、ミッキー・ローク、ルーク・エヴァンズ、2011年アメリカ) TSUTAYA DISCASさんから「ガンダムUC4」...
2011年ベスト10 第 4位 インモータルズ −神々の戦い− (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 続いて、2011年度の第4位を紹介します。 【題名】 インモータルズ −神々の戦い− 【鑑賞手段】 映画館 【おすすめ度】 超おすすめ!! 【あらすじ】  遥か昔、ゼウス率
インモータルズ -神々の戦い- (Immortals) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ターセム・シン・ダンドワール 主演 ヘンリー・カヴィル 2011年 アメリカ映画 110分 アドベンチャー 採点★★★ MTVが全盛期の頃って、凝りに凝ったプロモがホント多かったですよねぇ。ちょっとした映画並み。まぁ、映像に気合が入ってる分、そっちに目を...