夕風桜香楼

旧『薩軍分営』。
イラスト創作記および雑記帳です。歴史ネタ中心。
不定期更新ですが、悪しからず。

官軍から見た西南戦争

2017年06月13日 22時21分04秒 | 歴史雑談

 現在、西南戦役(西南戦争)の経過というのは、一般書籍やインターネット上に素晴らしい解説が数多く存在しています。ゆえに、筆者ごときがあらためて一から書き起こす必要などは、正直ほとんどありません。
 ただ個人的に、それら一般的な解説の大半は、官薩両軍の動きを並列的に俯瞰したものか、薩軍視点に特化したものが多いように感じています。たしかに、西南戦役において官軍は何かと後手に回りがちだったので、戦役の流れを簡単に理解するためには、薩軍の動きに沿って見るのが最も手っ取り早いのでしょう。

 しかし、薩軍主力の動きばかりにとらわれすぎると、往々にして官軍の重要な戦略行動が見落とされてしまいます。例えば、衝背軍作戦鹿児島連絡作戦などは、その戦略的意義の大きさとは裏腹に、一般向けに語られる機会が意外と少ないように感じられるのです。

 戦役鎮定経過を、あえて官軍の視点寄りで再構成してみるのも面白いのではないか……そんな思いつきで、今回の記事を書いてみました。



 さて、とくに官軍の戦略行動という観点からながめた場合、西南戦役の主要な経過はおおむね以下の4つのフェーズに分かれると思います。

 (1) 正面軍戦闘(2~4月)
 (2) 衝背軍戦闘(3~4月)
 (3) 薩軍主力追撃戦闘(4~9月)
 (4) 鹿児島連絡戦闘(4~6月)


 ただし、この各フェーズは必ずしも順番に推移していったわけではなく、段階ごとに複数が同時並行している点には留意してください。
 また、これに含まれない局地戦闘も少なくありませんが、全体的な流れの概説を優先し、あえて割愛しております。このあたりは機会があればまた別途。




(1) 正面軍戦闘

 戦役前期の主力戦闘。戦略目標は熊本城の解囲
 2月下旬、電撃的に北上した薩軍によって包囲された熊本鎮台は籠城戦を展開。孤軍奮闘する同鎮台を救出すべく京阪から急行した官軍(第一・第二旅団、通称正面軍)は、九州北部から一路南下、迎撃のため北上してきた薩軍主力を高瀬において撃退します。しかしその後、薩軍が熊本北方の山鹿-田原坂-吉次越を結ぶ丘陵地帯に強固な防衛線を構築して守勢に転じると、以南への進出を阻まれてしまい、戦いは泥沼の消耗戦に。
 3月中旬、主攻方面を田原坂一本に絞った正面軍は、第三・第四旅団の増派や警視隊の投入などをへて、多大な犠牲の上にようやく田原坂を突破しますが、その南方の植木・木留に後退した薩軍はなお頑強な抵抗を続けたため、再度戦線は膠着。この方面からの熊本城早期救出は、もはや絶望的となってしまいました。


(2) 衝背軍戦闘

 正面軍作戦の頓挫を受けて発動された支軍戦闘。戦略目標は熊本城の解囲
 田原坂で熾烈な戦闘が繰り広げられていた3月中旬、鹿児島鎮撫勅使(3月上旬、鹿児島に上陸)の随行を果たして長崎に帰還した黒田清隆中将・高島鞆之助大佐は、勅使護衛に当たった陸軍部隊と警視隊を転用(一部を増強)して薩軍の背後を衝く案を京阪の政府首脳に具申、裁可を得ます。
 これにより3月下旬、いわゆる衝背軍(別働第一~第四旅団、臨時に征討参軍に任じられた黒田が指揮を統括)が組織されることとなります。直ちに長崎を発した衝背軍は、警備が手薄となっていた熊本南方・八代周辺の沿岸に強襲上陸。付近の薩軍を掃討しつつ、熊本城へ向け北進しました。
 これに対し、薩軍は兵力を割いて防戦に当たるとともに、鹿児島で新募した増援軍を差し向けるなどしたため、両軍は連日死闘を繰り広げます。しかし、兵力に勝る衝背軍はこれを制し、4月中旬、ついに正面軍に先んじて熊本城の解囲を果たしたのでした。

※ 衝背軍の各旅団は、正面軍との区別のため旅団号に「別働」の二文字が付されました。この「別働」表記は、熊本城解囲によって官軍が合一を果たすと用をなさなくなりましたが、旅団号があまりコロコロ変わりすぎても混乱を招くと判断されたのか、その後も維持されました。


(3) 薩軍主力追撃戦闘

 戦役中~後期の主力戦闘。戦略目標は薩軍主力の殲滅
 植木・木留方面で抵抗を続けていた薩軍主力は、4月中旬、熊本城解囲の報に接するや突如撤退したため、足止めを食らっていた正面軍もようやく熊本城に到達します。合一を果たした官軍は、そのまま熊本城の東方に展開して再起を図っていた薩軍に総攻撃を決行、激戦の末にこれを破ります(城東会戦)。
 5月、熊本を追われた薩軍は、肥薩県境北方の人吉を本拠とし薩摩・大隅・日向・豊後に分散割拠する姿勢を示したため、官軍も

 ①人吉方面の薩軍主力殲滅 …別働第二旅団・別働第四旅団
 ②鹿児島陸路打通 …第二旅団・第三旅団・別働第三旅団本隊
 ③鹿児島市街の制圧 …第四旅団・別働第一旅団・別働第三旅団分遣隊
 ④豊後方面の制圧 …第一旅団・熊本鎮台

といったように戦力を各地に分遣してこれに対処することとなります。(これはおおむねの配置で、状況に応じて分遣隊を別方面に進出させた旅団も少なくありません。また、①②は別働第二旅団司令長官の山田顕義少将が、③は川村参軍がそれぞれ統括指揮に当たりました。②③の詳細については次項で解説します)
 なお、この間の官軍について、いずれを「主力」とみなすべきかの判断はむずかしいため、本稿では便宜上、西郷隆盛以下の薩軍本隊への攻撃に当たった軍を主力と解釈します。
 官軍主力は6月より人吉への包囲攻撃を開始し、同月下旬にはその制圧を完了。逃れた薩軍本隊が日向方面へと進出すると、それを追う形で東進し、7月下旬には要地・都城を奪取します。その際、鹿児島全域の制圧を終えて北上してきた鹿児島連絡軍との合一も果たした官軍は、さらに北上して薩軍本隊を追い詰め、8月中旬、和田越の会戦でこれに大打撃を与えました。
 戦役鎮定はもはや時間の問題かと思われました。ところがその矢先、薩軍の残存兵力は突如官軍の包囲陣を突破可愛岳方面の山中に消え失せてしまいます。官軍は薩軍の行方が読めず、急ぎ各地に兵力を分遣してその捜索と追撃に当たりますが、神出鬼没の薩軍は追手をかわしつつ南下し、9月上旬、ついには鹿児島に帰還。わずかな警備兵力しか残置されていなかった鹿児島市街の大半は、薩軍によって奪回されてしまいます。
 これを受け、官軍主力は急ぎ海路で鹿児島に転進、市街を再制圧するとともに、城山に薩軍を完全包囲。9月24日、最後の総攻撃を決行して西郷以下を殲滅し、半年余にわたった戦役にようやく終止符を打ったのでした。


(4) 鹿児島連絡戦闘

 戦役中期の支軍戦闘。戦略目標は鹿児島県全域の制圧
 城東会戦に勝利した官軍は、薩軍残存兵力を立ち枯れさせるべく、その本拠地たる鹿児島の完全制圧を企図。これにより、人吉の薩軍主力への攻撃と並行して、鹿児島連絡作戦が発動されました。
 同作戦は4月下旬、海陸両面から実施され、まず川村参軍直率の支軍(第四旅団・別働第一旅団・別働第三旅団分遣隊)が順次海路より鹿児島市に上陸して市街地を制圧。また、陸路からも第二旅団・第三旅団(ともに大口方面)・別働第三旅団本隊(出水方面)などが県境を越えて南下し、鹿児島・熊本間の打通に当たりました。
 本拠地を死守したい薩軍も、猛将辺見十郎太や別府晋介の指揮のもと、この方面の総力を挙げて対抗します。県境南方の要衝・大口をめぐる攻防は一進一退の激戦となり、また鹿児島市街の川村支軍も数千の薩軍から包囲強襲されるなど、死闘の日々がつづきましたが、やがて徐々に官軍が優勢となり、6月下旬には出水方面から迂回した別働第三旅団本隊が鹿児島市街地に到達。時をほぼ同じくして大口の攻略も達成されたため、各旅団は県内の残敵を掃討しつつ順次合一して日向方面へ転進、鹿児島県内の完全制圧主力戦闘への復帰を果たしたのでした。
 一連の鹿児島連絡戦闘はあまりクローズアップされない傾向がありますが、薩軍兵站線の寸断、武器弾薬その他物資の処分、鹿児島人民の帰順、およびそれらによる心理的圧迫など、薩軍戦力の減殺に絶大な効果を発揮しました。



 かつては薩軍派でしたが、最近はかなり官軍に傾注しています。まだまだ不勉強なので、もっといろいろな資料を読んで補強しなくては……!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西南戦争における壮兵動員(2)... | トップ | 西南戦争・警視隊の九州派遣 »

コメントを投稿

歴史雑談」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL