川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

満天の星

2017年04月29日 21時03分40秒 | ソフトテニス

 土曜日は、リバーの練習日。レフティー名人と乱打を始めましたが、ボールを打つと左肘に痛みが走るのでやむなく断念。やがて、前衛練習が始まりましたが、「きょうはボール拾い…」とラケットを置きました。しかし、皆さんの練習を見ていて我慢できずに、黄門様にお願いしてボレー。さらに、ボレーとスマッシュのコンビネーションプ練習の列にも。スイートスポットを外すと、肘が痛みます。サーブ・レシーブにも参加しましたが、肘の状態を考えて練習はここまで。

 花の春。駐車場の東端で紫のスミレが、アスファルトを割るようにして数十株。また、コートに続く小道脇では「ドウダンツツジ」が1センチ足らずの釣鐘型の白い花を鈴なりに付けています。通りかかった方が「漢字でどう書くかご知ってますか?」。残念ながら「知りません」。「満天星と書くんですよ。白い花が夜空に広がる満天の星のようだから」と、教えて下さいました。調べると「灯台躑躅」とも書くようです。こちらは枝先を三分させた姿が、電灯やランプもなかった遠い昔、明かり油の小皿を乗せる燭台に似ているからだとか。

 ところで「満天星(ドウダンツツジ」」という名前は、本物の星にもあることをご存知ですか。火星と木星の間に広がる推定数百万といわれる小惑星帯のなかの一つ。1991年に栃木県の烏山天文台で2人の日本人が発見し、命名文には英語で「the stars of whole sky」とあるそうです。テニスの「一番星」を目指す皆さん、リバーの練習にもご参加くださいね。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲストを迎えて | トップ | 時差ボケの効用 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む