川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

千成の花

2017年06月30日 21時40分32秒 | ソフトテニス

 朝からの雨が、小止みになったので庭に出ました。クーラーの室外機に乗せたプランターで、2週間ほど前から勢い良く葉を広げていた「?君」に、ホオズキに似た3センチ位の緑の風船が沢山ついています。先日、奥さんに名前をたずねると「忘れました」。近寄って観察。葉に隠れるように1センチ弱の淡黄色の花が沢山咲いていました。杯型の花には、覗き込むようにして働くアリの姿も。調べると、どうやら「センナリホオズキ(千成鬼灯)」。南米原産。食用ホオズキのようで、ピタリと閉じて風船のような萼(がく)の中には1センチほどの甘酸っぱい実が。生食や砂糖漬け、酢漬けにするとありました。赤くはならいそうです。

 7月の9、10日は、東京下町の夏の風物詩として知られる浅草寺の「ほおずき市」。両日は功徳日で「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼び、この日にお参りすると46000日分の功徳を積むことが出来るのだそうです。単純計算で126年、1日で一生分をはるかに超えるお参りをしたことに。一説によると「米1升は46000粒」だから、1升(一生)分のお参りになる、として江戸時代に定着したのだとか。市で売られるのは赤。センナリとは別種だと思います。

 小学生のころの悔しい思い出。赤いホオズキの実の中身を取り出してホオズキ笛作り。女の子たちは口に含んで上手に「ビー、ビー」。しかし、こちらはまったく鳴らせません。「不器用やな!」の声が聞こえました。明日は雨予報、リバーの練習は中止かな。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 針千本の花 | トップ | 大空を目指す花 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい遊び (洛北女)
2017-07-01 12:25:40
団塊世代の子供の頃の遊びは
原っぱや近所の神社や公園で
その辺に自然に生えている花や葉っぱで手作りした笛やおもちゃを
思い出しました ホオズキは指先で
柔らかくし種を抜き出し
音色

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事