迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

レポゼッション・メン

2010年09月23日 | ら行 外国映画
本業の仕事が少々忙しく、レビューたまったので短めに。

だいぶ前から見させられた、Mの入ったジュードさん。予告で話のほとんどは把握。
近未来の世の中は、体のどっかが駄目になっても、人工臓器がほとんどカバー。心臓はもちろん、脳もそれなりに・・・ってとこがミソだったわけですな~。

ただ、その人工の臓器やら目やら膝やらが、やたらに高い。ローンが払えないと、返さないといけないという、とっても理にかなった話でした。はい。ローンで買ったものは返しましょう。基本です。

でも、買う時に巧妙に買わせるのは、どこもおんなじですが、この場合、やばいのは命がかかるクーリング・オフ!!っていうとこですね。

返せない人の臓器を返してもらう必殺仕事人が、レポメンなわけで。ジュードさんもなんだかいつの間にかアクション系の俳優になったのでしょうか。なかなか似合っておりましたが、なんでみなさん、そっちに行くのでしょう????

話は単純なのですが、うーん、そう来たか・・!的やられた快感を味わえました。ちょっと痛かったけど。まあ、命が限りがあるんで、大事なんだっていうことと、もしかしたらこれは友情物語だったのか・・・かな。

リーヴさん、出てきただけで怪しいです。

◎◎◎●

「レポゼッション・メン」

監督 ミゲル・サポチニク
出演 ジュード・ロウ フォレスト・ウィッテカー リーヴ・シュレイバー アリシー・ブラガ カリス・ファン・ハウテン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そういや | トップ | 狙った恋の落とし方。 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-09-25 14:01:18
なんちゅーか、すげー押し売りですよね。
本人の了解なく莫大なローンて…。
しかも死ぬことも許されないというのが
また凄い。(笑)
しかしあんなに人工臓器使いまくってたら
殆どサイボーグですよね。
人は夢の中で生きて幸せなのか (mariyon)
2010-09-26 19:02:42
この映画を見たあと、すぐに「インセプション」をみたもので、そんなことを何度も思った次第です。
それにしてもとんでもスプラッターでした。はは。
どこからがジュードさんの夢なのか??
ウィテカーのツンデレぶりがちょっと可愛かったです。
ジュード・ロウ (mezzotint)
2010-09-27 23:08:53
の作品では私的には好きな作品です。
確かにグロいですが、、、、。
それもOKなので(笑)
スプラッターも大好き!!
リ―ヴ・シュレイバー、ソルトに続き
こちらでも一物ある役でしたね。
あのお顔にピタリハマっていますわ。
>KLYさま (sakurai)
2010-09-28 10:52:02
つぼでも売ってるのか!と思いましたよ。
でもって、払えなかったら即死んじゃうわけですが、サガですなああ。
手塚漫画で見たことあるよな設定で、どっか懐かしくも思いました。
>mariyonさま (sakurai)
2010-09-28 10:54:03
ネタばれになっちゃいますが、いっか。
この場合は、夢だと自覚してないので、まだいいのかなああ的です。
ウィテカーさんもいろんな役をやりますわな。
でも、何やってもどっか哀れな感じが好きかも。
>mezzotintさま (sakurai)
2010-09-28 11:08:19
なかなかよかったですよねえ。
スプラッターは苦手なんですが、なぜあまり痛さを感じなかったのは何でだろう。
リーヴさん、普通の役が回ってきませんね。
出てきただけで、怪しすぎます。
ジュード♪ (オリーブリー)
2010-09-28 12:05:38
好きなモンで、アクションだけでも堪能しました。
グロいレポをクールにこなすジュードも素敵でしたわん♪

でも、なんですね、、、
ウィッテカーに限らずですが、オスカーもらっちゃうと達成感でもあるんですかね。
その後の作品選びがパッとしない役者さんが多いですよね。
>オリーブリーさま (sakurai)
2010-09-30 08:46:08
このジュードはなかなかよかったです。
鍛え具合もよかったし、行っちゃってる表情もよかったです。
ウィテカーさん、もともといろんな役をこなして、しようもないのから、オスカー候補まで何でもしちゃいますから、あたし的には違和感なかったです。
こんばんは (はらやん)
2010-10-09 17:58:31
sakuraiさん、こんばんは!

払えなさそうなものは買わないってことですよね。
肉体でさえもファッションのようになってしまうのはちょっと恐ろしいかも。
でもお隣の韓国は美容整形とか普通らしいから、技術が発達すると当たり前になってきたりして。
>はらやんさま (sakurai)
2010-10-12 22:19:09
本当にご利用は計画的に!ですね。
なんだかブラック・ジャックで読んだような話でしたが、無きにしも非ずですからね。
まあ、今あるからだを大事にしていきたいと思います。
あけましておめでとうございます (ピロEK)
2011-01-02 01:32:00
2011年あけましておめでとうございます。
(あけおめ記事では無くてこういう記事で挨拶する失礼には目をつぶって下さいませ

この映画はラストの方で、映画崩壊もしくは夢オチのどちらかだと分かる展開に…で崩壊はしていなかったわけですが、設定の面白さからすればもうちょっとどうにかなりそうなものなのに…と残念に思った作品でした。
ダメな「攻殻機動隊」って感じですかね。

>リーヴさん、出てきただけで怪しいです。

この方は昔買ったフィギュアに顔が少し似ているので気になりました。
フィギュアは人形なのにブサイクだったのでストレスが溜まった憶えがあります。

では、本年も宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2011-01-03 20:19:50
あけおめです!!今年も何とぞよろしゅうお願いします!!

やはり世にいう夢オチっぽいのに行ってしまった残念感はぬぐえませんでした。
もうちょっと描き方があったんじゃないかなっと。
結構、スタイリッシュな作品だったもんで、クールな展開だといいなああ・・という希望的観測だったかもです。

リーヴさん、ぜひUPよろしく。
なんとなく想像つきますけどね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レポゼッション・メン(2010) (銅版画制作の日々)
真実をレポ(回収)せよ。 公開初日に鑑賞しました。ジュード・ロウがアクションに挑む?多分初めてではないでしょうかね?こんなにアクティブなジュードって初めて観たような気がします。 さて本作は、今から20年後の世界。人工臓器が普及して、人類が長寿を得る。し...
レポゼッション・メン (LOVE Cinemas 調布)
ベストセラー作家エリック・ガルシアの原作小説「レポメン」を映画化。高額な人工臓器のローン返済が滞るとレポメンによる強制的な回収が待っている…という近未来SFサスペンスだ。主演はジュード・ロウ。共演にフォレスト・ウィティカー、『X-MEN ZERO』のリーヴ・シ...
血みどろスプラッターだった「レポゼッション・メン」 (茅kaya日記)
  夢の中で生きると言うインセプションのくだりで思い出した。実は、こちらの映画のほうが、前に見たんだけど、あまりのスプラッターぶりに、感想も書かないままで…(-_-;) ジュードのいっちゃたぶりが、それなりに面白かったのだけど。 臓器移植を人...
レポゼッション・メン (だらだら無気力ブログ)
ジュード・ロウ主演で放つSFサスペンス。 恐竜ハードボイルド“鉤爪”シリーズの人気ミステリー作家エリック・ ガルシアが企画段階から関わり、原作小説『レポメン』を書き下ろすとともに 並行して映画シナリオも自ら手掛け完成させた。 高額な人工臓器によって長寿が...
レポゼッション・メン (心のままに映画の風景)
人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。...
レポゼッション・メン (風に吹かれて)
アクション全開のジュード・ロウ公式サイト http://repo-men.jp原作・脚本 エリック・ガルシアユニオン社が製造する人工臓器が普及して、人間が長寿を得ている世界。高額なローンと引き換えに人
「レポゼッション・メン」 ご利用は計画的に (はらやんの映画徒然草)
タイトルにあるレポゼッション・メンとは人工臓器回収人のこと。 作品中で描かれる近
レポゼッション・メン (Repo Men) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ミゲル・サポチニク 主演 ジュード・ロウ 2010年 アメリカ映画 119分 SF 採点★★ 「レポマンの人生は緊張だ!」の名セリフにシビレた『レポマン』とは、全く関係ないんですねぇ。車のトランクに、宇宙人の死体が入ってるわけでもないんですねぇ。残念。 ...
『レポゼッション・メン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レポゼッション・メン 』 (2010)  監  督 :ミゲル・サポクニック キャ スト :ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン、...
【映画】レポゼッション・メン…2010年の観賞映画は2010年のうちに(2) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
明日の休みは年賀状を作ろう…と今は思っているピロEKです 年賀状と言えば… 今朝出勤途中、いつも行かない郵便局前のポストに郵便物を投函しようと車を歩道に乗り上げ停車。 郵便...