アイヌ民族関連 イヴェント情報

アイヌ民族関連のイヴェントの案内掲示板

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第34回 北海道宗教者懇談会

2017-03-03 07:50:47 | Weblog

第34回 北海道宗教者懇談会

日時 2017年3月10日 午後1時半〜4時半

内容 講演「遺骨問題と宗教者の責任について」

    遺骨奉還にかかる記録映画を上映

講師 殿平善彦 浄土真宗本願寺派一乗寺住職

会場 教化センター札幌別院(西本願寺)1階ホール

幹事団体 日本基督教団北海教区

       日本キリスト教会北海道中会

       真宗大谷派北海道教区

       浄土真宗本願寺派北海道教区事務所

(当番団体 011-611-9623)


この記事をはてなブックマークに追加

学習会「先人たちの遺骨を故郷の地 平取へ」

2017-02-22 10:12:54 | Weblog

学習会「先人たちの遺骨を故郷の地 平取へ」

【開催の趣旨】北海道大学など全国12大学と、10を超える博物館施設に、大量のアイヌ遺骨と副葬品(故人とともにお墓に納められた品々)が保管されています。明治~昭和期に研究者たちが各地のアイヌ墓地を掘って集めるなどしたものです。記録によれば、平取町内から少なくとも27人分の遺骨が持ち出されています。なぜこんな事件が起きたのか。どうすれば元どおりにできるのか──? 浦河町など各地で実現しつつある返還・再埋葬を振り返りながら学び合います。

日時:2017年3月18日(土) 午後5時〜7時

会場:平取町二風谷生活館(平取町字二風谷78番地12

入場料無料 申込不要

問合せ:木村二三夫(電話・FAX 01457-5-5558)

主催:平取「アイヌ遺骨」を考える会

共同代表:木村二三夫。井澤敏郎

協力:平取町教育委員会、コタンの会、北大開示文書研究会

http://hmjk.world.coocan.jp/demae/2017biratori/biratori2017.html


この記事をはてなブックマークに追加

第28回 シシリムカアイヌ文化祭

2017-02-17 05:43:01 | Weblog

古式舞踊、子ども達による歌・踊りの発表、口承文芸(カムイユカラ)、イユタ体験(臼と杵で穀物をつく)など、様々な発表あり。

特別公演として、阿寒アイヌ民族文化保存会による古式舞踊

日 時:2017年2月19日(日)

     12:00~15:00

場 所:平取町中央公民館(平取町本町88番地1)

参加費:無料

お問合せ:平取アイヌ協会事務局

      〒055-0107 平取町本町28番地(平取町役場内)

      TEL 01457-2-2341

 


この記事をはてなブックマークに追加

第29回アイヌ民族文化祭

2017-01-20 15:30:42 | Weblog

21日(土) かでるホール  参加無料 

開 会   10:30〜11:00

記念講演Ⅱ 11:00~12:00 

アイヌ語復興等に向けた、これまでの取組と課題、2020年象徴空間開設とアイヌ協会の役割等、今後の展望(仮)

  講師 千葉大学大学院教授 中川 裕

    

記念講演Ⅲ 13:00~14:30

報告1:近世後期~近代の土地・資源、同化政策と「旧土法」(仮)

  報告者 北海道博物館学芸主査 山田 伸一

報告2:アイヌ新法案から文化振興法の制定(仮)

  報告者  元北大総長 中村 睦男      

報告3:国会決議・有識者懇談会報告と政策検討、今後の法律制定(仮)

  報告者 北大アイヌ・先住民研究センター長 常本 照樹

 

アイヌ文化披露 14:40~16:30

北海道アイヌ協会HP


この記事をはてなブックマークに追加

歴史をねじ曲げて、今、アイヌ民族政策が作られようとしている!

2017-01-20 03:17:26 | Weblog

~北海道大学アイヌ先住民研究センター 落合研一准教授の講演に抗議する集会にご参加を!~

昨年7月28日、アイヌ文化振興財団主催「アイヌ文化普及啓発セミナー」で落合研一氏(北大アイヌ・先住民研究センター准教授)が「先住民族は何に『先住』していた『民族』か?国家とは何か?」という講演をしました。しかし、その内容に歴史的事実の誤りや、差別的表現が多いことに私たちは強い危惧の念を持ちました。

一例をあげると、明治政府が法律の制定によりアイヌの土地を取り上げた事実について「和人であってもアイヌであっても同じ平民だから、どちらにも土地の所有権を設定するから、ここの土地は私の土地ですよと設定しに来なさいよと言っているわけですが、アイヌの人々にはその概念が解らないんですよね」と述べて、当時、アイヌ民族が説明なしに土地を追われたことを正当化しているのです。

そこで、私たちは問題のある28項目について質問状を送付し説明を求めましたが、未だ回答はありません。落合准教授は政府のアイヌ政策の一つの部会の座長を務めています。つまり、このような誤った視点が、現在進められているアイヌ民族政策の根幹に据えられていることを、私たちは見過ごすことはできません。

この問題を、1人でも多くのみなさんと共に考えたいと思います。多数のご参加を!!

 

日 時  2017年2月18日(土) pm.6:00~8:30

会 場  かでる2・7 (札幌市中央区北2西7)710会議室 資料代 500円

講 演  アイヌ政策を蝕む「研究者」たち

     ーなぜ、研究者の不正が許されるのか?

       丸山 博 さん (スウェーデン・ウプサラ大学名誉博士・客員教授、室蘭工大名誉教授)    

   ・報告1  誤りだらけの落合講演  平山裕人

   ・報告2  明治政府は、落合氏が言うように、和人とアイヌを平等に扱ったか   瀧澤 正

   ・特別報告 アイヌ民族団体・有志連絡会より

 

<主 催> 教科書のアイヌ民族記述を考える会 (連絡先)ainukijutsu@yahoo.co.jp

<後 援> アイヌ民族団体・有志連絡会  アイヌ政策検討市民会議  少数民族懇談会              


この記事をはてなブックマークに追加

学校教育におけるアイヌ文化に関する講習会開催のご案内        

2016-12-06 13:16:29 | Weblog

普及啓発事業の一環として全国の小・中学校に配布している副読本『アイヌ民族:歴史と現在』活用のため、児童・生徒を指導する教員を対象に講習会を開催しております。

※各会場とも学校教育関係者等(小・中・高・大学の教職員等)を対象としています。 

<旭川会場>

日 時:平成29年1月11日(水)13:30~16:00(終了予定)

場 所:旭川市大雪クリスタルホール(旭川市神楽3条7丁目)

講 師:川村 久恵 氏(アイヌ文化活動アドバイザー)

定 員:30名程度

<札幌会場>

日 時:平成29年1月13日(金)13:30~16:00(終了予定)

場 所:北海道立道民活動センターかでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目)

講 師:岡田 路明 氏(苫小牧駒沢大学国際文化学部教授)

定 員:50名程度

<室蘭会場>

日 時:平成29年1月16日(月)15:00~16:30(終了予定)

場 所:室蘭市市民会館中会議室(室蘭市輪西町2丁目5-1)

講 師:小坂 博宣 氏(アイヌ文化活動アドバイザー)

定 員:50名程度 

◆開催案内、会場マップ等については当公益財団ホームページにて公開しています。

  (詳しくはこちらをクリック)

●お問い合わせ●

公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構 (担当:橋本)

TEL.011-271-4171 FAX.011-271-4181  E-Mail:ainu@frpac.or.jp


この記事をはてなブックマークに追加

市民とともに考える これからのアイヌ民族政策のあり方 【10/27~】

2016-10-14 15:01:42 | Weblog

新法制定に向けた動きを踏まえながら

●10月27日(木)開講 全6回 18:45 ~ 20:45 *初回のみ木曜、2回目以降は金曜

●会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル6F 604)

●受講料 一般6,000 円 会員・アイヌ民族4,800 円 ユース2,400 円

     (単発 一般1,500 円 会員・アイヌ民族1,000 円 ユース500 円)

 2007 年、国連は「先住民族の権利に関する国連宣言」を採択し、先住民族の権利に関するグローバルな基準を示しました。翌2008 年には日本政府もようやくアイヌ民族を先住民族と認めたうえで新たな政策策定に向けた動きをはじめ、今年になって新しい法律の制定も検討されはじめています。日本において検討されているアイヌ民族政策は、先住民族政策の国際水準からみるとどのようなものなのでしょうか? アイヌ民族に対する新たな法律はどのようなものであるべきなのでしょうか? 皆さんと一緒に考えたいと思います。

 

016年10月27日(木) 第1回 先住民族政策と国際人権法

●丸山 博(まるやま ひろし)

 室蘭工業大学名誉教授、スウェーデン・ウプサラ大学名誉博士・客員教授、アイヌ政策検討市民会議世話人

 先住民族政策がめざすものは先住民族を植民化から解放することである。したがって、その根底に先住民族の人権の保障がなければならない。アイヌ政策は、その意味において、先住民族政策といえるのだろうか

 

2016年11月18日(金) 第2回 歴史的不正義に対する 補償としてのアイヌ民族政策

●吉田 邦彦(よしだ くにひこ)

 北大法学研究科教授(民法)

 民法研究(不法行為法研究)の一分野として、補償法学は諸外国(特にアメリカ法学)では定着している。諸外国の趨勢に倣い、『歴史的不正義への補償』という立場をアイヌ政策の中核部分として取り入れると、所有権(給与土地)、アイヌ共有財産、盗掘アイヌ人骨・副葬品、アイヌ知的所有権などに関して、どういう諸政策になるのかを、皆さんと考え直してみたい。

 

016年12月16日(金) 第3回 アイヌ民族社会の現状を知る 政策検討の前提として

●丹菊 逸治(たんぎく いつじ)

 北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授

 現在のアイヌ民族の社会はどうなっているのか。和人にとっては見えにくい、わかりにくいという印象があるかもしれません。できるだけわかりやすく解説します。

 

2017年1月20日(金) 第4回 先住民族コミュニティと環境・開発問題 ダム開発、森林認証

●貝澤 耕一(かいざわ こういち)

●丸山 博(まるやま ひろし)

 貝澤は二風谷ダム裁判闘争、NPO ナショナルトラスト・チコロナイの植林活動、FSC(森林管理協議会)の監視機関=(PIPC)常設先住民族委員会などの活動を報告し、丸山はそれらの重要性をアイヌ政策の観点から裏付ける

 

2017年2月17日(金) 第5回 新法制定に向けた動き アイヌ政策推進会議から

●阿部 ユポ(あべ ゆぽ)

 北海道アイヌ協会副理事長、アイヌ政策推進会議・政策推進作業部会のメンバー。

 政府が開催しているアイヌ政策推進会議の場で、新法制定を検討する議論がはじまっています。議論の内容や推進体制、今後のプロセスなどについて、作業部会のアイヌ民族メンバーの一人である阿部ユポさんに報告していただきます

 

2017年3月17日(金) 第6回 私たちが望む新法とは? アイヌ民族自身の思いを政策に活かすために

●アイヌ民族の方々

 現在進められているアイヌ政策検討の動きは、アイヌ民族の方々の意見や思いを十分に反映したものになっているでしょうか? アイヌ民族の方々の声を政策に反映させるにはどうしたらよいでしょうか? 皆さんと一緒に考えたいと思います


この記事をはてなブックマークに追加

≪アイヌ文化フェスティバル2016 in 札幌≫

2016-10-14 08:52:28 | Weblog

日 時:10月15日(土)開場12:00 開演13:00 (終演15:40予定)

場 所:道新ホール(札幌市中央区大通西3丁目道新ビル大通館8階)

入場料:無料(先着でアイヌ伝統楽器「ムックリ」をプレゼント!)

 

○ アイヌ文化賞・アイヌ文化奨励賞贈呈式

○ 口承文芸公演:藤谷るみ子 氏(平成27年度アイヌ語弁論大会最優秀賞受賞者) 

○ 紙芝居:三橋 とら 氏(紙芝居師)

○ アイヌ伝統楽器演奏:  ToyToy 氏

○ アイヌ古式舞踊公演・ムックリ演奏:  アンコラチメノコウタラ

○ 実演:貝澤  守  氏(木彫) 岡田 育子 氏(刺繍)

◆開催案内、会場マップ等については当公益財団ホームページにて公開しています。

  (詳しくはこちらをクリック)

http://www.frpac.or.jp/event/direct/2016bunkafes_sapporo/2016bunkafes_sapporo.html


この記事をはてなブックマークに追加

こたんまつり

2016-09-21 09:06:08 | Weblog

期間:2016年09月22日〜09月22日

場所:旭川市神居町神居古潭 旧駅舎周辺

主催:同実行委員会/旭川観光コンベンション協会

電話番号0166-23-0090

景勝地である神居古潭の魅力や地域農産物のPR、アイヌ文化の伝承を目的に1958年から始まった祭りです。アイヌ民族の伝統的な儀式「カムイノミ・イナウ式」の披露やアイヌ伝統楽器「ムックリ」の演奏の他、こたんマルシェでは限定販売のスイーツやパン、かぼちゃ団子が入ったこたん鍋などが味わえます。また、旧神居古潭駅舎にて鉄道グッズの販売や縁日コーナー、大抽選会なども行われます。

http://www.atca.jp/kotan59/

https://www.facebook.com/こたんまつり-232370650246699/


この記事をはてなブックマークに追加

シロカニペ祭 第7回

2016-09-11 05:52:57 | Weblog

知里幸恵 没後94年 召天記念会

日時:2016年9月18日(日)

開祭:19:15(幸恵さんの召された日時)

会場:東京本郷ルーテル教会

参加費:無料(お花料などカンパ歓迎)

プログラム

19:00 受付

19:15 アイヌ神謡集 序 朗読

     カムイユカラ朗読芝居(舞香)

     特別講演 西原廉太

20:15 牧師の話

20:30 祈り 献花

21:00 終了

 

問合せ:シアターリパブリック内「シロカニペ祭」事務局

206-0035 多摩市唐木田1-27-4

TEL 042-373-1755 Mail:kyowakoku@nifty.com


この記事をはてなブックマークに追加