川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

生存競争

2017年07月11日 19時11分12秒 | ソフトテニス

 火曜日はリバーの練習日。気温30度超え、水分補給を考えてスポーツ飲料を1リットルボトルに。日除けを張って、フォアとバックの1本打ちから練習が始まりました。さらに、サーブとレシーブを思う存分。そして、5ゲームでの総合練習です。

 昼食をとり、午後1時半過ぎ、コートの隅っこで女人与一さんがスマホを構えてしゃがみ込みました。何かを見つけたようです。早速、野次馬に早変わりして確認に。足元にいたのは、ハチとイモムシ。ハチが緑色のイモムシを抱えて飛び立とうとしていますが、上手く飛べずに地面を走って移動しているようです。ハチは黒く細身で体長3、4センチ。お尻の膨らみの中央に、橙色の模様があります。写真を撮って調べると、どうやら「ジガバチ(似我蜂)」。蝶や蛾の幼虫(イモムシ)を殺さずに捕まえ、自分で掘った穴に運びます。そこでイモムシに卵を1個だけ産み付け、穴にフタをして立ち去ります。孵化したハチの幼虫はイモムシを食べ、1週間ほどして穴から出て来るのだとか。捕まったイモムシは蝶ではなくて多分、蛾。ハチの一刺しが、麻痺させるだけなのは餌の鮮度を保つため。厳しい生存競争です。

 明日は水曜会。木曜日のリバーの練習は、翌日からの東日本大会を考えると、欠席か、ごく軽めに。東日本大会には、リバーの2人のKコーチやレフティー名人、孝行娘さんも参加する予定。皆さん、一歩でも上を目指して頑張りましょうね。 

 (64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色を変える花 | トップ | 赤んべえの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む