川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

初体験の花

2017年07月08日 09時08分15秒 | ソフトテニス

 1カ月ほど前、30数年ぶりに38度を超える熱発でダウンしたことはお話ししました。このとき帰省している娘から、エッセンシャルオイル(精油)を使って初めてアロマセラピーを受けました。額に精油を塗り、加湿器のようなディフューザーで寝室にも霧を。後日、聞くと、「オンガード」という5種の精油をブレンドしたオイル。5つは、風邪に良い「ワイルドオレンジ」、抗ウィルスの「グローブ・バット」、循環器系を刺激する「シナモンの皮」、呼吸器系に強く作用する「ユーカリプタス・ラディアータ」、副交感神経を活性化する「ローズマリー」です。調べると、「テニス肘に効く」というユーカリやペパーミントをブレンドした精油もありました。

 きょうの花は、そのペパーミントの仲間、「スペアミント」です。写真を撮ったのは、智光山のコート脇に広がる畑地。原産地はヨーロッパ中央部から地中海沿岸。江戸時代に日本に入り、「緑薄荷(みどりはっか)」という和名も。「スペア」は英語で「槍」。6-8月に茎の先に槍のような穂状花序を出し、7、8ミリ位の淡いピンクの花を付けます。ご存知のように、ミントティーや料理にも。開花直前に地上部を刈り取って、水蒸気蒸留で精油に。精油はマイルドで甘みがあり、お湯に数滴垂らして香りをかぐと頭がすっきりするそうです。

 土曜日はリバーの練習日。終わると夕方からは、七夕が誕生日だった長女の一日遅れのお祝い会です。だから、練習前に、早めにブログ。あすは川越の大会です。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七夕の花 | トップ | 酷暑乗り切る花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事