川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

外さない花

2017年08月05日 18時19分09秒 | ソフトテニス

 土曜日はリバーの練習日。早退と遅出のメンバがいて、集まったのは13人。いつものようにボレーからスタートして、スマッシュには後衛も加わりました。球拾いをしながら観察していると、新鮮な練習だからか後衛も楽しそうにボールを追い掛けていました。本番の試合では、後衛でもスマッシュをしなければならない場面に出くわすでしょうから良い練習です。

 続いて後衛の6本打ち。コースや高さ、深さを意識してしっかりと打てるか。つなぐボールと攻めるボールの意識が出来ているか。そんなところをチェックしながら、球拾いと少しだけ球出し。テーマを持って、それを意識しながら練習するのは難しいですね。3時で解散です。 

 帰りにコート近くの植物園で、きょうの花探し。見つけたのは、グリーンカーテン植物の「ベンガルヤハズカズラ(矢筈葛)」です。花径は10センチ弱、薄紫の5弁花。インドとバングラディシュにまたがるベンガル地方のヤハズカズラという意味でしょうか。仲間は中南米や熱帯アフリカ、熱帯アジアに100種ほど。矢筈とは弓の矢の尾部で、弦が外れないように受け止めるV字型をしたところ。葉の形が、その矢筈のようなV字型だから「矢筈葛」と。もう少し脱線です。矢筈で弓の弦を受ければ外れないことから、「当然、そうなるはず」などと使う「はず」という表現が生まれたのだとか。今夜は狭山の七夕と花火大会。明日は川越市のテニス大会と桜の練習です。智光山で9時から13時まで。時間がある方は、どうぞご参加くださいね。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛と交換する花 | トップ | 帆掛け船の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む