川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

小坊主の花

2017年06月02日 11時34分52秒 | ソフトテニス

 午前7時40分、台風1号は小学校の聴講生として、通学の集合場所へ出発。依然として時差ボケで今朝も4時半には起きていました。8時15分に、仕事に出かける奥さんを車で駅まで。チャイルドシートに座った2号君は、奥様を下ろした後、後ろを見ると大きなあくび。こちらも、早起きが影響しているのかも。帰宅すると、娘が流しの洗い物をすませて出かける準備。どうやら、買ったばかりの電動自転車で2号君と児童館に出かけるようです。

 というわけで自由時間。でも、金曜日ですからテニスもお休み。そこで、一昨日、チビッ子と摘んだジューンベリーのジャムつくり。700グラムですから、砂糖250グラムを加えて馴染んだところで弱火にかけて30分ほど。とろみが出てきたら、色留めにレモン汁を加えてOK。面倒なので種を取る裏ごしは抜き。熱湯消毒した瓶に詰めて作業完了です。次はブログ書き。

 きょうの花は、ご近所の垣根に咲く「ヒペリカム」。先日、智光山の都市緑化植物園でも出会ったばかり。中央アジアから地中海の原産。黄色の5センチ位の花と、やがて赤くなる1センチほどのドングリのような実を同時につけています。「コボウズオトキリ(小坊主弟切)」という物騒な別名も。コボウズは実から、オトキリは黄色い花の「弟切草」に似ているから。余談です。弟切草は、その昔、兄弟の鷹匠が鷹の傷薬に使う「秘薬」としていたのに、弟がその秘密を他人に明かしたため兄が切ったという伝説からついた名前だそうです。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霧の中の花 | トップ | 卜伝の墓守 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む