川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

彷徨うメール

2017年03月06日 19時42分20秒 | ソフトテニス

 不思議な体験をしました。原因が分かれば「何~んだ」となるのかもしれませんが、それがさっぱり分かりません。けさ8時半過ぎのことです。テニス友達から1通のメール。ホームページを時々見ていることや、彼らのクラブに新しい仲間が加わったことを伝えていました。読んで「?」と思ったのは、「暑うございます」とあったこと。こちらの最近の様子を書いて返信。すると、「こんにちは、あれ~?という感じです」と返ってきました。改めて最初のメールを添付して「けさ受け取った」と伝えると、「思い出しました。それは3年ほど前に出したメールです」。

 素人の私には、電子メールがインターネットのどこのサーバーやどんな経路を経由して届くのか分かりません。出しそびれた手紙のことは聞きますが、ひょっとしたら宇宙のブラックホールにでも飛び込んで時空を超えて届いたのかな⁉

 雲をつかむような話はやめにして、今日の花は「サンシュユ(山茱萸)」。先日、都市緑化植物園で撮影しました。宮崎県民謡「稗つき節」に登場する「庭の山椒(さんしゅう)の木」だと思っていましたが、ひょっとしたら誤りかも。収穫した稗をつくときの労働歌。でも歌詞は源氏の武将と平家の落人、鶴富姫との恋歌にもなっています。歌えないけれど哀愁を帯びたメロディーが良いです。ソフトテニスが好きな皆さん、メールが遅れて届いた原因を解明してリバーの練習にいらっしゃた時にでも教えて下さいませんか。

   (64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棒網球の乙女 | トップ | “調理”実習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む