さくらいろぴんく

好きなもの、こと、日ごろ感じることなどを、なんとなく書きつづります。

恐怖

2016-10-13 21:01:18 | つれづれ
常に頭の片隅にある「吐き気」という恐怖。
今べつに気持ち悪くないんだからいいじゃん、とも思うんだけど
2回の地獄のつわり以降、もう一生気持ち悪くなりたくないっていうのが強すぎて
「気持ち悪くなったらどうしよう」というヘンな考えが頭から離れない。

1年に2回くらい、疲労とストレスでお腹が痛くなって気持ち悪くなる。
かなりノロとかに似てるんだけど、吐くとこまでいかないで2時間くらいで治る。

昨日は急にそれになって、押し寄せる腹痛の合間にこざくらと主人のご飯を作った。
こざくらはかわいそうだったけど一人で大人しく食べてた。
それから主人が帰宅して温めてご飯食べてた。
桜男はストックおかゆにレトルト離乳食かけて主人が食べさせてくれた。

そんなこんなでみんなの夕食はかろうじて用意したけど自分の食欲は無くて
症状が落ち着いたらなんだかどっと疲れて、夕食を抜いた。
ちょっとお腹は空いたけど、なんだかよく眠れたし朝もスッキリしてた。
私はここ数年全然太らなくなってたんだけど、珍しく太りそうな感じもしてたし
たまにこうしてプチ断食するのも健康なのかなぁって思った。

今朝はいつも通りバタバタと準備してたら、なぜか主人がリビングでゴロゴロしてる。
なんと仕事休みだった!
(お昼前からの会議と外部講師を招いての講演会などはあったらしいけど。)
それでぽっかりと朝の時間が自由になって、家族で朝のお茶を飲んだ。
あついほうじ茶と、主人の鹿児島のお土産のさつまいものきんつば。
なんだかほっこりと幸せな、いかにも家族っていう感じの時間だった。
心も体もあったまって、普段ぞんざいに扱いがちな主人の事をもうちょっと大切にしようと思った。

その後、子どもたちを保育園に預けて私は学校へ出勤!
学校って寒い。
午前中いっぱいしゃべったり歌ったり笑ったりしてたら、すっかり喉が痛くなった。
帰りに講師室でイケメン先生に会った。
手を振ってさわやかに帰って行った。

これからノロの季節到来。
おととし、こざくらが車の中でいきなり吐いて、そこからノロ祭りが始まった。
ああいうの、もう一生イヤだな。。。。
今年はなんとか気持ち悪くならないで冬を乗り切りたい。

やっぱり私の心からこの恐怖は消えない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレトレ順調♪ | トップ | 子どもたちについて。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL