迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

嫌われ松子の一生

2006年05月02日 | か行 日本映画
ベストセラー小説、『嫌われ松子の一生』が映画になった!福岡で生まれた川尻松子。歌が好きで、勉強もできたどこにでもいそうな普通の女の子。親の望むまま、中学校の先生になり、順風満帆の未来が見えてたはずだった。のだが・・・。

お金を盗んだ、盗まないのいざこざから始まって、教師を断念。家を飛び出す。トルコ嬢になったあたりから、男の影がちらちら。しょうもない男にとっ捕まってというか、離れられないというか、どんどんと身を持ち崩していく。

今、トルコといってはいけないのかもしれないが、昭和40年代でソープと表現するのは変だ。あえてトルコという。かつて日本に来た外国人の男の憧れはターキッシュ・バスに行くことといわれたもんだ。きっとそこにいるのは男から見て、完璧な女性像、意のままになる女性、夢の世界なのかもしれない。そういう道を生きていかなければならない女性もいる。それを否定はしない。またそれを必要とする男もいる。

人間、やれないことはない。能力のある若い女性の選んだ道がトルコだったが、松子はその仕事に誇りを持った。自暴自棄なんではなく、堂々と仕事をした。えらい女性のように見える。自分を見失っていない女性のように見える。しかし、本当にそうか?私にはどうにもトルコ嬢にしてしまった作者の贖罪のように思えるのだ。『えらいトルコ嬢』。当然ありえる存在だ。でも、そこんところが女の目から見ると、どうしても引っかかってしようがない。しかし、こんな最初の方で引っかかってばかりはいられないので、先に進む。

いろいろな男を渡り歩き、捨てられたり、殺したり、信頼されたり、いろいろと大忙しの人生を送っていく。いつのときでも松子の愛は一生懸命だ。人を愛することこそが自分の証のようにひたむきに人を愛する。その相手がどんなしょうもない男でもかまわない。愛する事こそが自分の生き様なのだ。

最期は哀れだ。何度も立ち直ろうとしたが、時既に遅し。物事には全てその『時』というのものがある。そんな松子の人生だが、捨てたもんじゃない。彼女の人生を振り返ることが出来たから。彼女の生き様を見てくれた人がいたから。哀れで悲惨で家族にも見放され、世捨て人のように朽ち果てながらも懸命に生きた人生があった。

という本当にさくさく読める小説を、『下妻物語』で、見るものの度肝を抜いた中島哲也監督が、【総天然色!映画】とでも名づけたくなる色使いで、セピア色になりがちなちょっと昔の世の中を描いた。その色の潔さが非常に心地いい。

切るとこをすぱっと切って、ざっと50年近くに渡る人生を、とんとんと時代に合わせ、駆け足で歩んでいく。その独特のスピード感もうまい。中谷美紀をはじめ、役者が皆はまってる。(伊勢谷友介がベリグでした。)先に本を読んでしまっていたのだが、そのはまり具合があまりにぴったりで、きっと監督は読者として本を楽しんだのではないかと想像してしまった。

よく出来てる。うまい流れだ。トルコのシーンなぞは、どう描くのだろうと思っていたのだが、そこは見てのお楽しみ。万人にお勧めしていいのかどうか、ちょっとだけ疑問が残るが(高校生に薦めていいのか・・・?)映画としてよく出来てる。本のコンセプトを損なわず。監督のカラーもしっかり出ている。少々、冗長だったかな・・・の気がしないでもないが。

こういう女を好きか嫌いかは別にして、映画として楽しんでいただきたい。公開までもうちっと。先に皆様に伝えるために試写を見たものとして、お伝えする。

『嫌われ松子の一生』
監督 中島 哲也
出演 中谷 美紀 伊勢谷 友介 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トム・ヤム・クン | トップ | 連休・・終った »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
PG12 (kossy)
2006-05-28 13:16:28
高校生は見ても平気でしょうけど、

中学生にはちょっと見せたくない・・・

中学生だと、受け取り方が違うでしょうね〜あのラストは。

うーーん、 (sakurai)
2006-05-28 14:16:12
でも娘の高校生に見せたいか・・というとかなり微妙です。

やはり見せたくない。

本はもっとえぐいです。
TBを間違えてしまいました。。 (こーいち)
2006-05-29 15:52:39
こんにちは。

アンディの日記シネマ版のこーいちと言います。

TBを間違ってしまいました。

失礼しました。削除してくださいm(__)m

嫌われ松子のTBしようとしたのですが、

反映されないみたいですので

また後ほどさせていただきます。
本を読んじゃいました!! (中坊)
2006-08-28 01:54:08
ブッチャケ内容にビックリでした!!



あんまり皆にオススメできません
本を読んでる間は (sakurai)
2006-08-28 08:08:27
ずーっと眉間に皺が寄ってたような気がしました。

とんとんと読めますが、言われたとおり万人に薦められる本ではないですね。

その本を映画にするというんで少々ビックリしましたが、「こういう作り方か〜」とそっちも唖然とさせられました。

コメントありがとうございます。
Unknown (ケント)
2007-01-03 18:09:01
こんにちはケントです。TBお邪魔します。
この映画を劇場で観る機会を失い、DVD化されてもレンタル中
でなかなか観ることが出来ませんでした。
今頃になって、レビューを書くのも時代遅れで恥ずかしいのですが、
とても面白く魔可不思議な作品だったので書かずにいられませんでした。
なんとなく「下妻」に感じが似ていると思ったら、同じ監督なんですね。
>ケントさま (sakurai)
2007-01-03 20:53:46
摩訶不思議というのはぴったりですね。
映像の迫力はすごかったなあと思い出してます。
でもきちんと中身を考えると凄いかなと。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画vol.59『嫌われ松子の一生』※舞台挨拶付試写会 (Cold in Summer)
 映画 vol.59 『『嫌われ松子の一生』』※舞台挨拶付試写会 監督:中島哲也(「下妻物語」) 出演:中谷美紀 (あんどう)瑛太!!  公式サイト ◇BONNYPINKさん 舞台挨拶 曲のイメージとはほど遠い、どちらかといえば ...
感想/嫌われ松子の一生(試写) (APRIL FOOLS )
『下妻物語』でその名を知らしめた中島哲也監督の新作『嫌われ松子の一生』。5月27日いよいよ公開! これ必見!! 嫌われ松子の一生 最高に不運で不憫で不器用な女、川尻松子の一生を紐解くお話。親の愛を得るために心を砕くも受け入れられない。教師になって生 ...
嫌われ松子の一生/memories of matsuko (我想一個人映画美的女人blog)
\"嫌われ松子\"の転落人生をギュッと凝縮した130分! 試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/} 面白かった〜{/onpu/} {/onpu/} 長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/} 原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。 嶽本野ばら原 ...
「嫌われ松子の一生」80点。 (mountain77 D.Reverse side)
「嫌われ松子の一生」hp 『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 怒涛の映像と、斜めにザクッと切り込む陽気な音楽。 「松子は幸せだったのか、不幸だったのか。。。」 そんな陳腐な疑問は必要ないくらいにあらゆる人生に賛辞を贈る映画。 ヴィヴ ...
嫌われ松子の一生 (ネタバレ映画館)
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
映画「嫌われ松子の一生」 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説"嫌われ松子の一生"の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するよ ...
松子の一生に涙する【嫌われ松子の一生】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「嫌われ松子の一生」 タイトルだけでキョーレツである。 本屋で平積みされている
嫌われ松子の一生 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ピンクの象を飼う女  
嫌われ松子の一生 (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本 明/木村カエラ/蒼井そら/柴咲コウ/片平なぎさ/本田博太郎/奥ノ矢佳奈/ゴリ/榊 英雄/マギー/竹山隆範/谷原章介/甲本雅裕/キムラ緑子/角野卓造/阿井莉沙/宮藤官九郎/谷中 敦/劇団ひと ...
実は愛されていた。『嫌われ松子の一生』 (水曜日のシネマ日記)
波乱に満ちた人生を送った、ひとりの女性の物語です。
嫌われ松子の一生(2006/日本/中島哲也) (CINEMANIAX!)
【新宿ジョイシネマ】 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不 ...
嫌われ松子の一生 (Akira's VOICE)
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
嫌われ松子の波乱万丈人生。 (アゴPの〈人生楽ありゃ蜘蛛膜下出血〉)
映画を見ようと映画館へ行くも、マッチよろしく「グッ」とくるようなgoodな作品がやってない。 もうどうでもよくなって、グダグダ感たっぷりに「まぁいいや」と呟く。 …グダグダのまぁいいや。 ……グダグダのマァリーア。 ………マグダラのマリア。 ...
嫌われ松子の一生(Memories of Matsuko) (わかりやすさとストーリー)
●新アトラクション「松子の世界」があったらいいなと思わせる、表現の可能性を広げる効果的なCGを使った、下妻のアナザーストーリーともいえる渾身の1作●監督のあふれる才能がほとばしり、未だ時代が追いついてこれないかもしれず、下妻の「青春」が大好きな人 ...
『嫌われ松子の一生』 (京の昼寝〜♪)
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌わ ...
「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著) (京の昼寝〜♪)
  「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著)【幻冬舎文庫】 川尻松子の波乱万丈な人生を描いた作品。主人公川尻松子、昭和22年、福岡県大野島生まれ。20代で教師をクビになり、エリートから転落して家を飛び出しソープ嬢に。やがてヒモを殺害して刑務所へ…。 ...
【劇場映画】 嫌われ松子の一生 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始ま ...
『嫌われ松子の一生』 (きぶんしだい)
                   中谷美紀主演『嫌われ松子の一生』 を観てきました ●あらすじ● は4月13日の記事で取り上げてますのでそちらをご覧ください http://blog.goo.ne.jp/usapin0428/e/d69031a553c4f9d3f04855628b63faf4 まず感想は「 ...
『嫌われ松子の一生』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
監督:中島哲也  CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒川河川敷で遺体となって発見された。松子のことを知らない笙は仕方な ...
嫌われ松子の一生 (Schicksal)
嫌われ松子の一生 ずーっと見たいと思ってた映画が公開になったので見てきた。 映像としての斬新さが面白かった。ミュージカルっぽいけど映画な感じがいい。 お話としては、
『嫌われ松子の一生』(中島哲也監督) (新装開店☆玉野シンジケート!)
 『嫌われ松子の一生』は考えさせられる映画でした。  アイデンティティと映画表現というものが、どうあるべきなのかってことについてね。ゲイが出てくるわけではないのだけどゲイ的だし、内面からの共感などあるはずのない境界型人格障害の女性を描き上げてい ...
嫌われ松子の一生 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら ...
嫌われ松子の一生 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
「嫌われ松子の一生」を見てきました。 山田宗樹の同名ベストセラー小説を 「下妻物語」の中島哲也監督が映画化。 不幸な悲恋の生涯を遂げた松子というヒューマンストリードラマ。 主演の松子には「電車男」でエルメス役を演じた、 中谷美紀が波乱万丈の川尻松子 ...
映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』 (海から始まる!?)
 映画『嫌われ松子の一生』は、  ?主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ?その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ?宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス! ...
★「嫌われ松子の一生」 (ひらりん的映画ブログ)
たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。
嫌われ松子の一生 (勝弘ブログ)
http://kiraware.goo.ne.jp/最寄りの映画館で鑑賞。テレビでやっていた下妻物語を録画し見ていて15分ぐらいして見に行くことを決めたのが昨日でした(ぉでまだ下妻物語は見終わっていません(汗物語の方はまさに波瀾万丈の一生。
嫌われ松子の一生(映画館) (ひるめし。)
不幸って何? CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他 ■日本産 130分 中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな〜って思ってたら、濱田マリ本人がカメオ出演してたのが自分の中でも一番のツボだった ...
嫌われ松子の一生 (めざせイイ女!)
♪ま〜げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに
嫌われ松子の一生 (丼 BLOG)
(06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島哲也。出演:中谷美紀、ほか。 先日、4回目を観に行 ...
嫌われ松子の一生 06年134本目 (猫姫じゃ)
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの? ...
映画「嫌われ松子の一生」を観た! (とんとん・にっき)
中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにしても観る前からこの映画、主演の中谷美紀が中島 ...
嫌われ松子の一生 (CinemA*s Cafe)
http://kiraware.goo.ne.jp/ 下妻物語の監督がとった最新作ということで期待していた私。 そして期待すると大概裏切られるのだけど、今回はそんなことはなく、期待通り面白かった映画でございます。 面白かっ
◆試写会・嫌われ松子の一生 (映画大好き☆)
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ〜笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県 ...
嫌われ松子の一生 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  ある不幸な女の一生を、大胆かつマンガチックに描いた大傑作だね。中谷美紀の新境地を切り開いた、ある意味実験的な作品でもある。彼女はこの作品でドロドロになったが、それによって一皮も二皮もむけ、大女優への道を歩み始めたとも言えるだろう。 ...
嫌われ松子の一生 (八ちゃんの日常空間)
ついに実現!スクリーン内一人独占観賞!映写技師さん、八ちゃんの為にご苦労様でした。と、いうか噂どおり凄まじい映画・映像です。邦画の新しいエンタメ時代の到来でしょうなぁ。2007年劇場観賞20本目です。
映画・嫌われ松子の一生〜悲劇かコントか、時々ミュージカル! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラ...
嫌われ松子の一生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『不幸って何? 松子。人生を100%生きた女。』  コチラの「嫌われ松子の一生」は、山田宗樹さんの同名小説の映画化で、5/27公開になったPG12指定の映画なんですが、公開3週目にも関わらずかなり混雑していました。あの「下妻物語」の中島哲也監督の最新作です...