迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ラスト・コーション 色|戒

2008年02月06日 | ら行 外国映画
時は日中戦争のさなか。南京に成立した日本の傀儡政権、汪精衛(映画ではこう呼ばれていたが、汪兆銘の方が、日本では一般的)の下で、抗日戦線のレジスタンスを捕らえることを任務にしていたイー。

国のために何かできないかと血気はやるレジスタンスの若者たち。売国奴イーを殺すことが自分たちの使命だと決める。

香港での計画は見事に失敗に終わる。自分たちの幼稚さがその要因のすべて。妙な自信に満ちた彼らの動きは当局に筒抜けだった。でも、それが見通せない稚拙さに打ちひしがれる。

次こそは絶対に成功させる・・・。しかし、イーは上海に。

散り散りになった彼らだったが、上海でひっそりと活動を行っていた。そして、必要なのがイーを誘惑する役目のチアンチー。香港でも身を投げ出して、イーを後一歩で籠絡するところだったのに、できなかった。



今度こそ、今度こそ・・・・。宿敵イーのお膝元に飛び込み、夫人の信頼を勝ち取り、あとはイー本人のみ。

しかし、いくら若さと美しさを兼ね備えているとはいえ、男を身も心も虜にするということはどういうことか。そんなことは、子供でもわかる。生娘などいらない。女になりきったチアンチーは、イーの胸のもとで、完全に彼に委ねる。。。。



R-18ですので、18歳以下の方は、読まないように。

素晴らしい。すごい。いい。アン・リー&トニー・レオンというあたしにとって夢のような取り合わせだったのだが、いつにもましてトニーの視線があたしを突き刺す。これぞ映画の醍醐味。何を見に映画館に行くのか!と言うことだが、断言する。愛する男に会うため。

・・・うーん、浮気性のあたしは、愛する男がいっぱいいて困るのだが、劇場に行って、座席に座り、スクリーンから見つめられた瞬間、落ちる・・・。そうやって、何人かの男に落とされましたが、トニー様、あなたに落とされてからはや15、6年くらい?



憂いを帯びて、哀愁漂う、意志のこもった情けない目。。。そこに、今回は非情な意志と、冷酷な男が加わる。そして、アン・リー監督の独特の大写しのカメラワーク。あの中身までも写し取るような表情の大UPに、魅入られていく・・・・。

そして、じらしのアン・リーの真骨頂。じらして、じらして、じらして、ここまでじらしてためて、一気にほとばしる熱情。彼の描き方のうまさだ。

話題となった器械体操選手のようなベッドシーンは、うわさどおり、見事な体操演技を見ているようで、役者の心意気を感じるすごさ。エロチックはエロチックなんだけど、トニーの姿を見ているだけで、フェロモンをたっぷり浴びて、・・・ありがとう、です。鉄の意志をも揺るがすトニーの魅力と言うことにしておきましょう。あー、、素敵。たまりません。

と、まあ、完全にトニーにはまりっぱなしで、冷静な判断ができておりませんが、ご容赦を。

話の展開としては、日本が上海事変を起こして、一気に勢力を広げ、南京に入城したのが1937年の12月。南京や上海から続々と避難民が香港に渡って行くと言う様子がよくわかるが、そういうことができるのは、ごく一部の人間たちだったし、ある程度のアッパークラスの階級でないとできない。

イーは、抗日戦線のレジスタンスを捕まえる役割を担うが、そのときのその場面で、彼が生きるすべとして選んだ道だった。その後のことは誰にもわからなかったが、彼のような立場の人間が、戦後どうなったのかは、容易に想像がつく。そのことをきっと予感しつつ、自らがやっていることを厭いながら、彼の選んだ非情の道が伝わってくる。その気持ちが、彼の表情ひとつでわかる。

以上、ほとんどめろめろになりながら見ておりました。新人女優、タン・ウェイの文字通りの体当たり演技に降参。ジョアン・チェンの不遜な奥様態度もさすがです。
大満足でしたが、かなり偏っているかな・・・。

◎◎◎◎○●

『ラスト・コーション』

監督 アン・リー
出演 トニー・レオン タン・ウェイ ジョアン・チェン ワン・リーホン トゥオ・ツォンファ チュウ・チーイン ガァオ・インシュアン クー・ユールン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パイを作ってみました! | トップ | 歓喜の歌 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶対見ます!! (圭一朗)
2008-02-06 19:18:03
 この映画見ます。

僕、18才以上だから見ても大丈夫ですよね。

器械体操選手のようなベッドシーンってどんな・・・???
大変興味あります。

また 見てからコメントします。
Unknown (mariyon)
2008-02-06 20:52:16
わたしも今日観て来ました。

性描写にはおどろきましたが、たしかに、いやらしさはまったくないです。生きることを確認しているような、イーのぎりぎりの感情をトニーさんに感じました。
そして、吹き替え無しで完全北京語で望んだトニーさん!!すごい!!

でも、アン・リー監督。。。このタイプの映画、もうそろそろひと息ついてもいいのでは?
>圭一朗さま (sakurai)
2008-02-06 21:14:46
絶対見てください。
感動もんのベッドシーンです。
ま、そんなことよりトニーさんの素晴らしさですが、きっと男の方は、あの新人女優の体当たりに撃沈だと思われます。
私は行った時には、明らかにR-18に惹かれて見にきたみたいなおっさんがおりまして、どうしてこんなにアンテナが高いんだろうと、変な方でも感動してます。
>mariyonさま (sakurai)
2008-02-06 21:18:04
いやらしさもそれなりに受け止めましたが、素敵なシーンでしたわ。
トニーさんもマジにすばらしい。
出るたび、見るたび、見事に私、撃沈です。

そうですねえ。
監督、じっくり心の中を描く、きゅんとするようなラブロマンスを撮ってもらいたいです。
観ちゃいました・・・ (武子丸)
2008-02-08 21:07:40
本日、観賞してきました。トニー・レオン・・・ああ、トニー・レオン・・・。もう、メロメロでした。R-18だんたんですね。トニー見たさで行った私は観賞後知りました。それにあのベッド・シーン。シーンそのものよりも、彼のあの「目」にやられてしまいました。「インファナル・アフェア」といい、「華様年華」といい、彼の映画は、絶対「目!」です。
ちなみに、私のトニー・レオンデビューは「ハード・ボイルド」です。香港映画をみまくっていて、チョウ・ユンファ繋がりで見つけた作品です。先生、未見なら、ぜひどうぞ。意外な日本人俳優もでていますよ。
>武子丸さま (sakurai)
2008-02-09 11:12:19
トニーさん、ほんとに素敵でしたよね。
もう、代われるもんなら、代わってみたい・・・・。無理か。
あの、情けなさ系の目ですよ。さすように一瞬でどきゅんとやられるんじゃなく、じわじわじわと、魅入られていく。あの目で見つめられたら、・・・・わかります。
「ハード・ボイルド」、見てません。
今度探してみますが、いつになる事やら。
この間無理して見に行った「長江哀歌」で、チョウ・ユンファに憧れる男、つうのが出てきて、わらってしまいました。
見せていただきました。 (圭一朗)
2008-02-10 21:26:53
 女性の方は、トニーでしょうが
男は、断然“タン・ウェイ”・・もちろん撃沈です。
いい女ですねぇ。段々いい女になっていく過程がたまらない。
あんな女に騙されてみたい。そしたらどんな器械体操でも応じます。
それにしても、やっぱり女だねぇ・・・、結局騙せない。でも、男も男、メロメロになるのは男の方かなぁ?

 あのー・・・、トニー・レオンって もう少し身長があればいい男だと思うのだけど、小さくない?ゴメン!怒ったぁ?
>圭一朗さま (sakurai)
2008-02-11 08:56:57
ご満足いただけたようで、うれしい限りです。
やっぱ撃沈ですよいねぇ。
そうそう、映画の中で、どんどん成長していく過程が見えました。

タッパ、・・・それは言ってはいけません。
アジアの男はあれでいいのです。
あれにタッパがあったら、完璧すぎて、おもしろくないじゃありませんか。
トニーさんは。目を楽しんでください。
・・・怒ってます!!   嘘です。
愛する男に会うため (miyu)
2008-02-14 09:39:55
何かステキですね。
あたしはその愛する男を失ったばかりで、
なんかウルウルきちゃいました。゜(゜´Д`゜)゜。
でも、そうですよね!
それが一番の醍醐味というか、楽しみというか、
うんうん、分かります♪
>miyuさま (sakurai)
2008-02-15 22:38:34
いい年してお恥ずかしいです。
でも、映画見てるときは、年は関係ないですよね。
でへ。
「バットマン」の予告を見てしまいましたが、素直に見れませんわ・・。
Unknown (コニコ)
2008-08-15 09:48:46
残暑お見舞い申し上げます。
レヴューを楽しく拝見しました。映画のシーンをジーンと思い出させる写真もついて、トニー・レオンへの愛情に満ち溢れていて、「これが映画の醍醐味」だと思いました。私もかなり気に入った映画です。
TBさせていただきました。
>コニコさま (sakurai)
2008-08-16 22:20:02
今日は、暑さも和らいで、ぐっと秋の気配になりました。
暑かった夏もそろそろ終わりでしょうか。ちょっとさびしかったりして。
久しぶりに素敵なトニーさんを思い出させてもらいました。素敵でした。
秋の「レッドクリフ」も楽しみにしております。
トニー様 (メル)
2008-09-26 19:38:41
ほんとに、彼の目で顔で、彼の内面をめっちゃ上手く
表してましたよね~。
やっぱり彼は素敵です(^▽^)V
主演の2人はとてもよかったんですが、どうも
展開に物足りなさを感じてしまいました(^^ゞ

もうすぐお誕生日なんですね~♪
コメントバックと重複しちゃいますが(^^;;)
おめでとうございます♪(ちょっと早すぎ?!(^^ゞ)
私もついこの前誕生日を迎えたばかりです。
でも、もうちっとも嬉しくない年になってしまって・・とほほ・・。
誕生日にこのDVDでどっぷり彼の魅力に浸ってくださいませ(=^_^=)
>メルさま (sakurai)
2008-09-27 09:23:00
なはは。
ほとんど私情の塊ですが、でもよかったぁ。
最高でした、あの眼。垂れ具合がまたいいんですよ。
何を見せるかという監督の視点の問題ですが、アン・リーという人もかなり偏ってますから、あれはあれでいいんではないかと思いました。
あっち行って、結構苦労してるんじゃないかと思います。

どうしましょうね。
買ってもらって、亭主ばっかり見てたっけ・・、なんてことになったりして。
またお世話になります (YOSHIYU機)
2009-02-03 21:02:03
偏りすぎでしょ!(笑)

トニーの視線よりも、麻雀でのタン・ウェイ他
4人の交差する視線ですよ!
他の3人が相手の待ちを読もうとしてるのに
マイ夫人1人、暗殺を見破られないように気を配る
あの緊迫感は凄かった。

トニーはセックスも頑張ってましたが
最後のダイブが凄いと思いました(笑)
>YOSHIYU機さま (sakurai)
2009-02-03 22:10:48
だはは、トニーさんと、イーサンの映画ではあたしの理性は0になります。
愛する男に会いに行くために、映画見てんですから、許して。おばさんの老いらくの恋です。
詳細を忘れてしまったので、いよいよ禁断の封を切らねばならないですね。
あぁ、切れるかな・・。

ダイブは見なかったことにしてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トニー・レオンの色気「ラスト・コーション」 (茅kaya日記)
JUGEMテーマ:映画 はっきり言って、この役、アジアン俳優でできるのは トニーさんしかいないでしょう!! 生と死の間のぎりぎりを生きる男。 若い女との性の中にしか、自分が生きている実感を得られない。 静かなトニーと、燃えるようなトニー。 ただただ、...
ラスト、コーション (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その愛は、許されるのか?』  コチラの「ラスト、コーション」は、「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が再び禁断の愛で世界に衝撃を与えたR-18指定の問題作なのですが、2/2公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  原作は、 アイリーン・...
ラスト、コーション [監督:アン・リー] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ここではこの映画を「良質のスパイ映画」と見なして、スパイ映画的視点で褒めてみたい。
ラスト、コーション 色|戒 (現実逃避ING)
第二次世界大戦下の中国を舞台に、政府軍のスパイであるイーと、抗日運動をするレジスタンスの女スパイとしてイーに接近し、次第にイーに惹かれていくワンの愛憎劇。 パンフレットを読んで、「そうか、イーは政府軍のスパイだったのか」と、改めて知った。単に政府軍の重...
「ラスト、コーション」(Lust,Caution)ネタバレあり (コニコの喫茶店)
注目の監督アン・リーの最新作「ラスト、コーション」を観ました。「いつか晴れた日に
「ラスト、コーション」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1942年、日本軍占領下の上海。女子大生チアチー(タン・ウェイ)は、抗日運動に心血を注ぐ クァン(ワン・リーホン)に秘かな恋心を抱き、彼と行動を共にする中で次第に感化されていく。 やがてチアチーは、日本の傀儡政府に協力する特務機関のリーダー、イー(トニー・レ...
ラスト、コーション (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 アメリカ, 中国, 台湾, 香港 洋画 ラブロマンス ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:切ない、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ 出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン 時代は第二次世界大戦中。日本軍による占領下、抗日運動...
『ラスト、コーション』'07・中・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のトップであるイーは、かつて香港で出会った女性マイ夫人と再会する。数年前、香港大学の学生だったチアチーは抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた・・・。感想女が嵌めるか?男が見破るか?隙を見...
ラスト、コーション (Addict allcinema 映画レビュー)
その愛は、許されるのか?